デュフィ 絵画 販売 買取 委託販売 東京 自由が丘 画廊 委託販売-ギャラリー小山

ラウル・デュフィ [Raoul Dufy]

父のレオン=マリウス・デュフィは休日には教会の聖歌隊を指揮し、オルガンを弾いた。その息子であるラウル・デュフィには3人の弟と5人の妹がいた。デュフィ家は経済的に苦しかったが、家族全員が音楽に親しむ芸術的家庭であった。後に2人の弟が音楽家に、ラウルともう一人の弟が画家となる。物質(特に生物)のオーラをハイセンスで清潔感のある色彩を用いて表現したデュフィの絵画作品は、観る者に”生きる”ということ、そのものを伝えているようである。
絵画販売 ギャラリー小山外国人作家ラウル・デュフィデュフィ・販売絵画リスト
作家名,作品名で検索 →

ラウル・デュフィ絵画作品リスト

【自由が丘 画廊】

あなたのお部屋に素敵な絵画を一枚いかがですか?

Raoul Dufy
デュフィ『オーケストラ』 デュフィ【オーケストラ】
デュフィ『サックスT』 デュフィ【サックスT】
デュフィ『モーツアルトに捧ぐ』 デュフィ【モーツアルトに捧ぐ】
デュフィ『プチバドー』 デュフィ【プチバドー】
デュフィ『ニースのカジノ』 デュフィ【ニースのカジノ】
デュフィ『ヴァイオリンのある静物』 デュフィ【ヴァイオリンのある静物】
デュフィ『モンソネスの私たちの家』 デュフィ【モンソネスの私たちの家】
デュフィ『サックスU』 デュフィ【サックスU】
デュフィ 天使のコンサートより『ピアノコンサート』 デュフィ・天使のコンサートより【ピアノコンサート】
デュフィ『オーケストラ2』 デュフィ【オーケストラ2】
デュフィ『ヴァイオリンコンサート』 デュフィ【ヴァイオリンコンサート】
デュフィ『音楽室』 デュフィ【音楽室】
デュフィ『四季より』 デュフィ【四季より】
デュフィ『アネモネ』 デュフィ【アネモネ】
デュフィ『コンポートのある室内』 デュフィ【コンポートのある室内】
デュフィ『金色の額とフルーツ』 デュフィ【金色の額とフルーツ】
デュフィ『葡萄のなる山』 デュフィ【葡萄のなる山】
デュフィ『ピンクのアネモネのある花束』 デュフィ【ピンクのアネモネのある花束】
デュフィ『ル・アーブル港に訪れた英国』 デュフィ【ル・アーブル港に訪れた英国船】
デュフィ『赤いヴァイオリン』 デュフィ【赤いヴァイオリン】
デュフィ 天使のコンサートより『赤いヴァイオリン』 デュフィ・天使のコンサートより【赤いヴァイオリン】
デュフィ『画家のアトリエ』 デュフィ【画家のアトリエ】
デュフィ 画家への手紙より『青い背景の鳥籠』 デュフィ 画家への手紙より【青い背景の鳥籠】
デュフィ ノルマンディーより『満載艦』 デュフィ ノルマンディーより【満載艦】
デュフィ 生命の水より『馨り立つ丘』 デュフィ 生命の水より【馨り立つ丘】
デュフィ 画家への手紙より『休息』 デュフィ 画家への手紙より【休息】
デュフィ 『祝祭』 デュフィ【祝祭】
デュフィ ノルマンディーの丘より『停泊所』 デュフィ ノルマンディーの丘より【停泊所】
デュフィ 『港』 デュフィ【港】
デュフィ ケンタウロスと遊戯より『競馬』 デュフィ ケンタウロスと遊戯より【競馬】
デュフィ ヴァカンス・フォルセより『祝祭の日』 デュフィ ヴァカンス・フォルセより【祝祭の日】
デュフィ『パドック』(ソルリエ版) デュフィ【パドック】(ソルリエ版)
デュフィ 天使のコンサートより『五重奏』 デュフィ 天使のコンサートより【五重奏】
デュフィ コート・ノルマンディより『パドック』 デュフィ コート・ノルマンディより【パドック】
デュフィ コート・ノルマンディより『ヨットレース』 デュフィ コート・ノルマンディより【ヨットレース】
デュフィ コート・ノルマンディより『埠頭』 デュフィ コート・ノルマンディより【埠頭】
デュフィ コート・ノルマンディより『チェロとピアノの二重奏』 デュフィ コート・ノルマンディより【チェロとピアノの二重奏】
デュフィ 天使のコンサートより『白鳥とヴィーナス』 デュフィ 天使のコンサートより【白鳥とヴィーナス】
デュフィ コクトーによるデュフィ『アネモネ』 デュフィ コクトーによるデュフィ【アネモネ】
デュフィ コクトーによるデュフィ『エプソム競馬場』 デュフィ コクトーによるデュフィ【エプソム競馬場】
デュフィ コクトーによるデュフィ『ヘンリー』 デュフィ コクトーによるデュフィ【ヘンリー】
デュフィ コクトーによるデュフィ『ヴェネツィア(ヴェニス)』 デュフィ コクトーによるデュフィ【ヴェネツィア(ヴェニス)】
デュフィ:版画(リトグラフ)【バッハコンサート】
デュフィ:版画(リトグラフ)【港】
デュフィ:版画(リトグラフ)【机上のヴァイオリン】
デュフィ:版画(リトグラフ)【三重奏】
デュフィ:版画(リトグラフ)【ヨットハーバー】
デュフィ:版画(リトグラフ)【白いバラ】
デュフィ:版画(リトグラフ)【パリ際】

この他にもありますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

━ ラウル・デュフィ [ Raoul Dufy ] の略歴 ━
●1877年 6月13日フランスのル・アーヴルに生まれる。
●1892年 ル・アーヴルの市立美術学校の夜学に通う。
ル・アーヴルに移住していたブラックと知り合う。
●1900年 パリのエコール・デ・ボザールに入学。ボンナのアトリエで学ぶ。
フランス美術家展に出品、入選する。
●1903年 アンデバンダン展に初出品。
●1906年 サロン・ドートンヌに参加、マルケとトルーヴィルでフリエスとファレーズで制作。
ヴェルト・ウェーユ画廊で初の個展を開く
●1908年 ブラックとエスタックで制作、立体派的な構図を研究。
●1909年 フリエスとミュンヘンを訪問する。
●1912年 リヨンの絹織物商とデザイナーとして契約。
●1920年 ヴァンスに滞在、多くの風景画を制作。
●1922年 シシリー島に滞在。
●1927年 ニースで一連の油絵と水彩画を制作。
●1929年 パリをテーマとするタピスリーの下絵を制作する。
●1936年 パリ万国博覧会電気館の大壁画(電気の精)に着手。
●1938年 パリ植物園猿類館の装飾画、及びシャイヨー館内の喫煙室を飾る(セーヌ風景)を完成させる。
この頃からリューマチに悩む。
●1940年 ドイツ軍侵攻とともにニース、ついでセー・ペルピニアンに避難する。
●1943年 「オーケストラ」「アトリエ」の連作を制作する。
●1949年 リューマチに悩みながら制作を続ける。
ニューヨークのルイ・カレ画廊でデュフィ大回顧展開催される。
●1950年 ボストンに渡り、リューマチの治療をうける。
●1951年 アリゾナ滞在後、帰仏。
●1952年 ヴェネツィア・ビエンナーレで国際大賞を受ける。
●1953年 心臓麻痺のため3月23日に死去。

絵画販売 ギャラリー小山 外国人作家 日本人作家 絵画 買取 委託販売
東京都目黒区自由が丘1-28-8 自由が丘デパート 1F 画廊の営業時間


デュフィなどお手持ちの絵画,版画の委託販売:版画(リトグラフ)買取の査定は→こちらをどうぞ。