オカリーナ曲集・楽譜 購入ガイド
                                                                                                     

                                                                                                   To Home

私が購入したオカリーナ用の曲集・楽譜の

レビュー(感想、解説)をここで書いてみます。

 

目次

(主に掲載されている曲のジャンルで、分類しています。)

 

クラシック 

ポップス、歌謡曲 

アニメ 

童謡・唱歌

オムニバス(いろいろなジャンル)

その他、歌本など(オカリーナ専用ではない) 

 

 

 

CDの紹介はこちらです

 

楽譜以外の本の紹介はこちらです

 

 

Amazonでオカリーナの楽譜を探す

 

楽天市場でカリーナの楽譜を探す

 

 

オカリーナ用の曲集を買う時は、付加価値があるものを選んでいます。つまり、アンサンブル用にアレンジされている、伴奏用のCDが付属している、プロの範奏を録音したCDが付属している、などです。

もしメロディーの譜面だけ必要なのであれば、わざわざオカリーナ用の楽譜を買わなくとも、いわゆる歌本で十分でしょう。ただし、オカリーナの音域に合うように、移調という作業が必要になります。

あくまでも、私個人による感想です。もし「同じ曲集を持っているが、違った評価をしている」など、ご意見お待ちしています。

素人にとって、伴奏を自作するというのは、技術的にも時間的にも難しいものがありますので、カラオケCD付の楽譜は、大変ありがたいものです。しかし、伴奏CD付楽譜をいくつか購入してみると、共通した不満があり、オカリーナ用の曲集を発売する出版社、編集者の方々に、次のことをお願いいたいと思います。

 

伴奏CDで、オカリーナで吹くパートのガイド音が入っていることが多いです。これは、練習には良いのですが、人前で吹くときはとても邪魔なものなので、なしか、あるいは非常に小さい目立たない音で入れて欲しいです。

 

曲にもよりますが、伴奏CDのアレンジは、あまり派手でないほうが、オカリーナに合うように思います。ピアノ、チェンバロ、ギターなどの、減衰音の音色が合うように思います。

 

オカリーナの音域は狭く、キー(調)の選択が演奏の難易度に大きく影響しますので、適切な調を選択していただければ幸いです。失礼ながら、他の楽器(たとえばリコーダー)用の伴奏を、オカリーナの音域に「スペック上」入っているからと、そのまま転用する編曲者の方がいらっしゃるように見受けられます。リコーダーと違ってオカリーナは、低いラ、シが演奏可能なので、それをうまく利用することで調を2〜3度低くし、全体の音域を下げて演奏を易しくしたり、編曲の自由度を持たせたりすることが可能なのです。

 

コピーしなくても譜めくりが不要である工夫(パート譜や折開き)があるとうれしいです。

 

                      

クラシック

楽譜・曲集

収録曲などの詳細情報は、リンクからどうぞ。

レビュー(感想)

オカリーナのためのおもちゃばこNo.1 演奏:小川堅二

 

2008.3.1現在 小川堅二による唯一のCD。

CD販売のページに、演奏の音サンプルがありますから、まずは聞いてみてください!

ボーナストラックとして、演奏曲目と同じ曲の伴奏(C管用)があります。楽譜も、フルート・オカリーナ館の「お」友達の会で入手できます。

オカリナで奏でる/クラシック・バラード

ちょっとハイレベルなクラシックの曲集を探している人へ

全曲ピアノ伴奏譜付き。オカリーナ用のパート譜が別冊として付属しているところが評価できます。

中には、かなりハイレベルな曲があります。伴奏CDはリズムの揺れ(テンポ・ルバート)をかなり強調した作りのものがあり、伴奏に合わせて演奏するには、練習が必要かもしれません。

みんなで楽しむオカリナデュエット曲集(2)〜心に残る世界の名曲〜・練習用伴奏CD付

編曲:西谷容一

ライリスト社

クラシックの名曲を、比較的やさしいアレンジで(2重奏で)演奏したい人向き

クラシック曲集ですが、比較的やさしい譜面になっています。
練習用伴奏CD(C管用)については、全体的に機械的な印象がありました。伴奏にしては、旋律のガイド音が大きいです。(正確なリズムや音程を確認するのには役に立つのですが・・)。

 

ポップス・歌謡曲

楽譜・曲集

収録曲などの詳細情報は、リンクからどうぞ。

レビュー(感想)

午後のオカリナ/バラード・ニュー・スタンダードソロ&デュエット/伴奏CD付 

野呂 芳文 編

ドレミ楽譜出版社

最近の J.popバラードのヒット曲集

易しく演奏できる曲もあるが、全体的には中級レベル。中には途中でフラットが5個の調に転調する曲もある。

私のお気に入りは、さくら(独唱)(森山直太郎)、LIFE is.... (平井堅)、涙そうそう(夏川りみ) など

「地上の星」(NHK、プロジェクトXの主題曲)は、オカリーナでの演奏は意外な感じですが、これが結構はまります。

伴奏CD(C管用)は、ほぼ原曲のイメージ通り、という印象です。(原曲を知らない曲もあるので断言できませんが・・・)

 

アニメ

楽譜・曲集

収録曲などの詳細情報は、リンクからどうぞ。

レビュー(感想)

ソロ&デュエット 伴奏CD付 オカリナで宮崎駿アニメベスト

(注)改訂版 も発売されています。

宮崎アニメの定番曲を、ソロまたはデュエットで楽しく

個人的な好みですが、やはり「となりのトトロ」と「さんぽ」は楽しく吹けます。特に、となりのトトロの編曲は、途中で転調するのですが、F(フラット1個)からG(シャープ1個)なので無理なく演奏できます。

伴奏CD(C管用です)を使用する場合は、「前奏」や「間奏」にあたる部分は演奏しなくてもいいかもしれません。

「いつも何度でも」は、ト長調の編曲になっています。ソロならヘ長調の方が演奏が楽ですが、Ocarina 2のパートの音域の関係でト長調になったのだと思います。リズムの「ゆれ」が素敵なこの曲は、伴奏なしのデュエットが合うような気がします。 

「魔法のぬくもり」(魔女の宅急便より)も、しっとりとした曲調がオカリーナに合うようです。

なお、改訂版が出版されていますので、そちらの方がお得かと思います。

オカリナレパートリー スタジオジブリ作品集

 

ヤマハミュージックメディア

このシリーズは、新しいジブリの作品にあわせて随時改定されていますので、崖の上のポニョなど最新の曲を狙っている人は、気をつけて最新改定版を手に入れましょう。

私のお気に入りは、となりのトトロから「まいご」。他の曲集ではあまり掲載されていないかもしれません。音域が広いですが、オカリーナに合う曲だと思います。

 

童謡・唱歌

楽譜・曲集

収録曲などの詳細情報は、リンクからどうぞ。

レビュー(感想)

マイナスワン(カラオケ)CD 第1集、第2集


監修: 小川堅二 (フルート・オカリーナ館


制作・編曲: ♪ちゃこのおんがく工房

ハープ風の伴奏CDで、飽きずに練習できます。

オカリーナの伴奏には、フルオーケストラやバンドの派手なタイプではなく、素朴なものが合うと思います。ピアノ、チェンバロや、ギター、ハープなどのつま弾く感じの減衰音の楽器ひとつがいいですね。

一枚のCDに、C管用、F管用の伴奏、それにメロディー付きと伴奏のみのものが全部入っていお得。

(自称)中級以上の人も、一度基本に返って、この楽譜・CDで、じっくり練習してみるのも良いかもしれません。

オカリナでつづる 愛称曲集 第1集

ひと通り指づかいを覚えて、楽譜も読めるようになったら、どんどん曲を吹いてみたいですね。そんな時、カラオケがあると、さらにうまくなった気分を味わえます。

この曲集は、(すべて1コーラスのみですが)50曲も収録されていてます。シンプルなピアノの伴奏ですが、これが変に嫌味がなくていいのです。

オカリナでつづる 愛称曲集 第2集

上記の1集と同様、無理のない編曲・調の選択で、初心者向きです。

全曲、歌詞(1番だけ)、コードネーム、演奏アドバイス(簡単なもの)が付いています。コードネームは楽譜上はごく簡単なものですが、伴奏CDでは、もう少し凝っていて、「さま」になっています。

ポイント教則つき すてきなオカリーナ合奏曲集

著・編曲 楢崎容子

童謡を中心に、2、3、4重奏の編成になっています。(最後の数曲はポップス・ジャズ系です。)

オカリーナ仲間が集まって、アンサンブルがどんどん出来るようになると、さらに深みにはまっていくのです。

オカリナのためのピアノ伴奏曲集

中北音楽研究所

I 〜 VII まであります。自然なリズムのゆれがある伴奏がほとんどですが、第III集は淡々とした仕上がりです。楽譜はダウンロードするか、印刷したものを同封してもらえます。ピアノ一本での伴奏はにぎやか過ぎず、オカリーナにぴったりだと思います。

こちらの伴奏を利用させていただいた演奏が、ブラームスの子守唄です。 

 

オムニバス(いろいろなジャンル)

楽譜・曲集

収録曲などの詳細情報は、リンクからどうぞ。

レビュー(感想)

オカリーナ小曲集 ★やさしい図解による吹き方付

 

 

プリマミュージック

手っ取り早く、オカリーナでいろいろな曲を吹いてみたい人向き

以前の版を持っていて、少し曲が入れ替わっていますが、レビューを書いて見ます。

オカリーナは音域が1オクターブ半あり、大抵の歌の曲であれば演奏できますが、場合によっては、音域内に収まるように移調しなければなりません。

音域内に収まる曲を探したり、移調の作業をしたりするのが面倒でなければ、(オカリーナ用ではなく)一般の曲集で十分ですが、手っ取り早く、オカリーナでいろいろな曲を吹いてみたい人には、この楽譜集は合っていると思います。曲目数も多です。

楽譜はすべてソロ用ですが、コードネームも付いているので、コードネームを見てピアノやギターで伴奏できる人がいれば、さらに楽しみ方が増すでしょう。

CD+楽譜集 オカリナ名曲集(1)

B.G.M.アレンジ製作 松下一也

オカリナ・アレンジ演奏  小出 道也

ドレミ楽譜出版

練習曲の模範演奏を聴きたい人向き

オカリナの楽譜集は、最近たくさん出版されていますが、プロのプレーヤーによる模範演奏CD付はあまり多くはありません。
オカリナの練習の参考に、模範演奏を聴いて勉強したい人にはお薦めです。
吹き方などに関する解説も載っています。

CD+楽譜集 オカリナ名曲集(2)

B.G.M.アレンジ製作 松下一也

オカリナ・アレンジ演奏  小出 道也

ドレミ楽譜出版

(1)に続き、練習曲の模範演奏を聴きたい人向き
レッスンCD付 これなら吹ける趣味のオカリナ入門 2 〜中級・上級編〜

ドレミ楽譜出版

野呂芳文 編著

曲数が豊富で、C管とF管用のレッスンCD付

いろいろなジャンルから、34曲を掲載。C管・F管両方のレッスントラックをCDに収録して、34曲も収録しています。レッスンCDは、ピアノやストリングス中心。すべてワン・コーラスのみなので、ちょっと短めの印象があります。カラオケとして使うには、旋律のガイド音が大きめです。F管用のレッスントラックは、「夜空ノムコウ」以降の曲にはついていません。

エンターテイナー(上級者向き)は、高音のスタッカートが難しいですが、少し高めのピッチの楽器で軽く吹くような感じで上手くいくようです。

みんなで楽しむオカリーナ曲集2(CD付)

 

 

プリマ楽器

(amazon にもないし、発売元のプリマ楽器のHPにも載っていないので、廃盤になっているかもしれません。)

ギリシャ曲を掲載している点がユニーク

ソロ、デュエット、3,4重奏の編成の曲が、バランスよく掲載されています。

オカリーナの曲集というと、だいたいどれも選曲が似通りがちですが、この曲集は、他の曲集で取り上げられていない曲が入っていて、特にギリシャ曲の採用はユニークだと思います。

CD(伴奏)が付いているのも評価できます。個人的にはイメージに合わない編曲のものもありましたが、知らない曲のイメージをつかむのに役に立ちました。

オカリナレパートリー パーティで吹くベスト20

編曲が凝っていて、中・上級者向きです。かなり腕に覚えのある人でも初見では吹けない部分があるのではないでしょうか?

その分、練習のしがいもあり、「本番」にも使えそうな本格的な伴奏CD付(F管用)です。

この曲集はユーザー・フレンドリーに出来ていると思います。

★全曲、見開きの2ページで収まる楽譜。

★曲の解説、演奏のヒントが丁寧。

★スラーなどのアーティキュレーションの指示あり。

★その見開いたページに、カラオケCDのトラックナンバーを明記。(こういう小さな心遣いがありがたい。)

amazonのページに曲目がなかったので、書いておきます。

マイ・ハート・ウィル・ゴーオン、ホール・ニュー・ワールド、ラヴィン・ユー、アンチェインド・メロディー、いつか王子様が、LOVE LOVE LOVE、CAN YOU CELEBRATE?、愛の夢、歌曲「ます」op.32、主よ、人の望みの喜びよ、ラスト・クリスマス、クリスマス・イブ、ホワイト・クリスマス、アメージング・グレース、クリスマス・メドレー、セイリング、時代、卒業写真、ハッピー・バースディ・トゥー・ユー、ブラームスの子守歌

  

その他、歌本など (オカリーナ専用ではない。)

楽譜・曲集

収録曲などの詳細情報は、リンクからどうぞ。

レビュー(感想)

プロフェショナル・ユース歌謡曲のすべて (下) (\2000)

全音楽譜出版社

(参考)フォークソングのすべて

演歌・ムード歌謡のすべて

もあります。

歌詞・コードネーム付のメロディー譜集です。

「プロフェショナル」となっているのは、ギターやピアノで、リクエストに応えて即興で伴奏・演奏するために、プロの方が使うからでしょう。

私の持っている古い版では1冊でしたが、最近は上巻(ほぼ昭和までの927曲)と下巻(ほぼ平成以降の272曲2005年現在)の分冊になっているようです。今後は、下巻が定期的に改訂されて、最新の曲が加えられていくと予想されます。

下巻はすべて見開きで、前・間・後奏付きの完全見開きで、コンパクトに収録されているそうです。

以下、1993年度についてですが、全曲、コードネーム付き、全コーラス歌詞付きのメロディー譜が掲載されています。また、ほとんどの楽曲にイントロのメロディが掲載されています。

思い出の童謡・唱歌200

童謡・唱歌あわせて200曲以上を収録。全曲に楽譜、解説、歌詞(漢字で、二番以降もあり)が付いています。さらに、「タイトル」と「唄い出し」の、50音索引が付いているので便利です。

 

 

トップページ            English Top