泌尿器科医・木村明の日記


龍馬伝と遠近法


先週の龍馬伝の武市半平太の道場の場面。

窓から差し込む日が変です。右の窓の光は右に、左の窓から差し込む光は左に。

太陽は無限のかなたにありますから、右の窓の日光も、左の窓の日光も平行に進むべきです。

スタジオのライトからの光であることが見え見えです。

NHKよ、もっとちゃんと作らんかい! と思いました。

しかし、



昨日の朝の日光。雲の隙間からさす光は放射状に広がっています。

これが遠近法だ!平行な線も放射状に見えるんだ!

なんて、感動していました。

武市道場の場面、科学的な間違いはありませんでした。



先週土曜の日経。鞆の浦が紹介されていましたが、

龍馬が紀伊藩と交渉した場所は対潮楼、となっていて、魚屋萬蔵宅とはなっていませんでした。

何度も交渉していますから、両方使ったんですが、龍馬伝には魚屋萬蔵宅は登場しないのかもしれません。


[木村泌尿器皮膚科院長日記一覧]