Top浮世絵文献資料館浮世絵師総覧
 
☆ いっけい しょうさい 昇斎 一景浮世絵師名一覧
〔生没年未詳〕
  別称(『浮世絵師伝』より) 景昇斎(けいしょうさい)  ☆ 明治四年(1871)   <十月 曲馬(フランス人スリエ)招魂社境内>  ◯「見世物興行年表」「スリエ曲馬二」(ブログ)(国立国会図書館デジタルコレクション参照)    昇斎一景画「於招魂社佛国人曲馬興行之全図」錦絵三枚続 署名「昇斎一景画」蔦屋吉蔵板  ☆ 明治五年(1872)  ◯『東京名勝三十六戯撰』錦絵 昇斎一景 万屋孫兵衛板(国立国会図書館デジタルコレクション参照)  ☆ 明治前期  ◯「【当時一品】名誉博覧会」明治前期刊(『美術番付集成』瀬木慎一著・異文出版・平成12年刊)   〝牛肉鍋の立食 おそれいります    画 昇斎一景・相川貞水・桂文蝶・竹本喜笑軒・中村荒次郎〟    〈この番付の刊年は明治七年と推定される。根拠は下掲本HP「浮世絵事典」の「浮世絵師番付」参照のこと〉     浮世絵師番付「☆明治前期」参照  ☆ 明治十七年(1884)     ◯「近代書誌・近代画像データベース」明治十七年刊(国文学研究資料館)    昇斎一景画『教訓善悪鏡』昇斎一景 蔦吉板(11月)         (補記「木版多色刷りの錦絵を折本様に綴じ合わせ、表紙を施したもの」)    ☆ 没後資料    ◯『浮世絵師人名辞書』(桑原羊次郎著・教文館・大正十二年(1923)刊)    (国立国会図書館「近代デジタルライブラリー」所収)   〝一景 昇斎と号す、錦絵あり、明治頃〟    ◯『浮世絵師伝』p5(井上和雄著・昭和六年(1931)刊)   〝一景    【生】          【歿】    【画系】         【作画期】明治    昇斎と号す、初め景昇斎と云へり。東都名所四十八景(明治四年版)の題紙所刻、山々亭有人の文に曰    く「抑この昇斎ぬしは彼応挙の画風を慕ひ、在昔京師に遊歴して、蘆雪の微細なる豊彦の寂たる呉春の    風韻ある墨跡に意をとゞめ、切磋琢磨なすに年あり。莫遮ゆゑ有て画術を廃し、久しく台麓時雨が岡に    世を避けしが、這度書房の請に任せ景色に図をなすこと四十有八」云々と、其の風景画に於ては稍三代    広重に似たる所あり、又風俗画には滑稽味を帯びたるもの甚だ多し、彼が四條派の画風を独修せしこと    は、其が作品の上にも自づから現はれたり。明治五年版『東京名勝三十六戯撰』其他明治初期の風俗画    及び風景画数多あり〟
 ◯「幕末明治の浮世絵師伝」『幕末明治の浮世絵師集成』p86(樋口弘著・昭和37年改訂増補版)     〝一景(いつけい)    昇斎、始めは景昇斎とも号す。滑稽味を帯び明治風俗画に描く。本名は不明。生年、没年も知らず。初    代広重の弟子、広景の後名ともいわれており、早くより師門の出て京都に奔り、四条派の画風を習った    らしい。その作画期は明治十年頃に止まっている〟    ◯「日本古典籍総合目録」(国文学研究資料館)    収録なし