Ver12.02
人はその昔、風雨から守ってくれ、食料まで与えてくれた森というすばらしい住み家を持っていた。
母親の胎内のような、ほっとする安心感のある住み家や地域社会が今はあるのだろうか?
住みやすい街とは、愛せる地域とは。
個人的偏見による、地元&元地元自慢、時代自慢のページです。

Woodsもおかげさまで
18年目
ブログやっている人はまめで偉いなぁと思ってしまいます。
Woodsは年に数回の更新。かつ最近流行のWebスタイルではありません。
元々、のんびり、ゆったり、じっくりがコンセプトですから。
私同様、仕事で時間に追われてる方も多いと思います。
趣味のページくらいのんびり、無理せず、今後もマイペースでいきたいと思います。

2016/5/8更新
交通の便がいい、色々な店もある、施設や公園もある、自然も多い。こんな場所が埼玉の西にある。こんな田舎に?と思うような場所に洒落た渋い店もある。住んでいる狭山の地元自慢のページです。
今は駅前が再開発中。見る見る変わっていく様子は新宿が変貌した頃を思い出し、少々さびしいです。
たかが公園のベンチというなかれ。よく見て見るとこれが結構おもしろい。以前、「日経クリック」にも紹介されました。コレクションを始めて十年以上になりますが、なんでこんなにと思うほど種類があります。ストックは公開しているものの倍以上もあり、更に日々新しいベンチを発見!整理が追いつきません。

淀橋の詳細地図アップしました
新宿の西(西新宿)なんかじゃない!ここは淀橋! 近所の家は鍵なんか、かかっていない。おじさん、おばさん、じっちゃん、ばぁちゃん,皆が顔見知り。しかも子供は皆、外で遊んでるから不審者なんてすぐわかる。だから犯罪も少ない。みんな誰かに世話になってるから悪いことできないし、したくない。
もしかして、本当にもしかして、戦争を除けば20世紀の中盤はとっても幸せな時代だったかも?一時ブームになった「昭和レトロ」も同じような思いから?そんな思いを強く持つ戦後生まれの私がこんな倶楽部を作りました。 1960〜1970年代の幸せを確めあう会です。
独り言
冬眠中 2015:今年も初売りのチラシ。しかも元旦や2日から。確かに財布のひもが緩む。お客が来る。でもそのために仕事のの人がいる。家族はそれぞれが買い物に出かけてしまう。日本中何もしない日があってもいいのでは。ただでさえ非正規雇用や残業代ゼロ、民百姓は働け!と封建時代に戻りつつある昨今。とにかく儲かればいいんですかね?でも広告見ると買いに行きたくなるなー。
2014:文明の発達で人は昔よりはるかに重労働や不便な生活から開放されたのに、自分も含めて、のんびりとした生活と無縁な人が多いのは不思議ですね。ちょっと心配、、、



from 97.1.1.