諏訪の森法律事務所 Lawyer SHIGENORI NAKAGAWA

住所:〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-16-8 アライヒルズグレース2A

電話:03-5287-3750



HOME > 弁護士プロフィール > 弁護士のご紹介


弁護士のご紹介

弁護士 中川重徳(なかがわ しげのり)

弁護士 中川重徳

東京弁護士会所属
1959
年 東京都生まれ
1985
年 東京大学経済学部経済学科除籍退学,同年 司法試験合格
1988
年 弁護士登録
2000
2月 新宿区高田馬場に「諏訪の森法律事務所」開設

一般民事(不動産・相続・離婚・交通事故・債務整理ほか)及び刑事事件を扱うほか、レズビアン・ゲイ・トランスジェンダーなど、セクシュアル・マイノリティ、HIV感染者の方などへの法的サポートに力を注いでいます。
(詳細については「取扱事件」参照)

保育園・学童・中学・高校で「父母の会」やPTAに関わり,現在も地域協働学校運営協議会委員等をしています。

 

1990年、東京都教育委員会が同性愛者の団体に対し「府中青年の家」の宿泊利用を不許可とした事件で東京都に対する訴訟を担当。
1994年東京地裁、1997年同高裁にて勝訴判決,確定)

2003年,東京都立七生養護学校の性教育「こころとからだの学習」が攻撃を加えられた事件で,東京都・一部都議・新聞社に対する訴訟を弁護団事務局長として担当
(東京地裁,東京高裁で,被告らが問題にした教材や学校の取り組みは全く問題が無く,被告都議と東京都教育委員会の介入や「厳重注意処分」は違法であるとして損害賠償を命じる判決が下され,最高裁は原告被告双方の上告等を斥けて確定)

2003年から現在まで,原爆症認定集団訴訟,ノーモア・ヒバクシャ訴訟に参加し東京弁護団事務局長、全国弁護団事務局長(ノーモア訴訟)。

2015年、同性婚の法制化を求める人権救済申立弁護団、2019年「結婚の自由をすべての人に」訴訟弁護団に参加。一般社団法人Marriage For All Japan – 結婚の自由をすべての人に 理事。

·        民事調停委員

·        渋谷区 男女平等・多様性社会推進会議委員

·        感染症審査協議会委員

E-mail: nakagawa@suwanomori.net

 

弁護士 加藤慶二(かとう けいじ)

""

 

 

第二東京弁護士会所属
1984
年 生まれ

20211月 諏訪の森法律事務所参加

【役職・資格等】

 ・国会議員政策担当秘書資格

 ・登録政治資金監査人

 ・東京三弁護士会多摩支部 消費者委員会 副委員長

 ・結婚の自由を全ての人に東京訴訟弁護団(通称:同性婚訴訟弁護団(http://marriageforall.jp/lawyers/))事務局長

【所属】

・結婚の自由を全ての人に東京訴訟弁護団

・東京三弁護士会多摩支部 消費者委員会 

・LGBT支援法律家ネットワーク 

・明日の自由を守る若手弁護士会の会

・自死遺族支援弁護団(http://www.jishiizoku-law.org/

【取扱分野】

 民事・家事事件(相続,交通事故等)や刑事事件など,幅広く対応していますが,下記については特に力を入れています。

◆消費者法分野

  昨今,様々な詐欺問題が社会問題化しています。お金を取られてしまった場合にはすぐにご相談を。早めの対処が何よりもの解決につながります。

◆自死支援

  1年に自死される方はおよそ2万人弱。身近な方が亡くなると,深い悲しみが現れるとともに,多くの法律的トラブルが生じます。生じやすい法律問題については,自死遺族支援弁護団のHPをご参照ください。

◆セクシュアル・マイノリティ支援

  日本にセクシュアル・マイノリティと呼ばれる方は5%前後いるといわれています。セクシュアル・マイノリティ支援に対して,力を入れています。

◆地方自治の法務

  地方議員から顧問をいただいております。地方議員の活動には,日常の議会活動(議案の調査),政治活動,選挙活動など,幅広く法律問題が潜んでいます。政治資金収支報告書の監督人資格も持っております。

【著書・論文・講師等】

・2014年5月12日 関東学院大学 「消費者問題と弁護士」講演

・LGBT支援法律家ネットワーク出版プロジェクト『セクシュアル・マイノリティQ&A』弘文堂 執筆担当及び編集コアメンバー

・同性婚人権救済弁護団『同性婚 誰もが自由に結婚できる権利』明石書店 執筆及び編集担当

・朝日新聞出版『AERA』 2016516日号 憲法24条に関するコメント掲載

・加藤慶二「LGBTに関する差別禁止法理について」法律のひろば20167

・加藤慶二・中川重徳「LGBTと憲法」BEYOND201610月発行

・サンデー毎日 2017年10月1日号コメント掲載

・2017年11月25日 日本エイズ学会学術集会 報告 「HIV陽性者の生活と法的課題」

・2017年12月11日 東京三弁護士会多摩支部 研修

・2018年11月1日 愛知学院大学「多様な家族を考える」講演

・加藤慶二「LGBTの権利と平等-労働現場における不利益とその対策」『多様な性を認め合う職場と社会』所収(労働の科学71巻12号)

・2020年1月28日 東京都及び東京都生協連主催「だまされた時,どうする?!」講演

・東京新聞2020年2月25日朝刊。外国人のトランス女性の収容状況についてコメント。

・関口・竹内・金子編『こんなときどうする?! 選挙運動150問150答』の一部執筆

 

E-mail: kato@suwanomori.net

 

◆事務局

E-mail: suwanomori@law.email.ne.jp

 

弁護士プロフィール

·    ごあいさつ

·    弁護士のご紹介

·    In English

·        ▲ページの先頭へ戻る


·        リンク集

·        サイトマップ

·        お問い合わせ

Copyright (C) Suwanomori Law Office All Rights Reserved.