オカリーナと私
                                                                                                     

                                                                                                   To Home

初めてオカリーナというという楽器の存在を知ったのは、松本零士氏原作の、テレビアニメ「宇宙海賊キャプテンハーロック」を見ていたときである。少女まゆはハーロックの親友の娘で、地球に住んでいる。その親友はすでに亡くなっていて、彼の脳は、ハーロックの宇宙船アルカディア号の中枢コンピュータになっている。
TVシリーズ第1話では、ハーロックがまゆのためにオカリーナを作るシーンがある。キャビンでトーンホールか何かをナイフで調整しているのだ。その日はまゆの誕生日で、地球ではハーロックをとらえるための罠があると知りながらも、かねてからの約束であったので、ハーロックはまゆに会うため危険を冒して地球に下り立ち、まゆにプレゼントのオカリーナを渡すのだった。それ以後、まゆはいつも首からオカリーナを下げていた。まゆと彼女の奏でるオカリーナの調べ「まゆのテーマ」は、物語の中で、平和のシンボル的存在である。

Suiminによる「まゆのテーマ」(キャプテンハーロック挿入歌)をMySoundというサイトにアップしました。
ここをご覧ください。

アニメの放送が終わっても、オカリーナという楽器の存在が頭の中にあったのだが、初めてオカリーナを自分で手にしたのはかなり後になってからだ。

数年後、ある楽器店を通りかかったとき、オカリーナの販売キャンペーンをやっていたのが目に付いた。その当時、キョンキョン(小泉今日子)が、持ち歌の中でオカリーナを吹いていて、「キョンキョンが吹いているオカリナ」という風な宣伝をしていて、さらに値引きをしていたので、思い切って購入したのが、アケタのF管であった。その時は、オカリーナのメーカーやオカリーナの種類などについて、何の知識もなかった。小さい楽器(ピッコロ)だと音が高くて近所迷惑だし、(当時マンションに住んでいたので)、大きめのものは私の手には大きすぎると思ったので、いくつかあったオカリナのなかから中ぐらいのサイズであるF管を選んで購入したのだった。

そのオカリーナは、今考えると、何の知識もないまま初めて買ったにしては、運良く「アタリ」の楽器だったのかもしれない。その後、いくつかアケタ製のオカリーナを購入したが、その最初の楽器よりもいいものはなかったからだ。

さらに何年もたって、宇都宮に引っ越してから、インターネットを始めた。小川先生のオカリーナ製作教室が宇都宮にあることをネット上で知ったが、その当時は教室に通うまでにはいたらなかった。その後アメリカに転勤中に、オカリーナのことについてインターネットで調べるうち、日本のオカリーナが世界の標準より一歩進んでいることに気が付いた。フルートオカリーナ館のオカリーナの演奏をネット上で聴いて感銘を受け、アメリカから小川オカリーナを注文した。それがきっかけで、フルートオカリーナ館の翻訳をお手伝いすることになった。当時小川先生はHPの翻訳者を探していて、私がアメリカに住んでいるんだから英語ができるだろうということで白羽の矢が立ったわけだ。帰国後、宇都宮にある教室に通い始め、今に至っている。それまでの独学では味わえなかったアンサンブルも楽しんでいる。

今やオカリーナは、私の大切なものの一つである。オカリーナを吹いたり、作ったり、オカリーナのことを考えるだけで、日々のストレスから開放される気がする。このホームページやインターネットを通じて、世界のオカリーナを愛する人々と出会えたることも、楽しみの一つである。

 

靴下を利用したオカリーナ入れ

お薦めの本

 

トップページ            English Top