見た

 勇振川には3つの滝があることは知っていましたが、なにを見ても誰に聞いてもわかりませんでした。それではと国土地理院の地図を図書館で閲覧。5万分の1には1つの滝(丸山遠見の滝)が載っていました。昭和62年製の2万5千分の1には2つの滝(前記と七条の滝)が載っていましたが第3の滝が載っていませんでした。どこで聞いてもわかりません。ほかの用事で2万5千分の1の地図を見たところ変わったところに滝のマークがありました。それが第3の滝でした。この地図は、平成6年製の国土地理院2万5千分の1の地図でした。新たに滝が追加されたようです。見つかって良かった!!!
 いつものことですが、思いついたら吉日。地図・携帯(使い物になりません。)・ホイッスル・飲料水・無線機・デジカメ・シルバコンパスを持って小さな車で行動開始。目標物がなく、地図と道が一致しないことからポイント間の距離を車で測定し入り口を確定しました。北に向かって振内取水場林道入口から1.6km・第一縦貫林道入口から0.55kmに国道を横断するように道があります。この道を右折すると営林署の鍵が有りますが、壊されています。サイクリングロードからは林班境界標識が目標になると思います。
 入ると送電線と平行に未舗装の道路と交差するはず(地図では)でしたが、道が変わっていました。目標物は送電線と平行に張られた王子製紙の電話用電柱の番号が有ります。プレートは錆びていますので少々見づらくなっています。国道から突き当たると122番。右折して4本目の126番が滝への入口の道です。ここから0.7kmで車から降り、道無き林を20分位で滝に着きます。迷わなければですが。
  この滝は、コンパスの読める人と一緒に行って下さい。行きはいいのですが、帰りが厄介です。道が無いので方向を誤ると目標の所に帰ってこれません。そのようなことからあまりお勧めできない滝です。  000714

 サイクリングロード側から国道を挟んで見た入口です。営林署の鎖は車に踏みつけられていました。
 サイクリングロードからは林班境界標識を目印に入ると間違いないと思います。滝へは自転車でも大丈夫です。国道から突き当たりに有った林班境界標識ですが、錆が激しく読みづらいですが、目標になると思います。
 

送電線と平行に走っている道です。地図では交差しているはずでしたがT字になっていました。左が国道で、先が苫小牧方向で150m位で左に入る滝への道が有ります。右の写真は、王子製紙の電話用電柱ですが、番号は少々錆びて見づらくなっています。