差異の大きい別ルート


(1)経由地が明らかに異なる別線線増 

事業者名 線名 区間 営業キロ 備考
北海道旅客鉄道 函館本 七飯〜大沼 13.2 通称は藤城線。新函館北斗(旧・渡島大野)駅などを経由しない別線線増で、下り列車のみ運行。2016/03/26の北海道新幹線開業により、特急列車は通らなくなった
東日本旅客鉄道 東海道本 東京〜品川 6.8 通称は総武快速・横須賀線。有楽町駅などを経由しない別線線増の地下線
東武鉄道 伊勢崎 押上〜曳舟 1.3 業平橋(2012/03/17から「とうきょうスカイツリー」)〜曳舟の別線線増で、東京メトロ・半蔵門線直通列車が運行。運賃計算上も、押上駅と業平橋駅は同一駅として扱う
東京地下鉄 8号(有楽町)  小竹向原〜池袋 3.2 池袋駅の位置などが異なる別線線増で、13号(副都心)線の列車が運行。東京地下鉄では8号線とは異なる営業キロ(3.0km)を設定しているが、本サイトでは『鉄道要覧』に従い、別計上はせず
京王電鉄 京王 (新線)新宿〜笹塚 3.6 通称は京王新線。京王線(旧線)にはない初台、幡ヶ谷の2駅を経由する別線線増で、新宿駅の位置も異なる。都営新宿線直通列車などが運行

 (2)迂回・短絡する他線との直通線

事業者名 線名 区間 営業キロ 備考
東日本旅客鉄道 青梅 立川〜西立川 1.9 中央本線との直通線。旧・南武鉄道時代は独自の営業キロあり(2.1km)
近畿日本鉄道 橿原 新ノ口〜大和八木 1.4 橿原線と大阪線の直通線で、大和八木駅は高架上の大阪線ホーム。両線を直通する特急が運行
九州旅客鉄道 鹿児島本 陣原〜折尾 3.0 両線の直通線で、折尾駅は在来駅の改札外に設置された短絡線ホーム
筑豊本 折尾〜東水巻 2.7

 (3)新幹線と在来線の直通線

事業者名 線名 区間 営業キロ 備考
東日本旅客鉄道 奥羽本 福島(新幹線ホーム)〜笹木野 3.8 福島駅14番線と笹木野方を結ぶ単線
田沢湖 盛岡(新幹線ホーム)〜大釜 6.0 盛岡駅北方の下り本線と大釜方を結ぶ単線

 (4)軌道で、本来は同一停留場であるものの、旅客案内上は別の名称で区別される停留場に向かう別線

事業者名 線名 区間 営業キロ 備考
広島電鉄 宇品 紙屋町西〜本通 0.2 紙屋町停留場のホームは従来から交差点の東西にあり、本線を経由する「2号線」などは両方のホームに停車していた。2001/11/01、戸籍上は同一のままだが、旅客案内上は「紙屋町東」「紙屋町西」とそれぞれ改称。宇品線の紙屋町〜本通は2通りの経路が生じた。当欄では、「1号線」が通る紙屋町東〜本通を便宜上、メインルートとして扱い、「3号線」などが通る紙屋町西〜本通を別線とした
伊予鉄道 城南  南堀端〜本町1丁目 0.3 城南線の終点である西堀端停留場は、従来から大手町線と本町線の分岐後にそれぞれのホームがあり、両線のホーム(特に本町線の北行きホーム)は位置が離れていた。2018/03/01、 本町線のみ「本町1丁目」と改称。南堀端〜西堀端、南堀端〜本町1丁目の2通りの経路が生じた。当欄では便宜上、前者をメインルートとして扱い、後者を別線とした
長崎電軌軌道 西浜町(アーケード入口)〜観光通 0.2 本線と蛍茶屋支線が分岐する西浜町(にしはまのまち)停留場のホームは交差点の南北にあり、旅客案内上は北側を「西浜町(アーケード入口)」として区別している。両線を経由する「5号系統」は両方のホームに停車する。当欄では「1号系統」が通る西浜町〜観光通を便宜上、メインルートとして扱い、「4号系統」が通る西浜町(アーケード入口)〜観光通を別線とした
鹿児島市 唐湊 中郡〜郡元(南側) 0.5 唐湊線が谷山線に合流する郡元停留場のホームは交差点の南北にあり、旅客案内上は南側を「郡元(南側)」として区別している。谷山線を経由する「1系統」は両方のホームに停車する。当欄では「2系統」が通る中郡〜郡元をメインルートとして扱い、鹿児島中央駅方面と谷山方面を直通する「直通便」や出入庫便(いずれも主に早朝・夜間)が通る中郡〜郡元(南側)を別線とする

(2018年03月02日最終更新)


私の乗りつぶしルールへ戻る