シャクナゲ at 釈迦院(2017/05)




シャクナゲ at 釈迦院(2017/05)




シャクナゲ at 釈迦院(2017/05)




シャクナゲ at 釈迦院(2017/05)

<シャクナゲ(石楠花、石南花)>
別名:ロードデンドロン、ロドデンドロン、西洋シャクナゲ
科名/属名:ツツジ科 / ツツジ属
原産地:ヨーロッパ、アジア、北アメリカ
特徴:シャクナゲの原種が19世紀中期、プラントハンターによって中国から西欧にもたらされ、その花の美しさと豪華さで当時の人々を驚嘆させ、数多くの交配が行われてきた。赤、白、黄、ピンクなど変化に富んだ花色と、大きく豪華な花房は、ほかの植物を圧倒する美しさを誇っている。
花色:白、赤、ピンク、オレンジ、黄、紫、茶
開花時期:4月下旬〜5月中旬
形態:主に低木、高木も



徳間ホームページ/身近な花へ