Top浮世絵文献資料館浮世絵師総覧
 
☆ ばえん いっぽうさい 一峰斎 馬円浮世絵師名一覧
〔 ? ~ 天保初年(183?)・享年未詳〕
 ※〔漆山年表〕 :『日本木版挿絵本年代順目録』 〔目録DB〕:「日本古典籍総合目録」   〔中本型読本〕:「中本型読本書目年表稿」  ☆ 享和年間(1801~1803)    ◯『増訂武江年表』2p26(斎藤月岑著・嘉永元年脱稿・同三年刊)   (「享和年間記事」)   〝京大坂より画入り読本、新作あまた梓行して江戸へ下せり。(中略)    画者は石田玉山、青陽斎蘆国、一峯斎馬円、丹羽桃渓、合川珉和、松好斎半兵衛、歌川豊秀、速水春暁    斎等其の外数多あり〟    ☆ 文化五年(1808)    ◯「読本年表」〔目録DB〕   ◇読本(文化五年刊)※角書は省略    一峰斎馬円画『信夫摺在原草紙』一峯斎馬円画 中川昌房作    ☆ 文化八年(1811)    ◯「読本年表」〔目録DB〕   ◇読本(文化八年)※角書は省略    一峰斎馬円画『東鑑操物語』一峯斎馬円画 文松庵金文作 文化八年序    〈〔中本型読本〕は文化十年刊とする〉  ☆ 文化九年(1812)    ◯「読本年表」〔目録DB〕   ◇読本(文化九年刊)※角書は省略    一峰斎馬円画    『金鱗化粧桜』一峯斎馬円画 中川昌房作    『在原草紙』 一峯斎馬円画 感和亭鬼武作    ☆ 文化十年(1813)    ◯「読本年表」   ◇読本(文化十年刊)※角書は省略    一峰斎馬円画〔目録DB〕    『螢狩宇治奇聞』一峯斎馬円画 五島清通作    『和漢乃染分』 一峰斎馬円画 五島清道作    『忠孝貞婦伝』 一峯斎馬円画 浜松歌国作    『青葉笛』   一峰斎馬円画 高井蘭山作    一峰斎馬円画〔中本型読本〕    『忠臣烈女東鑑操物語』一峯齋馬圓画    ☆ 文化十一年(1814)     ◯「絵本年表」   ◇絵本(文化十一年刊)    一峰斎馬円画『戌の年俄選』五冊 馬円画・寄松筆 浪花竹斎序 平野屋武右衛門板〔漆山年表〕    ◯「読本年表」   ◇読本(文化十一年刊)※角書は省略    一峰斎馬円画〔目録DB〕    『河内木綿団七縞』一峰斎馬円画 栗杖亭鬼卵作    『二葉の梅』   一峰斎馬円画 栗杖亭鬼卵作    『駿河舞』    一峰斎馬円画 浜松歌国作    一峰斎馬円画〔中本型読本〕    『五大力後日物語』一峰斎馬円画 狂蝶子文麿作    ☆ 文化十二年(1815)    ◯「読本年表」〔目録DB〕   ◇読本(文化十二年刊)※角書は省略    一峰斎馬円画    『蜑人少女玉取草紙』一峯斎馬円画 河東東漁作    『新編熊阪説話』  一峰斎馬円画 感和亭鬼武作      ☆ 文化十三年(1816)    ◯「読本年表」〔目録DB〕   ◇読本(文化十三年刊)※角書は省略    一峰斎馬円画『鎗権三累襂』一峰斎馬円・狂画堂蘆州画 五実軒奈々美津作    ☆ 文化年間(1804-17)  ◯『浪華人物録』文化改正 前川文栄堂版(『摂陽奇観』巻45『浪速叢書』第5所収)   〝画工部 内平の町 一峰斎馬圓〟  ☆ 文政四年(1821)    ◯「読本年表」〔目録DB〕   ◇読本(文政四年刊)※角書は省略    一峰斎馬円画『絵本更科草紙』三編 一峰斎馬円画 栗杖亭鬼卵作〈初・二編は文化八年刊〉    ☆ 没後資料    ◯『増補浮世絵類考』(ケンブリッジ本)(斎藤月岑編・天保十五年(1844)序)   (〈 〉は書入れ・〔 〕は見せ消ち)   〝一蜂斎馬円    読本の絵多し〔尤〕〈筆は達者なれど〉下工也〟    ◯『古画備考』三十一「浮世絵師伝」中p1408(朝岡興禎編・嘉永三年(1850)四月十七日起筆)   〝石田玉山、  岡田玉山【石田玉山門人】、 青陽斎蘆国、  一峯斎馬円    丹波桃渓、  合川珉和、         松好斎半兵衛  歌川豊秀    速水春暁斎、 已上、京大阪画草紙画者、享和前後人、武江年表〟    ◯『京摂戯作者考』〔続燕石〕①228(木村黙老著・成立年未詳)   (「浮世絵師」の項)   〝一峰斎馬円 大坂亀山町、後藤屋敷に住す、原東武の人、葛飾北斎門人、始め馬遠と号し、後浪華に来り、大岡喜藤 次【公儀の絵図引也】の養子となり、馬円と改む、俗称大岡由平、後、藤次と更む、文化七八のころ三 月没〟    ◯『新増補浮世絵類考』〔大成Ⅱ〕⑪236(竜田舎秋錦編・慶応四年(1868)成立)   〝一蜂斎馬円〟(名前のみ)  ☆ 明治以降(1868~)    ◯『近古浮世絵師小伝便覧』(谷口正太郎著・明治二十二年(1889)刊)   (名前のみ、記事なし)   〝浪速     一峯斎馬円・春好斎北洲・歌川広貞・長谷川貞信・柳斎重春    浪速    歌川国広・歌川芳国・戯画堂芦雪・青陽斎春子・五瓢亭貞芳〟    ◯『本朝画家人名辞書』上(狩野寿信編・明治二十六(1893)年刊)   (国立国会図書館・近代デジタルライブラリー)   〝馬円 姓氏年代詳ナラズ、浮世絵師ナリ〟    ◯『浮世絵師便覧』p205(飯島虚心著・明治二十六年刊)   〝馬圓(バエン) 大坂の人、一峯斎と号す、◯寛政〟  ◯『浮世絵備考』(梅本塵山編 東陽堂 明治三十一年(1898)六月刊)   (国立国会図書館デジタルコレクション)(51/103コマ)   〝一峰斎馬圓【寛政元年~十二年 1789-1800】 大阪の人、其の伝詳ならず〟  ◯『浪華名家墓所記』(宮武外骨編 雅俗文庫 明治四十四年(1911)三月刊)   〝一峰斎馬円(画工)文化七八年没(享年・墓所記載なし)    元東武の人、葛飾北斎門人にして始馬達と号し、浪速に来り大岡喜藤治の養子となり、亀山町後藤屋敷に    住す、後改めて馬円といふ、俗称始め由平、後藤二と更む、小説刻板の密画多し〟    ◯「日本古典籍総合目録」(国文学研究資料館)   〔一峰斎馬円画版本〕    作品数:19点    画号他:大岡・大岡馬円・馬円・一峯斎馬円・一峰斎馬円    分 野:読本17・謡曲1・遊戯1    成立年:文化5~6・8~11~14年(18点)        文政4年 (1点)    〈「日本古典籍総合目録」の成立年からみると、『京摂戯作者考』の云う没年、文化七八年は不審である。『原色浮世     絵大百科事典』第二巻「浮世絵師」は天保初年としている〉