休止・運休中の路線


(注)
・旅客営業線のうち、休止中または、自然災害や工事により概ね1年以上運休中(運休見通しのものを含む)の路線を掲載
・これらの区間は乗車対象の旅客キロから一時的に除外している
・運休期間の起算日は災害等の発生日(例えば、災害発生が午後で、午前中は通常運転していた日も含む)
・戸籍上は旅客営業線扱いでも、もともと旅客列車が走っていない区間は掲載せず
・『鉄道要覧』不掲載で、現在も長期休止中扱いの可能性がある山梨電気鉄道については、全線長期未開業/休止中の鉄軌道を参照

事業者名 種別 線名 対象区間 営業キロ 休止期間 動向
東日本旅客鉄道 1種 常磐 富岡〜浪江 20.8 2011/03/11〜 2019年度末までに再開予定
気仙沼 柳津〜気仙沼 55.3 BRT(バス高速輸送システム)での本格復旧を沿線自治体が受け入れ。JR東日本は専用道比率を気仙沼線90%、50km(2015/07現在は41%、23km)、大船渡線51%、22km(同37%、16km)に引き上げるとしている
大船渡 気仙沼〜盛 43.7
山田 宮古〜釜石 55.4 三陸鉄道に移管し、2018年度末に再開予定
只見  只見〜会津川口 27.6 2011/07/30〜 JR東日本が鉄道での復旧に難色を示す中、福島県と沿線自治体は2016/12/2、上下分離方式で復旧させる方針を決定
北海道旅客鉄道 1種 日高本 鵡川〜様似 116.0 2015/01/08、02/28〜 JR北海道は2016/12/21、費用が多額に上るなどとして復旧断念を表明し、沿線自治体にバス転換に向けた協議を申し入れ
1種 根室本 東鹿越〜新得 41.5 2016/08/31〜 JR北海道は2016/11/18、「当社単独では維持することが困難な線区」として左記区間を含む10線13区間を発表、道や沿線自治体と協議
九州旅客鉄道 1種 豊肥本 肥後大津〜阿蘇 27.3 2016/04/14〜 JR九州は2017/04/01、復旧事務所を設置。肥後大津〜立野9.7kmの先行復旧を目指す
久大本 光岡〜日田 2.4 2017/07/05〜 JR九州は2018年夏をめどに復旧に取り組むと表明
日田彦山 添田〜夜明 29.2 2017/10、JR九州が「鉄道以外の輸送手段での復旧を視野に検討」と報道される
南阿蘇鉄道 1種 高森 立野〜中松 10.5 2016/04/14〜 国土交通省は2017/04/16、復旧調査報告書を公表。復旧には最長5年程度を要すると記載するとともに、「復旧に当たっては、当該鉄道路線を将来にわたり復興後の南阿蘇地域の地方創生等に資するものとする必要がある」「長期的なビジョンを持って、復旧の在り方を検討することが重要」と指摘
合計 429.7    

 (2017年10月14日最終更新)


トップページへ戻る