次ヘ
次ヘ
詰将棋おもちゃ箱ドキドキストリート
ドキドキ展示室 No.73 鳥本敦史さん
ドキドキストリート
ドキドキストリート

解答を見るには「棋譜表示」ボタンをクリック

棋譜ファイル(柿木将棋kif形式)

出題時のコメント:
角の活用 20手台

ドキドキ展示室No.73 鳥本敦史 金問題の中では比較的珍しい金4類型(大道棋辞典では金3問題)。 展示室では初めての出題です。

メインの誘い手は74角。 取っても逃げても金打までに見えますが、94玉と逃げると82香が利いてきます。

この類型では、もう一つの誘い手の初手63角成は、本作では71飛が72に利いているので簡単には詰みそうに見えないのが残念。 ただし、63角成に対して94玉と逃げたり84歩合とか平凡な合駒では詰んでしまいます。 85飛の中合が妙防で、唯一の逃れ。

正解は74角の誘い手の先にあります。

  74角、94玉、85金、同香、同角、83玉、84香、同玉、
  63角成、94玉、85馬、83玉、95馬84歩合

85馬、83玉に84馬と押していくのは91桂が83に利いているのでダメ。 空き王手で香筋を通します。 75馬は84歩と捨て合されて、同香、94玉で逃れ。 ちょっと逆モーションの95馬が正解です。 74玉と逃げるのは84馬から75馬で詰みなので、95馬に対しても84歩と捨て合します。 これで困ったように見えますが、実は同香、74玉、75銀、65玉と逃げられても大丈夫。 入玉されても最後に81角が働いて詰みます。

  同香、74玉、75銀、65玉、66歩、76玉、86馬、67玉、
  45角成 まで23手

本作、最初見たときには、形が広がっているので2枚の香を上にあげられないかと思いましたが、九段目でないと詰まないのですね。

それではみなさんの感想を。解答到着順です。

蛇塚の坂本さん:
最初6三角成から8五金や8五飛の中合ばかり考えて底無し沼に入っていました。棋友の一言「初手7四角では?」で天使が降りた気分だった。その後線は細いが何とか繋がった感じでした。気分は良いです。

63角成はかなり続くので、はまると大変です。

山下誠さん:
8一の角が最後に動いて、意外な所で詰む。
小山邦明さん:
玉を67玉まで追う展開とは思いませんでした。
長谷繁蔵さん:
95桂合も出て来たが駄目でした

9手目63角成のところで、74角、94玉(同玉は75歩、64玉、65香まで)、96香もそれらしい詰筋ですが、95桂合で逃れます。

S.Kimuraさん:
7手目と13手目は柿木将棋に教えてもらいました.
最後は詰まないのではないかと思いましたが,45角成がぴったりで爽快でした.
占魚亭さん:
楽しい角繰りが繰り広げられる83玉型金問題。
池田俊哉さん:
8筋を邪魔する82香を外して、95馬から上部脱出させるのが面白い。
取り逃がしたか、と思った瞬間の45角成が良い。 ただ9手目角がどこに行っても良い(成っても成らなくても良い)のは少し気になるかも

ドキドキ展示室No.73 解答:7名 全員正解(下記)

  池田俊哉さん  S.Kimuraさん  小山邦明さん  占魚亭さん  鳥本敦史さん
  蛇塚の坂本さん  山下誠さん

当選者は、全題の解答発表のあと、展示室で発表します。