エクセル実践塾 > 特集「条件式の考え方」

同じ数字が2つずつ並ぶ、変則的な連番を入力する

 

偶数行で始まるか、奇数行で始まるか、に応じて、ISEVENとISODDの関数を使い分けます

ROW関数は、次のように使うと、そのセルの行番号を取得することになります。

ROW()

このROW関数と、ISEVENISODDの関数を組み合わせれば、そのセルが偶数行か 奇数行かを判定できます。

「同じ数字が2つずつ並ぶ、変則的な連番」は、つまりは偶数行か奇数行で連番としてのカウントアップを行うということなので、それを条件にしてIF関数で実現します。

 

 

 

 

@偶数行に連番の初期値を入力する場合には、左のようなISEVEN関数を使ったIF関数式にします

 

 

AフィルハンドルでIF関数式をコピーすると、その範囲に「同じ数字が2つずつ並ぶ、変則的な連番」が入力されます

 

B奇数行に連番の初期値を入力する場合には、左のようなISODD関数を使ったIF関数式にします

 

CフィルハンドルでIF関数式をコピーすると、その範囲に「同じ数字が2つずつ並ぶ、変則的な連番」が入力されます

 

<< 【条件付き書式での使用例】
表内の各行を3色で順に塗りつぶす
質問や要望などはこちらへ 【IF関数での使用例】
別のシートに入力してあるデータを、隔行で表示しなおす >>

 

 

関連する他のページ

リスト内の各データを、順番に個別で表示したい
専用のユーザーフォームにスクロールバーを追加すれば、リスト内のデータを順番に表示できます

条件付き書式を使って、奇数行のセルだけを塗りつぶす
ROW関数で得た行番号を、MOD関数で除算すれば、その余りで奇数行と偶数行を判別できます

行番号を列に表示したい
ROW関数を使えば、対象とするセルの行番号を表示できます

アクティブなセルの行番号を知りたい
Rowプロパティを使うと、アクティブなセルの行番号を取得できます

条件付き書式を使って、2行おきにセルの色を変える
ROW関数で得た行番号を、MOD関数を使って3で除算すれば、その余りで判別できます

偶数行と奇数行を値で区別したい
行番号を2で割って、その余りをMOD関数で調べれば、そ偶数行と奇数行を区別できます