ソロアルバムコーナー


管理人の所有するソロアルバムのCD紹介です。
気になるアーティストやアルバムをクリックすると、別のWindowが開き、 アルバムの詳細や感想などを見ることができます。


アーティストタイトル一言
Arno Bornkamp Saxophone Sonatas P.CrestonのソナタはM.Muleと肩を並べるほどの好演では…
Reed My Mind R.NodaのImprovisationがすべて聞ける
A Saxophone in Paris J.Ibert, GlazunovのConcertoはどちらも一番のお気に入り
Devil's Rag Classical Saxophoneの入門編と言える選曲がオススメ
Scaramouche プロヴァンスの風景、スカラムーシュ、ともに好演
Branford Marsalis Romances for Saxophone Sop.Saxの甘い音色がBGM用に持ってこい!
Daniel Kientzy The Romanian Saxophone 個人的な興味本位で買ったが、曲が理解不能
Detlef Bensmann Virtuose Saxophonkonzerte 選曲はよいが、演奏自体もたもたしていまいち…
The Saxophone 上と同じく、あまり参考にならないような感じが…
Eugene Carinci Music for Saxophone ライブ録音のようで、録音状況がかなり悪いのが難。Duboisの曲が多い。
Eugene Rousseau Saxophone Concertos Fantasiaはまずまずの好演だが、全体的にバックの演奏がイマイチ。
Saxophone Vocalise Winds of Indianaの伴奏によるソロ集。ルソーの音色が素晴らしい。
Gerard McChrystal Meeting Point M.Nymanを始めとする現代の協奏曲集。すごく上手い!
Harvey Pittel Moving Along メジャー曲のオンパレードだが、もたもたして流れが感じられない
Henk van Twillert On Classical Tour with the Baritone Sax Branford Marsalisのアルバムと違った雰囲気のBGMに持ってこい
James Houlik American Saxophone Morton Gould、Russel Peckのコンツェルトが面白い
Robert Ward Robert Wardの作品集。いまいちパッとしない
John-Edward Kelly Saxophone Concertos 全体としてはいまいちだが、Ibertの2楽章をフラジオでのフレーズがすごい。
John Harle Saxophone Concertos かなり癖のある演奏だが、濃い演奏が好きな人にはおすすめ。
Kenneth Tse Kenneth Tse ジャケット買い…といけない感じだが、演奏はとても芸術的でよい。
Lawrence Gwozdz An American Tribute to Sigurd Rascher ある1曲が聞きたくて衝動買いしたのだが、1度聞いた後もう聞いてないなぁ。
Lynn Klock Aria 選曲としてはまずまずだが、演奏がよくない。
Marcel Mule Marcel Mule 一連のMule再発盤の走り。メジャーどころをうまく押さえてある。
Encore ! 上のアルバムの第2弾。選曲が少しマニアックになっているのが残念。
La legende フランス某所の自主制作CDらしい。選曲はよいが値段が高いのが難点。
Marie-Bernadette Charrier Marie-Bernadette Charrier 女性のテナー奏者、それも現代曲を吹きこなす(…というか、吹きまくる)のは圧巻。
Neal Ramsay Sax 5th Ave. アレンジで面白い試みもあるが「できなくてカットした」の方が多いかも。
Pekka Savijoki The French Saxophone 丁寧でかつ迫力ある演奏。参考演奏にオススメ。
Saxophone Concerti 無理にフラジオを使ってるようで残念だが、その他は丁寧でよい。
Steven Mauk Distances Within Me 安定した演奏だが、遊びが足りない感がある。
J.M.Londeix, D.Deffayet & M.Mule Le Saxophone Francais Londeixの演奏が聞ける珍しいCD。その他は多くの再発盤とダブるので買う前に要確認。
YAMAHA Artists

Masterpieces for Saxophone YAMAHAがスポンサーをしているアーティストの演奏集。試しに聴くのはよいかも。
須川 展也 シシュポスの夢 String伴奏によるポップスアルバム。須川さんのソロアルバムで個人的に一番。
Cafe 1930 〜ピアソラに捧ぐ〜 須川さんの澄んだ音色、テクニックでタンゴらしさが出てないのが残念
Cyber Bird 丁寧な演奏だが、もう少し前向きに冒険してくれていたらいいのに。
Estrellita オケ伴奏としては2枚目のアルバム。選曲はラテン色濃く、演奏も前作よりのびのびしている。
Die Heldenzeit (英雄の時代) 東京佼成W.O.伴奏の協奏曲集。曲目もバラエティに富んでいてよい。
彦坂 眞一郎 Ballade 日本初録音も多く選曲は面白いが、演奏が生真面目すぎる部分があって物足りない。
Dance 1枚目よりのびのびと演奏してるが、個人的にはもっと派手にやってほしいが
田中 靖人 Rapsodie ドビュッシー好きにはたまらない1枚。演奏もかなりよい。
中村 均一 Rhapsody in Blue すごすぎる、の一言。ラプソディ・イン・ブルーのイントロは圧巻!
大森 義基 Vacances アルトのBGMにはオススメです。

Saxophone Box!!

taka@sax.club.ne.jp