Saitama SAKAE Photographers Club updated 2017-07-02

秋の写真展シーズンがやって来ます

 

埼玉栄写真部は、この秋も県内を中心に作品を展示発表します。
 
「さいたま市フェア」10月20日(金)~22日(日) イオンモール与野
「私学文化祭」11月3日(金)~5日(日) 埼玉会館
「第34回埼玉県高等学校総合文化祭高校写真展」11月7日(火)~12日(日) 埼玉会館
 
みなさまのご来場を心よりお待ちしております。
 
 

  • 2017.09.25

    「南風堂写真館2017・秋」が終わりました

  • 本校文化祭に出展した作品展「南風堂写真館2017・秋」が盛況のうちに終了いたしたました。会期中はたくさんのお客さまに私たちの作品を見ていただくことができました。また、県外からも高校写真部の生徒さんや先生方に多数ご来場いただきました。これからもこれを励みにがんばります。ありがとうございました。

  •  

     
  • 2017.06.30

    6月写真展で19作品が入賞

  • 6月写真展〈第36回埼玉県高等学校写真連盟写真展〉において、

  • 本校写真部は最優秀賞2作品を含む、19の作品が入賞しました。

  • (本校の出品数は22作品)

  •  

     
  • 2017.05.29

    写真甲子園2017 北関東ブロック決勝に進出!

  • 6年連続12回目の本戦出場をかけて、写真甲子園2017激戦の北関東ブロック決勝大会に挑みます。
    6月11日(日)さいたま市の埼共連ビルで予戦審査を勝ち抜いた群馬・栃木・埼玉の10校がプレゼンテーションで本戦出場枠2校を争います。

    >>公式サイトへ 
  • 2017.04.07

    映画「写真甲子園 0.5秒の夏」
    公式HPとPVが公開されました!!

  • SaKaEも目指す全国高校写真部日本一を決める大会「写真甲子園」
    夏の北海道東川町を舞台に、一枚の写真にすべてを賭ける高校生たちの熱き姿を描いた青春ストーリー!!が映画になりました。

    >>公式サイトへ 
  • 2017.03.10

    エプソンフォトグランプリ2016で優秀賞受賞

    エプソンフォトグランプリ2016「中学高校写真部部門」で2年連続3回目の優秀賞(最高賞)を受賞しました。>>作品を見る 

全国高校総合文化祭

文化部の”インターハイ”
19年連続で出場

写真甲子園

高校生フォトグラファーの夢の舞台
夏の北海道での本戦に11回出場
2013年には初優勝

TopEye高校生写真サミット

年間獲得ポイントで出場校が
選抜される全国大会
日頃の活動が試される

 

TopEye

ニコンが中高写真部向けに
発行しているフォト誌
フォトコンテストでは
各回の個人賞のほかに
学校対抗の年間賞がある

 

高校写真部による東日本大震災復興応援プロジェクト

SaKae写真部が全国の高校写真部に呼びかけて被災地の方々に写真で応援メッセージを届けました

 

 

 

 

 
 

 

 

3月…卒業式撮影
   三年生を送る会
   校外展「南風堂写真館・春」
4月…春合宿
   入学式撮影
    部活動紹介
    仮入部
5月…新入部員歓迎撮影会
         TopEye応募①
         写真甲子園初戦応募
 

6月…6月写真展(県大会)
         写真甲子園ブロック決勝
7月…TopEye応募②
   高校野球撮影
   全国高校総合文化祭
   写真甲子園本戦
8月…夏合宿

9月…上野彦馬賞応募
   文化祭「南風堂写真館・秋」
10月…体育祭撮影
11月…私学文化祭
    TopEye応募③
    11月写真展(県大会) 

12月…エプソンフォトグランプリ応募
    クリスマス会
    全国高校駅伝撮影(@京都)    
1月…TopEye応募④
2月…TopEye全国高校生写真サミット(@横浜)
   関東地区高校写真展(関東大会)
   埼玉県南部地区写真展

 

埼玉栄高等学校写真部は、1973年創部。
途中数年間にわたる休部期間を経て、1997年に現顧問のもとで活動を再開し、現在に至る。
活動再開から現在まで、全国高等学校総合文化祭に18年連続して埼玉県代表として出品。全国高等学校写真選手権(写真甲子園)本戦には、2001年の初出場以来、11回出場。2013年、念願の初優勝を飾り、2014年も準優勝。優秀賞5回受賞。そのほか、ニコンTopEye誌主催全国高校生写真サミットに2回出場。同誌フォトコンテストの年間最優秀校賞をはじめ、よみうり写真大賞、上野彦馬賞等のコンテストで入賞。また、2011年『高校写真部による東日本大震災復興応援プロジェクト』を立ち上げ、「写真のチカラで日本を元気に」を合言葉に、全国の高校写真部とともに活動を展開するなど、コンテストで優劣を競うだけでなく、つねに高校写真部としての活動の多様性に挑戦中。現在、中高生フォトグラファーたちと顧問が「Give it all」を旗印に毎日騒々しく活動している。