本文へスキップ

能の面白さをお伝えしてゆきます

二人静立出一声 静御前
船弁慶重前後之替 知盛
葵上 六条御息所
葵上 六条御息所
井筒
邯鄲 盧生
砧 前場
砧 後場
安宅 武蔵坊弁慶
安宅 弁慶
田村 坂上田村麻呂
小袖曽我 時致
夜討曽我 時致
二人静
高砂
杜若
龍田
在原業平
松風
恋重荷(女御)

能楽ENDOWS STUDIO

お知らせtopics

8月26日(日曜日)触れてみよう能楽の世界
今年の能は「小鍛冶」こかじ を上演します。
第一部ワークショップ発表
最二部 能楽講座 能のススメ
    能公演  「小鍛冶」
と恒例になりました3部構成です。今年は劇場閉館前最後の触れてみようです。
久しぶりに私がマイクをもってたくさんお話しようかと思いますので、是非お越しくださいませ。






2017年8月27日(日曜日)
触れてみよう能楽の世界
能「鉄輪」(かなわ)予告ムービー











今年も所沢ミューズの能楽ワークショップの募集が始まります。
能楽仕舞ワークショップの決定版!
のべ600名名以上が体験した人気企画です。
今年の募集は終了しております。
ワークショップが始まりました。









アーカイブ


下記公演無事終了しております。満員御礼感謝申し上げます。



2017年4月16日(日曜日)新潟りゅーとぴあ能楽堂 春の能楽鑑賞会
遠藤喜久 主演(シテ)遠藤か和久(シテ ダブル主演)にて
二人静 立出之一声  船弁慶 重前後之替 平家物語を題材にして二番能を勤めます。
是非、ご来場ください。
チケットは、2017年 1月25日(友の会先行発売)1月26日(一般発売)です。
お問合せは、рO25(224)5521 りゅーとぴあチケット専用ダイヤルへ











2016年
9月15日(木曜日)夜7時より、能楽堂リレー公演の3日目として、私が宝生能楽堂(JR水道橋駅前)という宝生流の本拠地の大劇場で能「葵上 あおいのうえ」のシテを勤めます。
この曲のシテ(主人公)はタイトルの葵上ではなく、六条御息所という、先の皇太子妃にあたる才色兼備の女性。この人が、年下の光源氏に誘惑され恋人となるのですが、次第に正妻・葵上への嫉妬の思いがつのり、理性で押さえても、ついに生霊となって抜け出て、葵上を襲うのです。
能では、この物語をさらに脚色し、六条御息所の光源氏への想いにクローズアップしています。
そして、ついにその思いが、女を嫉妬の鬼に変えてしまう姿を、迫力の舞台で描いています。
全くの初心者や外国人にも、わかり易く、能の人気曲ですので、この機会に是非お越しください。

英語解説バージョンもあります。

当日は、解説タブレット(数量限定)など、新しい試みをしています。
外国人観光客の方など、日本文化を気軽に楽しみたい方々にもお薦めです。
チケットの申し込は、こちら お馴染みカンフェティチケットセンター。
または、のうのう事務所TEL03-3266-1020まで。
全席自由ですが、8月10家現在、席に余裕がありますので、ゆったりとみられそうです。
新しい試みなので、皆さま是非PVの動画のシェアをお願いします。
リンク先はユーチューブなので、
共有ボタンからシェアできます。





2016年アーカイブ
8月21日に行わる所沢ミューズの「触れてみよう能の世界」の「殺生石」のプロモーションビデオが
 出来ました。
 実際の能の公演とは一味違った「殺生石」の魅力をお楽しみください。
 *映像演出をしていますので、実際の公演では、火や煙は出ません。



2016年今年も能楽ワークショップが開講されます。
 夏休みに仕舞の体験と能のレクチャーを通じて、能の世界に触れていただきます。
 これだけの時間と規模で行うワークショップは、おそらくこの劇場だけです。
 能の身体表現を学ぶ日本一の能楽ワークショップといってよいでしょう。
 是非一度体験してみて下さい。
 大人の部の締め切りは6月24日です。お申し込みは所沢ミューズに直接お願いします。
 一番下ののリンクからJUMPしてください。
 ワークショップの動画が出来ました。
 もちろん実際には火は出ませんよ!!
 あくまで心象イメージです。あしからず。
 今年は、8月21日に殺生石という能を上演予定ですので、それにかけたPVですね。
 ワークショップっていうのは、体験講座ってことですね。
 簡単な仕舞を通じて能に近づいてみましょうという試みです。
 気軽に汗流しに来てください。


 
 
 お申込みは、所沢ミューズまで


 








   
        
                
      
  
         

能楽師 遠藤喜久のホームページ

只今、
公演情報や能楽に関する楽しい情報をお知らせしています。