【デストリビューター】

[2002/02/18]

143,000 km 走破
デスビのカバーを開けたら、、、鉄粉さんコンニチハ!(T_T)
デストリビューター
新品に交換して安心〜(^_^)

壊れる前に気が付いて良かった!
 1年前、129,000 km 時に【デストリビューター】を点検した時は、 鉄粉も錆粉もなく綺麗でした。  その後も時々点検していたんですが、 今回、143,000 km を走破してカバーを開けたら、、、カバーの内側がキラキラ光ってる!(^_^:  こ、これは鉄粉!?  デスビ故障の典型的な前兆です。  さらに放置すると異音が出て間もなく昇天されるでしょう。

 というわけで、さっそくその日のうちにディーラーに行って発注してきました。  デスビのタイプ(製造元)によっては回収してリビルド品が供給されている場合もありますが、 デルソルの物は残念ながら対象外。  ベアリングまわりのハウジングだけなら半額ですが、 イグナイター交換後 70,000 km 以上経過しているので、 Assy 交換にしました。  ちょっとお金はかかりますが、 デスビがロックして、タイミングベルトが飛んで、バルブクラッシュしてヘッドがパー、 という修理代20万円コースになるよりマシなので、早めに交換しましょう〜。

 そうそう、デスビの取り付け穴は横長になっていまして、 この範囲で点火時期を微調整する事が出来ます。
 えと、まずデスビのネジ穴をセンターに合わせて仮固定して、 プラグコード(1番)にタイミングライトをクリップして、 助手席足元のカプラをショートさせて、 十分暖気(ファンが回るくらい)します。  この状態でクランク軸の3点の合印をタイミングライトで確認。  デスビの固定ネジを緩めて進角を3点の合印の真中に合わせて完了。  ちなみにデスビを大きく動かすと音もガラっと変わります。  最後にデスビを本固定して、助手席のカプラのショートを外せば、 あとはコンピュータが自動調整してくれます。  次回は自分でやるように言われました(笑)

 デスビを交換したら少し音が静かになりましたね。  メカニックも「今までは気にするほどじゃないけど音が出てたね」と、、、 だったら一言教えて下さーい(^_^:  気にならなかったから大丈夫なんでしょうけどね。

 今回は運が良かったかもしれません。  なんとなーく、久しぶりに点検してみようかな、と開けてみたらコレでしたから。  虫の知らせ、というやつでしょうか?(^_^:

交換費用

パーツ単価数量パーツ代工賃
デストリビューター Assy\36,7001\36,700\2,100
総費用(税込:値引)\36,600



【戻る】 【トップ】 【目次】