次ヘ
次ヘ
詰将棋おもちゃ箱詰将棋美術館
アート展示室 No.6 天津包子さん
詰将棋美術館
詰将棋美術館
出題時のコメント:

多彩な作品の天津包子さん、5コーナー登場記念。 王手5回。


カピタン展示室での協力詰出題で昨年11月におもちゃ箱デビューした天津包子さん。
その後、年賀詰展示室、くるくる展示室、ドキドキ展示室と多彩な作品を発表し、今回のアート展示室で5コーナー登場。
本作はその記念作品です。

詰上り図  56銀、54玉、45銀、55玉、
  44銀、54玉、43銀不成、55玉、
  57桂 まで9手詰

王手は限られているので、解くのは難しくありません。
詰めてから良く見ると、67銀と43桂が入れ替わっただけ!
5回の王手で「5」から「5」への立体曲詰と、5コーナー登場記念にぴったりの素敵な作品でした。

展示室は、それぞれ「大道棋」とか「やさしい趣向詰」など出題作品に条件があるので、多くのコーナーに登場するのはいろいろなジャンルの作品を手がけていないと難しい。

5コーナー登場は、天津包子さんがはじめての快挙。
詰将棋のいろいろな楽しみを紹介する「おもちゃ箱」として、うれしい記録です。

作家のみなさんはそれぞれ得意なジャンルがありますが、たまにはほかのジャンルの創作を試みてみると新しい楽しみが見つかるかもしれません。

それでは、みなさんの感想を。 解答到着順です。

しろねこさん:
いつの間にか詰んでいました。
荒川貴道さん:
55の立体詰め実に爽やかです。

初解答、ありがとうございます。
荒川さんをはじめ、小野寺達也さん、洞江元太さん、西山朋佳さんと、本作での初解答が4人も。
こういう楽しい作品が詰将棋の世界への入り口になるのかもしれませんね。
これからも「おもちゃ箱」でお楽しみください。

中澤照夫さん:
結局43と67の駒を入れ替えただけで同じ形。
コマンさん:
天才パワーズですネSちゃん。
吉川慎耶さん:
都で還元玉というのも良いアクセント。
シャンプーさん:
この作品は、初形が『5』なんですね!銀が大活躍でおもしろかったです。
長谷繁蔵さん:
月間MVP候補松井の背番号。
隅の老人Bさん:
5→5、銀が大活躍で楽しいよ。
洞江元太さん:
初形と比べると銀と桂の位置が交換される。
小野寺達也さん:
息抜きにはピッタリですね。
S.Kimuraさん:
玉方の桂と詰め方の銀が入れ替わった形で,再び5の字になるとは驚きです.
タクさん:
初形「5」の字で銀桂が入れ替わるだけとは、びっくり。
鈴木康夫さん:
初形の銀と桂が入れ替わっただけの詰上りとは!

アート展示室No.6 解答:16名 全員正解
  荒川貴道さん  S.Kimuraさん  小野寺達也さん  吉川慎耶さん  コマンさん
  小峰耕希さん  シャンプーさん  しろねこさん  鈴木康夫さん  隅の老人Bさん
  
タクさん  躑躅さん  洞江元太さん  中澤照夫さん  西山朋佳さん
  長谷繁蔵さん

当選者は、全題の解答発表のあと、展示室で発表します。