link to PSA top page



第124回神奈川県皮膚科医会


昨日は9時にテニスコートに行き、2セット対戦しました。最初は上手な男性ペアとの対戦でしたので、簡単に負けてしまいましたが、そのスピードに反応しようと頑張ったのがウォームアップになったのか、次のミックスダブルスは勝利しました。
あざみ野駅に着いたのが13時前。そのまま関内に行くと時間が余りそうなので、揚州商人でラーメンを食べましたが、すごく混んでいて時間オーバー。しかも、間違えて桜木町で下りてしまったのでここでも7分損をし、第124回神奈川県皮膚科医会の会場に着いたのは、15時ごろ。聞きたかったミニレクチャー「乳幼児アトピー性皮膚炎の有病率と悪化因子」は、最後の2枚のスライドしか見られませんでした。
昨日のメインテーマは「下腿潰瘍」。昨日の講師の皮膚科部長はもと循環器科の医者なので、動脈閉塞の患者さんがいっぱい集まります。「CTは混んでいますが、私がオーダーした検査は大体所見があるので、優先してとってもらえます」。そうでしょう。必要ない検査を次々オーダーする内科研修医がCT室を麻痺させています。検査を担当する放射線科医も、意味のある検査をオーダーしてくれる医者を優先するのです。棒屋(超音波検査下請け医)だった私にはよく分かります。
腐りかけた足、すぐ切断しないと患者さんは死んでしまいます。すごいスライドをいっぱい見させられ、すごく勉強になった反面、開業前に皮膚科外来で患者さんを見させていただいただけで、死にいたる重症感染症の入院患者さんを受け持ったことのない私は、また皮膚科を標榜していることに自信をなくしてしまいました。

[戻る]
link to Kimura's HP