真空管ラジオ 展示室 2

戦後の5球スーパーを中心に展示します。

お知らせ
真空管ラジオを購入しようとする方に
オークションで 怪しい出品が氾濫しています、購入の前に是非下記を御覧ください。

http://radiokobo.sakura.ne.jp/G/naze/auction2.html

 

東芝 614A


東芝 (マツダ)の6球スーパー 6W−C5 6D6 6Z−DH3A 42 80HK 6E5.
ツマミはオリジナルでは無い。


NHKの朝ドラ つばさ で使われていたラジオ。
川越市の展示場で写す。
どこかで見たと思ったら東芝のラジオを改造した物だった。

WESTON 5球スーパー

マジックアイつきST管5球スーパー
6WーC5 6D6 6ZーDH3A 6Z−P1 12F 6E5
キットと思われるが、配線の出来を見るとメーカー製。
若しかしたらデパートで売られていた、免税ラジオか?。

ナショナル CM−630 5球スーパー受信機

マジックフィンガーつき5球スーパー。
球の構成はありふれたmT管。

マジックアイ(6E5P)の部分、これがダイアルの指針。
なお6E5Pは6M−E4とも呼ばれているようだ。

エンパイアーのmT管5球スーパー

ラジオはデザインでは購入しないのだが、
このラジオは外観に惚れ込んで購入した。
性能は別にして、中々可愛いラジオ。
若しかして輸出用?。


ナショナル mT管5球スーパー


サンヨー SS−52A


サンヨーのラジオ1号機 SS-52の後継機と思われる。
プラスチック製 キャビネット。
SS-52は持っていたが、キャビネットが熱で変形していた。
6W−C5 6D6 6Z−DH3A 6Z−P1 12F。


サンヨー S−58

サンヨーの比較的 初期のmT管スーパー。
6BE6 6BD6 6AV6 6AR5 5MK9
中波帯のみ。
電源トランスはアマチュアーでオートトランスと呼ぶ、
単巻きトランス使用。
トランス付きでは小型だが、下の東芝「かなりあ Q」よりは大きくて重い。

 

東芝 かなりや Q

12BE6 12BA6 12AV6 30A5 35W4の5球。
標準的なトランスレス スーパー。
比較的小型で、かわいい。
MWとSWの2バンド、PU切替え可。


ナショナル EA−410mT管5球スーパー

mT管ラジオとしては初期のもの。
12BE6 12BA6 12AV6 35C5 35W4
松下はヨーロッパ系の30A5を盛んに売り出したが、
このラジオはそれ以前に売られていたものと思われる。





超小型ラジオ ECHO 

 小さなラジオを見つけてつい買ってしまいました。
mT管の5球トランスレス スーパーです。
大きさは後ろのスカイセンサー5500と比べてください。
12BE6 12BA6 12AV6 50C5 35W4でアメリカ向けの輸出品ではと思われます。
そのうちに整備したいと思います。

 



ゼネラル M−38


mT管のトランスレス・スーパー。
この時代のラジオとしては珍しくMWとFMのみ受信できる。
使用真空管は17EW8 12BE6 12BA6 12AV6 50C5
整流はシリコンダイオード。
FMは簡易型の受信で高感度とは言いがたい。

ネジ2本でl固定でき、よく出来ている。
ランプは整流管が無いので、
普通のPLはつけられずネオン管が使われている。

マツダ 616A


6WC5 6D6 6ZD3A 6ZP1 12F 6E5
詳細はここをご覧下さい。



ナショナルNS−200


詳細はここをご覧下さい。



ゼネラル 5A−301


詳細はここをご覧下さい。

東芝 かなりやC 5LA−65

「マツダ」マークの東芝のmT管ラジオです。
mT管使用ラジオとしては初期の物です。
東芝は輸出するために「マツダ」ブランドを廃止したと言われています。
あれだけ有名だったマツダ真空管が東芝真空管に変わったのですから一大決心でしょう。
マツダは光の神様の名前から、世界の電球生産の大メーカーが商標にしたようで、ヨーロッパにもMAZDAが存在します。
ナショナルがpanasonicを併用したのも輸出の為です。
ラジオも同じころから東芝ブランドに変わります。
この製品は「マツダ」表示です。

12BE6 12BD6 12AV6 35C5 25M−K9
ランプはネオン管を使用。
詳細は新ラジオ資料館の5LA−65を参照ください。


東芝 かなりやF 5LC−74

修理依頼されたラジオ。
修理記録はここ


オンキョーOS−185


mTトランスレス。
12BE6 12BA6 12AV6 30A5 35C5
作りは良いのだが、ダイアルの糸を外す時に苦労する。

日立 S−552


日立 S−552


Westinghouse H-126A


12SK7 12SA7 12SF7 12SJ7 35L6 35Z4
RFつき6球スーパー。
12SK7 12SA7の間は非同調。
2連の親子バリコン使用。
詳細は新ラジオ資料館のこをご覧ください。


ナショナル AM−335


ナショナル CM−630


シャープ 5P−70




コロンビア1222





日立 S−539


修理体験記もご覧ください。

東芝5LE−92型地球儀型ラジオ


東芝の地球儀型ラジオ。
12BE6 12BA6 12AV6 35C5 35W4。

同じ形でトランジスターラジオもあります。
恐らく同じ金型で作られたのでしょう。
なお地球儀型ラジオは無名メーカー製もあります。
東芝はなぜか、変形デザインのラジオを沢山売りだしています。
デザイナーが大事にされたのでしょう。
これは修理依頼されたもの、自分の物ではありません。


内部シャーシの様子。
修理体験記は新ラジオ資料館の東芝5LE−92を参照ください。。

GE 505 時計つきMT mT管混合使用スーパー


12SA7 12BA6 12AV6 12SQ7 50C5 35W4。
メタル(MT)管 mT管の混合構成、なぜかアメリカでは多い。
これは自分のものではありません。


パイロットランプは無い。
時計つき。
ループアンテナ使用の古い形式。
修理の記録は新ラジオ資料館のここをご覧ください。

ビクター F−10

MW SW FMの3バンド 17EW8 12AE6 12BA6 12BA6 12AV6 30A5 セレン整流。 


修理体験記もご覧ください。



東芝かなりやQ




 

ナショナル AM-335スーパー受信機

http://radiokobo.sakura.ne.jp/G/repair/am-335.html

マツダラジオ(東芝) かっこうB



サンヨー SF−24



コロンビア (10XX 型名不詳)


ゼネラル 5MA−190


ナショナルAX−400

ゼニス Z512G?


GE−C100


東芝 かなりやA 5MB-42

トリオ 2バンドスーパー(5M−2型)


ナショナル AH-610


リンカーン ラジオ


ナショナル PS‐53 GT管スーパー


東芝 マツダ かなりやOS



ナショナル UM−650


オンキョー OS−11


日本ビクター 6A-2600

ナショナルE−330


日立 S−539


ナショナル UA−625


コロンビア1208


Westinghouse H−126


かなりやTS


ナショナル AX−340


テレビアン (TELEVIAN) 5P-15球スーパー


ナショナルE−200


東芝 7FM−10


日立 S−535


Emerson 642A


松下 AM−390G


三菱 7H-456の修理

Angel 0-V-1


三菱 6P−616 FM付スーパー


PHILCO 50-526


オンキョー OS−175


東芝 うぐいすBS


ゼニス ラジオ H−615

教材用のラジオ RK-5



サンヨー SS−70


電波技術 昭和31年1月号に新製品として紹介されている。
定価:11,500円。

東芝 かなりやKS

エルマンHS-7

ナショナルAS-350

HIMAWARI

RCA BX-6

東芝7XA-20


ビクター 7AW−33

ONKYO OS−63

東芝 513H

シャープ AR−310


コロンビア R−641


シャープ 5R-800




シャープ5R-14A

ゼネラル 5MA-270

ビクター F−212

ビクター1001

シャープ UW-121


自作5球スーパー


ビクター 5R−S7


自作5球スーパー


ナショナル5球スーパーの残骸利用のラジオ

ナショナルNS−200 5球スーパー受信機


TOHO5球スーパー


東芝 513A 5球スーパー


ゼネラル RF付スーパー 7S−2


サンヨー5球スーパー SS−48


自作5球スーパー

ナナオラ 6S−12

マツダ 6球スーパー受信機 616A


マツダ 623A GT管オールバンドスーパー


 

卓上型電蓄

ゼネラル 5S−4

三菱 S型GT管5球スーパー


東芝 65C−35 (マツダ ラジオ)


ビクター電蓄 RE−41


東芝 マツダ 513H



HIMAWARI 5球スーパー

ナショナル GX-320

12BE6 12BA6 12AV6 30A5 35W4の5球スーパー。


ナショナル EA−725 Hi Fi ラジオ

ナショナル BX-710


キャビネットの布は交換されています。



シャープ SR-260

Zenith-G730

真空管ラジオの山

だいぶ処分したのですが、まだ沢山あります。
この写真は3年くらい前に写したもの。







左下のコロンビアの高級ラジオは昨年 泥棒に持ってゆかれました。
困ったものです。
ツマミは外してあったのですが。


真空管ラジオ1もご覧ください。


2002年10月23日
2003年10月20日
2004年1月18日
2004年1月24日
2004年6月11日

2005年6月14日
2005年8月16日移転  
2006年7月18日 写真追加。
2006年10月4日


内容


目次

参考図書
  
ラジオの歴史、
スーパーの原理・調整法
ラジオの基本を
詳細に説明。
ラジオの修理方法を
詳細に説明




2006年7月2日よりカウント

2007年12月6日

2007年12月31日:15,066 
2008年8月30日:21,375 シャープ 5R-800 AR-310 ビクターF-212を追加。
戦後の5球スーパーは、こちらに移転しました。

2009年1月15日

2010年1月13日:35,198 東芝614Aを追加。

national

radiokobo-all