本

Books

最初の頁 Mounting Rubbing Sale 跡書 日々好日 鴨東

Books   工芸書のページへ 矢印 

 歴史   ご注文は販売ページへ矢印  価格は本体価格、定価は消費税を加えてください。 下へスクロールしてください。

今回の推薦図書  帰化人の研究

帰化人
「帰化人の研究」全八巻は今井啓一博士(大阪樟蔭女子大学教授)(1905-1975)が昭和40年(1965)「第一集「百済王敬福」を弊舎より刊行されて、50年以上たちました。シリーズは

第一集 百済王敬福     1965.12.15発行 900円
第二集 天日槍        1966.5.10発行 900円
第三集 秦河勝        1968.6.15発行 900円
第四集 帰化人と社寺 1969.8.17 1300円       下記の一覧に詳細
第五集 帰化人の研究 鶏肋篇 1969.12.20 1200円 下記の一覧に詳細
第六集 帰化人の研究 総説篇 1972.5.20 1100円  下記の一覧に詳細
第七集 帰化人 別冊 分布・繁衍篇 1974.11.1 7500円
第八集 帰化人と東国 遺作   1977.4.20 1100円 

このうち第七集のみA5版上製本箱入、後の七冊はB6版で並製本です。おおむね三版まで重ねてよく売れました。今は第四・五・六集をわずか残すのみです。「帰化人と社寺」にいたってはネットで18000円などという値段がついています。

このシリーズ刊行にわたっては、祇園縄手の老舗の下駄の田中屋さんが、立命館大学の恩師だということで援助され、それでこれだけの出版ができました。当時よく縄手まで寄せていただいた折、番頭さんが舞妓さんの下駄を履きやすいように直されていたのを思い出します。今は昔、田中屋さんも店じまいされました。(2016.9.9)


これまでの推薦図書は表の下へ       書籍の価格は本体価格で、消費税は別です。

書名 サブタイトル 著・編者 判・頁・価格・
送料
内容
古建築

日本古建築細部語彙

     現在品切れ!

社 寺 篇 綜芸舎編集部編 B6 P142

¥1,000
 (〒180)
古建築の細部の名称を歴代名建築の写真を使って平易に解説したロングセラー。
本書によって古建築を鑑賞されたら数倍の知識と興味が得られます。
デザイン雑誌「カーサブルータス」紹介
跡書をご覧ください
石刻

石 刻

金石文入門 薮田嘉一郎著編 B6 P146

¥800
 (〒180)
石に刻まれた歴史ーそれを解明、研究する金石学、
中国金石学研究第一人者の馬衡「石刻」の翻訳、解説と著者薮田嘉一郎の「古碑とその変遷」「日本上代の墓誌」「問題のある我が上代金石文」を掲載。歴史や考古学研究者以外にも書家や郷土史に必携の入門書。

経塚

経塚の起源

薮田嘉一郎著

B6 P188

¥1200
 (〒180) 

仏経を弥勒出生の日のために埋葬する経塚は中国起源であることを論説。
壁画

日本壁画の研究

たんなかしげひさ著 B5 P506

¥7800

 (〒460)
日本の古代から中世にかけてのほとんどの壁画を体系的に研究。 漆喰壁画・板壁画・布壁画・岩壁画・せん壁画。
観音

観 音 像

たんなかしげひさ

A5 P458

¥4800
 (〒350)

 
日本で最も信仰されている観音像はいつどこで生まれ、変遷したかを、豊富な知識と150体以上の観音像を例に論考。文献データーも掲載。
社寺 帰化人と社寺
帰化人の研究4 今井敬一著 B6 P264

¥1300

 (〒180)
近畿の帰化人系の社寺の研究。百済寺の研究
帰化人 帰化人研究 鶏肋編
帰化人の研究5 今井敬一著 B6 P204

¥1200

 (〒180)
淑房と帰化人・開中費直考・王仁・西文氏等
総説 帰化人研究 総説編
 
帰化人の研究6 今井敬一著 B6 P154

¥1100

 (〒180)
日本史における帰化人の定義・渡来の経緯と時代・日本文化への寄与、貢献・融合と終焉
よみ

よみがえる鴟尾

・  福田静男著
B6 P120

¥1200

 (〒180)       
大仏殿昭和大修理あれこれ
このうみ   この海のつづきの海を
   黒田f義著  A5 P232

¥1500
 (〒180)
奈良県文化財の技官が太平洋戦争に召集され戦死したまでを妻とかわした書簡と歌集。
当麻

当 麻
 

近畿日本ブックス
     1
近畿日本鉄道
近畿文化会編・
B6 P94

¥500

 (〒180)
古代から奈良と大阪の要路竹之内峠に位置する当麻寺を中心に紹介。
みや

みやまんだら

近畿日本ブックス
    3
近畿日本鉄道・
近畿文化会編
B6 P88

¥500

(〒180)
仏の世界を示す曼荼羅を、神々の世界に取り入れたのが宮曼荼羅。春日大社・生駒神社・笠置・吉野紹介
ぞくみや

みやまんだら

近畿日本ブックス
    6
近畿日本鉄道・
近畿文化会編
B6 P90

¥500

  (〒180)
伊勢、熊野三山、石清水、日吉三王社などを通して、宮曼陀羅の表現する世界を解説。
葛城

葛 城

近畿日本ブックス
    9
近畿日本鉄道・
近畿文化会編
B6 P120

¥600

 (〒180)
葛城、金剛山系の遺跡、文化財の紹介。
長谷

長谷 多武峰

近畿日本ブックス
    11
近畿日本鉄道・
近畿文化会編
B6 P150

¥680

  (〒180)
名高き観音の霊地長谷寺と古来から神仙の霊峰多武峰、そのふもとの盤余の里を紹介。
sakisaho

佐紀 佐保

近畿日本ブックス
    
13
近畿日本鉄道・
近畿文化会編
B6 P126

¥680

  (〒180)
奈良の街の外れ、佐紀佐保路は古代の歴史が詰まっています。
平城

西大寺 秋篠

近畿日本ブックス     14 近畿日本鉄道・
近畿文化会編
B6 P126

¥680

  (〒180)
天平の美を残す奈良の郊外、西大寺、秋篠寺など。
伊賀

笠置 加茂

近畿日本ブックス    15 近畿日本鉄道・
近畿文化会編
B6 P122

¥680

  (〒180)
奈良、京の境に位置する笠置、加茂の史跡、社寺の紹介。浄瑠璃寺・岩船寺・笠置寺等
kamkurasyosino 鎌倉 吉野
仏像鑑賞シリーズ 太田古朴著 B6 P188

¥750

  (〒180)
奈良仏師の著者の目を通した、運慶、快慶などの仏像を紹介。
シリーズ1飛鳥奈良・2平安藤原は絶版
摺り仏 摺仏 印仏
善教寺・般若寺・大蔵寺 太田古朴著 A5 P130

¥1400

  (〒180)
三重県善教寺阿弥陀像胎内からでた摺仏や奈良般若寺、大蔵寺の摺仏の紹介。
美仏 美佛参籠
太田古朴著 A5 P130

¥1470

  (〒180)
仏師であった著者の奈良市文化功労者としての記念出版。

来迎教寺・安養寺などの仏像
梵字   梵 字 入 門

    現在品切れ
 仏教美術・
考古学研究者のための
 綜芸舎編  B6 P50     本書は厄介な規則を全廃し、ロマナイズし、数字化した摩多体文表と索引を利用することによって誰でもただちに字形と切継、読み方、書き方、何仏の種子か、いかなる真言かを知ることができる。B6判なので携帯に便利。

これまでの推薦図書 

 よみがえる
B6 108P 写真34P ¥1,200  (税別)
表紙:題字清水公照 画:須田剋太 送料180円


関連記事 拓本 ギャラリー40
東大寺八角燈籠音声菩薩拓本
 よみがえる左
 よみがえる右


 日本古建築細部語彙 社寺編 

1970年初版発行されて以来44年15刷重版されたロングセラーで、その間正倉院展でもずっと販売されてきました。著者は綜芸舎創設者の薮田嘉一郎が担当し、跡を継いだ薮田夏雄(夏秋)が全編の写真撮影と編集を担当しました。初版以来印刷の王道であった活版印刷もいまやなくなり、オフセット印刷は多量の印刷を求められ、ここで絶版になるかと思っていましたが、最近目覚ましい発展をしているデジタル印刷で息を吹き返しました。ありがたいことです。これからも貴重ではあるが大量に刷れない書籍を復刻できるめどがたち少しずつ出していきたいと思っています。
本書は古代史家薮田嘉一郎の独特な建築観・歴史観から書かれています。それを理解いただけると素晴らしい古建築の鑑賞の伴侶となります。序の一部分を掲載していますのでお読みください。また末尾に書かれた「日本社寺建築の変遷と時代的特性」はたった3ページで日本建築史が理解できる他に類例を見ない解説です。 最後に社寺編以外はないかと聞かれますが、これのみで父は亡くなりましたので社寺編のみです。(2014.8.8) 
 kokentiku
B6 108P 写真34P ¥1,000 (税別)送料180円
 古建築 
 byoudouin


 この海  テキスト
 テキスト
  本書は奈良県文化財の技官が太平洋戦争に召集され戦死したまでを妻とかわした書簡と歌集。A5 P232¥1500 (〒180
関連記事:鴨東史談A 19 最後の手紙・・黒田f義・康子夫妻

Craft  のページへ                          Top page