カルミア(2017/05)




カルミア(2017/05)

<カルミア>
別名:アメリカシャクナゲ
科名/属名:ツツジ科 / ハナガサシャクナゲ属(カルミア属)
原産地:北アメリカ東部
特徴:コンペイトウのような形をした、色濃い蕾を持っており、花が開くと皿形になり、色は薄く模様が入る。雄しべの先は当初花弁のくぼみの中に収まっているが、飛来した昆虫などによって刺激を受けると飛び出して、花粉も散るというおもしろい仕組みをもっている。
花色:白、赤、ピンク、茶
開花時期:5月上旬〜6月中旬
形態:低木



徳間ホームページ/身近な花へ