フクロシダ(イワデンダ科イワデンダ属)  袋羊歯
        Woodsia manchuriensis Hook.

撮影日 01年9月22日
撮影地 槙尾山
(特徴)夏緑性。根茎は短く直立。葉柄は光沢のある赤褐色で毛と鱗片がつき、基部鱗片は披針形、淡褐色。葉身は披針形の2回羽状深裂、光沢のない淡緑色、薄い草質で裏面は白っぽい。羽片は下部に向かってしだいに狭まり、裏表とも無毛。胞子嚢群は辺縁近くにつき、包膜は大きな円形袋状で、辺縁は浅裂する。涼しい山林の岩壁で見られる。包膜が袋状で、胞子嚢群を包み込むことが名の由来。 【詳細画像
(分布) 槙尾山 〔山地の岩上 稀〕


(この画像から入られた時は下のボタンをご利用ください)

シダ図鑑表紙へ<        >HOMEへ