次ヘ
次ヘ
詰将棋おもちゃ箱詰将棋美術館
アート展示室 No.1 福島竜胆さん
詰将棋美術館
詰将棋美術館
出題時のコメント:

相馬さん看寿賞作品からの発想
「希望限定、変同の指摘も甘受しよう(かんじゅしよう)」
だそうです(^^; 17手


強豪解答者、そして伝説の静岡大会のプロデューサーとしてその名を知られる福島竜胆さん。 最近は創作にも進出、おもちゃ箱初登場は初形純対称、持駒銀一色と、アート展示室にふさわしい美形の作品です。

初手は57龍右、この一手ですが、もちろん純対称なので57龍左でもOK。
対して58銀合ですが、ここ歩や香の合は、68銀、同金、同龍、同玉、57銀、69玉、68金以下。 金合は同龍、同玉、47銀、68玉、77銀以下早い。 58角合は銀合と同じ手順で詰みますが、同龍以下の余詰があるので、銀合の”希望限定”です。

銀合にも、68銀、同金、同龍、同玉、57銀、69玉 と進めますが、ここで68金は59玉ともぐられてありゃりゃ。 79金!が59玉に68銀打の余地を残した気持ちのいい捨て駒です。 同玉に88銀と据えれば、どう逃げても龍でぐるぐるっと追いかけてぴったりの詰み。 同手数なので、どちらでもお好きな方へどうぞ。 この形にこの手順。 アート展示室トップを飾るきれいな作品でした。

それでは、みなさんの感想を。 解答到着順です。

涼秋さん:
左右同形,初手どちらを動かす人が多いでしょうか。 右下の方が考えやすいので左龍を動かしましたが。

左が4人、右が3人、だいたい半々ですね。

鳥本敦史さん:
いかにも解きたくなるきれいな初形ですね。
今川健一さん:
綺麗な初形、金捨の好打。アート展に最適。
夏休みも終わって、孫が遊びに来ない。 今月は爺一人の解答です。

新学期で忙しいのかな。 また今度一緒にくるくるでも。

コマンさん:
甘受しよう!おめでとうございます(笑)。持駒=角角では詰みませんネ。

角角ならもっときれいだけど・・・ 柿木先生に聞いたら、17手で詰むそうです。 でも余詰がたくさん(^^;

S.Kimuraさん:
美しい初形にひかれて解き始めましたが難しかったです. 希望限定とは2手目のこと?

そう、2手目の銀合が希望限定です。

井上徹也さん:
降参です。「デフォルト」は解けたのに・・・きっと変なところに追い出すんだろうなあ。

デフォルトほど難しくはないと思いますが、盲点にはいった?

岡村孝雄さん:
9手目邪魔にならないように腹から金を捨てるのが形の好手。
58角合は取って長手数の別詰があるようですね。

アート展示室No.1 解答:7名 全員正解

石堂郁夫さん  今川健一さん  S.Kimuraさん  岡村孝雄さん
コマンさん  鳥本敦史さん  涼秋さん

抽選の結果、 コマンさん が当選!

おめでとうございます。 賞品をお送りしますので、賞品リスト から選んだご希望の賞品と送付先をメールでお知らせください。