エクセル実践塾 > 特集「条件式の考え方」

対象セルが空白セルもしくは0の場合に、計算結果を表示しない

 

対象セル同士を乗算し、その結果が0となる場合に計算結果を表示しないIF関数式にします

数式も何も入力されていない真の空白セルは、数値の0に相当します。

この0は、どのような数値と乗算してもその結果は0となります。

つまり、空白セルもしくは0が対象セルに含まれている場合には、それらの乗算の結果は必ず0となります。

条件式(論理式)では、0はFALSE(偽)として扱われます。そして、そうでない場合にTRUE(真)と判定されます。

これをIF関数の条件式とすれば、対象セルが空白セルもしくは0の場合に、何も表示しないようにできます。

 

 

 

 

何も入力されていない空白セルは0として扱われるので、シリアル値である日付との乗算の結果は0となります。

もちろん0の入力されているセルも同様で、どのような数値との乗算でもあっても、その結果は必ず0となります。

この乗算を条件式(論理式)として用いれば、空白セルもしくは0が対象セルに含まれている場合に、何も表示しないというIF関数式ができあがります。

乗算結果の0は、条件式ではFALSEとして扱われるので、何も表示しないことを表わす""は、偽の場合の処理として記します。

乗算結果が0でないときにTRUEとなるので、結果を表示したい計算式は、真の場合の処理として記します。

 

<< 【条件付き書式での使用例】
0の入力されているセルを強調する
質問や要望などはこちらへ 「上から数えて○番目以内」を判定するときには、LARGE関数やRANK関数を使う >>

 

関連する他のページ

条件付き書式を使って、データの入力されていない空白(空欄)セルを強調する
「指定の値を含むセルだけを書式設定」で「空白」を指定します

商品コードが空欄のとき、 商品名や単価の欄にエラー値を表示させたくない
IFERROR関数を使えば、エラー値を表示させないようにできます

空白のセルを強調したい
「指定の値を含むセルだけを書式設定」で「空白」を指定します

空白のセルにルールを適用しない
“何もない”ことを表す "" と比較する式の追加で、空白セルを除外することができます

データの入力されていないセルの数を知りたい
COUNTIF関数で、「検索条件」として「""」を指定すれば、データの入力されていないセルの数がわかります