中国の楽器
                                                                                                     

                                                                                                   To Home

 

中国最古の楽器『Xun』

オカリーナから歌口をなくしてしまったような構造をしている。画面上方の穴が吹き込み口で、フルートのようにして音を吹き込む。

『Xun』の発音の仕方はここで聞ける。第一声(真っ直ぐに)「シュ-ン」といった発音のようだ。

 

写真提供:小川堅二先生

 『Xun』は中国最古の楽器の一つで、紀元前6700年には既に作られていた。長い歳月を経て、石製又は骨製の多孔のものになる。殷代(紀元前3000年)には既に6孔のものがあり、完全な7音階が演奏可能となる。更に1000年後、漢代には7孔の陶製が出現した。しかし、盛唐以後は徐々に廃れてゆき、特にここ100年間で、もはやその演奏や製作技術を伝える者はいなくなった。中華民族の音楽文化遺産の発掘と発展のため、中国の音楽家たちの熱意ある研究と改良の結果、4種の調、9孔の陶製で洋梨型のXunが製作された。その深みある素朴で哀調帯びた音色は人々を魅了し、今では多くの人々に愛される楽器となった。
中国楽器大全(一)管楽器より・・・

       写真提供:Sammyさん

 

XunのOn-line-shop

閉管楽器(オカリーナの分類)のページへ戻る

 

トップページ            English Top