Story of Yokohama FLUGELS
このページはサッカーJ1「横浜フリューゲルス」のページです

フリューゲルスで正GKを務め、日本代表でも活躍した名古屋グランパスの楢崎正剛選手が2019年1月8日引退を表明した。フリューゲルスの思いを常に口にしてくれていた楢崎選手の引退は大変残念ではあるけれども、一方でお疲れ様でした、ありがとうございましたと声をかけたい気持ちです。
横浜フリューゲルスは、1992年(Jリーグ開幕の前年)に、「全日空サッカークラブ」を母体に設立されたプロサッカーチームでした。 1998年晩秋、親会社「全日空」と「佐藤工業」の業績不振により、チームはこれまた業績不振の日産自動車のチームとの合併を発表。チームは1999年元旦の天皇杯優勝をもってその姿を消しました
その後、一部のフリューゲルスのサポータにより設立された、横浜FCというチームもありますが、その活動に私は一切かかわっていません。多くのフリューゲルスサポーターと同じように、私にとってのフリューゲルスはあの国立競技場での戦いをもって終わっているのです
そして私は今でも横浜フリューゲルスのサポーターです

news
1999/01/01 at National Stadium
supporters
history of the club story toward
final
match result links
players response
about these pages in english
Last modified 2019/02/03 Maintained by 竹内敏浩