当事務所の紹介と代表+チーフ紹介建物が出来るまでの流れよくある質問と答え当事務所関連サイトとお勧めサイトサイトマップお問い合わせ

建物用途別

FLOW

仕事の流れ

   

当事務所に依頼された場合、おおむね以下のような
流れになります  
 

              

  

設計相談基本計画基本設計契約

実施設計施工会社の選定

建築確認申請工事監理

                    

設計相談; 

まずはメール、お電話にてご連絡いただき、

その後、実際お会いしてお話を伺います。

住宅の場合、お会いした後 ヒアリングシート

を書いていただきます

(ここまでは無料です)



基本計画;

伺った内容を元に現地調査し、基本図 

(平面図 その他立面図 断面図 )等 

プランを表現するのに必要なもの

(パース、模型を作ることもあります。

  要相談)

を作成します 


お施主さんがなかなかうまく言葉に

できないこと や カタチに出来ない

ことをまとめ、表現するよう心がけて

います

    

(仮契約)  

当事務所で進めていただく場合    
              
この辺りで仮契約していただきます

(遅くとも平面が固まったあたりで
      
お願いしています) 

※リノベーションの場合、この段階で設計

監理料を算出します(新築の場合は仕様

決定後になります)
 

  

基本設計; 

引き続き法的なものも考慮しながら


建物全体の基本図面を作成していきます。

平面図 立面図 断面図 を固める

にあたり、主要な仕上げ材も決めて

いきます。

※敷地の地盤調査のデータがない場合この段階で

調査をしてデータを取得しておきたいところです

(木造住宅等軽くて小さな建物はスウェーデン式

サウンディング試験、その他の場合はボーリング

調査)

            
ほぼ平面が固まった後、照明 エアコン、

コンセント TV TEL等の配置 衛生器具

(トイレ等)
換気扇等を決定し、実施図面に

入っていきます


(本契約)  

ここで本契約をお願いしております

(仕様が決まりますので 設計監理料は、

ここではっきりします)

実施設計; 

意匠 構造 電気 機械設備図の作成 

役所申請の為の図面作成 

工事に関わる見積書作成の為の図面作成

    
施工会社の選定)

この期間中までに相見積もり時には業者選定

をします


  

図面納品  

作成した図面の説明



施工会社への現説 

数社へ見積依頼(信頼できる業者の紹介も

可能です)

→見積チェック

→1社選定

工事契約内容の確認

→工事契約立会 



(同時にお施主さんに代わり 役所に対し

確認申請を提出します) 

    

工事監理;  

お施主さんの立場で(お施主さんに代わり)

図面通りに施工されているか

手抜きや欠陥がないか等をチェック

進行状況のチェック    

お施主確認の上、仕上げ材

(屋根 壁 クロス タイル等)の最終的な

色の決定 

→取り扱い説明・引渡し

※途中やむを得ず中止になる場合、それまでの成果物

を基に御請求させて頂くことがありますので御理解の程

宜しくお願い致します。

(お客様の為に精一杯考えた内容の

『御提案・アイデア』を

お売りすることを商いとしております。ご了承下さい)

但し、設計競技(コンペ)等の場合は、初めにその旨

をお話頂いた上で、了承の下、参加し御提案させて

頂いております。

 
*設計事務所とは?

top page



(C) SHIODA archi & design, inc. Copyright 2008- All rights reserved