Top浮世絵文献資料館浮世絵師総覧
 
☆ ひろしげ うたがわ 歌川 広重浮世絵師名一覧
〔寛政9年(1797)~ 安政5年(1858)9月6日・62歳〕
 ☆ 文政二年(1818)    <七月 見世物 籠細工(細工人 亀井町笊籠師・酒呑童子等)両国広小路>  ◯「見世物興行年表」(ブログ)   「江戸の花 大江山酒呑童子」錦絵三枚続 署名「広重画」岩戸屋喜三郎板    ☆ 文政三年(1819)    ◯「合巻年表」(〔早大〕は「古典籍総合データベース」)   ◇合巻(文政三年刊)※角書は省略    歌川広重画『音曲情糸道』署名「広重画」表紙「浮世絵師 歌川広重画」東里山人作〔早大〕    <二月 見世物 貝細工 浅草奧山・麦藁細工 浅草奧山>  ◯「見世物興行年表」(ブログ)    「浅草奧山 貝細工」錦絵三枚続 署名「廣重画」    ☆ 文政四年(1821)    ◯「合巻年表」(〔東大〕は『【東京大学/所蔵】草雙紙目録』)   ◇合巻(文政四年刊)※角書は省略    歌川広重画『くま坂物がたり』(画)歌川広重(著)柳亭種彦 西村屋与八板〔東大〕    ☆ 文政五年(1822)    ◯「合巻年表」(〔東大〕は『【東京大学/所蔵】草雙紙目録』)   ◇合巻(文政四年刊)※角書は省略    歌川広重画『出謗題無智哉論』二編 歌川広重画 東里山人作 岩戸屋喜三郎板〔目録DB〕    ☆ 文政七年(1824)    ◯「合巻年表」(〔目録DB〕は「日本古典籍総合目録」)   ◇合巻(文政七年刊)※角書は省略    歌川広重画『白井権八』歌川広重画・作〔目録DB〕    ☆ 文政八年(1822)    ◯「合巻年表」(〔目録DB〕は「日本古典籍総合目録」)   ◇合巻(文政八年刊)※角書は省略    歌川広重画『義経千本桜』歌川広重画・作〔目録DB〕    ☆ 文政九年(1826)     ◯「合巻年表」(〔目録DB〕は「日本古典籍総合目録」)   ◇合巻(文政九年刊)※角書は省略    歌川広重画『再建/御膳浅草法』歌川広重画 十返舎一九作 岩戸屋喜三郎〔目録DB〕           (注記「御膳浅草法の改題本」とあり)    ☆ 文政十年(1827)     ◯「絵本年表」(〔漆山年表〕は『日本木版挿絵本年代順目録』)   ◇絵本(文政十年刊)    歌川広重画    『洒落口の種本』二冊 けだゐ広重画 酔野兀頂自題 伊藤与兵衛板〔漆山年表〕     〈「けだゐ」は「外題」の意か〉    『宝船桂舧柱』狂歌 二冊 一遊斎歌川広重画 十返舎一九作 岩戸屋喜三郎板〔漆山年表〕     ◯「合巻年表」(〔目録DB〕は「日本古典籍総合目録」〔早稲田〕は『早稲田大学所蔵合巻集覧稿』)   ◇合巻(文政十年刊)※角書は省略    歌川広重画    『筆綾糸三筋継棹』(画)歌川広重(著)江南亭唐立 伊藤与兵衛板〔東大〕    『宝船桂帆柱』一遊斎広重画 十返舎一九作 岩戸屋喜三郎板〔目録DB〕    『職人尽』  広重画 十返舎一九作 森屋治兵衛板〔目録DB〕(注記、『宝船桂帆柱』前編の改題本)    ◯「読本年表」〔中本型読本〕は「中本型読本書目年表稿」   ◇読本(文政十年刊)    歌川広重画『丹波与作関の小万春駒駅談』広重画 柳泉亭種正作〔中本型読本〕    ◯「日本古典籍総合目録」(国文学研究資料館)   ◇人情本(文政十年刊)    歌川広重画『春駒駅談』歌川広重画 柳泉亭種正作    ☆ 天保元年(文政十三年・1830)    ◯『滝沢家訪問往来人名録』下121(曲亭馬琴記・文政十三年閏三月七日)   〝庚寅(文政十三年)閏三月七日来訪 八重洲河岸火消同心隠居安藤鉄蔵事 古人豊広門人 画工広重〟    ☆ 天保二年(1831)    ◯「合巻年表」(〔早大〕は「古典籍総合データベース」)   ◇合巻(天保二年刊)※角書は省略    歌川広重画『出謗題無智哉論』四編 歌川広重画 東里山人作 岩戸屋喜三郎板〔早大〕    ◯「絵入狂歌本年表」(〔目録DB〕は「日本古典籍総合目録」)   ◇狂歌(天保二年刊)    歌川広重画『狂歌山水奇鑑』四冊 広重画 桧園梅明編〔目録DB〕    ☆ 天保初年(1830~)
 ◯『江戸現存名家一覧』〔人名録〕②309(天保初年刊)   〝東都画 池田英泉・鳥居清満・立斎広重・勝川春亭・葛飾北斉(ママ)・歌川国貞・歌川国芳・歌川国直・        柳川重信・柳川梅麿・葵岡北渓・静斎英一〟    ☆ 天保三年(1832)    ◯「絵入狂歌本年表」(〔狂歌書目〕は『狂歌書目集成』)   ◇狂歌(天保三年刊)    歌川広重画『狂歌恋百首』一冊 広重画 芍薬亭他撰〔狂歌書目〕    ◯「天保三年壬辰日記」③36 二月十六日(『馬琴日記』第三巻)   〝画工歌川広重来ル。廿三日、両国柳橋大のし富八楼にて、書画会いたし候よしニて、右すり物一枚持参。    口上申述、帰去〟    〈二月二十三日、馬琴がこの書画会に出席した形跡はない。また広重が馬琴作品の挿画を担当することもなかった。     『滝沢家訪問往来人名録』によると、二年前の文政十三年(1830)閏三月七日、広重は馬琴宅を訪れている。今回はお     そらくそれ以来の来訪と思われるが、この間もそして今後も、天保七年(1836)の馬琴の古稀を祝う書画会に参加した     以外、私的な交渉は両者の間にはなかったようだ〉    ☆ 天保四年(1833)    ◯「絵本年表」(〔漆山年表〕は『日本木版挿絵本年代順目録』)   ◇絵本(天保四年刊)    歌川広重画『狂歌墨田川余波』一冊 肖像 広重 昌平庵編〔漆山年表〕    ◯「絵入狂歌本年表」(〔目録DB〕は「日本古典籍総合目録」)   ◇狂歌(天保四年刊)    歌川広重画『狂歌隅田川余波』一冊 歌川広重画 昌平庵撰 漢江社中〔狂歌書目〕   ◯『無名翁随筆』③304(池田義信(渓斎英泉)著・天保四年成立)  (「歌川豊広」の項、豊広門人)
    「歌川豊広系譜」     〝八代洲川岸住、武士近藤徳太郎、文政ノ末ヨリ天保ノ今専画ク、錦画、草双紙多シ〟    ☆ 天保五年(1834)    ◯「合巻年表」(〔東大〕は『【東京大学/所蔵】草雙紙目録』)   ◇合巻(天保五年刊)※角書は省略    歌川広重画『旗飄莵水葛葉』(画)歌川広重(著)吉見種繁 鶴屋喜右衛門板〔東大〕    ☆ 天保六年(1835)    ◯「絵入狂歌本年表」(〔狂歌書目〕は『狂歌書目集成』〔目録DB〕は「日本古典籍総合目録」)   ◇狂歌(天保六年刊)    歌川広重画    『狂歌百人一首』一冊 広重画 一榎庵沖面詠〔目録DB〕    『一字題百首』 三冊 広重画 芍薬亭長根編 麗日園〔狂歌書目〕    ☆ 天保七年(1836)     ◯「絵本年表」(〔漆山年表〕は『日本木版挿絵本年代順目録』〔目録DB〕は「日本古典籍総合目録」)   ◇絵本(天保七年刊)    歌川広重画    『百人一首鐘声抄』一冊 一立斎広重筆 篶垣真葛撰〔漆山年表〕     〈『百人一首鐘声抄』は『狂歌鐘声百人一首』の別称〉    『狂歌百八人首』 一冊 歌川広重画  竹内真葛編〔目録DB〕    ◯「合巻年表」(〔早大〕は「古典籍総合データベース」)   ◇合巻(天保七年刊)※角書は省略    歌川広重画『東国奇談月夜桜』一勇斎国芳画 表紙広重画 五柳亭徳升作 佐野屋喜兵衛板〔早大〕    ◯「絵入狂歌本年表」(〔目録DB〕は「日本古典籍総合目録」)   ◇狂歌(天保七年刊)    歌川広重画    『狂歌鐘声百人一首』一冊 広重画 篶垣真葛編〔目録DB〕    『狂家百八人首』  一冊 広重画 竹内真葛編〔目録DB〕    ◯『馬琴書翰集成』④221 天保七年(1836)八月十四日 馬琴、古稀の賀会、於両国万八楼   (絵師の参加者のみ。天保七年十月二十六日、殿村篠斎宛(第四巻・書翰番号-65)④221参照)   〝画工 本画ハ     長谷川雪旦 有坂蹄斎【今ハ本画師になれり】 鈴木有年【病臥ニ付名代】     一蛾 武清 谷文晁【老衰ニ付、幼年の孫女を出せり】 谷文一 南溟 南嶺 渡辺花山    浮世画工ハ     歌川国貞【貞秀等弟子八九人を将て出席ス】 同国直 同国芳 英泉 広重 北渓 柳川重信      此外、高名ならざるものハ略之〟    ☆ 天保八年(1837)    ◯「合巻年表」(〔早大〕は「古典籍総合データベース」)   ◇合巻(天保八年刊)※角書は省略    歌川広重画『鞍馬山源氏之勲功』歌川広重画 表紙 国貞 西村屋与八板 楚満人二世作〔早大〕    ◯「日本古典籍総合目録」(国文学研究資料館)   ◇俳諧(天保八年刊)    歌川広重画『俳諧三十六句撰』一冊 一立斎広重画 神通菴木化・ 燈下坊呑亀評〔目録DB〕    ☆ 天保十年(1839)    ◯『俗曲挿絵本目録』(漆山又四郎著)    歌川広重画    『花翫暦色所八景』(長唄)歌重画 丸屋板     〔天保10/03/11〕    『花娣十二月所候』(長唄)歌重画 丸屋板 天保十年〔天保11/03/21〕〔花娣十二月所作〕     〈〔~〕は立命館大学アート・リサーチセンター「歌舞伎・浄瑠璃興行年表」の上演データ〉    ☆ 天保十一年(1840)    ◯「絵本年表」(〔漆山年表〕は『日本木版挿絵本年代順目録』)   ◇絵本(天保十一年刊)    歌川広重画『興歌六々集』一冊 広重 芍薬亭他撰〔漆山年表〕    ◯「絵入狂歌本年表」(〔狂歌書目〕は『狂歌書目集成』)   ◇狂歌(天保十一年刊)    歌川広重画    『俳諧歌再発集』一冊 広重画 白鶴翁撰 緑庵版〔狂歌書目〕    『興歌六々集』一冊 北渓・広重画 芍薬亭撰 鳳鳴閣版〔狂歌書目〕    ☆ 天保十二年(1841)    ◯「合巻年表」(〔東大〕は『【東京大学/所蔵】草雙紙目録』)   ◇合巻(天保十二年刊)※角書は省略    歌川広重画『児雷也豪傑譚』二編(画)香蝶楼国貞(著)美図垣笑顔 和泉屋市兵衛板〔東大〕         袋画工 魚屋北渓 国貞 広重 谷文晁    ☆ 天保十三年(1842)    ◯『【江戸現在】公益諸家人名録』二編「ア部」〔人名録〕②84(天保十三年夏刊)   〝画 広重【名重広、号一立斎】中橋大鋸町 安藤徳兵衛〟    ☆ 天保十四年(1843)    <三月>  ◯『大日本近世史料』「市中取締類集」十八「書物錦絵之部」第一七件 五八 p105   「卯三月廿九日、佐兵衛月番之節画師共相呼、近頃絵柄風俗不宜候ニ付厳敷申渡、証文取置候事」     〈佐兵衛は村田佐兵衛、新両替町名主、絵草紙掛り。以下、絵師連名の請書〉   〝私共儀錦絵・艸双紙絵類重立相認候ニ付、今般左之通被仰渡候    一 禁忌・好色本之類    一 歌舞妓役者ニ似寄候類    一 遊女・女芸者ニ似寄候類    一 狂言趣向紛敷類    一 女子供踊大人ニ紛敷類    一 賢女烈婦伝・女忠節之類    右の廉々、其筋渡世之者又ハ素人より頼請候共、賢女烈婦伝之類、絵柄不相当今様姿ニ一切書申間敷候、    其外都て男女入交り風俗ニ拘り候絵は勿論、聊ニても役者・女芸者ニ紛敷躰無之様、厚心附可申旨被仰    渡奉畏、為後日仍如件     天保十四年卯三月廿九日               坂本町壱丁目 太右衛門店 英泉事 画師 善次郎(印) 家主 太右衛門(印)               田所町久兵衛店      国芳事 画師 孫三郎(印) 家主 久兵衛 (印)               亀戸町友三郎店      国貞事 画師 庄 蔵(印) 家主 友三郎 (印)               同町金蔵店        貞秀事 画師 兼次郎(印) 家主 金 蔵 (印)               大鋸町長七店       広重事 画師 徳兵衛(印) 家主 長 七 (印)               柳町鉄右衛門店 亀次郎伜 芳虎事 画師 辰二郎(印) 家主 鐵右衛門(印)     〈以下は「下ヶ札」〉   〝錦絵類并団扇絵共近頃不宜風俗画候間、当三月、私月番節画師共相呼、本文之通證文取置申候、然ル処、    当四月月番品川町名主(竹口)庄右衛門・同五月月番高砂町名主(渡辺)庄右衛門改済之絵柄不宜候間、    掛り名主共一同申合売買差留、右掛り館市右衛門方え差出置申候   名主 佐兵衛〟     〈好色本や役者や遊女・芸者の似顔絵など風俗に拘わるものはもちろん、賢女烈婦伝や女忠節の類も当世風に画かないこ    とを誓約させられた。英泉・国芳・国貞・貞秀・広重・芳虎、六人連名の証文である。しかし「下ヶ札」をみると、四    月、五月の改(アラタメ)(検閲)済みのものにも依然として絵柄の宜しからざるものがあり、それらを売買禁止にしたとあ    る。『大日本近世史料』の頭注に「前ニ請書ヲ取ルモナホ宜カラザル品」とあり、絵師を咎めるような文面である〉    ☆ 天保年間(1830~1843)
 ◯『増訂武江年表』2p102(斎藤月岑著・嘉永元年脱稿・同三年刊)   (「天保年間記事」)   〝浮世絵師国芳が筆の狂画、一立斎広重の山水錦絵行はる〟    ◯「絵本年表」(〔目録DB〕は「日本古典籍総合目録」)   ◇絵本(天保年間刊)    歌川広重画    『遊興肖像集』七巻 歌川広重画 桧園梅明編  〔目録DB〕    『浮世画譜』 三編 立斎広重画 和泉屋市兵衛板〔目録DB〕    ◯「絵入狂歌本年表」(〔狂歌書目〕は『狂歌書目集成』〔目録DB〕は「日本古典籍総合目録」)   ◇狂歌(天保年間刊)    歌川広重画    『伊呂波節用集』二冊 一立斎広重画 桧園梅明編 桧垣連〔狂歌書目〕    『狂歌新節用集』二冊 広重画    桧園梅明編 春友亭版〔狂歌書目〕    『狂歌くらべ馬』一冊 広重画    桧園梅明編〔狂歌書目〕    『俳諧歌花鳥集』一冊 広重画  真葛・結城亭撰 繁の門版〔目録DB〕    『俳諧歌新玉集』一冊 其一・是真・広重等画 燕栗園撰 燕門連〔狂歌書目〕    『狂歌清渚集』 一冊 一立斎広重画 茅舎千寛編 四方側〔狂歌書目〕    『狂歌分類集』 一冊 一立斎広重画 桧園梅明編 春友亭版〔目録DB〕    『狂歌十題集』 一冊 歌川広重画 花咲庵・梅屋編〔目録DB〕    『遊興肖像集』 七冊 歌川広重画 桧園梅明編 〔目録DB〕    『狂歌拾葉集』 一冊 広重画   竜廼門梅明編〔目録DB〕    『狂歌新葉集』 四冊 広重画   桧園梅明編 桧垣連〔狂歌書目〕    ☆ 天保年間(1830~1843)    ◯「日本古典籍総合目録」(国文学研究資料館)   ◇人情本(天保年間刊)    歌川広重画『天性奇妙談』五湖亭貞影・一立斎広重画 文福茶釜作   ◇辞書(天保年間刊)    歌川広重画『三才図会天之部』広重画    ☆ 弘化元年(天保十五年・1844)    ◯「絵本年表」(〔漆山年表〕は『日本木版挿絵本年代順目録』)   ◇絵本(弘化元年刊)    歌川広重画『新法狂字図句画』一冊 一立斎広重画 万亭応賀作〔漆山年表〕    ◯『増補浮世絵類考』(ケンブリッジ本)(斎藤月岑編・天保十五年(1844)序)   (( )は割註・〈 〉は書入れ・〔 〕は見せ消ち)     ◇「歌川豊広」の項、(豊広門人)
    「歌川豊広系譜」     〝八代州河岸定御火消屋敷同心近藤徳太郎後十兵衛 狩野家をも学ぶ。文政の頃より天保の今にいたる迄    専ら画く錦画草双紙多し 分て近頃五十三次の錦画を工夫し 夫より江戸名所続画等数多出して世に行    れたり 写真の魚鳥草花もよし〟     〝一立斎広重(前にもいへり)〈後徳兵衛〉      俗称 近藤十兵衛〈イ安藤〉(火消同心)〈太田新道〉              後大鋸町に住す。弘化三年より常盤町に住す             〈嘉永二酉夏より中橋の狩野新道へ移る〉     同藩与力岡島氏(号林斎又素岡)に狩野家の画風を学び、又豊広に学びて浮世画を画く。東海道五十三    次、都名所〈又安政三辰年より〉江戸名所百景〈ケイ〉等、一枚摺続画夥しく板行し〈天保以来〉世に行    れたり(魚尽しの一枚画写真にして殊によし)薙髪して後〈安政五午年八〈九〉月六日六十二歳にして    歿す〉      〈江戸土産  中本   艸〈筆〉画譜 (空白)冊〉      〈東路へ筆をのこして旅の空西のみくにの名どころを見む 広重〉    欄外 門人(空白)二世の広重となる 後に立祥と号す〟    ◯「【当世名人】芸長者華競」(番付・弘化元~二年刊『日本庶民文化史集成』第八巻所収)   〝万画 北斎 卍    稀人 曲亭馬琴〟   〝浮世 香蝶楼 〈国貞〉    程吉 一勇斎〟〈国芳〉   〝画景 一立斎広重    画作 一筆庵英泉〟     〈この番付には「甲乙なし」とあるが、字の大きさや配置からすると、一番格上なのが北斎、次ぎに香蝶楼国貞と一      勇斎国芳、そして広重・英泉のようである。広重の肩書は「画景」、風景画が良いという評価だ〉    ☆ 弘化二年(1845)    ◯「絵本年表」(〔漆山年表〕は『日本木版挿絵本年代順目録』)   ◇絵本(弘化二年刊)    歌川広重画『絵本忠臣蔵』二冊 一立斎広重画(仮名手本忠臣蔵の絵入解題本)〔目録DB〕    ☆ 弘化三年(1846)    ◯「絵本年表」(〔漆山年表〕は『日本木版挿絵本年代順目録』)   ◇絵本(弘化三年刊)    歌川広重画    『菅原伝授手習鑑』一立斎広重画 竹田出雲作 三河屋喜兵衛板〔漆山年表〕    『三樹集』 一冊 広重筆 桧園梅明編 春友亭蔵板〔漆山年表〕    ◯「絵入狂歌本年表」(〔狂歌書目〕は『狂歌書目集成』〔目録DB〕は「日本古典籍総合目録」)   ◇狂歌(弘化三年刊)    歌川広重画    『狂歌作者細見』 一冊 広重画 有観堂等編 大阪岡田茂兵衛板〔狂歌書目〕    『狂歌三樹集』  一冊 広重画 桧園梅明等編〔目録DB〕    ◯「日本古典籍総合目録」(国文学研究資料館)   ◇地誌(弘化三年刊)    歌川広重画『江都近郊名勝一覧』一冊 一立斎広重画 松亭金水作 弘化三年序〔目録DB〕    ☆ 弘化四年(1847)    ◯「絵本年表」(〔漆山年表〕は『日本木版挿絵本年代順目録』)   ◇絵本(弘化四年刊)    歌川広重画『江都近郊名勝一覧』一冊 画工一立斎広重 金水老人撰 三河屋善兵衛板(安政五年再版)〔漆山年表〕    ◯『翟巣漫筆』〔新燕石〕①附録「随筆雑記の写本叢書(一)」p7(斎藤月岑書留・弘化四年記)   〝山の端にかたふく迄はかたふけむよにおもしろき月の盃 游清     右一立斎広重子烟包へ、本間游清子書付られし歌也〟    ☆ 嘉永元年(弘化五年・1848)    ◯「絵本年表」(〔漆山年表〕は『日本木版挿絵本年代順目録』)   ◇絵本(嘉永元年刊)    歌川広重画『立斎艸筆画譜』初編 広重筆(一立斎)柳下亭種員序 須原屋茂兵衛他板〔漆山年表〕     ☆ 嘉永二年(1849)    ◯「絵本年表」(〔漆山年表〕は『日本木版挿絵本年代順目録』)   ◇絵本(嘉永二年刊)    歌川広重画    『東海道名所図絵』一冊 画工一立斎広重 檜園梅明撰 十返舎一九序 春友亭板 〔漆山年表〕    『百人一首女訓抄』一冊 広重画 口画八丁 外五十一丁半(英泉画歟)本屋又助板〔漆山年表〕    『新撰狂句図絵』 初編 一立斎広重画 万亭応賀序 〔漆山年表〕             二編 一立斎広重画 雞告亭夜宴序    『武勇芸能名誉』 一冊 一立斎広重 口画柳川重信 寿山翁序 平林堂他板〔漆山年表〕    ◯「合巻年表」(〔東大〕は『【東京大学/所蔵】草雙紙目録』〔目録DB〕は「日本古典籍総合目録」)   ◇合巻(嘉永二年刊)※角書は省略    歌川広重画(見返し・袋の画工担当)    『五色染苧環冊子』二編(画)一やうさいとよくに 見返し 立斎画(著)しきてい小さんば 藤岡屋慶次郎板〔東大〕    『龍王太郎英雄譚』六編(画)一陽斎豊国 見返し 立斎画(著)式亭小三馬 藤岡屋慶次郎板〔東大〕    『武勇芸能名誉』    一立斎広重・柳川重信画 寿山翁正恵 平林庄五郎他板〔目録DB〕    『教草女房形気』 七編(画)豊国 見返し 門人国貞画 袋 立斎(著)京山 山田屋庄兵衛板〔東大〕     〈本文の挿絵は『武勇芸能名誉』のみ、あとは見返しと袋の絵である〉    ◯「絵入狂歌本年表」(〔目録DB〕は「日本古典籍総合目録」)   ◇狂歌(嘉永二年刊)    歌川広重画『東海道名所図絵』一冊 一立斎広重画 桧園梅明編〔目録DB〕    ◯『【江戸時代】落書集聚』中p292(鈴木棠三、岡田哲校訂・東京堂出版・昭和五九年刊)   「嘉永二年の流行物」   〝広重・国芳の見立て錦絵は往来の足を止ゞめ、続き物の草双紙は御娘様の御側さらずの御伽をいたし〟    ☆ 嘉永三年(1850)    ◯「絵本年表」(〔漆山年表〕は『日本木版挿絵本年代順目録』)   ◇絵本(嘉永三年刊)    歌川広重画    『絵本江戸土産』広重画 初編金水道人序  二編松亭漁父序 三編金水道人序 菊屋幸三郎板〔漆山年表〕                四編一立斎広重序 五編金水陳人序 六編松園主人序                 七編金水道人序       『名所発句集』二編 一立斎広重画図 永楽屋丈助板〔漆山年表〕     〈〔目録DB〕は『東海道名所発句集』嘉永四年刊とする〉    ◯「合巻年表」(〔東大〕は『【東京大学/所蔵】草雙紙目録』)   ◇合巻(嘉永三年刊)※角書は省略    歌川広重画(見返し・袋の画工担当)出典はすべて〔東大〕    『八犬伝犬の草紙』 八編 一陽斎豊国画 見返し「立斎画」笠亭仙果作              九編 一陽斎豊国画 見返し「立斎筆」袋「立斎写」笠亭仙果作              十編 一陽斎豊国画 見返し「立斎画」袋「立斎写」笠亭仙果作             十一編 一陽斎豊国画 見返し「立斎筆」袋「立斎写」笠亭仙果作             十二編 一陽斎豊国画 (不明)             十三編 豊国画    見返し 立斎画 袋「立斎画」笠亭仙果作    『釈迦八相倭文庫』十四編 一陽斎豊国画 見返し「門人国政画」袋「立斎画」万亭応賀作              十五編 一陽斎豊国画 見返し「門人国政画」袋「立斎画」万亭応賀作             十六編 一陽斎豊国画 見返し「門人国政画」袋「立斎画」万亭応賀作    『聖徳太子大和鏡』 発端 一陽斎豊国画 袋「立斎筆」万亭応賀作     〈本文の挿絵は全て三代目豊国、広重の担当は見返しと袋の絵である〉    ◯「絵入狂歌本年表」(〔狂歌書目〕は『狂歌書目集成』)   ◇狂歌(嘉永三年刊)    歌川広重画『興歌漫詠集』一冊 広重画 葦園正名詠 大葦連板〔狂歌書目〕    ◯「【高名時花】三幅対」(番付・嘉永三年五月刊『日本庶民文化史集成』第八巻所収)   (最上段、西筆頭から五番目・相撲番付でいうと前頭)   〝出藍 カメ井ト 一陽斎豊国 ・真景 中ハシ 一立斎広重 ・狂筆 コク丁 一勇斎国芳    〈師の初代豊国を超えた亀戸の大御所、三代豊国(国貞)。実景を写すに優れた中橋住の広重。自在に戯画を画く国     芳は「コク丁」で日本橋石町住か。東方で同格なのは、「親玉 サルワカ 市川白猿」猿若町の八代目団十郎、「本玉      一丁目 玉楼薄雲」吉原江戸町一丁目玉屋の抱え遊女・薄雲、「力玉」剣山(相撲の大関)浮世絵師と役者・遊女・     力士の組み合わせ。遊女と役者と相撲、いずれも浮世絵にとっては稼ぎの大黒柱、これなくして生業は成り立たな     いものばかり、腑に落ちる三幅対である〉    ◯『古画備考』三十一「浮世絵師伝」中p1402(朝岡興禎編・嘉永三年四月十七日起筆)   〝一立斎広重 天保年間、国芳が筆の狂画、一立斎広重の山水錦画行はる、武江年表
   (補)[署名]広重[印章]「安藤氏印」(白文方印)助六図     (補)[署名]立斎[廣重](朱文方郭丸印)富士絹彩    (補)[署名]広重[印章](方印二顆刻字未詳)鬼女図〟    ☆ 嘉永四年(1851)    ◯「絵本年表」(〔漆山年表〕は『日本木版挿絵本年代順目録』〔目録DB〕は「日本古典籍総合目録」)   ◇絵本(嘉永四年刊)    歌川広重画    『東海道名所発句集』二冊 安藤広重画 双雀庵氷壺編  〔目録DB〕    『東海道風景図会』 二冊 一立斎広重筆 藤岡屋慶次郎板〔漆山年表〕    『東海道名所画帖』 一帖 一立斎広重筆 東魁堂板   〔漆山年表〕     〈〔目録DB〕は『東海道名所発句集』の改題本とする〉    『奇特百歌僊』初編 一立斎広重ゑかく 緑亭川柳作 山口錦耕堂板〔漆山年表〕    『立斎百図』 初編 広重筆 柳下亭種員序 吉田屋源八板(『艸筆画譜』四編と同じ)〔漆山年表〕    ◯「合巻年表」(〔目録DB〕は「日本古典籍総合目録」〔東大〕は『【東京大学/所蔵】草雙紙目録』)   ◇合巻(嘉永四年刊)※角書は省略    歌川広重画    『教訓迷子札』 四巻 一立斎広重画 春水(二世)作〔目録DB〕     (見返し・袋担当)出典はすべて〔東大〕    『春の文かしくの草紙』五編 一陽斎豊国画 袋「立斎」     山東庵京山作     『八犬伝犬の草紙』 十五編 一陽斎豊国画 見返し・袋「立斎画」笠亭仙果作               十六編 一陽斎豊国画 見返し「立斎画」  笠亭仙果作               十七編 一陽斎豊国画 見返し・袋「立斎画」笠亭仙果作     『教草女房形気』   十編 豊国画    袋「立斎」     京山作        『琴声美人録』    六編 歌川豊国画  袋「立斎画」    山東庵京山作     『英雄五大力』    四編 一陽斎豊国画 袋「立斎」     万亭応賀作      『葛葉九重錦』    五編 一陽斎豊国画 袋「立斎」     万亭応賀作      『白縫譚』      四編 一陽斎豊国画 袋「一立斎画」   柳下亭種員作     ◯「艶本年表」(〔目録DB〕は「日本古典籍総合目録」)   ◇艶本(嘉永四年刊)    歌川広重画『はるの夜半』三冊 広重画 玉門舎具二留・夜毎庵好重作〔目録DB〕         (注記「改題本に「春の世和」あり、日本艶本目録(未定稿)による」)    ☆ 嘉永五年(1852)    ◯「絵本年表」(〔漆山年表〕は『日本木版挿絵本年代順目録』)   ◇絵本(嘉永五年刊)    歌川広重画『岐蘇名所図絵』三編 広重画 龍廼門石の屋梅明編 春友亭蔵板〔漆山年表〕    ◯「合巻年表」(〔東大〕は『【東京大学/所蔵】草雙紙目録』)   ◇合巻(嘉永五年刊)※角書は省略    歌川広重画(見返し・袋の画工担当)出典はすべて〔東大〕    『釈迦八相倭文庫』二十二編 一陽斎豊国画 袋「立斎」       万亭応賀作             二十三編 一陽斎豊国画 袋「立斎」       万亭応賀作    『八犬伝犬の草紙』 十八編 一陽斎豊国画 袋「立斎画」      笠亭仙果作              十九編 一陽斎豊国画 下冊見返し・袋「立斎画」笠亭仙果作             二十三編 国貞画    袋「立斎画」      仙果作    『教草女房形気』  十一編 豊国画    袋「立斎」       山東庵京山作    ☆ 嘉永六年(1853)    ◯「絵本年表」(〔漆山年表〕は『日本木版挿絵本年代順目録』)   ◇絵本(嘉永六年刊)    歌川広重画『迷子札』一冊 一立斎広重画図 為永春水 松林堂〔漆山年表〕〈初版は嘉永四年〉    ◯「合巻年表」(〔東大〕は『【東京大学/所蔵】草雙紙目録』)   ◇合巻(嘉永六年刊)※角書は省略    歌川広重画(見返し・袋の画工担当)出典はすべて〔東大〕    『春の文かしくの草紙』七編 国貞画    袋 立斎   京山作      『釈迦八相倭文庫』二十四編 歌川国貞画  袋 立斎   万亭応賀作             二十五編 歌川国貞画  袋 立斎   万亭応賀作             二十六編 歌川国貞画  袋 立斎   万亭応賀作    『八犬伝犬の草紙』二十五編 梅蝶楼国貞画 袋 立斎   笠亭仙果作             二十六編 国貞画    見返し 立斎 仙果作    『英雄五大力』    五編 一猛斎芳虎画 袋 立斎   万亭応賀作    ◯「絵入狂歌本年表」(〔狂歌書目〕は『狂歌書目集成』〔目録DB〕は「日本古典籍総合目録」)   ◇狂歌(嘉永六年)    歌川広重画    『狂歌江都花日千両』三冊 歌川広重(上巻) 井草国芳(中巻) 一陽斎豊国(下巻) 天明老人撰〔目録DB〕             「日本橋之部 画工歌川広重先生」(嘉永六-安政元刊)    『岐蘇名所図会』  二冊 広重画 梅廼屋・龍廼屋撰 春友亭板〔狂歌書目〕    『山水奇鑑』二冊 広重画 梅明撰 桧垣連板〔狂歌書目〕〈〔目録DB〕は天保二年序〉    ◯『藤岡屋日記 第五巻』p237(藤岡屋由蔵・嘉永六年(1853)記)   ◇板木没収   〝東海道五十三次、同合之宿、木曾街道、役者三十六哥仙、同十二支、同十二ヶ月、同江戸名所、同東都    会席図絵、其外右之類都合八十両(枚カ)是も同時ニ御手入ニ相成候。    右絵を大奉書へ極上摺ニ致し、極上品ニ而、価壱枚ニ付銀二匁、中品壱匁五分、並壱匁宛ニ売出し大評    判ニ付、掛り名主村松源六より右之板元十六人計、板木を取上ゲられ、於本町亀の尾ニ、絵双紙掛名主    立会ニて、右板木を削り摺絵も取上ゲ裁切候よし。       東海で召連者に出逢しが         皆幽霊できへて行けり     右之如く人気悪しく、奢り増長贅沢致し候、当時の風俗ニ移り候、是を著述〟     〈大奉書を使い極上摺の極上品が一枚銀二匁(機械的に1両=60匁=6500文で換算すると約217文)、中品一枚が一匁     五分(約163文)、並一枚一匁(約108文)とこれもかなり高価。        「東海道五十三次」は誰のどの「東海道五十三次」か未詳。     「同合之宿」も未詳。     「木曾街道」は一勇斎国芳画「木曾街道六十九次」か。     「役者三十六哥仙」は三代豊国画「見立三十六歌仙」か。     「同十二支」は一勇斎国芳画「東都名所見立十二ケ月」か。     「同十二ヶ月」は一勇斎国芳狂画「【身振】十二月」か。     「同江戸名所」は三代豊国画「江戸名所図会」(役者絵)か。     「同東都会席図会」は三代豊国画・初代広重画(コマ絵)「【東都】高名会席尽」か。     以上はすべて嘉永五年の刊行〉      〈ネット上の「江戸時代貨幣年表」によると、嘉永五年の銀・銭相場は1両=64匁=6264文とのこと。すると小売値、     極上品の二匁は195文、中品の一匁五分は147文、並の一匁は98文。「東海道五十三」は嘉永五年の刊年から、三代目     豊国のものと見た。2010/3/16追記〉
    「東都高名会席尽 藤屋」 豊国・広重画     (国立国会図書館・貴重書画像データベース)    ◯『筆禍史』「当代全盛高名附」(嘉永六年・1853)p160(宮武外骨著・明治四十四年刊)   〝吉原細見に擬して、当時名高き江戸市内の儒者和学者俳諧師狂歌師等をはじめ諸芸人に至るまで数百人    名を列配し、其名の上に娼妓の如き位印を附けたる一小冊なり、末尾に「嘉永六年癸丑之義、玉屋面四    郎蔵板」とあり    これは吉原の細見に擬して、嘉永六年に出版した『当代全盛高名附』の一葉を原版のまゝ模刻したので    ある、曲亭馬琴、山東京伝、式亭三馬、柳亭種彦、初代歌川豊国、葛飾北斎、渓斎英泉等の如き大家没    後の文壇が、如何に寂寞たりしかを知るに足るであろう。    因みにいふ、右『当代全盛高名附』の作者及び版元は、吉原細見の版元より故障を申込まれ「細見株を    持てる我々に無断で、細見まがひの書冊を出版するとは、不埒至極である」との厳談を受け、結局あや    まり証文を入れて、書冊は絶版とする事で、漸く示談が附いたとの伝説がある、今日は他人の出版物に    擬した滑稽的の著作は勿論、其正真物に似せたイカサマ物を出版しても、咎められない事になつて居る    が、旧幕時代には右の伝説の如き事実があつたらしい(此花)    【吾妻】錦   浮世屋画工部    (上段)     豊国 にかほ   国芳 むしや  広重 めいしよ  清満 かんばん  春亭 花てふ     貞秀 かふくわん 国輝 むしや  芳虎    (中段)      国貞 やくしや  国盛 をんな  国綱 芳宗 芳艶 清亢 芳藤 芳玉 直政    (下段)      国麿 清重 芳員 芳雪 広近 春徳 春草 房種 芳豊      かむろ       やく者 にがを むしや めい処 けしき をんな 草そうし うちわゑ かわりゑ       すごろく かんばん     やりて        ◎◎〟    〈「日本古典籍総合目録」はこの『当代全盛高名附』の統一書名を『江戸細撰記』としている〉
    『当代全盛高名附』〔『筆禍史』所収〕    ☆ 嘉永年間(1848~1853)    ◯「絵本年表」(〔漆山年表〕は『日本木版挿絵本年代順目録』〔目録DB〕は「日本古典籍総合目録」)   ◇絵本(嘉永年間刊)    歌川広重画    『比為記廼姿美』一冊 安藤広重画〔目録DB〕    『絵本手引草』 初編 一立斎広重筆 柳下亭種員序 笑寿屋庄七板〔漆山年表〕    ◯「絵入狂歌本年表」(〔目録DB〕は「日本古典籍総合目録」)   ◇狂歌(嘉永年間刊)    歌川広重画『狂歌東西集』一冊 広重画 梅廼屋・月花園編 本町連板〔目録DB〕    ☆ 安政元年(嘉永七年・1854)    ◯「絵本年表」(〔漆山年表〕は『日本木版挿絵本年代順目録』〔目録DB〕は「日本古典籍総合目録」)   ◇絵本(安政元年刊)    歌川広重画    『扶桑蓬莱百首狂歌集』一冊 一立斎広重画 檜園梅明撰 春友亭〔漆山年表〕    『紅梅百人一首』一巻 広重画 〔目録DB〕    『狂字図句画』 一冊 一立斎広重画 万亭応賀撰 山崎屋静七板〔目録DB〕    ◯「合巻年表」(〔東大〕『【東京大学/所蔵】草雙紙目録』)   ◇合巻(安政元年刊)※角書は省略。出典はすべて〔東大〕    歌川広重画(見返し・袋の画工担当)    『八犬伝犬の草紙』二十九編 梅蝶楼国貞画 袋 立斎   笠亭仙果作             三十一編 一寿斎国貞画 見返し 立斎 笠亭仙果作             三十二編 一寿斎国貞画 袋 立斎   笠亭仙果作    『釈迦八相倭文庫』二十七編 歌川国貞画  袋 立斎   万亭応賀作             二十八編 歌川国貞画  袋 立斎   万亭応賀作             二十九編 歌川国貞画  袋 立斎   万亭応賀作    ◯「絵入狂歌本年表」(〔狂歌書目〕は『狂歌書目集成』〔目録DB〕は「日本古典籍総合目録」)   ◇狂歌(安政元年刊)    歌川広重画    『扶桑蓬萊百首狂歌集』一冊 広重画 桧園梅明編 〔目録DB〕    『狂歌江都名所図会』 八冊 広重画 天明老人撰 小槌側〔狂歌書目〕     (注記「本書は嘉永末年の創刊にて、第一より第七まで(六冊)嘉永年度の刊記あり、それから以後は安政初年に続刊し      前後十四冊の多きに達してゐる」)    ☆ 安政二年(1855)    ◯「絵本年表」(〔漆山年表〕は『日本木版挿絵本年代順目録』)  ◇絵本(安政二年刊)    歌川広重画    『狂歌四季人物』初編 画工立斎広重先生 天明老人尽語楼撰 六朶園序〔漆山年表〕    『茶器財画像集』一冊 口絵一立斎広重先生 画像一猛斎芳虎先生 龍廼門梅明等編〔漆山年表〕    『利根川図志』 六冊 葛飾北斎二代・素真・玉蘭亭貞秀画・湖城喜一写・立斎写・宗旦写            赤松宗旦義知著 山田屋佐助他板〔漆山年表〕    ◯「合巻年表」(〔東大〕は『【東京大学/所蔵】草雙紙目録』)   ◇合巻(安政二年刊)※角書は省略。出典はすべて〔東大〕    歌川広重画(見返し・袋の画工担当)    『八犬伝犬の草紙』三十三編 一寿斎国貞画 見返し 立斎 袋 広重 笠亭仙果作    『釈迦八相倭文庫』 三十編 一寿斎国貞画 袋 立斎 万亭応賀作              三十一編 歌川国貞画  袋 立斎 万亭応賀作              三十二編 歌川国貞画  袋 立斎 万亭応賀作             三十三編 歌川国貞画  袋 広重 万亭応賀作             三十四編 歌川国貞画  袋 立斎 万亭応賀作    ◯「絵入狂歌本年表」(〔目録DB〕は「日本古典籍総合目録」)   ◇狂歌(安政二年刊)    歌川広重画    『狂歌茶器財画像集』一冊「口絵 一立斎広重先生/画像 一猛斎芳虎先生」安満の門等撰 清流亭蔵版〔東洋文庫画像DB〕     刊記「安政二乙卯歳五月二十八日、橋場於別荘開巻 寄歌四千五百余首、作者五百五十余人 清流亭蔵」    『狂歌四季人物』初四編 歌川広重画 天明老人編〔目録DB〕     〈〔狂歌書目〕は『狂歌倭人物』とする〉    ☆ 安政三年(1856)    ◯「絵本年表」(〔漆山年表〕は『日本木版挿絵本年代順目録』)   ◇絵本(安政三年刊)    歌川広重画    『狂歌江戸名所図会』初-十六編 立斎広重・重宣画 天明老人内匠撰〔漆山年表〕    『義経一代記図会』 一冊 倭絵師一立斎広重画 戯作者鈍亭魯文作 〔漆山年表〕    『初かうむり』   一冊 立斎筆・錦朝楼芳虎画 都竜序〔漆山年表〕    ◯「合巻年表」(〔目録DB〕は「日本古典籍総合目録」〔東大〕は『【東京大学/所蔵】草雙紙目録』)   ◇合巻(安政三年刊)※角書は省略    歌川広重画    『義経一代記』一冊 一立斎広重画 松園梅彦編〔目録DB〕     (袋の画工担当)※角書は省略。出典はすべて〔東大〕    『釈迦八相倭文庫』三十五編 歌川国貞画 袋 立斎 万亭応賀作             三十六編 歌川国貞画 袋 立斎 万亭応賀作    ◯「読本年表」(〔切附本〕は「切附本書目年表稿」)   ◇読本(安政三年刊)※角書は省略    歌川広重画『義經一代記圖會』倭繪師 一立齋廣重画 松園梅彦畧傳\鈍亭魯文作〔切附本〕    ◯「絵入狂歌本年表」(〔目録DB〕は「日本古典籍総合目録」)   ◇狂歌(安政三年刊)    歌川広重画『初かうむり』一冊 広重画 梅秀編 安政三序〔目録DB〕    ◯「艶本年表」(〔目録DB〕は「日本古典籍総合目録」)   ◇艶本(安政三年刊)    歌川広重画『春情仮の恋』三冊 広重画 弥二楼嬉多八三世作〔目録DB〕    ☆ 安政四年(1857)    ◯「絵本年表」(〔漆山年表〕は『日本木版挿絵本年代順目録』〔目録DB〕は「日本古典籍総合目録」)   ◇絵本(安政四年刊)    歌川広重画『扶桑名所名物集』六冊 芳虎画 広重画 春友亭蔵板〔漆山年表〕    ◯「合巻年表」(〔東大〕は『【東京大学/所蔵】草雙紙目録』)   ◇合巻(安政四年刊)※角書は省略    歌川広重画(袋の画工担当)    『釈迦八相倭文庫』三十七編 歌川国貞画 表紙 豊国 袋 立斎 万亭応賀作〔東大〕    ◯「絵入狂歌本年表」(〔目録DB〕は「日本古典籍総合目録」)   ◇狂歌(安政四年刊)    歌川広重画    『狂歌扶桑名所名物集』三冊 広重・芳虎画 檜園梅明撰 春友亭蔵板〔目録DB〕               (十九巻十九冊、安政四-七刊)    『狂歌やまと人物』  七冊 歌川広重画 天明老人編〔目録DB〕     〈〔狂歌書目〕は安政二年刊とする〉    ☆ 安政五年(1858)    ◯「絵本年表」(〔漆山年表〕は『日本木版挿絵本年代順目録』〔目録DB〕は「日本古典籍総合目録」)   ◇絵本(安政五年刊)    歌川広重画    『山海見立相撲』一帖 歌川広重画 山田屋板〔目録DB〕    『富士三十六景』一帖 歌川広重画〔目録DB〕    『浅草名所一覧』初編 一勇斎国芳 一梅斎芳晴 芳綱画 広重 素真 笠亭仙果画               菁々其一 十一才てい女 窻鵞 風翔写 千春 遅日庵不老撰〔漆山年表〕    『狂歌四季遊』 四冊 広重画 天明老人撰 尽語楼蔵板〔漆山年表〕               夏の部 二代広重 秋の部 国芳画なり    『養生手引草』 二冊 一立斎広重画 山東庵京山 山田屋庄次郎〔漆山年表〕    ◯「合巻年表」(〔目録DB〕は「日本古典籍総合目録」〔東大〕は『【東京大学/所蔵】草雙紙目録』)   ◇合巻(安政五年刊)※角書は省略    歌川広重画    『西行法師一代記』一巻 立斎広重画 柳亭種彦作 松林堂板〔目録DB〕     (袋の画工担当)    『娘庭訓金鶏』二編 一寿斎国貞画 表紙 豊国 袋 立斎 山東庵京山作〔東大〕    ◯「読本年表」(〔切附本〕は「切附本書目年表稿」)   ◇読本(安政五年刊)※角書は省略    歌川広重画『新撰西行物語』立齋広重画 柳亭種彦作〔切附本〕〈刊記はないが、午八月の改印あり〉      ☆ 安政五年(1858)    ◯「絵入狂歌本年表」(〔狂歌書目〕は『狂歌書目集成』〔目録DB〕は「日本古典籍総合目録」)   ◇狂歌(安政五年刊)    歌川広重画    『狂歌文茂智登理』一冊 一立斎広重画 天明老人編 尽語楼版〔目録DB〕     〈〔狂歌書目〕の書名は『百千鳥百人一首』〉    『狂歌四季遊』四冊 歌川広重画 天明老人等編 小槌側版〔狂歌書目〕    ◯「出放題集三幅対(でたらめよせてみつぐみ)」(番付・安政五年刊『日本庶民文化史集成』第八巻所収)   〝画工 ぱつとハ    立斎広重 〈初代広重〉    結城 せぬが     あゐみぢん〈藍(アイ)微塵(ミジン)の結城紬〉    俳優 いひふんのない 坂東彦三郎〈五世彦三郎〉    〈初代の広重は、この年の九月、猛威を振るったコロリ(コレラ)で死亡する。この番付はそれ以前のものである。井     上和雄の『浮世絵師伝』に、嘉永三年頃、広重は一立斎の号を講談師文庫(ママ)と云へる者に与えて、以降、立斎と     号したとあるが、上掲「講談」の「一立斎文車」がその当人なのだろう。それにしても「ぱつとハせぬが」といい、     坂東彦三郎との組み合わせといい、下掲の「年はよつてもまだ/\」の評と、七世市川団十郎との組み合わせで     ある三代目豊国に比べると、当時の人々の広重評価は現代とは大分違っている〉     〝白猿 年はよつても 市川寿海老〈七世団十郎(五世海老蔵・俳号白猿)、この年67歳、翌安政六年没〉    狂歌 まだ/\   天明老人 〈広重画『狂歌江戸名所図会』の編者。この年78歳〉    画工 しやんとこい 豊国老人〈三世豊国はこの年73歳〉     〈三人ともみな高齢だが、まだまだ矍鑠として、存在感を示していたとの評である〉    ◯「三幅対衢占語葉(さんぷくつゐつじうらことば)」(番付・安政五年夏刊『日本庶民文化史集成』第八巻所収)   〝風景      立斎広重    風流 いきだよ 宇治柴文 〈一中節の三味線方の名跡という。この年、安政5年の2月に亡くなった〉    風雅      守村抱義〟〈江戸蔵前の札差。俳諧・詩文・絵などの趣味に生きた〉    ◯『増訂武江年表』2p168~9(斎藤月岑著・嘉永元年脱稿・同三年刊)   (「安政五年」記事)   〝此の頃有名の人にして此の病(編者注、コロリ)に罹り物故せるは(中略)浮世絵師一立斎広重〟   〝九月六日、浮世絵師一立斎広重死す(六十二歳、安藤氏、称徳兵衛、歌川豊広の門人なり。普通の世態    画に同じからず。善く名所山水を画き、又動物の写真によし。江戸并びに国々の名所を画きて行はれし    人なり。又草画もよろし)〟    ◯「立斎広重死絵」三代目歌川豊国画   〝立斎広重子は歌川家の元祖豊春の孫弟子にして、豊広の高弟なりけり。今の世の豊国国芳ともに浮世絵    にて此三人にかたをならぶる者なし。常に山水のけしきを好み、また安政三辰の年より江戸百景をかゝ    れ、目の前に其けしきを見る如く、猶又狂歌江都名所図会を選み、此図を頼みしより、其月/\にあら    はす出板摺本の図取見る人、筆のはたらきを感吟せり。然る所この菊月の六日、家の跡しき納り方迄書    残し、辞世までよみおかれ、行年六十二を此世の別れ、死出の山路へ旅たゝれ、鶴の林にこもられしこ    そなごりをしけれ     東路へ筆をのこして旅のそら西のみ国の名ところを見む  広重     書 天明老人露けき袖をかゝげて筆をとる      (肖像あり)     思ひきや落涙ながら 豊国画(印)〟
    立斎広重死絵 豊国(三代)画(山口県立萩美術館・浦上記念館 作品検索システム)    ◯「【十方世界三仏乗主/菩提手向三服追善】冥途旅蓮台道連(よみぢのたびのみちづれ)」    (番付・安政五年九月刊『日本庶民文化史集成』第八巻所収)     (安政の疫病(コレラ)で亡くなった著名人を追悼する摺物)   〝悼広重(紀おろか詠)     極楽の景色を頓に画くらん影薄墨ときえし後まで〟     〈これからは極楽の景色を画くのだろうと思いやった〉     〝狂句 かへすがへすも 柳下亭種員 〈戯作の他に雑俳でも知られた存在か。享年52歳〉    景画 おなごり    一立斎広重 〈享年62歳〉    狂歌 おしい     燕栗園千寿〟〈書肆文会堂・山田佐助。享年55五歳〉     (参考 安政五年のコレラで亡くなった著名人を追悼する錦絵)
    「蓮台高名大一座」画工・版元不明(日本芸術振興会「文化デジタルライブラリー」)    ◯『【江戸時代】落書集聚』中p359(鈴木棠三、岡田哲校訂・東京堂出版・昭和五九年刊)   「【十方世界三仏乗主/菩提手向三服追善】冥途旅蓮台道連(ヨミヂノタビノミチヅレ)」     〈安政五年七月中旬より流行した疫病コロリにて死亡した各界著名人の追悼文〉   〝景画【かへす/\もおなごりおしい】一立斎広重      悼広重    極楽の景色や頓に画くらん      影うす墨ときえし後まで〟    ☆ 安政年間(1854~1859)    ◯「絵本年表」(〔漆山年表〕は『日本木版挿絵本年代順目録』)   ◇絵本(安政年間刊)    歌川広重画『鎌倉名所記』一冊 応需広重筆 常陸屋伊三郎板〔漆山年表〕     ◯「日本古典籍総合目録」(国文学研究資料館)   ◇地誌(安政年間刊)    歌川広重画    『鎌倉名所記』一冊 歌川広重画 常陸屋伊三郎板〔目録DB〕     ◯「艶本年表」(〔目録DB〕は「日本古典籍総合目録」)   ◇艶本(安政年間刊)    歌川広重画『枕拍子』三冊 歌川広重画? 安政頃刊〔目録DB〕(注記「日本艶本目録(未定稿)による」)    ☆ 刊年未詳    ◯「日本古典籍総合目録」(国文学研究資料館)   ◇絵本・絵画(刊年未詳)    歌川広重画    『観世音霊験記』一帖 歌川豊国・歌川広重画〔目録DB〕    『忠臣蔵』   一冊 安藤広重画〔目録DB〕    ◯「切附本書目年表」(高木元著『江戸読本の研究』所収・ぺりかん社・1995年刊)   ◇読本(刊年未詳)    歌川広重画『幸岡政美録』口絵廣重画・外題国郷画 柳条亭種長作〔切附本〕    ◯「絵入狂歌本年表」(〔目録DB〕は「日本古典籍総合目録」)   ◇狂歌(刊年未詳)    歌川広重画    『狂歌色紙小倉形』一冊 署名「蹄斎」「立斎」六樹園・淮南堂編〔目録DB画像〕    『狂歌画像太平記』一冊 歌川広重画  淮南堂編  〔目録DB〕    『俳諧歌花鳥集』 一冊 一立斎広重画 篶垣翁・結城亭雛機〔目録DB〕    『俳諧歌月波集』 一冊 一立斎広重画 生花斎照道撰〔目録DB〕    『四季恋雑混雑』 一冊 歌川広重・北馬画〔目録DB〕    『樹梯再興集』  一冊 歌川広重画〔狂歌書目〕    『英名輸贏集』  一冊 一立斎広重画 桧園梅明撰 〔目録DB〕    『狂歌十体集』  一巻 広重画    桧集園明居編〔目録DB〕    『文台雅調』   一冊 一立斎画 竜廼門梅明等撰 〔目録DB〕     ◯『俗曲挿絵本目録』(漆山又四郎(天童)著)    歌川広重画    『七字の花在姿絵』(長唄) 歌重画 丸屋板〔文化03/02/08〕    『手ならひ子』  (音曲雑)歌重画 丸屋板〔文化03/02/08〕原板 沢村屋利兵衛     〈〔~〕は立命館大学アート・リサーチセンター「歌舞伎・浄瑠璃興行年表」の上演データ〉  ◯「今昔雑記」島田筑波著(『島田筑波集』下 日本書誌学大系49・2)   (「長唄の正本と浮世絵師」)   〝歌川広重 対面花春駒 沢村屋〟      ◯「艶本年表」(〔目録DB〕は「日本古典籍総合目録」)   ◇艶本(刊年未詳)    歌川広重画    『春の世和』三冊 広重画 玉門舎具二留 夜毎庵好重作〔目録DB〕                (注記「はるの夜半の改題本、日本艶本目録(未定稿)による」)    『五ツ雁金』三冊 安藤広重画〔目録DB〕(注記「広重」による」)  ☆ 没後資料    ☆ 安政六年(1859)    ◯「絵本年表」(〔漆山年表〕は『日本木版挿絵本年代順目録』)   ◇絵本(安政六年刊)    歌川広重画『富士見百図』初編 広重筆 柳々仙果序〔漆山年表〕    (広重自序)   〝葛飾の卍翁、先に富嶽百景と題して一本を顕す。こは翁が例の筆才にて、草木鳥獣器財のたぐひ或は人    物都鄙の風俗、筆力を尽し絵組のおもしろきを専らとし、不二は其(の)あしらひにいたるも多し。此図    は夫と異にして、予がまのあたりに眺望せしを、其侭にうつし置たる艸稿を清書せしのみ。小冊紙中も    せはければ極密には写しかたく、略せし処も亦多けれど、図取は全く写真の風景にて、遠足障なき人た    ち一時の興に備ふるのみ。筆の拙なきはゆるし給へ              立斎誌〟    (メトロポリタン美術館所蔵本・ARC古典籍ポータルデータベース画像より)     序 「己未新春 あさ草の 柳々仙果」(笠亭仙果、安政六年正月の序あり)     改印「改」「巳十一」(安政四年十一月)    〈広重が採り上げた冨士の景勝地は以下の通り〉     武蔵  「本牧」「神奈川海上芒村横浜」「小金井堤」     東海道 「大森縄手」「南護之松原左り不二」(南湖・茅ヶ崎)「箱根湖水」     木曽街道「塩尻峠」     信州  「諏訪湖」     東都  「隅田堤夕景」     駿州  「美保之松原」(清水)「駿河不二の沼」(沼津)     甲斐  「犬目峠」(上野原)「大月の原」     相州  「三浦秋屋の里」(秋谷海岸)     下総  「藤塚桃園」「堀江猫実」(浦安)     上総  「鹿楚山鳥居崎」(富津 鹿野山)「天神山海岸」(富津)「木更津」     安房  「保田海岸」    〈自序に「予がまのあたりに眺望せし」とあるから、広重がこれらの景勝地を訪れたのは確かなのであろう。ところで     明治22(1889)年、「初代一立斎広重」の作画として『富岳真景』(初-二編)なるものが世に出る。それに際して、版     元の大倉孫兵衛はこの『富士見百図』をそっくりそのまま組み入れて初編とし、さらに次のような土地を加えて二編     とした。伊豆・清見潟・藤沢・江ノ島・七里浜・戸塚・保土ヶ谷・小田原(酒匂川)・薩埵峠(由比)・富士川・草加・     下総小金原・国府台・黒戸(畔戸)の浦(木更津)で、すべて初編の範囲内に収まる。江戸から一番遠いところを見てい     くと、甲州・木曾街道方面では信濃の塩尻、東海道方面では駿河の美保の松原、房総方面では安房の保田、三浦半島     方面では相模の秋谷。そして奥州街道沿いではごく近場で千住のさきの草加までである。広重の作画における行動範     囲がここに現れていると思うのだがどうであろうか〉    ☆ 文久元年(万延二年・1861)    ◯「絵本年表」(〔漆山年表〕は『日本木版挿絵本年代順目録』)   ◇絵本(文久元年刊)    歌川広重(一世)画『絵本江戸土産』八編 広重画 松亭迂叟序 菊舎幸三六〔漆山年表〕    ☆ 元治元年(文久四年・1864)    ◯「絵本年表」(〔漆山年表〕は『日本木版挿絵本年代順目録』)   ◇絵本(文久四年刊)    歌川広重画    『絵本江戸土産』九編 広重筆 柳廼門主人春水記〔漆山年表〕            十編 前広重立祥筆 広重筆 菊屋幸三郎〔漆山年表〕    ☆ 明治元年(慶応四年・1868)
 ◯『新増補浮世絵類考』〔大成Ⅱ〕(竜田舎秋錦編・慶応四年成立)   ◇「歌川氏系譜」の項 ⑪189
    「歌川豊春系譜」      (歌川豊広門人)
  ◇「一立斎広重」の項 ⑪223   〝一立斎広重    八代洲河岸定御火消屋敷同心也。俗称安藤徳太郎、後十右衛門、又、徳兵衛と改む。同藩与力岡島林斎 〔割註 又素岡と称す武右衛門〕に狩野家の画風を学び、又豊広の門に入りて浮世絵を画く。居住大鋸 町弘化三年常盤町へ移り、又嘉永二酉年夏の頃、中橋狩野新道へ移住す。東海道五十三次、都名所、又 安政三辰年より江戸名所百景一枚摺続絵〔割註 下谷魚栄板小田屋栄吉といふ〕夥しく板行し、天保以 来世に行れたり。後薙髪す。安政五午年九月六日歿す。六十六歳。浅草新寺町東岳寺に葬す。辞世     東路へ筆を残して旅の空西のみくにの名どころを見む〟  ☆ 明治十一年(1878) ◯『百戯述略』〔新燕石〕④226(斎藤月岑著・明治十一年(1878)成立)   〝豊春の門人豊広が弟子に、一立斎広重【近藤十兵衛】是は、山水、名処、一枚絵に画出し、世に被行申 候〟  ☆ 明治二十一年(1888)  ◯ 日本美術協会美術展覧会〔4月10日~5月31日 上野公園列品館〕   『明治廿一年美術展覧会出品目録』1-5号 松井忠兵衛・志村政則編 明治21年4~6月刊    (国立国会図書館デジタルコレクション)   「古製品 第一~四号」   〝歌川広重 江ノ島図 一幅(出品者)若井兼三郎〟  ☆ 明治二十二年(1889)    ◯「国立国会図書館デジタルコレクション」(明治二十二年刊)    一立斎広重画『富岳真景』初-二編 一立斎広重 大倉孫兵衛(12月)    〈初編は初代広重の自序を有する安政6年刊の『富士見百図』と同じ。二編の版下絵がすべて初代広重のものかどうかは不明〉  ◯『近古浮世絵師小伝便覧』(谷口正太郎著・明治二十二年(1889)刊)   〝天保 歌川広重    一立斎と号す、歌川豊広に業を受け、其名遂に師の右に出る。殊更景色真図を写すに妙を得て、世に称    誉せらる。二代広重有り〟  ☆ 明治二十三年(1890)  ◯「【新撰古今】書画家競」奈良嘉十郎編 天真堂 江川仙太郎 明治23年6月刊    (『美術番付集成』瀬木慎一著・異文出版・平成12年刊))   〝浮世派諸大家     安 政 一立斎広重〟 浮世絵師 歴代大家番付    ☆ 明治二十五年(1892)  ◯『日本美術画家人名詳伝』上p20(樋口文山編・赤志忠雅堂・明治二十五年(1892)刊)   〝一立斎広重    江戸ノ人、通称安藤徳太良、後十右衛門、又徳兵衛ト改ム、狩野風ノ画風ヲ学ビ、岡島林斎ニ習フ、又    豊広ノ門ニ入リテ浮世絵ヲ画ク、東海道名処、江戸名処等ノ一枚画ヲ多ク板行シテ、天保以来大キニ行    ナハレリ、安政五年九月六日ニ歿ス、年六十六〟  ☆ 明治二十六年(1893)  ◯『古代浮世絵買入必携』(酒井松之助編・明治二十六年(1893)刊)   ◇「歌川広重」の項 p11   〝【初代】歌川広重    本名 徳太郎   号 一立斎   師匠の名 豊広    年代 凡四十年前より七十年前    女絵髪の結ひ方 第十二図・第十三図 (国立国会図書館 近代デジタルライブラリー)    絵の種類 並判、中判、小判、細絵、二枚つぎ、絵本、肉筆等    備考   広重は景色及花鳥に妙を得、女絵は甚だ拙なく、故に女絵は二代豊国、国貞等の価に同じ〟     ◇「図柄」p21   〝花鳥及び景色は凡て美人其の他の風俗画に比して凡(オヨ)そ半額くらい廉価なり。又広重、国芳、英泉、    及び国貞の如きは風景、花鳥の方却って高価なり〟  ◯『浮世絵師便覧』p238(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)   〝歌川豊広門人、一立斎と号す、安藤氏、幼名徳太郎、後に十右衛門、又徳兵衛、山水錦画に妙なり、東    海道五十三次を画きて、其名著はる、安政五年死、六十六〟  ☆ 明治二十七年(1894)  ◯『名人忌辰録』上巻p2(関根只誠著・明治二十七年(1894)刊)   〝一立斎広重 立斎    通称安藤徳兵衛。幕府の小吏なり。歌川豊広の門人にして浮世絵を能くす。安政五午年九月六日歿す、    歳六十二。浅草松山町東岳寺に葬る〟    ◯『浮世絵師歌川列伝』(飯島虚心著・明治二十七年、新聞「小日本」に寄稿)   ◇「歌川豊広伝」p123   〝無名氏曰く、古えの浮世絵を善くするものは、土佐、狩野、雪舟の諸流を本としてこれを画く。岩佐又    兵衛の土佐における、長谷川等伯の雪舟における、英一蝶の狩野における、みな其の本あらざるなし。    中古にいたりても、鳥山石燕のごとき、堤等琳のごとき、泉守一、鳥居清長のごとき、喜多川歌麿、葛    飾北斎のごとき、亦みな其の本とするところありて、画き出だせるなり。故に其の画くところは、当時    の風俗にして、もとより俗気あるに似たりといえども、其の骨法筆意の所にいたりては、依然たる土佐    なり、雪舟なり、狩野なり。俗にして俗に入らず、雅にして雅に失せず。艶麗の中卓然として、おのず    から力あり。これ即ち浮世絵の妙所にして、具眼者のふかく賞誉するところなり。惟歌川家にいたりて    は、其の本をすててかえりみざるもののとごし。元祖豊春、鳥山石燕に就き学ぶといえども、末だ嘗て    土佐狩野の門に出入せしを聞かざるなり。一世豊国の盛なるに及びては、みずから純然独立の浮世絵師    と称し、殆ど土佐狩野を排斥するの勢いあり。これよりして後の浮世絵を画くもの、また皆本をすてて    末に走り、骨法筆意を旨とせず、模様彩色の末に汲々たり。故に其の画くところの人物は、喜怒哀楽の    情なく、甚だしきは尊卑老幼の別なきにいたり、人をしてかの模様画師匠が画く所と、一般の感を生ぜ    しむ。これ豈浮世絵の本色ならんや。歌川の門流おなじといえども、よく其の本を知りて末に走らざる    ものは、蓋し豊広、広重、国芳の三人あるのみ。豊広は豊春にまなぶといえども、つねに狩野家の門を    うかがい、英氏のあとをしたい、終に草筆の墨画を刊行し、其の本色を顕わしたり。惜しむべし其の画    世に行われずして止む。もし豊広の画をして、豊国のごとくさかんに世に行われしめば、浮世絵の衰う    ること、蓋(ケダシ)今日のごとく甚しきに至らざるべし。噫〟    〈この無名氏の浮世絵観は明快である。浮世絵の妙所は「俗にして俗に入らず、雅にして雅に失せず」にあり、そして     それを保証するのが土佐・狩野等の伝統的「本画」の世界。かくして「当時の風俗」の「真を写す」浮世絵が、その     題材故に陥りがちな「俗」にも堕ちず、また「雅」を有してなお偏することがないのは、「本画」に就いて身につけ     た「骨法筆意」があるからだとするのである。無名氏によれば、岩佐又兵衛、長谷川等伯、一蝶、石燕、堤等琳、泉     守一、清長、歌麿、北斎、そして歌川派では豊広、広重、国芳が、この妙所に達しているという〉     ◇「歌川広重伝」p153
    「歌川広重伝」     ◇「歌川国芳伝」p208     〝無名氏曰く、画は真を写すを要とすといえども、筆意を添えざれば、唯これ真を写すのみにて画に非ざ    る也。画は筆意を要すといえ共、真を写さざれば、唯これ筆意を示すのみにして、画に非ざる也。写真    と筆意と二つながら、其宜敷を得て始めて、画と称すべし。一立斎広重、嘗て絵事手引草を著し、其序    文に謂て曰く、画は物の形を本とす。故に写真をなして、筆意を加うる時は即画也。と至れる哉言や〟     ◇「歌川国芳伝」p209   〝歌川家の画法における、元祖豊春以来西洋の画法により、写真を主とし刻出し、寸法を専とせしが、其    弊終(ツイ)に筆意を顧ざるに至り、かの人物の骨相、衣服の模様、及び彩色の配合等の如きは、頗る精巧    の域に至るといえ共、筆軟弱にして生気甚乏しき所あるが如し。嘗歌川家画く所の板下画を見るに、屡    (シバシバ)削り屡補いて恰(アタカモ)笊底の反古の如し。筆意のある所を知らざる也。又嘗人物を絹本に画く    を見るに、屡塗抹して屡これを補理す。恰かの油画を画きし者の屡塗て屡改め画くと一般にして、常に    筆意を顧ざるものの如し。是豈(アニ)絵画の本色ならんや。〈中略〉唯豊広、広重、国芳、三人は超然、    歌川の門牆をこえて、普く諸流を伺い、専ら筆尖の運動に、注目せるものの如し〟  ☆ 明治三十年(1897)  ◯「浮世絵師追考(二)」如来記(『読売新聞』明治30年(1897)2月1日記事)    (玉蘭斎貞秀記事より)   〝国貞の二世豊国を改めしや、国芳は之をいやしみて、再び之と交はらず、是時より更らに歌川を名のら    ずして、単に一勇斎国芳と号して、盛に其筆を揮へり。其頃国貞豊国の世評宜しからざりしは、彼の    「歌川をうたがはしくも名のりえて 二世の豊国にせ(偽)の豊国」といふ狂句にても知らるべく、尚誰    人の口すさみにか       応(すゞろ)なく葭に竿さすわたし守    とあり。葭とは国芳、わたし守とは豊国の事をいひしなるべし。其後一立斎広重の仲裁にて両人和睦し、    其記念にとて画きしは広重・国芳・豊国三名合筆の彼の有名なる東海道五十三次の画なり。渡辺華(ママ)    山は一度国芳の門に入りて学ぶ所あり、三遊亭円朝亦幼少の時国芳に就て浮世絵を稽古せしといふ事を    耳にせり、如何〟  ☆ 明治三十一年(1898)  ◯ 明治美術会展(創立十年記念・明治三十一年三月開催・於上野公園旧博覧会跡五号館)   (『明治期美術展覧会出品目録』所収)   〝一立斎広重 雪景 墨画〟  ☆ 明治三十二年(1899)    ◯『浮世画人伝』p99(関根黙庵著・明治三十二年(1899)刊)   〝 一立斎広重(ルビいちりふさいひろしげ)    一立斎広重、俗称は安藤徳太郎、後に十兵衛、また徳兵衛と改む、幕府の小吏なりき。初め大鋸町に住    居し、後に常盤町に転ぜり。広重は初代豊国の門に、入らんとせしかど、門生満員をもて謝絶せられ、    更に豊広が門に入りて、技芸熟し大に画格を変案して、遂に広重流を創意し、名所の真景を描くに妙を    得たりき。増補浮世絵類考に、広重は同僚の士、岡島林斎に就きて、狩野家の絵画を、学ぶとあるは非    なり。    さて広重が物せしうち、最も佳作の聞えあるは、東海道五十三次、諸国百景、江戸百景等の錦絵是れな    り。又草筆の画譜類数部を板行す。皆世に行はれたり。広重剃髪せしは、天保年中なりき。安政五年九    月六日、時疫(ジエキ)に罹(カカ)りて歿す、時に六十二歳、浅草松山東岳寺に葬る、法名顕功院徳翁立斎    居士、明治十五年四月、門人等相謀りて、碑を墨江須崎村秋葉神社境内に建立す。三世広重其背面を草    筆に写し上に、      東路(アヅマヂ)に筆をのこして旅の空にしのみくにの名所を見む    こは広重が辞世の句なり、あるは云ふ、後人の作ならんと〟    ☆ 明治三十五年(1902)  ◯『病牀六尺』(正岡子規著・底本岩波文庫本)   ◇「十九」明治三十五年(1902)五月三十一日   〝立斎広重は浮世画家中の大家である。其の景色画は誰も外の者の知らぬ処をつかまへて居る。殊に名所    の景色を画くには第一に其実際の感じが現はれ、第二に其景色が多少面白く美術的の画になつて居らね    ばならぬ。広重は慥にこの二箇條に目をつけて且つ成功して居る。この点に於て已に彼が凡画家でない    ことを証して居るが、尚其外に彼は遠近法を心得て居た。即ち近いものは大きく見えて、遠いものは小    さく見えるといふことを知つて居た。これは誰でも知つて居るやうなことであるが、実際に画の上に現    はしたことが広重の如く極端なるものは外にない。例へば浅草観音の門にある大提灯を非常に大きくか    いて、本堂の向ふの方に小さくかいてある。目の前にある熊手の行列は非常に大きくかいてあつて、大    鷲神社は遙かの向ふに小さくかいてある。鎧の渡しの渡し船は非常に大きくかいてあつて、向ふの方に    蔵が小さくかいてある。といふやうな著しい遠近大小の現しかたは、日本画には殆どなかつたことであ    る。広重は或は西洋画を見て発明したのでもあらうか。兎に角彼は慥に尊ぶべき画才を持ちながら、全    く浮世絵を脱してしまふことが出来なかったのは甚だ遺憾である。浮世絵を脱しないといふことは其筆    に俗気の存して居るのをいふのである〟    〈子規が見ているものは『名所江戸百景』のうちの「浅草金竜山」「浅草田圃酉の町詣」「鎧の渡し小網町」である。     子規は広重の画才を称えながら、その俗気を遺憾とする。しかし世俗に題材をとるところに浮世絵の本領がある。江     戸はもともと人為的に造られた都市である。それが年月を経るに従っていつの間にか、もとからそうであるかのよう     に自然化した。『名所江戸百景』はいわばその第二の自然とでも呼ぶべき市井に漂う詩趣をスケッチしたのである〉     ◇「二十」明治三十五年(1902)六月一日   〝広重の草筆画譜をいふものを見るに蕙斎略画式の斬新なのには及ばないが、併し一体によく出来て居る。    今其草筆画譜の二編といふのを見付出して初めてから見て行くと多少感ずる所があるので必しも画の評    といふ訳ではないが一つ二つ挙げて見よう。(中略)    (女郎花の画き方について)これは極めて珍しい画き方と思ふが果して広重の発明であろうか。或ひは    光琳などでも画いて居る事があらうか、或ひは西洋画からでも来て居るのであらうか。    同じ本に大月原と題する画がある、これは前に突兀たる山脈が長く横はつて其上に大きな富士が白く出    て居る所である。富士の画などは兎角陳腐になり又嘘らしくなるものであるが、此画の如く別に珍しい    配合も無くして却て富士の大きな感じが善く現はれて居るのは少ない。(以下略)〟    〈『草筆画譜』は一立斎広重画・嘉永元~四年(1848~51)刊。『蕙斎略画式』は鍬形蕙斎画・寛政中期刊〉      ◇「二十二」明治三十五年(1902)六月三日   〝大阪の露石から文鳳の帝都雅景一覧を贈つて呉れた。これは京の名所を一々に写生したもので、其画に    雅致のあることはいふ迄もなく、其画が其名所の感じをよく現はして居ることは自分の嘗て見て居る処    の実景に比較して見てわかつて居る。他の処も必ず嘘ではあるまいと思ふ。応挙の画いた嵐山の図は全    くの写生であるが、其外多くの山水は応挙と雖も、写生に重きを置かなかつたのである。其外四條派の    画には清水の桜、栂の尾の紅葉などいふ真景を写したのが無いでは無いやうであるが、併しそれは一小    部分に止つてしまつて、全体からいふと景色画は写生でないのが多い。然るに文鳳が一々に写生した処    は日本では極めて珍しいことといふてよからう。其後広重が浮世絵派から出て前にもいふたやうに景色    画を画いたといふのは感ずべき至りで文鳳と併せて景色画の二代家とも言つてよからう。たゞ其筆つき    に至つては、広重には俗は処があつて文鳳の雅致が多いのには比べものにならん。併し文鳳の方に京都    の名所に限られて居るだけに其画景が小さいから、今少し宏大な景色を画かせたら其景色の写し工合が    広重に比して果してうまくいくであらうかどうであらうか。文鳳の琵琶湖一覧といふ書があるならば、    それには大景もあるかも知れんが、まだ見たことがないからわからん〟    〈露石とは俳人水落露石。『帝都雅景一覧』は前編(竜川清勲編・文化六年(1809)刊)後編(頼山陽編・文化十三年     (1816)刊)〉    ◇「三十五」明治三十五年(1902)六月十六日   〝広重の東海道続絵といふのを見た所が其中に何処にも一羽の鳥が画いていない。それから同人の五十三    駅の一枚画を見た所が原駅の所に鶴が二羽田に下りて居り袋井駅の所の道ばたの制札の上に雀が一羽と    まつて居つた〟    〈「東海道続絵」とは『東海道五十三次続絵』。「五十三駅」とは一番著名な保永堂版『東海道五十三』。病床六尺に     臥す子規には、こういった発見もまた視覚上の快楽の一つであったに違いない〉    ☆ 明治三十八年(1805)    △『絵本江戸風俗往来』p132(菊池貴一郎著・明治三十八年(1805)刊)   (「六月」)   〝軒の燈籠    この晦日より江戸市中至る所、提燈或いは切子燈籠を毎戸毎夕ともすは、亡き魂の供養の燈火とかや。    提燈は長形・丸形・上ひらきて下細りたる形の三種なり。皆大中小ありて無紋なるあり、紅画・藍画に    て山水・花鳥・人物のかた美しく、切子燈籠は絶えて品よく、細工の技倆勝れたるより、費もまた多し。    無紋の長形大提燈へ題目または名号、或いは先祖代々など書きつけるあり。何れも皆今日より八月七日    頃迄は夜毎ともすものとしける。燈籠は細工物を出し、または画を出す。画は当時の浮世画工豊国・国    芳・広重の三画工競うて技倆を表し、新案妙図を工夫せるより、見物の人士夜毎に群集す。細工物に引    き替えるや、この細工人もまた画に劣らじとて工夫をこらして、見物の目を驚かする、山水・人物の作    りよく出来たり〟    〈この豊国は三代目、すなわち国貞であろう〉  ☆ 大正以降(1912~)    ◯『梵雲庵雑話』p417「富士」(淡島寒月著・大正八(1919)年八月『新興美術』第三巻第八号)   〝昔から、この不二の山ほど、世人にもてはやされた山も少ない。それだけ、富士を好んだ人も多いので    あるが、中んずく、富士党で有名なのは、さきにもいった、西行法師、不二行者とさえ云われた大雅、    百富士に有名な北斎、東海道五十三次で有名な広重なぞは、その尤(ユウ)なるものであろう〟    ◯『狂歌人名辞書』(狩野快庵編・昭和三年(1828)刊)   ◇「歌重」の項 p27   〝東海堂歌重、通称安藤徳兵衛(ママ)、東都浮世絵の名手、初代歌川広重、狂歌を天明老人に学ぶ、歌重と    号す、安政五年九月六日歿す、年六十二、浅草新寺町東岳寺に葬る〟     ◇「広重」の項 p188    〝歌川広重(初代)、一立斎と号す、通称安藤徳兵衛、東都浮世絵の大家、狂歌の号を東海堂歌重といふ、    安政五年九月六日歿す、年六十二(歌重を看よ)〟    ◯「日本小説作家人名辞書」p710(山崎麓編『日本小説書目年表』所収、昭和四年(1929)刊)   〝歌川広重    一世歌川広重、通称は安藤徳兵衛、一立斎と号し、狂名を東海道歌重と称した。幕府の小吏、歌川豊広    門下の浮世画家、特に風景画に長じた。狂歌は天明老人下手内匠に学んだ。安政五年(1858)九月六日    歿、年六十二、浅草新寺町東岳寺に葬る。「白井権八」(文政七年(1824)刊)、「義経千本桜」(文    政八年刊)の作者〟    〈「日本古典籍総合目録」の『白井権八』『義経千本桜』は共に『日本小説年表』の書誌データ「歌川広重自画」に拠     って、自作自画としている。共に合巻〉    ◯『浮世絵師伝』p157(井上和雄著・昭和六年(1931)刊)   〝広重    【生】寛政九年(1797)   【歿】安政五年(1858)九月六日-六十二    【画系】豊広門人      【作画期】文化~安政    安藤氏、本姓田中(内田実氏の研究に拠れば、津軽藩の小姓頭田中徳右衛門といへる者、江戸にて弓術    師範を勤め居りし頃、其が三男徳明を安藤家へ養子に遣はしたり、これ即ち広重の父源右衛門なりと云    ふ)、幼名徳太郎、元服後、諱を元長、俗称を重右衛門といひしが、後更に徳兵衛と改む、文化六年の    春、十三歳にして母に死別し、尋で同年の冬に父を失ふ、彼が元服して家職(八代洲河岸定火消組同心)    を継ぎしは、実に其の年なりき。文化八年(十五歳)、豊国の門に入らむとして果さず、次に貸本屋某    の紹介を以て豊広を訪ね、其が門人たらむ事を懇請したるに、豊広は彼が志篤きを認めて、遂に入門を    許し、翌九年九月初めて「広重」といふ画名を彼に与へ、同時に歌川を称する事を許したりき。     彼の別号は、初め一遊斎といひ後ち一幽斎と改めしが、天保二年晩夏(内田実氏の説)以後、幽の字を    廃して一立(リウ)斎と号せり、但し印章には稍後まで旧号の「一幽斎」を用ゐたり。一立斎(印文には    一粒斎としたる例もあり)は彼の別号として最も著明なるが、嘉永三年頃、当時の講談師文庫と云へる    者に之れを与へて、爾後彼は単に立斎と号しき。其他には、狂歌号として東海堂歌重、及び戯画名に歌    重。また春画名に色重など云へり。     彼は未だ幼少の故を以て、親族の安藤鉄蔵といへる者をして一時これを代番せしめ、天保三年(三十六    歳)に至つて初めて仲次郎に家督を譲りしといふ、而して彼が旧居八代洲河岸より中橋大鋸町へ移りし    は、恐らく其の年(天保三)の事なるべし。それより弘化三年には大鋸町より常盤町に転じ、嘉永二年    夏の頃常盤町より中橋狩野新道に移り、其処を最後の住居としたりき、蓋し狩野新道も亦大鋸町なれど、    前住の家とは相異りしが如し。     彼は天性画才に長けたりしと見え、文化三年十一月、琉球人来朝の際、其の行列図を画きしもの今に伝    はれり、これ実に彼が十歳の筆なり、又、師(豊広)の教へを受くること僅かに一ケ年に満たず(自文    化八年、至同九年)して所謂免許を得しは、彼が画技の発達速かなりしを察するに足るべし。    彼の習技は浮世絵以外にも及びき、即ち狩野風を友人岡島林斎に、南宗画を大岡雲峰に、四條派流を京    都の何某に学びしなり、其の間浮世絵諸先輩等の作品より若干の長所を取り、又西洋画の遠近法を巧み    に応用し、之れに如上諸派の特長を渾和して、遂に天下独歩の風景画家たるに至りしなり。     天保三年(内田実氏の説)の秋、幕府より禁中へ八朔御馬進献の儀あるに際して、彼も亦其が随行の一    員に加はるを得しかば、往還の途上沿道の風趣を画嚢に収め、帰後尚ほ新たなる印象を辿りて得意の筆    に上せき、これ即ち保永堂版「東海道五十三次」にして、実に彼が一代の出世作たり。斯の旅行の天保    三年たるに誤り無くんば、前掲の如く、彼が其子に家督を譲りし年と同年なれば、彼が出発に先だちて、    家事に後顧の憂ひ無からんことを期せしものなるべし。    彼が自然を愛するの熱情は、よく其が作品の上に現はれたりされば、旅行の頻繁なりしは察するに余り    あり、いま記録にとゞまる所を挙ぐれば、右の八朔御馬進献以後、天保十二年四月甲斐に遊び、彼地に    て祭礼の幟、芝居の看板、其他種々の揮毫を試み、同年十一月江戸に帰る、次に天保十五(弘化元)年    三月、上総に赴き鹿野山に登り四月朔日に帰る、又、弘化二三年頃陸奥安達百目木に赴き、同地の渡辺    某方に滞在すること約一ケ月、其際、程近き羽前天童にも遊びしものなるべし、嘉永五年閏二月、再び    上総に遊び、安房に行き四月帰る、同七年幕吏に従ひ東海道の諸川を巡覧せりと云ふ。以上の外尚ほ漏    れたるもあらむが、其作品に現はれたる土地のうち、未だ実地を踏査せざりし所も甚だ少からざるべし。     彼の肉筆画中、俗に「天童藩もの」と称する若干の作品あり、これ即ち羽前天童藩主(織田兵部少輔)    より配下の者等に藩の用金を命じ、其の金額に応じて報酬に与へしものにして、彼は同藩より揮毫を依    頼されしなり、蓋し嘉永年間の事と思はる。     彼が天保十二年甲斐に遊びし時の旅日記(歌川列伝所載)を見るに、行文平易、天真を流露したるさま    変々として人に迫る、中に狂歌及び俳句あり、曰く     ◯屁のやうな茶をくんで出す旅籠屋はさてもきたなき野田尻の宿     ◯夢山はゆめばかりにて聞しより見て目の覚る甲斐のうらふじ     △行あしをまたとヾめけり杜鵑     △夏旅や夢はどこやら朝峠    又、文中所々に酒宴或は独酌の事見ゆ、所謂上戸党なりしも、飲んで乱に陥るが如き弊を醸さず、極め    て楽天的態度を持せしは想像に難からず。当時既に隠居の身なりし彼は、薙髪して悠々自適、敢て貸財    を貪らず、俗中にありながらも超俗の心境を失はざりしなり。    其他、文政十一年師(豊広)の歿後、彼をして二代目豊広たらしめんと勧むる人ありしも、彼は其の器    にあらずとして之を辞し、専ら師の孫豊熊の幼年なるを輔けて、其が後見の任に当りしが如き、また曾    て、狂歌の友たる尽語楼内匠【天明老人】が火災に遭ひて呻吟せしを、自宅に迎へ暇あるごとに共に狂    歌を詠じて之れを慰めしと云ふが如き、以て彼が天性の美質を想見するに足るべし。     彼が妻は天保十年に歿し、一子仲次郎は弘化二年に夭折(二十歳前後)す、嘉永の頃彼は後妻お安を娶    りて、其が連れ子お辰を養女とせり、後に二代広重の妻となりし者即ちこれなり。    斯くて後は、晩年益々多作しつゝ、『名所江戸百景』の如き大画集に筆を染めしが、恰も其の完成を告    ぐるか告げざる頃、我国未曾有のコレラ疫大流行を來たし、彼も亦それに冒されて長逝せり、時に安政    五年九月六日、享年六十二、法名を顕功院徳翁立斎信士とし、浅草新寺町(現今北松山町)の東岳寺    (曹洞宗)に葬れり。辞世に曰く、      東路へ筆をのこして旅のそら西の御国の名ところを見む    彼の後妻お安は明治九年に歿し、養女お辰は明治十三年に死せり。画系は彼が門人によつて継がれき。    いま彼が作画の変遷に就て、大要を挙ぐれば次の如し。     第一期 美人画中心時代    自文化十一年頃(十八歳)至文政九年頃(三十歳)  十三年間     第二期 風景画準備時代    自文政十年頃(三十一歳)至天保二年頃(三十五歳) 五年間     第三期 風景及花鳥画新興時代 自天保三年頃(三十六歳)至天保七年頃(四十歳)  五年間     第四期 風景画円熟時代    自天保八年頃(四十一歳)至弘化三年頃(五十歳)  十年間     第五期 風景画余力時代    自弘化四年頃(五十一歳)至安政五年頃(六十二歳) 十二年間    右の分類によつて、其が代表的作品を左に示さむ。     第一期     ◯平惟茂と戸隠山鬼女   ◯甘輝と和藤内          ◯今様子宝遊び(大判竪)     ◯風流五ツ雁金(大判竪) ◯外と内姿八景(大判竪、四枚揃) ◯見立座敷狂言(大判、三枚続)     第二期     ◯東都名所拾景(中判竪) ◯東都名所高輪之明月(其他、大横、十枚揃)(口絵第六十四図參照)     第三期     ◯富士川上流の雪景(大判、竪二枚継)   ◯牡丹に孔雀(其他数種、大短冊)      ◯木蓮に鳥(其他数種、中短冊)      ◯月二十八景之内弓張月(大短冊、二枚)      〇四季江都名所(中短冊、四枚揃)          ◯東海道五十三次(大横、五十五枚揃)保永堂版(口絵第六十三図参照)       ◯近江八景(大横、八枚揃)  ◯京都名所(大横、十枚揃)  ◯東都名所(大横)       ◯江都勝景(大横)      ◯本朝名所(大横)      ◯江戸近郊八景(大横、八枚揃)      ◯東都八景(地紙形)     第四期     ◯木曾街道六十九次之内(大横、四十七図)外に英泉画二十三図 ◯甲陽猿橋之図(大竪二枚継)     ◯浪花名所図會(大横、十枚揃)  ◯諸国六玉河(大横、六枚揃)   ◯和漢朗詠集(大竪)       ◯新撰江戸名所          ◯江戸高名会亭尽(大横、三十枚) ◯金沢八景(大横八枚揃)     第五期     ◯東海道五十三次(間判横、五十五枚揃)(江崎屋板)          ◯同(中判横、五十六枚揃)(佐野喜板)      ◯同(大横、五十五枚揃)(丸清板)      ◯東海道張交図会(大竪、十二枚揃)(伊場仙板)  ◯同(同 十四枚揃)(泉市板)       〇六十餘州名所図会(大竪、六十九枚揃)           ◯武陽金沢八勝夜景・木曾路之山川・阿波鳴門(各大判三枚續)       ◯江戸名所(大横、数十枚)       ◯名所江戸百景(大竪、百十八枚揃)(口絵第六十五図参照)       ◯絵本江戸土産(中本、九冊)(第十編は二代広事筆)    以上の外、絵本、狂歌本、草双紙等種々あれども、煩はしければ之れを略す。(広重の参考研究資料と    しては「広重六十回忌追善記念遺作展覧会目録」または内田実氏が長年月研究調査の結果、発表せられ    し「広重」単行本を御覧ありたし)〟    ◯『浮世絵と板画の研究』樋口二葉著 日本書誌学大系35 青裳堂書店 昭和五十八年刊    ※ 初出は『日本及日本人』229号-247号(昭和六年七月~七年四月)   「第一部 浮世絵の盛衰」「五 最大隆盛期」p36   〝書画会の席などでは浮世絵師は軽蔑されたものであるが、広重は席上画に長じ頗る妙所があつたので、    文人墨客も敬意を払ひ同等の交際を結んだと云ふにも、其の人格の高かったことも知れよう。又当時浮    世絵師の中で席画を画いたは、広重と玉蘭斎貞秀のみであつたとは泉竜亭是正といふ戯作者が能く話し    てゐた〟〈泉竜亭是正は明治十年代前半の合巻作者〉  ◯『明治の東京』(鏑木清方著)   ◇「築地界隈」p83(昭和八年三月記)   〝鉄砲洲の湊稲荷、今もその社は繁昌であるが、前の社司甫喜山(ホキヤマ)氏は私の祖母の生家、江戸累代の    家筋であった。学校が近くなので私は毎日ここに寄って、御蝋(オロウ)、と呼ぶ人があると小さい蝋燭を    上げる御宮番の手伝いをしたりして遊んでいた。祖母がまだ生家にいた自分、一立斎広重が御宮を信心    で、御祭礼に燈籠をかいたという話を聞いたことがある。ところが二、三年前、稀書複製会本に、広重    の鉄砲洲稲荷燈籠の下図の綴込(トジコミ)が複製されたのを手にして、祖母の話に聞いたのがそれである    ことを知った。(中略)    維新前まで、湊稲荷は入江に沿って佃島に相対(アイタイ)していたので、今の稲荷橋の畔にあったという、    二代広重もよくかいている。境内の富士が画題に取扱われていた〟
  ◇「広重と安治」p184(昭和十八年一月)    (広重画の版本『絵本江戸土産』(嘉永三年(1850)刊)と、井上安治画の小判錦絵、東京風景百枚画帖     (明治十二、三年(1879、8)刊)を取り上げた随筆)   〝槍を立てさせ、供ぞろいをして馬上の侍が通るところを写している広重の絵と、汽車が走り、鉄道馬車    の通っているのを洋風技術で写生した井上安治とは三十年違うだけで、その時分にはあっぱれ近代風景    の実写であったろうと思われる東京新名所の絵が、今日では江戸と東京のひらきに倍する年齢を距(ヘダ)    つるに至ったのだから、明治時代が古い昔になったのに不思議はない。    広重の名所絵、何もこと『江戸土産』ばかりではないが、繁華な江戸の町を画いても、その画面にはい    つも埃が立たない、また都会の雑音が聞こえない。人の神経を焦立(イラダ)たせたり、癇癪を起させ、不    愉快になるような現象は毛筋ほども窺(ウカガ)われない。なんぼ住み善(ヨ)かった江戸だといっても、年    が年中小春日和のような気もちのいい日ばかり続いていたわけでもあるまい。うそ寒い曇り日も、夜っ    ぴで眠れないような空(カラ)っ風の吹き荒(スサ)む時節もあったに違いないのだが、広重のかいた江戸の景    色を見ていると、おまつりにも御縁日にも一向騒々しい物音はせず、サイレントの美しい映画を見てい    るようで、魚河岸の朝市でも、吉原、芝居町の賑わいでも、人は大勢右に左に歩いていて、それがいか    にも物静かで、火事と喧嘩は江戸の華だといわれた血の毛の多い群集とはどうしたって思われない。    私は勿論江戸の町の空気を直接に身に触れたわけではないけれど、井上安治の東京風景は私の生れた一、    二年の後に世に出ている。随(シタガ)ってそこに示された人里(ヒトザト)、木立(コダチ)、野なり川なり、そ    のたたずまいは私みずからの親しく触れて来た、というよりはこの風土が善から悪しかれ今日の私をつ    くりあげたのは、生きものでも、草木でもその土に適(カナ)うものその土にのみ生きる。安治の錦絵には    赤煉瓦の洋館も、鉄の橋も写されているけれど、象外(ショウガイ)に脈々として伝わるのは、広重以来の情    緒がどんな外界の変革に遇(ア)っても、ちっとも本質を変える事なくそのままに残されている。殊(コト)    によったら家康が江戸開府の時の俤(オモカゲ)さえ、何処にか姿を留めていたのかも知れない。(中略)    『江戸土産』の日本橋を見る。早朝なのだろう、橋上を往来するのは魚屋ばかりで、頭に置手拭をして、    背中にずらして小風呂敷の包を負うた男と、行商の一人がいる他は、河岸から買出しがえりの棒手振    (ボテフリ)が早足に魚の荷を担いでゆくのがうちつづく。西河岸には白い並蔵(ナミクラ)、一石橋を越して千    代田の御城が見え、中空に富士がかかっって、よくある図だが、いくら朝早くでもこの日本橋の静かな    ことよ。安治画(エガ)く日本橋夜景を見る。これは西河岸の方から見たところで、橋の上には鉄道馬車    が通り、橋の南袂(タモト)には高い洋館に燈火あかく、三菱の倉庫七棟連(ツラナ)って、その外(ハズ)れに白    々と大きい満月がさしのぼっている。油のような水面に月影は流れて、舫(モヤ)った舟は黒く、月に浮    かれてか行人の数も尠(スクナ)くはない。しかし静かな眺めである。    朝と夜との日本橋、大都会の中心を写したこの二つの景色の、広重は橋西を、安治のは橋東をそのまま    画いただけながら同じような静けさは、明治の東京そこここにいくらも接することの出来た風致であっ    た。    その後国運が進歩したのだからといえばそれまでだが、私などには広重から安治へと続いて来たむしろ    素朴な東京の、早春、梅花の薫るに似た、寂しく床(ユカ)しい都会風景、併せてその生活が懐かしい〟    〈清方の目には、井上安治の画く東京風景の中にも、広重以来の静謐な江戸情緒が絶えることなく漂い続けているよう     に見えたのである〉    ◯『こしかたの記』(鏑木清方著・原本昭和三十六年刊・底本昭和五十二年〔中公文庫〕)   「発端」p16   〝 私に草双紙の絵ときをしてくれた鍋屋のばばや祖母の姉妹たちがまだ里にいた時分には、山東京伝や、    初代の広重も、御宮(鉄砲洲稲荷)へいつも御参詣に来て居て、京伝の妹(黒鳶式部)は鍋屋のばば    と稽古朋輩だったことや、御稲荷さまの初午祭に、広重が燈籠をかいて納めたことも、祖母の話に聞い    ていたが、後年稀書複製会本にその下絵が、半紙横綴に殆ど原形のままらしいのを見出して奇遇を悦び    ながらも、若し祖母が在世でこれを見たらどんなに悦んだかと残念やるかたもなかった。     その小下画帳で見ると、画題は専ら江戸年中行事に拠る横物で、大きさは明らかではないが、弘化四    年とあくる嘉永元年の二年続いて、初午祭に掲げたことがわかる。他にやや小さく思える竪形が各三枚    ずつあって、それはどれも正月のものをかいている。     横物は、弘化の分に二十九枚、嘉永のが三十枚ある。十二ヶ月に配してあるが、正月が四つあるのに、    六月は三つ、九月は一つしかないといったふうに月配りはまちまちなので、この凡べてをかいたものか    元来控のことだから、適宜に選んで十二枚かいたものか、そのへんは不明である。併(シカ)し人物を主に    して略図の筆趣味に優れ、どれ一つを選んでも素描画い逸品として迎えられるであろう。     広重は安政五年に六十二で没しているから、弘化四年は五十一になる。私にその燈籠の話をしてくれ    た天保三年生れの祖母はちょうど十六七の娘であったわけである〟    △『絵本江戸風俗往来』p285(菊池貴一郎著・明治三十八年刊)   〔平凡社 東洋文庫版・鈴木棠三解説〕   〝〈遠藤金太郎氏の『広重絵日記』より〉「広重は定火消同心の子に生まれ二十七歳まで定火消同心でい    たのだから、火事の錦絵を描いていそうなものだが、一枚もない。当時火事の絵は発禁だから出版しな    い。よく消防展覧会に、広重落款の火事絵巻物が出ている。それを広重筆と思う人があるが、あれは四    代広重の菊池貴一郎氏の筆。四代広重は火事が好きで、その絵が得意だった」〟    ◯『明治世相百話』(山本笑月著・第一書房・昭和十一年(1936)刊   ◇「絵双六の話 道中双六」p154   〝道中双六は貞享ごろに作り出したものだちうと柳亭種彦がいっているが、宝永ごろのものを私は見た覚    えがある。    近藤清春(?)の正徳ごろのがまず古い方で、時代が降って、お馴染の北斎には「新板往来双六」とい    う優れたものがあり、広重には「東海道富士見双六」「諸国名勝双六」「東海道木曽振分道中双六」等    がある〟    △『東京掃苔録』(藤浪和子著・昭和十五年序)   「浅草区」東岳寺(北松山町五五)曹洞宗   〝安藤広重(画家)名徳太郎、一立斎と号す。歌川豊廣門人、浮世絵山水を得意とし東海道五十三次の錦    絵最も名高し。外に江戸名所百景、富士三十六景、木曾街道等あり。狂歌も巧みにて狂歌を東海道歌重。    安政五年九月六日歿。年六十二。顕功院徳翁立斎信士。指定史跡      辞世 東路へ筆を残して旅の空西の御国の名どころを見ん〟    ◯『浮世絵年表』(漆山天童著・昭和九年(1934)刊)   ◇「文化三年 丙寅」(1806)p174   〝此年、琉球人来朝、安藤広重十一歳にて其行列を写生せるありといふ〟
  ◇「文化八年 辛未」(1811)p181   〝此年、一立斎広重十五歳にして歌川豊広の門に入る〟
  ◇「文政三年 甲辰」(1820)p194   〝正月、安藤広重の処女作『音曲情糸道』出版。東里山人の作なり。広重時に二十四歳なり〟
  ◇「文政一〇年 丁亥」(1827)p203   〝正月、広重の画ける『洒落口(ヂグチ)の種本』及び合巻『宝船桂帆柱』出版。蓋し地口の種本は表紙の    画のみ広重画なり。時に広重三十一歳なり〟
  ◇「天保元年(十二月十日改元)庚寅」(1830)p208   〝此年八月、安藤広重始めて東海道を往還す〟
  ◇「天保四年 癸巳」(1833)p211   〝此年、広重相州江之島岩屋の図三枚続の錦絵を画く〟
  ◇「天保五年 甲午」(1834)p213   〝此年、一立斎広重、竹内保永堂の東海道五十三次横絵の錦絵を画く〟
  ◇「天保七年 丙申」(1836)p215   〝五月、一立斎広重の画ける『百人一首鐘聲抄』出版〟
  ◇「天保一〇年 己亥」(1839)p218   〝此年、一立斎広重の画ける相州江島弁財天開帳参詣群集図三枚続の錦絵あり。又岩屋の図、七里浜の図    等あり〟
  ◇「天保一一年 庚子」(1840)p219   〝広重の画ける『興歌六々集』出版〟
  ◇「天保一二年 辛丑」(1841)p219   〝此年四月、一立斎広重甲州に行く〟
  ◇「弘化元年(十二月十三日改元)甲辰」(1844)p223   〝三月、一立斎広重上総鹿野山に登る〟
  ◇「嘉永二年 己酉」(1849)p228   〝五月、一立斎広重の画ける『東海道名所図会』出版〟
  ◇「嘉永三年 甲戌」(1850)p228   〝正月、渓斎英泉と一立斎広重の画ける『名所発句集』出版。    七月、一立斎広重の『草筆画譜』及び『絵本江戸土産』初編より四編出版〟
  ◇「嘉永四年 辛亥」(1851)p230   〝正月、一立斎広重の『東海道風景図会』及び『略画立斎百図』初編、奇特百歌僊』『艸筆画譜』四編出       版〟
  ◇「嘉永五年 壬子」(1852)p231   〝此年、広重上総房州地方に再遊せり〟
  ◇「安政元年(十二月五日改元)甲寅」(1854)p233   〝八月、一立斎広重の画ける『扶桑蓬莱百首狂歌集』出版〟
  ◇「安政二年 乙卯」(1855)p235   〝三月、二代北斎、素真、貞秀、広重等の画に成れる『利根川図志』出版〟
  ◇「安政二年 乙卯」(1855)p235   〝三月、二代北斎、素真、貞秀、広重等の画に成れる『利根川図志』出版。    四月、一立斎広重と一猛斎芳虎の画ける『茶器財歌集』出版〟
  ◇「安政三年 丙辰」(1856)p235   〝三月、一立斎広重の『義経一代記図会』出版〟
  ◇「安政四年 丁巳」(1857)p236   〝正月、広重の画ける『狂歌もゝちどり』出版〟
  ◇「安政五年 戊午」(1858)p237   〝九月六日、一立斎広重歿す。享年六十二。(或はいふ六十一歳と)此年夏より虎列刺病流行し、広重も    此の病にて歿せりといふ。其他知名の人にて同じく虎列刺にて歿せるは山東京山、柳下亭種員、楽亭西    馬、五代目川柳、鈴木其一等なり。(広重は安藤氏、俗称徳太郎、又徳兵衛といひ。江戸八重洲河岸定    火消屋敷の同心安藤徳右衛門の子なり。十五歳にして歌川豊広の門に入り、一幽斎、一遊斎等の号あり。    文政も末一立斎と改め、又立斎とも号し『立斎百画』などもあれど多くは一立斎と号し、単に立斎と号    せるは二代広重なり。    七月、国芳、広重、芳晴、芳綱等の画ける『浅草名所一覧』出版〟
  ◇「安政六年 己未」(1856)p238   〝此年、広重の門人重宣、師家の養子となりて二代広重と名乗る。時に歳三十四〟    正月、広重の『富士見百図』出版〟    △『増訂浮世絵』p265(藤懸静也著・雄山閣・昭和二十一年(1946)刊)   〝一立斎広重    広重は安藤氏、幼名徳太郎、後に重右衛門また徳兵衛と称す。江戸八重洲河岸、定火消屋敷の同心、安    藤徳右衛門の男である。文化八年十五歳の時、歌川豊広の門に入つて、浮世絵を学び、文化九年に歌川    広重の名を与へられた。一幽斎又は一遊斎と号した。文政十二年に一遊斎を改めて、一立斎と号した。    天保四五年頃から、一立斎又は単に立斎とも称することゝなり、嘉永頃から専ら立斎となつた。東海道    歌重といふのは、その狂歌名である。    当時の浮世絵師の誰も努めたやうに、黄表紙類の挿絵を画いたり、風俗絵を画いたりしてゐたが、競争    者の多い中に立つて、嶄然頭角を現はさんとするのは容易ではなかつた。    広重の風景画    広重に取つて極めて好い機会が来た。それは天保の初めの或年の八朔に、御馬進献の使が上洛する際、    その随行の一人に加はり、東海道五十三駅を往返したことであつた。若い芸術家が燃え立つ翹望の対象    であつた自然の風光の変化を、駅路に送り迎へた折の感激は、如何であつたらう。見る所の景色悉くを、    己が画想中に収めねば止まなかつたであらう。    慧眼なる広重は、従来の浮世絵版画界で、まだあまり開拓されてゐなかつた風景画の方面に着目したの    であつた。北斎とは違つて、静的で、自然景の有りのまゝに親しみ得る性格が、自からさやうな風に赴    いたのであらうが、兎に角、此の新しい考は、広重が浮世絵界に高名を成す第一歩であつた。    其の後、幾程もなく、保永堂から横絵東海道五十二次揃物が出版された。その後に続々刊行された他種    類の五十三次の中で、最も優れてゐるのは、此の保永堂版である。自然と人事とを巧みに配合して、全    体としても統一ありて、然かも変化に富んだ傑作品である。雪、雨、霧、朝夕の空の景色など、諸の天    象をとり/\の景に配して、最も素直に取扱つてゐる。彫摺の上にも充分注意を加へ、発達し来つた当    時の技術を巧みに応用して、完全な効果を収めてゐる。    広重は爾後、幾酒類もの東海道図を作つてゐる。隷書東海道、行書東海道を始として、狂歌入、中判も    の、人物東海道、蔦屋版の竪絵などがあり、その外にも極く小判のもの等、それぞれ趣をかへて、多様    の描写を試みてゐる。併し同一の駅路を、かやうに様々変つた方面から画かうとしたのであるから、後    年に至つて成つ東海道図には、構図や取材に大変困つたらしい痕が見える。酒類の異なつたものを比較    すると、似よつた図が屡々目に着く。    広重は又江戸名所をも沢山画いた。ずつと早い頃に、俗に幽斎書きと云つてゐる東都名所十枚揃を出版    したが、これは全くの風景本位で、中に小さい点景人物さへもゐない図があるくらゐで、風景のみが極    く静かに画き出されてゐる。江戸近郊八景や、大小多種の江戸名所揃物の外に、一枚摺で江戸の名所を    幾つも画いたものがあり、異なつた種類が多数にある。最もおそく刊行された竪絵の名所江戸百景は、    あらゆる方面から、殆ど描写し尽した江戸の名所を、更に意匠を凝して画いたもので、往々無理な構図    もあり、広重には不似合なほど誇張した画面もあるが、中には気の利いた面白い図柄もあり、広重なら    ではと、思はせらるゝものもある。    東海道と江戸名所とに、その天才を発揮した筆は、諸国の名所にも及んでゐる。京都名所、木曾街道六    拾九次、近江八景、金沢八景、浪花名所の揃物や、六十余州名所図会七十枚揃がある。甲陽猿橋、富士    川雪景は竪二枚継掛物仕立になつたもので、殊に猿橋は名品として世に知られてゐる。その他晩年の金    沢の月夜 阿波の鳴門、木曽雪景などの大錦三枚続も名高い。    挿図(『増訂浮世絵』所収」)としては、京都名所之内祇園社雪中と木曽街道六拾九次内洗馬の二図を    収めた。共に有名な図で、雪景と月夜とを表はしたもので、その表現の手法は広重の独壇上のものであ    るが、この二図の如きは、特に優れてゐるものである。洗馬の月夜の感の如き、我が国の風趣を最もよ    あらはしたもので、版画にして、始めてあらはし得る境地なのである。    又風景画以外にも、諸種の題材に亘つて多くの作品を成してゐる。竪横二種の義経一代記、曽我物語な    どの揃物あり、その外にも歴史に題材を採つた作品が多い。美人画はあまり得意な方でなく、特色はな    かつたが、三枚続や一摺で、当時の歌川流の作に見るやうな、いはば、世間並の美人風俗を画いてゐる。    高名会亭尽と題して、其の頃の江戸で名高い料理店を画いたものがある。芸者や若い女など人物を出し    て、背景としての建物を可なり重んじて画いてあつて、風景と人物とを巧みに調和した作例である。そ    の外、道化絵や、諷刺画など、あらゆる題材に筆を取つてゐる。絵本、草双紙の類にも可なり作例が多    く見られる。    郷土芸術と広重    取材の範囲の広いことに於ては、広重も北斎に譲らず、殊に花鳥画には最も優れてゐて、その作例も多    いが、北斎の絵が活動性に充ちてゐるのとは正反対に、広重の作の特色とする処は、静止を主調として    ゐることである。事前を忠実に写して、素直に取扱つてゐるので、北斎に見るやうあ誇張や、不自然に    過ぐる描写は、大体に於て見受けない。土の芸術とまでいはれる広重の絵画は、郷土味の豊かなもので    あつて、風景を描くに際しても、従来の漢画や文人画系の作家に、支那的に扱はれてゐた吾が国の山水    が、彼の筆によつて、真に純日本的趣味に観察され、描写されたのである。広重の風景画は、啻に浮世    絵版画の上に、一大発展を示したばかりでなく、吾が風景画の発達上に一時期を画したものといはなけ    ればならぬ。      広重の肉筆画    版画が盛んになつて、浮世絵師が版画家になつてからは、彩筆を揮つて、紙や絹に立派に画き上げるこ    との出来るものが、至つて少くなつた。北斎は驚くべき健筆家であるが、広重も亦筆を執つては、肉筆    画に優麗淡雅な絵を作つた。版画に見るのとは、全く趣かはつたものである。    広重の肉筆画は大抵風景であるが、なほ美人画もある。また風景画中に美人を配した図もある。また花    鳥画も肉筆画に面白いものがある。墨画の孔雀の大幅、泉谷寺の杉戸四枚の極彩色の桜花図などは、特    に注目すべきものである。    なほ広重の肉筆画にも色々あつて、所謂ドロ絵式の油絵風のものもある。その内では薩埵峠は面白い。    またこれと反対に淡彩で、瀟洒な風のものでは、天童藩の為めに画いた掛物絵がある。これは天童藩織    田氏が領内の富豪に御用金を仰せつけ、その挨拶に贈つたものである。金高は一様ではないが、十両二    十両三十両とそれ/\献金して居るが、それに対幅の山水画が贈られたのである。今でも昔の箱がその    まゝに残つて居て、御用金の金高の記されて居るのがある。挿図とした東都洲崎朝景と東都高輪夜景は    その例である。絹本着色で、版画とは全く異り、肉筆画としての広重の特色を最もよく表現してゐる。    また掛行燈に可なり多くの筆を揮つて居るが、その内に面白いものが少くない。要するに、広重は筆が    達者であるから、他の浮世絵師とは違つて肉筆絵が画けたのである。    広重の死と其襲名者    広重は、安政五年九月六日、流行の悪疫に罹り、享年六十一歳で没した。浅草北松山町の禅宗東岳寺に    葬る。法号を顕功院徳翁立斎居士といふ。門人の重宣が、翁の女と婚したが、後に故ありて離縁となつ    て、同門の重政が三代を名のることゝなつた。重政没して後、暫く画系が絶えてゐたが、同好の人々相    議つて菊池貴一郎に四代広重を継がせることゝしたのである。二代広重は安藤家を去つて後、喜斎立祥    と号して、多少の作品を遺してゐるが、時恰も錦絵の衰頽甚しい折に向つたので、以後の作品に観るべ    きものが少ない〟     ◯「日本古典籍総合目録」(国文学研究資料館)   〔歌川広重画版本〕    作品数:137点(「作品数」は必ずしも「分類」や「成立年」の点数合計と一致するとは限りません)    画号他:一幽斎・一遊斎・一立斎・立斎・広重・広重一世・歌川広重・一遊斎広重・一立斎広重・        立斎広重・安藤・安藤広重・安藤広重一世・安藤徳兵衛    分 野:絵画37・狂歌36・合巻15・地誌(名所図絵等)6・絵本5・艶本5・浮世絵3・        雑俳3・人情本2・魚介2・紀行2・遊戯2・咄本1・物産図会1・和歌1・俳諧1・        赤本1・叢書1・義太夫1・百人一首1・辞書1・狂句1・便覧1・医学1・風俗1・    成立年:文政3~5・7~10年   (11点)        天保2・4~8・11・15年(14点)(天保年間合計26点)        弘化1~4年        (6点)        嘉永1~7年        (20点)(嘉永年間合計23点)        安政1~7年        (19点)(安永年間合計22点)           〈一幽斎名の版本は収録なし〉   (一遊斎名の作品)    作品数:1点    画号他:一遊斎広重    分 類:合巻1    成立年:文政10年         〈『宝船桂帆柱』合巻・十遍舎一九作・一遊斎広重画・文政十年(1827)〉   (立斎名の作品)    作品数:1点    画号他:立斎広重    分 類:絵画    成立年:天保年間         〈『浮世画譜』三編三冊・絵画・渓斎英泉(初・二編)、立斎広重(三遍)画・天保年間〉   (一立斎名の作品)    作品数:29点    画号他:一立斎広重    分 類:絵画8・狂歌6・絵本2・人情本1・俳諧1・地誌1・浄瑠璃1・狂句1・合巻1・        和歌1・雑俳1・咄本1・医学1・風俗1    成立年:天保8年    (1点)(天保年間合計5点)        弘化1~3年序 (3点)        嘉永1~4年  (9点)        安政1・3・5年(6点)
Top浮世絵師総覧浮世絵師名一覧