Top浮世絵文献資料館浮世絵師総覧
 
☆ えいちょう きくかわ 菊川 英蝶 浮世絵師名一覧
〔生没年未詳〕(春川英笑参照)
 ☆ 天保四年(1833)    ◯『無名翁随筆』〔燕石〕③315(池田義信(渓斎英泉)著・天保四年成立)   (「菊川英山」の項、菊川英山門人)   〝英蝶【スリモノ画アリ】〟    ☆ 天保十五年(弘化元年・1844)    ◯『増補浮世絵類考』(ケンブリッジ本)(斎藤月岑編・天保十五年(1844)序)   ◇「菊川英山」の項(菊川英山門人)   〝英山門人 此外数十人あれども板本をかゝざるものは爰にのせず     英蝶 摺物画あり〟
  ◇「渓斎英泉」の項   〝渓斎英泉門人 初春川五七門人 英蝶 京の人 江戸住す 草そうし錦画を書     (欄外) 英蝶 初春川五七門弟 京の人 江戸住す 錦画草双紙在〟    ☆ 没後資料(下記『浮世絵師伝』の作画期を参考にして、以下の資料を没後とした)    ◯『新増補浮世絵類考』〔大成Ⅱ〕⑪185(竜田舎秋錦編・慶応四年(1868)成立)
   「菊川英山系譜」(英山門人、名前のみ)     ◇「菊川氏系譜」(渓斎英泉門人) 
   「菊川英山系譜」〝英蝶 初春川五七門人也。京師ノ人。江戸ニ歿ス。錦絵草双紙アリ〟    ◯『浮世絵師便覧』p228(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)   〝英蝶(テウ) 菊川、◯英山門人、始め春川五七門人、京師の人、錦画、草双紙〟    ◯『浮世絵備考』(梅本塵山編 東陽堂 明治三十一年(1898)六月刊)   (国立国会図書館デジタルコレクション)(63/103コマ)   〝菊川英蝶【文政元~十二年 1818-1829】    京都の人、はじめ画を春川五七に学びしが、後に英山の門弟となりて、錦絵又草双紙を画けり〟  ◯『浮世画人伝』p102(関根黙庵著・明治三十二年(1899)刊)
   「菊川英山系譜」〝英蝶(英山門人)未詳〟    ◯『浮世絵師人名辞書』(桑原羊次郎著・教文館・大正十二年(1923)刊)   (国立国会図書館・近代デジタルライブラリー)   〝英蝶 英山門人、始め春川五七門人、京師の人、英章と同人〟   〝英笑 京師の人、最初春川五七門人にて、春斎と号す、江戸に移りて英泉門人となり英蝶と号す、光一英章と同人なり〟    ◯『浮世絵師伝』p16(井上和雄著・昭和六年(1931)刊)   〝英蝶    【生】               【歿】    【画系】春川五七門人後ち英泉に学ぶ 【作画期】文政~天保    俗称亀助、初め春川英笑、別号春斎、英泉に学びて後ち画名を英蝶と改む、文政年間の錦絵(〈艸冠+    周〉渓、英笑、両筆)「養蠶の図」あり、又草双紙を画がく〟    ◯「日本古典籍総合目録」(国文学研究資料館)    収録なし