blue
title

button ストッキングのディティール

デニールのこと

デニールとは化学繊維などの太さの単位で略して「D」と表記します。数字が少なければ少ないほど細くなります。現在、ストッキングに用いられている糸では7〜8Dくらいが最も細いと思います。30Dくらいですとストッキングと言うよりはタイツです。ただ、デニール数でストッキングとタイツを分けているわけではないようです。イビチのClassicは40デニールですがストッキングの感覚です。

糸が細ければストッキングの透明度も上がりますが、透明度は単純にデニール数だけで決まるわけではありません。次の編み方と関係します。プレーン編みの15Dと、サポート・タイプの10Dをくらべると前者の方が透明度が高くなっています。

夏用のストッキングとして売られているものは、10D以下の細い糸で編まれたサポート・タイプです。サポート・タイプの中で比較すれば涼しいと思いますが、肌触りなどによって実際の快適さは異なってきます。自分に合ったストッキングを。

トッキングの編み方

ノン・ストレッチのシームレスやフル・ファッションの美しさはなんと言っても、そのガラスのような透明感にあります。これは編み方に秘密があります。顕微鏡の画像でそれを確かめてみます。

プレーン
プレーン

プレーン編み

ストッキングの基本です。横糸のみのメリヤス編みです。

画像は初期のシームレスです。現行品では、Schiaparelli、Tentation、Havana、Gerbe Carnationなどのフル・ファッション、Capriなど透明度の高いノン・ストレッチのシームレスはこの編み方です。Aristoc Harmony Pointはマイクロ・メッシュもあるようですが、私が持っているのはすべてプレーン編みです。光のはじき方も美しく、ストッキングといえばやはりこれです。

 

パララン
パララン

プレーン編み(二本)

上と同じですが、ナイロン糸二本で編まれています。画像は、グンゼのパラランです。DoreDoreのDouble Dixもこの編み方をしていることで有名ですが、国産のシャルル・ジョルダンもこのような編み方でした。

透明度が高く比較的丈夫です。

 

ノンラン
ノンラン

マイクロ・メッシュ

名称についてはまだ正確なことがよく分からないのですが、ヴィンテージで「ノンラン」「ノーラン」と表記されている物はこのような複雑な編み方です。

プレーン編みだと、一カ所切れると縦にすーっと伝線しますが、それを防止する効果があったようです。近目にはやはり網目が見えますが、遠目には透明度が高くきれいです。

コラン
コラン

パンティ・ストッキング(サポート・タイプ)

今日一般的なサポート・タイプのパンティ・ストッキングの編み方です。プレーン編みですが、ポリウレタンにナイロンを巻き付けたサポート糸とナイロン糸とを交互に編んでいる、いわゆる交編です。

プレーンとくらべ透明度に差があることは一目瞭然です。

 

 

スカートの下の秘密

ガーターとストッキングが作り出す女性的な優雅さは、スカートの下にも隠されています。

スカートの下に隠されたウエルトのグラデーションもステキです。ものよっては、モアレという不規則な縞ができます。これも妖しい魅力を醸し出します。

それから、「ストッキングをはく」一連の動作の優雅さも、パンティ・ストッキングでは得られないものです。おそらく、女性の仕草の中でもっとも美しく魅力的なものだと思います。

welt
 

ウエルト、アンダー・ウエルト

ウエルトとはストッキングをガーターに留めるために補強され二重に折り返されている部分のことです。ストッキングの上の方は、通常一番左の画像のように二段階のグラデーションになっていて、薄い部分をアンダー・ウエルトなどと言います。アンダー・ウエルトには透かし編みなどをいれたものもあります。脚部と色を変えたバイ・カラーもあります。

フル・ファッションには処理のため、通常後ろに丸く穴が開いています。これをキー・ホ−ルというそうです。

ウエルトに刺繍が施されているものもあります。ゴージャスですね。昔は多色使いでもっとゴージャスなものがああったようです。現在は専らストレッチ・タイプです。

 

welt1
welt2
welt3
welt4

つま先の「黄金分割」

toe
年末になると忘年会などで、人前で靴を脱ぐ機会が増えます。こういう時、ストッキングの足(foot)を見られるのが気になるという方は少なくないようです。男性も意外に見ているようですから。素足や爪のケアは当然のことですが、ストッキングも足「魅せ」を考えたいですね。私は、つま先あり・かかと無しが女性的な華奢なイメージを演出すると思っています。問題は、濃さと大きさです。やはり薄い方がキレイです。薄いベールをすかした、手入れされた足の爪は、世が世なら谷崎文学の素材となるのではないかと思います。ラン・ストップはどうでしょう。面積が大きすぎるのはどうでしょう。私は、第二関節あたりに沿って滑らかな弧を描くくらいが「黄金分割」なのではないかと思います。

atsugi

昔のストッキングは、右の画像のように、直線になっています。これはこれできれいだと思います。

ポイントは、だらしなく見えないように時々チェックすることでしょうね。

ペディキュアとストッキング

ANTEPRIMA

サンダルやオープン・トゥなどでつま先が見える際、ペディキュアを施した足に映えるのはどういうストッキングでしょうか。

つま先に補強のない「つま先スルー」もいいでしょう。あまり分厚くなければ補強があるのも女性らしさを強調するのではないかと思います。

ストッキング越しの爪の色は肌色のストッキングであっても若干変わります。でも、そこまで見る人はいないと思います。あくまでも自己満足な世界ではあります。

nudetoe toe

かかと

つま先とかかとに補強のあるものを、コンベンショナル・タイプ(コンベンショナル・ヒール)と言います。かかとがあるのが本来の姿なんですね。ノン・ストレッチのストッキングはたいていかかとがあります。もちろん破れやすいところだということもありますが、かかとの丸みに合わせた縫製にする必要がありますからだと思います。

かかとが立体的になっている方が編み目も均質になりますしはきごこちもいいと思います。それはストレッチ・タイプでも同じです。

かかとを出すときなど、かかとがない方が「足」の印象をすっきりみせます。用途次第ですね。

LANVIN
foot

髪の先も足の先もあなた 

 

ストッキングのつま先やかかとなどは普段あまり意識しないかもしれません。でも、そこもあなたそのもの、私そのものです。

ストッキングは欧米で生まれたものですが、日本では欧米よりも足(くるぶしから下)を出す機会が多く、ストッキングの足を人目にさらすことも多いと思います。気を抜かないできれいに見せる効果を考えましょう。

注目度は相対的には低いのかもしれませんが、そこも私たちの体の一部。肌や爪のケアはもちろん、縫い目がずれてだらしなく見えないように神経を行き届かせたいものですね。

 

 

 

 

 

back
home
next