営業案内 貧書な日々   目録はリニューアルのため準備中
      古本 香澄堂書店
山形県公安委員会許可 第241010002188号
osamu@h.email.ne.jp



 貧書な日々 (2017年8月9日) 

現在、戸田書店山形店さんの古書コーナーにて古本販売中です。


今週の追加分のおもなものは以下となります。
次回の追加は 8月23日(水)の予定です。

最上四十八館の研究 丸山茂 歴史図書社 \9,000
出羽諸城の研究 沼舘愛三 伊吉書院 \2,500
詩集 鶴の舞 日塔聰 薔薇科社 \3,000
詩集 雪女 渡辺濱路 誌趣会 \2,000
詩集 青猪の歌 真壁仁 札幌青磁社 \2,000
手職 真壁仁 (サイン入り) やまがた散歩社 \1,500
山形市史資料 第23号 (漆山縣令編年記ほか) 山形市 \1,200
山形市史資料 第43号 (船町水運関係資料) 山形市 \1,200
山形市史資料 第44号 (岩波・平清水・柏倉焼陶磁器関係資料) 山形市 \1,200
山形市史資料 第47号 (山形済生館時代のローレンツとその講義録) 山形市 \1,200
山村月巣と安孫子東岡 寒河江町史編纂研究叢書 (1) 寒河江町 \1,000
寒河江城址 寒河江町史編纂研究叢書 (2) 寒河江町 \1,000
長岡役所と河野俊八 寒河江町史編纂研究叢書 (3) 寒河江町 \1,000
近世における三大凶饉とその対策 寒河江市史編纂叢書 (4) 寒河江市 \1,000
稿本 寒河江町史 寒河江市史編纂叢書 (5・6) 寒河江市 \1,500
寒河江役所  寒河江市史編纂叢書 (7) 寒河江市 \1,000
郷目右京進貞繁 寒河江市史編纂叢書 (8) 寒河江市 \1,000
寒河江市の石造文化財 (寒河江市文化財調査報告書第1集) 寒河江市教育委員会 \2,000
六十里越街道 (山形県歴史の道調査報告書) 山形県教育委員会 \3,000
山形県民俗・歴史論集 第3集 戸川安章・大友義助ほか 東北出版企画 \1,300
山形県の絵馬 ―所在目録― 山形県県立博物館 \1,500
尾花沢の歴史と文化 第2号 尾花沢市地域文化振興会 \1,000
続 やまがた植物記 結城嘉美 金馬会/高陽堂書店 \1,300
みちのく街道史 渡辺信夫 河出書房新社 \1,300
慈恩寺をめぐる俳人 土田茂範 みどり書房 \1,500
稲沢の俳人 工藤稲州 出羽文化ネットワーク \2,000
逸見竹石翁伝 土田茂範 みどり新書の会 \1,500
南山形郷土史探訪 渡辺信三 南山形郷土史研究会 \1,500
金色山 大日寺 志田章一 (私家版) \1,000
ユリイカ 1988年6月臨時増刊 総特集:/澁澤龍彦 青土社 \800
芸術生活 (1973/8) 特集:怪物画廊/澁澤龍彦 芸術生活社 \500
異嗜食的作家論 天野哲夫 芳賀書店 \800
幻視する近代空間 川村邦光 青弓社 \900
町まちの文字 `島庸二 芳賀書店 \900
ミステリ・マガジン No.184 (1971/8) 特集:幻想と怪奇 早川書房 \400
ミステリ・マガジン No.208 (1973/8) 特集:幻想と怪奇 早川書房 \400
ミステリ・マガジン No.219 (1974/7) 特集:幻想と怪奇 早川書房 \400
ミステリ・マガジン No.245 (1976/9) 特集:幻想と怪奇 早川書房 \400
ミステリ・マガジン No.256 (1977/8) 特集:幻想と怪奇 早川書房 \400
ミステリ・マガジン No.316 (1982/8) 特集:幻想と怪奇 早川書房 \400
ミステリ・マガジン No.328 (1983/8) 特集:幻想と怪奇 早川書房 \400
ミステリ・マガジン No.352 (1985/8) 特集:幻想と怪奇 早川書房 \400
ミステリ・マガジン No.376 (1987/8) 特集:幻想と怪奇 早川書房 \400
ミステリ・マガジン No.399 (1989/7) 特集:幻想と怪奇 早川書房 \400
ミステリ・マガジン No.255 (1977/7) 特集:ジョン・ディクスン・カー追悼 早川書房 \400
ミステリ・マガジン No.283 (1979/11) 特集:エラリー・クイーン誕生50周年 早川書房 \400
ミステリ・マガジン No.377 (1987/9) 特集:ホームズ生誕百年記念 早川書房 \400
  \99,999

もちろん店舗も通常営業しています。
目録の更新は滞っていますが、店舗の方も随時追加・入れ替えを行なっています。
主な新入荷品については、「twitter」または「ヤフオク!」をご覧ください。

今月の営業日は以下となります。



営業時間は10:30〜19:00です。



鎮魂と哀惜─東日本大震災、東北の作家たちが綴った海辺の怪異譚。


体験談、採話、創作とさまざまな「震災怪談」45篇を収録。
私たちとともに生きる〈亡き人〉たちの物語を、いまこそ。


東北怪談同盟/編、東雅夫/解説
荒蝦夷/発行
価格 2,300 円


新刊書扱いのため定価販売です。

カバー写真は、2013年3月11日の荒浜の海岸



問い合わせ