次ヘ
次ヘ
 記録に挑戦! 第13回
長手数の記録(12)
加 藤  徹 
詰将棋パラダイス2004年3月号より
表紙に戻る
表紙に戻る

 今回は曲詰の長手数記録。 初形曲詰、詰上り(あぶり出し)曲詰、立体曲詰のそれぞれで、対称、文字、図形に分類、計九部門の記録作を紹介します。

相馬康幸 立体対称曲詰 初形対称・詰上り対称・立体対称 161手 相馬康幸 「曼荼羅」
  詰パラ 2000年5月

注)現在では、初形対称は 馬屋原剛・山崎健合作 301手 が記録。

 初形対称には、宮越宗太郎さんに215手の大作(将棋世界'61年1月「刻」)があるが残念ながら不詰、本局が対称曲詰三部門の記録作となる。

 手順は省略するが、対称形から飛打飛合の趣向を左右で繰返し、最後は中央で詰み再び対称形となる奇跡のような作品。
山田康平 初形文字 初形文字 89手 山田康平
  詰パラ 2002年1月

 詰将棋グラフィックアートの旗手康平さんの一昨年の年賀詰。巨大な馬の曲詰で、手順(省略)も面白い。
E・L雄 初形図形 初形図形 91手 E・L雄 「ぬりかべ」
  近代将棋 1982年10月

 4×6の密集形。馬ノコを絡めた成桂のはがし趣向で91手の長手数を実現した。

 密集形としては伊藤正さんの「月蝕」109手もあるが、長方形にはひとマス欠けているので本局を記録作とする。

注)現在では、初形図形は 岡村孝雄「涓滴」 107手 が記録。
墨江酔人 詰上り文字・図形 詰上り文字・図形 99手 墨江酔人
  近代将棋 1986年12月

 本局も手順は省略するが、煙詰のような手順で最後玉と香4枚だけの詰上り。27玉38香28香18香29杏の形は文字「+」とも見れるし「ひし形」ともみなせる。

 本局は四桂詰、四銀詰、四金詰の連作中の一局。すべて99手で統一したところ、卓越した手腕を感じる。

 以下の三作品は、いずれも不完全。
  107手 大光菱輝 大菱
  105手 安達康二 市松「大車輪」
  101手 飯田岳一 市松「万華鏡」
 修正を期待したい。
原広路 立体文字 立体文字 21手 原広路
  詰パラ 1965年5月

 「エ」から「エ」に復元する立体曲詰。手順もすばらしい傑作。

 次の二作も21手のタイ記録である。
  太刀伝人 詰パラ'77年3月(J→J)
  岡部雄二 めいと8号(フ→フ)

注)この紹介後、柳田明 25手 ありとご教示いただいた。
 更に記録更新、現在では、江口伸治 41手 が記録。


山田康平 立体図形 立体図形 27手 山田康平 「ハート」
  近代将棋 2003年2月

 大きいハートから小さいハートへ。

注)これも、この紹介後、31手ありとご教示いただいた。
 現在では、 河原林隆彦 31手 が記録。

LINE

柿木義一さんの Kifu for Java を使わせていただいています
Windowsの方は Netscape Communicator 4.06以上 又は Internet Explorer 4.01以上
Macintoshの方は Internet Explorer 4.5以上 でご覧ください