EU化学物質政策の探索ガイド
REACH 何が起きたのか、なぜ?
2004年4月 ブリュッセル

情報源:REACH - The Only Planet Guide to the Secrets of Chemicals Policy in the EU
What Happened and Why?

Brussels, April 2004
Published by: Inger Schorling
Member of the Greens/European Free Alliance in the European Parliament
Author: Gunnar Lind, Freelancer in Sweden

訳:安間 武 (化学物質問題市民研究会)
http://www.ne.jp/asahi/kagaku/pico/
掲載日:2005年3月31日
更新日:2005年8月31日

 欧州議会内でREACHを推進するグリーンズ/欧州自由連合(The Greens/European Free Alliance)は小冊子 『EU 化学物質政策の探索ガイド REACH 何が起きたのか、なぜ?』を2004年3月に発行した。
 REACH - The Only Planet Guide to the Secrets of Chemicals Policy in the EU. What Happened and Why?

 発行・編者インガー・ショーリング さん(Ms Inger Schorling) はスウェーデンの緑の党の創設者の一人であり、1995年から2004年までEU議会議員で、議会内のグリーンズ/EFAのメンバーであった。2001年に欧州議会の環境委員会において報告者(Rapporteur)として『将来の化学物質政策のための戦略に関する白書 2001年』他、いくつかの指令(Directiv)に関する報告を行った。
2005年9月17日、国際市民セミナー(東京)にて講演予定。
当研究会では編者インーガーさんの快諾を得て下記の翻訳を行った。

3部構成
 ・第1部 化学物質 (PDF 368KB)
 ・第2部 政策 (PDF 503KB)
 ・第3部 背景  (PDF 535KB

 この小冊子の紹介では次のように述べている。
 「雨粒に、母乳に、そして血液に危険な化学物質が含まれている時には、何かよくないことが起きている。1998年以来、EUは人間の健康と環境の安全を増すために、ひとつの化学物質政策を開発している。 しかし、この新たな政策は化学産業を守ることの方に重点を置くようになってきた。 どのようにしてそうなったのか?誰がやったのか?何が起きたのか?そして一体なぜそうなったのか? EU化学物質政策の探索ガイドは、政治家、メディア、そして市民が、この複雑な世界を探索するのを手助けするためのガイドである」。

 この小冊子は、第1部:化学物質、第2部:政策、第3部:背景−からなっており、化学物質が人間の健康と環境に及ぼす影響、ヨーロッパ化学産業界の概要、ヨーロッパの環境政策と関連条約、REACH提案に至るまでの経緯、2001年白書、2003年5月REACH草案、2003年10月REACH最終提案、産業界の巻き返し、ブレア、シラク、シュレ−ダーの動き、ブッシュ政権の干渉など、REACH 及び、その背景について、EU議会でREACH規制案の策定に深く関わった著者が詳しく解説している。



化学物質問題市民研究会
トップページに戻る