山岳エンタメ最新情報
(山岳小説・山岳マンガ・山岳映画・山岳ドラマ・山岳ゲームなど)

山岳エンターテイメント、すなわち山岳小説を始め、マンガ、映画、ドラマ、演劇、ゲームなど山岳フィクション系に関する最新情報をお伝えします。なかなか新しい情報の少ない分野ですが、情報をお持ちの方は是非お寄せ下さい。

 
【マンガ】
「ゆるキャン△」第7巻10/11発売
(2018年9月)
 「まんがタイムきららフォワード」で連載中の「ゆるキャン△」第7巻が発売されます。
 アニメ版の方は終わっていますが、マンガの味わいそのままに、良い雰囲気を出しており、2期の製作が期待されるところです。マンガ版も、もちろんGoodです。
 
【マンガ】
「いわかける!」第1巻7/30発売
(2018年7月)
 ネットの無料マンガサイト「サイコミ」で連載しているマンガ「いわかける!-Climbing Girls-」(石坂リューダイ)の第1巻が7/30に発売されました。
 パズルゲームの中学チャンピオンが、高校に入り、“岩のパズル”インドア・クライミングにはまる物語。
 
【マンガ】
「未亡人登山」連載開始
(2018年7月)
 7/26に発売された「月刊スピリッツ」で、「未亡人登山」(板橋大祐)の連載が開始されました。
 新人なので、キャッチーなタイトルは注目してもらうために仕方ないのかもしれませんが、今後に期待できそうな出だしです。注目していきましょう。
 
【マンガ】
「山と食欲と私」第8巻発売
(2018年7月)
 「山と食欲と私」(信濃川日出雄)の第8巻が8/9に発売。
 今巻では、鮎美の山がステップアップしたり、鮎美の祖父・鶴三が登場したりと、多少新しい展開を見せていますが、登山と食を絡めた鮎美の日常生活を描くという基本路線がブレていないので安心です。
 
【マンガ】
「モンキーピーク」第7巻発売
(2018年7月)
 「モンキーピーク」(作:粂田晃宏、画: 志名坂高次)の第7巻が7/27に発売されます。
 予想以上の長期連載となっており、布石はちゃんと回収されるのか、猿の仲間は一体誰なのか、八木の存在感はなぜこんなに大きいのか・・・、気になることばかりです。
 
【マンガ】
「そうだ、キャンプいこう!」発売
(2018年6月)
 最近、メディア露出が増えているイラストレーター・こいしゆうかさんによるキャンプ・ノウハウ本的なコミックエッセイです。
 新作かと思ったら、5年前の「キャンプ、できちゃいました。」の再版で、まえがき・あとがきとキャンプ場情報以外は一緒です。
 
【マンガ】
「完璧な山の登り方」掲載
(2018年6月)
 月刊マンガ雑誌「フラワーズ」に、『完璧な山の登り方』(津雲あかり)という読切作品が掲載されています。
 元カレへの未練を断ち切りたくて、会社の同僚と富士登山に来たはるかは、そこで元カレの巽に遭遇してしまった・・・。ちょっと暖かいお話です。
 
【小説】
「雨降る森の犬」(馳星周)発売
(2018年6月)
 馳星周さんの新作「雨降る森の犬」が6/26に発売。家族問題を抱える女子中学生と男子高校生の心の交流の物語、とのこと。
 最近登山関連の作品が多い馳さんですが、前作が非常に良かったので本作も期待できますね。
(ちまさん、ありがとうございます)
 
【小説】
「汝、鉤十字を背負いて頂を奪え」
(2018年5月)
 「汝、鉤十字を背負いて頂を奪え」(ハリー・ファージング)の上下巻が、5月31日に発売されました。
 第2次大戦中のドイツ軍がエベレスト初登頂を狙う・・・。歴史ロマンミステリーですねぇ。上下巻で800頁弱もありますが、面白そうです。
(ちまさん、ありがとうございます)
 
【小説】
「琴乃木山荘の不思議事件簿」発売
(2018年5月)
 「山と渓谷」で連載されていた「琴乃木山荘の不思議事件簿」(大倉崇裕)が、6月15日に発売されます。
 標高2,200mにある山小屋(架空)を舞台にした短編ミステリー集。大倉さんはアクションものよりミステリーの方が良いと思っているので、期待しましょう。
 
【マンガ】
「モンキーピーク」第6巻4/28発売
(2018年4月)
 「漫画ゴラク」で連鎖中の山岳ホラーマンガ「モンキーピーク」の第6巻が4/28に発売。
 救助ヘリの襲撃や猿たちからのビデオレターなど、ストーリーはますます混迷を深めており、先が見えません。論理的整合性の取れた、納得感のある結末を望むばかりです。
   
【映画】
「剣の山」DVD4/27発売
(2018年4月)
 昨年11月から黒部吉田科学館で上映されていた立山黒部ジオパーク映画「剣の山」が、DVD&Blu-ray化され4/27発売です。
 元々はプラネタリウム用映画ですが、黒部の自然を壮大な視野で描きつつ、青年の成長譚とうまく結びつけています。
 
【映画】
「クレイジー・フォー・マウンテン
(2018年4月)
 ドキュメンタリー映画「クレイジー・フォー・マウンテン」が7/21に公開。登山だけでなく、ウイングスーツ・フライングなど各種エクストリームスポーツが登場。
 クライミング関連では、アレックス・オノルドなどが出てるようです。
(Kさん、ありがとうございます)
 
【マンガ】
「山と食欲と私」第7巻発売
(2018年4月)
 ネット漫画サイト「くらげバンチ」で連載中の「山と食欲と私」(信濃川日出雄)の第7巻が4/12発売です。
 もちろんネットで読めるんですが、やっぱり買ってしまうんです。紙派ですから。内容も安定した面白さで、マンネリ感もありません。
 
【マンガ】
「山を渡る」(空木哲生)連載開始
(2018年3月)
 雑誌「ハルタ」で、空木哲生さんの「山を渡る -三多摩大岳部録-」の連載が始まりました。
 部員3名で廃部の危機にある三多摩大山岳部は、何としても新入部員を確保したい・・・。自ら登山をする空木さんの、初の山岳もの長編です。
(Kさん、ありがとうございます)
 
【マンガ】
「金魚妻3」(黒澤R)発売
(2018年3月)
 いつの間にか単行本が出ていたのを見逃していました。
 様々な形の人間模様を描く、人妻不倫シリーズの1つ「登山妻」を収録した「金魚妻」(黒澤R)の第3巻が2/19に発売されていました。登山の必然性は薄いものの、人間関係について考えさせられます。
 
【マンガ】
「ヤマノススメ」第15巻3/12発売
(2018年3月)
 「ヤマノススメ」(しろ)の第15巻が3月12日に発売されました。
 本巻では、北八・蓼科山、岩殿山に登り、あおいの富士登山リベンジ計画も始動。その合間にハンモックやパエリアなど、関連の出来事も織り交ぜてと、バランスも絶妙。
 
【マンガ】
「ゆるキャン△」第6巻3/12発売
(2018年3月)
 ゆるゆるキャンプマンガ「ゆるキャン△」(あfろ)の第6巻が、3/12に発売されます。前巻から3ヶ月での発売と結構早いペースですね。
 アニメの方もTOKYO MXテレビなどでやっているようですが、すみません、こちらは観れていません。
 
【マンガ】
「山怪談」3/7発売
(2018年3月)
 旧誌名「本当にあった怖い話」、現「HONKOWA」で不定期連載されていた「神々の山 魔境の嶺」が、「山怪談」というタイトルで単行本発売されます。
 原作は、山の怪談話の第一人者、安曇潤平さんです。今流行の怪談ものが、マンガで登場です。
 
【小説】
「山の霊異記~ケルンは語らず」発売
(2018年2月)
 現在、流行している山の怪談話の第一人者・安曇潤平の新作「山の霊異記~ケルンは語らず」が、2/17に発売されました。
 「山の霊異記」シリーズとしては、2008年の「赤いヤッケの男」以降、通算5作目でしょうか。なかなかの人気です。

【マンガ】
ネット漫画サイトでボルダリングマンガ2作品連載
(2018年2月)
東京オリンピックでのスポーツクライミング採用効果で、ネット漫画でもボルダリング漫画が2つ連載されています。1つは「サイコミ」で昨年12月に始まった「いわかける!-climbing Girls-」(石坂リョーダイ)。パズルゲームオタクが、クライミングに嵌っていく話です。もう1つは「マンガJam」で2月に始まった「ストロベリー・キャニオン」(朔田浩美)。ボルダリングが繋ぐ「壁キュン」ラブコメとのこと。
ちなみに、「GANMA!」の「オーバーハング!」(本橋ユウコ)も連載中です。

【映画】
「ラスト・ホールド!」5/12公開予定
(2018年2月)
 
 大学ボルダリング部の青春映画が5月公開予定。主演はA.B.C-Zのバク転男・塚田僚一。オリンピック効果ですねぇ。
「ラスト・ホールド!」公式サイトリンク
(Kさん、ありがとうございます)
 
【マンガ】
「モンキーピーク」第5巻2/9発売
(2018年1月)
 「週刊漫画ゴラク」で連載中の「モンキーピーク」第5巻が、2/9発売です。
 リアルで読んでいないのですが、ネットでは猿の仲間は誰か、次に死ぬのは誰か、死亡フラグが立ったなど、盛り上がっているようですね。結構、人気みたいです。
 
【小説】
「蒼き山嶺」(馳星周)1/17発売
(2018年1月)
 「小説宝石」で連載していた馳星周氏の「蒼き山嶺」が単行本化されました。
 主人公は元山岳救助隊の山岳ガイド。大学山岳部で同期だった公安刑事と再会し、白馬岳へ。ところが旧友は追われていた・・・。これはもう山岳小説として期待大ですね。
 
【映画】
「剣の山」上映中
(2018年1月)
 昨年11月から黒部市の吉田科学館で、立山黒部ジオパーク映画「剣の山」が上映されています。本作は、黒部市が、黒部立山ジオパークへの関心を高めてもらおうと製作したものです。
 黒部市まで行くのは大変ですが、2/3(土)に西新井のギャラクシティで上映されるそうです。(かじはさん、ありがとうございます)
 
【小説】
「クリムゾンの疾走」1/9発売
(2018年1月)
 樋口氏は、意外と多作になってきましたね。それだけ需要がある、つまり売れているということなのでしょう。
 新作は、「南アルプス山岳救助隊K-9」とサブタイトルが付いていますが、あらすじを読む限り全然「山」っぽくないです。あとは、読んでみてのお楽しみですね。
 
【マンガ】
「ゆるキャン△」第5巻12/12発売
(2017年12月)
 キャンプマンガ「ゆるキャン△」(あfろ)の第5巻発売です。キャンプもゆるいけど、ギャグもそこそこゆるくて、でも独特の味わいと、寒い中でも一人キャンプを楽しむマニアっぷりがたまりません。
 アニメの方も1/4、TOKYO MXテレビなどでスタートです。
 
【マンガ】
「山と食欲と私」第6巻12/9発売
(2017年12月)
 「山と食欲と私」の第6巻が12/9に発売されます。1巻あたりがやや薄いのか、割と早く次が出ますね。幽霊が出てきたりと、時々おかしな話が混ざるのですが、基本、読みやすくて楽しい話ばかりです。最新話はネットでお楽しみ下さい。
 
【マンガ】
「モンキーピーク」11/9第4巻発売
(2017年11月)
 「週刊漫画ゴラク」で連載中の「モンキーピーク」の第4巻が発売されます。そろそろ大詰めではないかと思いますが、早乙女は別にして、猿の仲間は、犯人は一体誰なのか。安斎、長谷川、八木、南・・・怪しい人ばかり。そして、気になる結末は・・・?
 
【アニメ】
「ヤマノススメ」のova10/28上映
(2017年10月)
「ヤマノススメ」のova「 おもいでプレゼント」の発売を記念して、10/28から劇場等でイベント上映されます。ova(オリジナルアアニメーションビデオ)というのだそうです。
 
【マンガ】
「高尾の天狗と脱ハイヒール」9/27発売
(2017年9月)
 まんがくらぶで好評連載中の「高尾の天狗と脱・ハイヒール」第3巻発売です。こう言ってはなんですが、高尾ネタでこんなに続くと思ってませんでした。
 ノリコのOLネタも楽しいのですが、やはりに高尾山のイベントネタもなかなかで、高尾山通になれるかも。
 
【マンガ】
「さぐりちゃん探検隊」連載中
(2017年9月)
無料web漫画「少年ジャンプ+」で8月末に連載が始まった「さぐりちゃん探検隊」
 1,2回は虫取り系という感じだったのですが、第3回で高校に入学したさぐりちゃんと紡(つむぐ)は、山岳部の先輩と一緒に鋸山登山に向かうことに・・・。このまま登山マンガになるのでしょうか。
 
【小説】
「淳子のてっぺん」(唯川恵)9/7発売
(2017年9月)
 信濃毎日新聞で連載していた唯川恵さんの小説「淳子のてっぺん」が、幻冬舎から単行本化。
 昨年亡くなられた田部井淳子さんの生涯を描いた作品。自らも趣味で登山を楽しむ唯川さんなので、登山描写にも期待。田部井さんを偲びながら、偉業を振り返りましょう。
 
【小説】
「神の涙」(馳星周)8/22発売
(2017年8月)
 北海道屈斜路湖畔のアイヌ木彫り作家に弟子入りしに来た男。男の過去に何があったのか・・・。
 登山ではないようですが、自然描写は多そうです。馳さんは、「小説宝石」で、「蒼き山嶺」という山岳小説も連載中で、最近、山関連の作品が多いみたいですね。
 
【マンガ】
「ヤマノススメ」第14巻8/10発売
(2017年8月)
 「ヤマノススメ」(しろ)第14巻が発売されました。秋には、アニメのサードシーズンも始まるようですし、相変わらずの人気ですね。
 ところで、この話はどこまで続くのでしょう。あおいとひなたが高校二年生になったのが第12巻ですから、まだまだいけそうですね。
 
【ガイド本】
「しま山100選」8/4発売!
(2017年8月)
 ノンフィクション系を紹介するのはキリがないので避けていたのですが、どうしても紹介します。
 いつ出るかと待っていた1冊、誰も出さないなら自分で出すぞ、くらいに思っていた1冊、島にある山を紹介する本がとうとう出ました。島の山は最高に気持ちいいですよ。
 
【小説】
「ソロ」(笹本稜平)発売
(2017年8月)
 笹本稜平さんの最新ン山岳小説「ソロ」が、8/8に発売されます。今回の舞台は、世界第4位の8、000m峰ローツェ。しかもその南壁に挑む孤高のクライマー・奈良原和志の物語。
まぁ、笹本さんの作品なら熱く感動させてくれること間違いなしでしょう。
 
【マンガ】
「アイアンバディ」第4巻発売
(2017年7月)
 「週刊モーニング」で連載されていた「アイアンバディ」の第4巻が発売されました。二足歩行ロボットを開発するベンチャー企業の物語で、3,4巻では人とロボットが組んで雪山を登る山岳ロボティクスチャレンジに挑んでいます。ちゃんと登山してます。これで完結というのは勿体ない。
 
【小説】
「白い標的」発売中
(2017年7月)
 どういうわけか見逃していました。樋口明雄氏の南アルプス山岳救助隊K-9シリーズの第6弾「白い標的」が発売されてました。
 山岳小説と同時に、警察小説、動物小説でもある本作。冬の北岳バットレスを舞台に、夏実が活躍。樋口氏の作品にハズレはないでしょう。
 
【マンガ】
「モンキーピーク」第3巻8/9発売
(2017年7月)
 「週刊漫画ゴラク」で連載中の「モンキーピーク」第3巻が発売されます。
 アッサリ終わると思ってたのですが、意外と続いてます。こうなると気になるのはラスト。ホラーとはいえ、科学的には全く説明のつかない終わり方というのは、できれば避けて欲しいなぁ・・・。
 
【マンガ】
「ゆるキャン△」第4巻7/12発売
(2017年7月)
 あfろの「ゆるキャン△」第4巻が4/12に発売されます。雑誌では読んでいないので、楽しみですね。
 アニメの方は2018年冬(来年初?)に放送開始とのことで、「まんがタイムきららフォワード」8月号では、監督や製作スタジオも発表されています(その辺はあまり詳しくないので・・・)
 
【小説】
「秋霧」7/11発売
(2017年6月)
 大倉崇裕氏の新作「秋霧」が7/11に発売されます。今回は、山岳冒険もののようです。
 神出鬼没の殺し屋「霧」VS.元自衛隊特殊部隊員VS.権力者の私兵とのことですが、名前を見ると、「凍雨」の深江と、「夏雷」の倉持が競演しているみたいですね。
(ちまさん、ありがとうございます)
 
【マンガ】
「山と食欲と私」第5巻7/7発売
(2017年6月)
 大好評、単独女子グルメマンガ「山と食欲と私」(信濃川日出雄)の第5巻が7月7日に発売されます。
 今回は、丹沢縦走やら箱根登山などもあり、手頃に楽しめる近場の山が出てくるっていうのがいいですね。私の大好きな鍋割山荘の鍋焼きうどんも登場してますよ。
 
【アニメ】
「ヤマノススメ」第3期今秋OA
(2017年6月)
 大人気山岳マンガ「ヤマノススメ」のTVアニメ・サードシーズンが、今年の秋から放送されるそうです。コミックの方も8月には第14巻が発売予定です。
 
【小説】
「山と村の怖い話」(平川陽一)発売
(2017年6月)
 日本の山や村で実際に見聞され、伝承されている怪異や因習などをまとめたという怖い話の実話集。ドキュメンタリーなのかもしれないが、作りとしては小説調。最近流行りの山の怪談もの。鳳凰三山、瑞牆山、吾妻山などいろんな山が登場する話を全75編収録。
(ちまさん、ありがとうございます)
 
【小説】
「息子と狩猟に」(服部文祥)発売
(2017年6月)
 「新潮」に掲載された「K2」と「息子と狩猟に」の2編を収録した、服部文祥の処女小説集が6月30日に発売されます。
 「サバイバル登山家」以来、服部氏がその著書で伝えてきた「生」「生きること」の生々しさが、小説という手法を通して強烈に伝わってきます。
 
【マンガ】
「鈴木みきの富士登山ご案内」発売
(2017年5月)
 コミックエッセイの森シリーズから、6月7日に「鈴木みきの富士登山ご案内」が出版されます。富士登山とは意外でしたが、富士山好き火山好きのみっきーのことですから、新たな視点も提供してくれることでしょう。
 ほぼ同時期に「鈴木みきの休日ふらり山旅計画」も出ますよ。
 
【マンガ】
「モンキーピーク」第2巻5/10発売
(2017年4月)
 「週刊漫画ゴラク」で連載中の「モンキーピーク」(作:志名坂高次、画:粂田 晃宏)の第2巻が、5月10日に発売されます。
 連載の方は読んでいないのですが、何やら新キャラも登場して、新たな展開になっているのだそう。山度も高いし、まだしばらく楽しめそうですね。
 
【マンガ】
「のぼる小寺さん」第4巻5/1発売
(2017年4月)
 「のぼる小寺さん」(珈琲)の第4巻が、5月1日に発売されます。
 掲載誌「good!アフタヌーン」では、先日の大会編終了をもって最終回らしく、今回の4巻が最終巻だそうです。いい雰囲気のマンガだっただけに残念ですが、この空気感を続けるのは難しいのかもしれませんね。
 
【マンガ】
「山恋~山で恋は生まれるか」
(2017年4月)
 白泉社の隔月刊誌「Ane LaLa」の6月号(5月1日発売)で、「山恋~山で恋は生まれるか」(樫八重子)の連載が始まります。
 「婚活目的で登山サークルに体験入部したユカだけど!?」という展開。見ての通り少女マンガですが、作者は自分でも登山をする方だそう。隔月刊だと、単行本になるのはいつのことやら・・・。
 
【小説】
「レスキュードッグ・ストーリーズ」発売
(2017年3月)
 「山と渓谷」で連載されていた「レスキュードッグ・ストーリーズ」(樋口明雄)が4/14に単行本化されます。
 お馴染み南アルプス山岳救助隊K-9シリーズの第5作目となる短編集で、その中にはWLP(ワイルドライフ・パトロール)とのコラボもあります。ファンにはたまりませんね。
 
【マンガ】
「アイアンバディ」冬山編連載中
(2017年3月)
 「モーニング」で連載中の「アイアンバディ」(左藤真通)。二足歩行ロボットの開発に情熱を燃やす西村は、投資家の支援を受けてベンチャー企業を立ち上げた、という展開の企業マンガ。
 そのマンガで現在、冬山を登るロボット競技「山岳ロボティクスチャレンジ」編連載中。圧倒的トップだった三帝のアレキサンダーと椎野が雪崩に飲まれ、ロビンソンと西村が救助に向かう・・・。
 
【映画】
「世界でいちばん美しい村」3/25公開
(2017年3月)
 ネパール大地震後、復興に向けて、大自然の中で暮らすヒマラヤの人々を見つめる写真家・石川梵氏によるドキュメンタリー映画。3/25から銀座・東劇で公開されます。2週間の限定上映ですので、ご覧になられる方はお早めに。
 
【映画】
「笠置ROCK!」4月公開予定
(2017年3月)
 日本初のボルダリング青春映画「笠置ROCK!」が4月に公開予定とのこと。
 ・・・なのですが、町起こし的な映画で、HPには公開される劇場も書いておらず、本当に公開されるのかやや不安です。主演は、校舎の壁を登る携帯のCMでも話題になったフリークライマーの大場美和さんです。
公式HP→「笠置ROCK!」
 
【小説】
「ほま高登山部ダイアリー」発売中
(2017年3月)
 高校に入学し、登山好きの女の子に恋をし、登山部に入部した冬嶺冬馬(ふゆみね とうま)。そんなラブコメ的なライトノベルが発売されています。登山ラノベは、「山がわたしを呼んでいる!」以来ではないでしょうか。こういう作品をきっかけに、登山の裾野が拡がるといいですね。
 
【マンガ】
「山と食欲と私」第4巻3/9発売
(2017年2月)
 今話題の「山と食欲と私」の第4巻が発売されます。今巻でも、山中で変態アウトドア女子と知り合いになったり、山コンに参加してみたりと、山を楽しんでいます。
 ネットの「くらげバンチ」で一部読むことができますが、やはりコミックでも手元に置いておきたいですね。
 
【マンガ】
「ヤマノススメ」第13巻2/12発売
(2017年2月)
 「ヤマノススメ」(しろ)の第13巻が2/12に発売されました。
 今巻では、鋸山、大菩薩嶺、箱根山・金時山、浅間山に登っています。これはこれで良いのですが、物語としての大きな流れ、起伏の少ない本作は、最終的にどこへ向かうのでしょう?マンネリ化がやや気になる所です。
 
【マンガ】
「ゆるキャン△」第3巻2/10発売
(2017年2月)
 「まんがタイムきららフォワード」にて連載中の「ゆるキャン△」(あfろ)の第3巻が、早くも発売されます。
 一人キャンプ好きのリンちゃんと、彼女の影響で野外活動サークルに入ったなでしこを中心に展開するキャンプマンガ。ゆるさがいいし、雰囲気抜群の作品です。
 
【アニメ】
「ゆるキャン△」アニメ化決定!
(2017年2月)
「ゆるキャン△」のアニメ化決定が、掲載誌「まんがタイムきららフォワード」の最新号(2017年3月号)で発表された。が、今のところそれ以上の情報は全くなく、チャンネルも尺も不明のまま。
 「ゆるキャン△」は、もちろんキャラも魅力的だが、何といっても景色や会話など独特の空気感がいい。その雰囲気をアニメで出せるか、やや心配ではある。

【マンガ】
「モンキーピーク」第1巻発売
(2017年1月)
 「週刊漫画ゴラク」で連載中の「モンキーピーク」(原作:志名坂高次、画:粂田晃宏)の第1巻が2/9に発売されます。
 楽しいはずの社内レクリエーション登山が恐怖のどん底に。山岳ホラーパニックマンガです。連載初回以降読んでいないので、単行本が楽しみです。
 
【映像】
「山と食欲と私」ショートムービー
(2017年1月)
 映画「MERU」とのコラボ企画で、「山と食欲と私」のショートムービーが公開中。主演:仲川希良。なかなかGoodです。
リンク→ 映画.com  YouTube
(かじはさん、情報ありがとうございます)
 
【小説・マンガ】
小説・マンガの雑誌等連載最新情報
(2017年1月)
 当方が把握している現在連載中の山岳小説・マンガ等の最新情報です。
ジャンル 著者 タイトル 連載誌 
小説 笹本稜平  捜索行 STORY BOX
笹本稜平 ソロ  小説NON
大倉崇裕 秋霧 小説NON
馳星周 蒼き山嶺 小説宝石
唯川恵 淳子のてっぺん 信濃毎日新聞
樋口明雄 南アルプス山岳救助隊K-9レスキュードッグ 山と渓谷
マンガ 粂田晃宏 モンキーピーク 週刊漫画ゴラク
しろ ヤマノススメ デジタル版コミック アース☆スター
珈琲 のぼる小寺さん good! アフタヌーン 
信濃川日出雄 山と食欲と私 くらげバンチ
氷堂リョージ 高尾の天狗と脱・ハイヒール まんがくらぶ 
あfろ ゆるキャン△ まんがタイムきらら
岡本健太郎 山賊ダイアリーSS イブニング
 
【小説】
自費出版「アンザイレン」発売中
(2016年12月)
 昨年11月に、デザインエッグ社さんから、「アンザイレン」(堀井恒人)が自費出版されています。モンブランに登る山岳小説です。
 電子書籍とか、自費出版とか、どこまでカバーするか悩ましいところ。この会社の場合、オンデマンドで紙にするので、安価で自費出版できます。
 
【小説】
山岳BL小説発売中
(2016年12月)
 山岳を絡めたBL小説がいくつか発売されています。12/16に発売された「氷雪の花嫁」(楠田雅紀)は、クレバスから見つかった氷漬けの男を巡るお話。
 雑誌「小説Dear+」フユ号には、夕映月子の新作「あなたを好きになりたくない」が掲載されています。山岳警備隊ものだそう。
 
【ドラマ】
「駐在刑事4」12/14放送
(2016年12月)
 テレビ東京の2時間ドラマ枠「水曜ミステリー9」で、12月14日(水)に「駐在刑事4」を放送。
 原作は笹本稜平の同名小説。短編連作集ですが、今回のドラマ化作品がどれに当たるのか、記憶にありません。
 番組HPのあらすじを見る限り、山度も高くなさそうです。主演は寺島進(江波役にしては年齢がちょっと・・・)。
 
【小説】
服部文祥の小説「新潮」に掲載
(2016年11月)
 サイバイバル登山家服部文祥さんの新作小説「息子と狩猟に」が、「新潮」2016年12月号に掲載されてます。
 その号の「新潮」は、「手塚治虫のエロティカ」特集を組んでいる影響で大人気。私も5軒目でゲットしました。少し余計にお金を払えば、ネットでも手に入りますが・・・。

【映画】
「MERU/メルー」12/31公開
(2016年10月)
 コンラッド・アンカー、ジミー・チンらによる、ヒマラヤ・メルー峰ビッグクライムを記録したドキュメンタリー映画「MERU/メルー」が、新宿ピカデリーなどで12/31(土)から公開されます。迫力の登攀記録です。
「MERU」公式サイト
(Kさん、情報ありがとうございます)

【マンガ】
「山と食欲と私」第3巻発売
(2016年10月)
 登山版「孤独のグルメ」、‟単独登山女子”日々野鮎美が登山と山ごはんを楽しむ「山と食欲と私」(信濃川日出雄)の第3巻が早くも発売です。
 決してお金をかけた高級な食材ではなく、普通の食べ物が美味しく変身する所がまたいいです。山で食べると旨いですね。

【ドラマ】
ドラマ「山女日記」11/6開始
(2016年10月)
 11月6日(日)の22:00から、NHKのBSプレミアムで、湊かなえさん原作の「山女日記~女たちは頂を目指して~」が始まります。
 主演はNHKの「実践!にっぽん百名山」のMCでもお馴染みの
工藤夕貴。他に、黄川田将也、馬渕英里何、上原多香子、夏菜などが出演。ストーリーは多少アレンジしている模様。これは要録画ですね。(全7回)
 
【小説】
「失踪者」(下村敦史)発売中
(2016年10月)
 江戸川乱歩賞作家で、3作目の「生還者」で山岳ミステリーに挑んだ下村氏が、またも登山ものを出版。
 今度は南米シウラ・グランデ峰を舞台にした「失踪者」。入口はややキャチーな引きながら、面白そう。どう展開していくのか、気になる所です。
(Kさん、ちまさん、情報ありがとうございます)
 
【小説】
「火竜の山」(樋口明雄)発売
(2016年9月)
 樋口明雄さんの新作「火竜の山 南アルプス山岳救助隊K-9」が10月21日発売です。
 お馴染み夏実とメイのコンビが、今回は北岳を離れて活躍するようです。解説に、「登山客に人気の新羅山に噴火の兆候!?」とありますが、新羅山とはどこなんでしょう?
(かじはさん、ありがとうございます)
 
【マンガ】
「のぼる小寺さん」第3巻開始
(2016年9月)
 「月刊good!アフタヌーン」で好評連載中の「のぼる小寺さん」(珈琲)第3巻が、10月7日に発売されます。
 ボルダリング美少女・小寺さんは、体育館を飛び出し、校舎や自然の岩にも、しがみついているみたいですね。「ゆるキャン△」と並んで、今楽しみな作品の一つです。
 
【小説】
「山の霊異記」最新版 発売中
(2016年9月)
 見逃していましたが、安曇潤平さんのシリーズ大4弾「山の霊異記 霧中の幻影」が発売されています。
 同じく安曇さんの「死霊を連れた旅人」は山限定ではありませんが旅絡みの怪談もの。「山の霊異記 幻惑の尾根」は「ヒュッテは夜嗤う」の改題ですのでお気を付け下さい。
 
【マンガ】
「モンキーピーク」連載開始
(2016年9月)
 「漫画ゴラク」で「モンキーピーク」が連載開始。レクリエーションでしらび山登山に来た藤谷製薬の一行。普通の登山マンガかと思いきや、ラスト6Pで一変し、山岳ホラー&パニックマンガに。何となく、登山というより、山は舞台といった感がありますが、今後の展開を見守っていきましょう。
 
【マンガ】
「ヤマノススメ」第12巻8/12発売
(2016年8月)
 「ヤマノススメ」(しろ)の第12巻発売です。 コミックスになってから読んでいるので中身は把握していません。
 「岳」や「孤高の人」が終わり、「ヤマノススメ」が奮闘してくれている間に、「のぼる小寺さん」「山と食欲と私」「ゆるキャン△」が登場し、今は山女子マンガが来てますね。
 
【マンガ】
「山と食欲と私」第2巻8/9発売
(2016年8月)
 くらげバンチで連載中の「山と食欲と私」(信濃川日出雄)の第2巻が発売されます。
 山ガールから山女子への傾向と、グルメブームをうまく捉えた本作は、ネットで見ても高評価続出です。
 余談ですが、1巻と2巻の表紙の構図が一緒です。この路線でいくのでしょうか・・・。
 
【映画】
「ロング・トレイル」7/30公開
(2016年7月)
 ヒューマントラストシネマ渋谷で、7月30日に「ロング・トレイル」が公開されます。
 60歳を過ぎたシニア男性2人組が、3500kmに及ぶ自然歩道「アパラチアン・トレイル」踏破に挑みます。
 主役は、往年の名優
ロバート・レッドフォード。今年80歳になるというのに、いくつになっても格好良くて渋いです。
 
【映画】
「ラサへの歩き方」7/23公開
(2016年7月)
 7月23日(土)から、シアターイメージフォーラムにて中国映画「ラサへの歩き方」が公開されます。
 五体投地を繰り返しながら、ラサを目指すロードムービー。一見ドキュメンタリーのようでが、実はフィクション
なんです。舞台はヒマラヤ周辺。山は遠景だけだと思いますが、どの程度出てくるのかが気になる所です。
 
【小説】
「山岳迷宮」発売
(2016年7月)
 「山岳迷宮 山のミステリー傑作選」が光文社文庫から出版されました。長井彬、樋口明雄、加藤薫らの山岳ミステリーを集めた短編集。選者はミステリーもののアンソロジー編集を数多く手掛けている山前譲氏。古い作品が多そうですが、楽しみな1冊です。
(かじはさん、ありがとうございます)
 
【マンガ】
「ぜつぼうごはん」第1巻発売
(2016年7月)
 「ぜつぼうごはん」(くじらいいく子)の第1巻、7/29に発売。人生最後の飯を作りにやってくる少女・満腹天と、死にゆく者の物語。
 なぜこれを紹介するかというと、その二人目
が‟登山者”なのです。登山好きのくじらい先生だからこそ、2人目に登山者を持ってきたのでしょうね。
 
【マンガ】
「ゆるキャン△」第2巻発売
(2016年6月)
 「まんがタイム」で連載されている「ゆるキャン△」(あfろ)の第2巻が、7月12日に発売されます。
 第1巻は、冬の凛とした空気感の描写が素敵でした。リンちゃんたちは、春夏はどういうキャンプの楽しみ方をするんでしょう?これからの展開が楽しみな作品です。
 
【小説】
「燃える山脈」6/3発売
(2016年6月)
 長野の地方紙「地方タイムス」で連載されていた、穂高健一さんの「燃える山脈」が6月3日に発売されました。
 山岳歴史小説とのことで、時は1700年代後半、天明の時代。浅間山の噴火、上高地を通る「米の道」開削、槍ヶ岳開山
・・・。山に絡んだ話がいろいろ出てきます。
 
【映画】
「ヒマラヤ~地上8,000mの絆」公開
(2016年5月)
 韓国映画「ヒマラヤ~地上8,000メートルの絆」が、ヒューマントラストシネマ有楽町などで、7月30日(土)から公開されます。韓国では、同時期に公開された「スターウォーズ フォースの覚醒」を上回る興行収入をあげたそう。
 予告編を見る感じでは、結構本格色も強く、ストーリーも良さげです。
   「ヒマラヤ~地上8,000メートルの絆
 
【小説】
「神奈備」6/3発売
(2016年5月)
 雑誌「小説すばる」で連載されていた、馳星周さんの「神奈備」が6/3に単行本になり発売されます。
 御嶽山を舞台に、生きることの意味を問う作品。山が舞台のようですが、登山なのかどうか・・・・・。一応、強力も登場するみたいで、作品解説では“山岳小説”と書かれています
 
【小説】
「大岩壁」発売
(2016年5月)
 雑誌「Number」で連載されていた笹本稜平さんの山岳小説「大岩壁」が、5/21に発売されます。今回は、魔の山ナンガ・パルバットを舞台に展開されるミステリーです。
 毎年1作ずつ、質の高い山岳小説を発表している笹本氏。本作は山度も高そうですし、楽しみですね。
 
【小説】
「エベレスト・ファイル シェルパたちの山
(2016年4月)
 3月に山岳小説「エベレスト・ファイル シェルパたちの山」(マット・ディキンソン)が発売されました。
 エベレスト登頂経験もある作者が、シェルパの少年を主人公にエベレスト登山を描いています。一応児童書ですが、大人も楽しめる作品です。
(imさん、ありがとうございます
 
【マンガ】
「あれを食べに、この山に行ってきました
(2016年4月)
 鈴木みきさんの最新作「あれを食べに、この山に行ってきました -食と酒の山紀行-」が、平凡社から発売されます。
 今回は、ちょっと趣向が変わって、今人気のグルメマンガ?で、写真も多用されているようです。こういうの読むと行きたくなっちゃうんですよねえ。
 
【マンガ】
「山と食欲と私」単行本化
(2016年4月)
 ネットの無料マンガサイト「くらげバンチ」で連載中の「山と食欲と私」(信濃川日出雄)が単行本化されました。
 単独登山女子による山食マンガ。食事シーンは、ちょっと「クッキングパパ」的ではありますが、山度も高く、山の楽しさが伝わってくるマンガです。2巻も8月9日(火)発売とのこと。
 
【マンガ】
「高尾の天狗と脱・ハイヒール」発売
(2016年3月)
 「まんがくらぶ」で連載中の4コママンガ「高尾の天狗と脱・ハイヒール」(氷堂リョージ)の第二巻が、4月7日に発売されます。
 
同誌の1月号には、高尾山で初日の出を迎える「迎光祭」の体験レポ「高尾山年越しサバイバルガイド」も掲載されたとのこと。人気上昇中です。
 
【マンガ】
「ヤマノススメ」第11巻発売
(2016年3月)
 おなじみの人気山岳マンガ「ヤマノススメ」(しろ)の第11巻が発売されました。
 今巻でも、夜の学校で晩ごはん、渓流釣り、自作行動食など、いろいろなバリーションが登場。かえでさん、ここなちゃん、ほのかちゃんとキャラも揃ったし、今後はどこへ向かうんでしょう。
 
【その他】
「神々の山嶺 創作ノート」発売中
(2016年3月)
 映画「神々の山嶺」に合わせる形で、原作者・夢枕獏さんによる「神々の山嶺 創作ノート」が発売されました。「岳人」に連載されていた同名コーナーをベースに単行本化されたものです。獏さんは、裏話を惜しげもなく語ってくれるので、原作・映画ファンにとってもたまらないですね。
 
【映画】
映画「X-ミッション」公開中
(2016年3月)
 2月20日から「X-ミッション」が公開されています。ストーリーもさることながら、エクストリームシーン満載の映画です。その中で、ベネズエラのエンジェル・フォールをフリーで登り切っています。しかもランジだらけ。スタントは、トップ・フリークライマーのクリス・シャーマとダニ・アンドラーダ。もう正気の沙汰じゃないです。
 
 
【マンガ】
夢枕獏の「呼ぶ山」、マンガ化
(2016年2月)
 「神々の山嶺」のスピンオフ作品「呼ぶ山」(夢枕獏)のマンガ化した作品が、「グランドジャンプPREMIUM」の3月号に掲載されています。当然「神々の山嶺」映画化に合わせた企画。
 当初は谷口ジローさんに依頼がいったものの、仕事の都合がつかなかったとのこと。猿渡哲也氏の画もなかなかgoodです。夢枕獏・岡田准一・阿部寛・平山監督のインタビューも載ってます。
 
【小説】
「ブロッケンの悪魔」発売
(2016年2月)
 樋口明雄さんの新作山岳小説「ブロッケンの悪魔」が1月29日に発売されました。
 副題に“南アルプス山岳救助隊K-9”とあるように、星野夏美巡査と愛犬メイを始めとするお馴染みの面々が、北岳を舞台に大活躍するエンタメ作品です。樋口さんも安定感がありますね。
 
【マンガ】
「のぼる小寺さん」第2巻発売
(2016年2月)
 「good!アフタヌーン」に連載中の、「のぼる小寺さん」(珈琲)の第2巻が発売されました。未読ですが、どうやら1巻よりもボルダリング色が濃く、大会にも参加するらしいです。
 このサイクルだと、7ヶ月に1巻発売という計算になりますね。新たに楽しみが1つ増えた感じです。
 
【小説】
「淳子のてっぺん」連載開始
(2016年1月)
 2016年の年初から、信濃毎日新聞で、直木賞作家・唯川恵さんの『淳子のてっ
ぺん』の連載が始まった模様(中身は見てませんが・・・)。タイトルから推察できる通り、田部井淳子さんのエベレスト登頂を題材にした山岳小説のようです。唯川さん自身、月1で登山をされているのだそう。いずれ単行本になるのを待ちましょう。

【マンガ】
「ゆるキャン△」発売中
(2016年1月)
 少し前の情報ですが、「まんがタイムきららフォワード」等に掲載されていた『ゆるキャン△』(あfろ)の単行本が発売中です。
人のいない冬のキャンプ場で、アウトドアチェアに座って、富士山を見ながら焚き火をし、まったりする。そんなゆるいマンガです。山は登りません。

【映画】
「エヴェレスト 神々の山嶺」3/12公開
(2016年1月)
 書くの忘れてました。3月12日「エヴェレスト 神々の山嶺」公開です。一時期TVCMも流れていましたし、雑誌などでも紹介され始めていますね。
ラッキーにも役得で試写を見る機会を頂きました。その関係で、ここにコメントは書けませんが・・・。3月の公開をお楽しみに~(^^)
 
【映画】
映画「ヒマラヤ」韓国にて公開中
 (2015年12月)
 韓国で12月16日に公開された本格山岳映画『ヒマラヤ』が大人気だとか。なんと、『スターウォーズ フォースの覚醒』を抑えて、興行収入第1位だそうです。(日本でも妖怪ウォッチが1位でしたが・・・)
 仲間の遺体回収のためにヒマラヤへ向かった遠征隊の実話を基にした映画だとのこと。日本ではいつ公開されるのでしょうか・・・?
 
【ドラマ】
「蝶の山脈~安曇野を愛した男」放送
 (2015年11月)
 山岳写真家であり、科学者、詩人、登山家でもあった田淵行男を描くドキュメンタリードラマ「蝶の山脈~安曇野を愛した男~」が、11月29日(日)の22時からNHKBSプレムアムにて放映されます。
 出演は、平岳大、奥貫薫など。詳細情報はないのですが、ドラマとしては気になるところです。
(かじはさん、情報ありがとうございます

【マンガ】
「ヤマノススメ」第10巻発売
 (2015年11月)
 しろさんの「ヤマノススメ」が早くも第10巻発売です。本作はあおいの初心者っぽさが魅力、というか肝なのですが、今巻ではついに冬の北アに一歩踏み出しています。今後さらにどこまで進歩していくのでしょうか。余談ですが、キャラクターが増えてきて、区別がちょっと・・・。

【マンガ】
「ハイジと山男」第3巻発売
 (2015年10月)
 「BE LOVE」で連載されていた安藤なつみさんの「ハイジと山男」の、第3巻が、10月13日に発売されました。本巻にて完結です。なんかアッサリと終わってしまったなぁとの印象です。なかなか良かっただけに残念。しばらくしたら、続編とかどうですかね。

【絵本】
「屋久島まぼろしの巨大杉をさがせ!」
 (2015年10月)
 今更ながらの4ヶ月前の情報です。「屋久島まぼろしの巨大杉をさがせ!」という絵本が発売されています。作者は遠崎史朗。そう、谷口ジローの「K」や松本剛の「しずかの山」などの原作を手がけた山岳マンガの第一人者です(後者は愛英史名義)。

【マンガ】
「流転のテルマ」第3巻発売
 (2015年9月)
 マンガボックスで無料連載中の「流転のテルマ」(蔵西)の第3巻が10月9日に発売されます。webの最新話では、徳丸はついにヌン谷に到着し、兄と再会できたようです。チベットの風景もgoodですが、物語の方は今後一体どうなっていくのでしょう。

【マンガ】
「人生山あり谷口」単行本化
 (2015年9月)
 リイド社のWebマガジン「トーチweb」で連載していた谷口菜津子の「人生山あり谷口」。登山初心者の谷口が、だいぶ遠回りしながらも、登山に挑戦する感動のお笑い大作(?)。オールカラーで発売です。実は、ちょっとかわいい谷口さんの写真は載っているのか!?

【マンガ】
「山と食欲と私」連載開始
 (2015年9月)
 「くらげパンチという無料・登録不要のwebマンガサイトで、「山と食欲と私」
という登山マンガが始まりました。
 山ガールと言われることを嫌う単独登山女子・日比野鮎美が、食材とともに山に向かう。いい感じの話です。毎週金曜日更新とのこと。期待しましょう。
映画.comリンク

【映画】
マロリー伝記映画製作中
 (2015年9月)
 マイケル・シーン主演による、ジョージ・マロリーの伝記映画が、現在撮影中とのこと。このところのエベレスト映画ブームは何なんでしょう?今年6月に「ビヨンド・ザ・エッジ」が公開され、11月には「エベレスト3D」公
開、来年には「エベレスト 神々の山嶺」も公開されます。ジェフリー・アーチャー「遥かなる未踏峰」の映画化の話もどうなったことやら。映画.comリンク

【マンガ】
「ハイジと山男」第2巻発売
 (2015年8月)
 隔週刊マンガ誌「BE LOVE」で連載中の『ハイジと山男』(安藤なつみ)のコミックス第2巻が、8月12日に発売されました。
 雑誌の方では読んでいないのですが、今後の展開が楽しみな、なかなか良い話ですよね。コミックスも3ケ月に1度発売とスピードが早くてgoodです。


【マンガ】
「地図を読むと、山はもっとおもしろい!」
 (2015年8月)
 鈴木みきさんの新たなコミックエッセイ「地図を読むと、山はもっとおもしろい!」が8月7日に発売されます。
 えっともう何作目になるかわからないコミックエッセイですが、みっきーの作品なら間違いないでしょう。地形図とコンパスを使った読図の方法を、みっきーが易しく教えてくれます。


【マンガ】
「ヤマノススメ」(しろ)第9巻発売
 (2015年7月)
 ゆる・ふわ系山岳マンガ「ヤマノススメ」(しろ)が、早くも第9巻まで達しました。
 今巻では、伊吹山・荒船山登山、クリスマス・年越しイベントとこなし、ついにスノーシューを使っての赤城山登山へ。着々とグレードアップしています。一体、どこまで行くんでしょうね。


【小説】
「生還者」(下村敦史)発売
 (2015年7月)
 昨年江戸川乱歩賞を受賞した下村敦史氏の3作目「生還者」が7月22日に発売されます。
 カンチェンジュンガで雪崩が起き、日本人登山者数名が巻き込まれた。ところが、生還者の証言に食い違いが。かなり本格的な感じの山岳小説の模様。これは楽しみ。
(ちまさん、Kさん、情報ありがとうございます)


【マンガ】
「のぼる小寺さん」(珈琲)第1巻発売
 (2015年7月)
 月刊「good!アフタヌーン」で連載中の『のぼる小寺さん』第1巻が7月7日に発売。
 高校クライミング部の美少女・小寺さん。同じ体育館で練習する卓球部の僕は、ボルダリングをする小寺さんが気になって仕方がない。ひたすら小寺さんを見つめ続ける、甘酸っぱい青春ストーリー。


【小説】
「岩壁に舞う」発売中
 (2015年6月)
 少し前の話ですが、内藤康生さんの「岩壁に舞う」(羽衣出版)が3月26日に出版されました。短編小説6編を収録した短編集で、表題作および「雁坂峠」「ケルンの墓」の3編は、「山の本」に掲載された作品です。
 定年後に登山を再開。山行紀行文を書く代わりに小説の形にし、白水社に送ったら採用されたとのこと。これから読んでみます。


【映画】
映画「Everest」11月公開予定
 (2015年5月)
 1996年のエベレスト大量遭難事件を描いた映画「Everest」(原題)が、TOHOシネマズなどで本年11月日本公開となります。
 主演はジョシュ・ブローリン、ジェイク・ギレンホールなど。亡くなられ
た難波康子さん役で、森尚子さんが出演されています。同じ遭難劇を描いたテレビ映画「エベレスト~死の彷徨~」が力作だったので、本作にも期待しましょう。


【マンガ】
「ハイジと山男」第1巻6/12発売
 (2015年5月)
 隔週発売の雑誌「BELOVE」で連載中の『ハイジと山男』(安藤なつみ)第1巻が、6月12日に発売されます。
 亡き祖父が遺した山小屋を訪れた元派遣社員の高原羽衣路(ハイジ)。そこで想像だにしなかった世界に出会い、ハイジは山小屋で働くことにした。そんな山小屋物語です。


【映画】
映画「Wild」2015年夏公開
 (2015年4月)

 人生に迷い、再出発するため、1600kmを歩き通すという冒険の旅に出たシェリル・ストレイド原作の映画化。
 主演はリース・ウィザースプーン。監督はジャン・マルク・バレ。2015年夏公開予定。舞台は、アメリカ西部を南北に走るパシフィック・クレスト・トレイル。登山や川の渡渉など、アウトドアシーンも結構多そうです。

【小説】
『高きに登る』、「文學界」に掲載
 (2015年4月)
 現在発売中の雑誌「文學界」2015年5月号に、『高きに登る』という高柳克弘氏の短編山岳小説が掲載されています。
 高柳さんという方は存じあげなかったのですが、新進気鋭といった感のある若手の俳人なんですね。

 内容的には、一応登山ですが場所は曖昧。思索の世界、精神世界を描いたような、ちょっと抽象的で、独特な世界です。


【映画】
映画「アルプス 天空の交響曲」公開
 (2015年4月)
 ドキュメンタリー山岳映画「アルプス 天空の交響曲(シンフォニー)」が、シネスイッチ銀座などで4月18日から公開されます。
 ヘリコプターに搭載されたシネフレックスカメラ
で撮影された、バードアイで捉えたヨーロッパアルプスの山々。山岳映画大国ドイツ制作。
「アルプス 天空の交響曲」オフィシャルサイト
(かじはさん、ありがとうございます)


【ドラマ】
ドラマ「駐在刑事2」放送
 (2015年4月)
 テレビ東京の「水曜ミステリー9」で、『駐在刑事2』が4月15日(水)に放送されます。なんと水曜ミステリ
ー9は2週連続で山関係のミステリードラマです。番組ディレクター(?)は、登山がお好き!?
 今回は笹本稜平原作の「尾根を渡る風 駐在刑事」に収められた「十年後のメール」のようです。江波役は前回同様寺島進さんです。


【ドラマ】
ドラマ「信州山岳刑事 道原伝吉3」放送
 (2015年3月)
テレビ東京の「水曜ミステリー9」で、『信州山岳刑事 道原伝吉3』が4月8日(水)に放送されます。
原作は、梓林太郎氏の「岩稜の記憶」(「信州穂高婚礼の惨劇」などに収録)。霞沢岳で見つかった男性の刺殺体を巡る男女の愛憎劇が展開されます。伝さん役は今回も松平健。シリーズ第3作目で、前作に続き雛形あきこも出演。
(かじはさん、ありがとうございます)


【映画】
「クライマー パタゴニアの彼方へ」DVD発売
 (2015年3月)
 天才クライマー、デビッド・ラマが挑戦するパタゴニアの難壁セロ・トーレ南東稜。そのチャンレンジを追いかけたノンフィクション・クライミング映画「クライマー パタゴニアの彼方へ」のDVD&Blue rayが発売されました。
 昨年劇場で観ましたが、なかなか見応え十分の良い映画でした。



【小説】
「神様のカルテ0」開始
 (2015年3月)
 「神様のカルテ0」が2月24日に発売されました。本作はシリーズ4作目となるが、これまでの作品よりも前の話なので「0(ゼロ)」となる。
 本作に収録されている短編4作のうちの1つが「冬山記」。イチさんと出会った頃のハルの山岳救助譚となっている。山への想いがなんだかいいです。


【小説】
「馳周星の山岳小説連載開始
 (2015年2月)
 雑誌「小説すばる」3月号で、馳周星さんの山岳小説『神奈備』の連載が始まりました。
 “神奈備”とは、神様が宿る領域のこと。霊峰かつ単独峰との2条件で御嶽山を選んだとのこと。噴火の1ヶ月前に御嶽山に登ったという馳さん描く、御嶽にまつわる物語です。
(Kさん、情報ありがとうございます)



【映画】
映画『神々の山嶺』配役発表
 (2015年1月)
 映画化公表以来、期待が高まっていた『神々の山嶺』ですが、ついに配役が発表されました。
 羽生丈二役は阿部寛、深町誠役に岡田准一、岸涼子役に尾野真千子。阿部寛はいいですね。合ってます。岡田と尾野も悪くないですが、もう少し陰がある人でも良かったかなぁと。ますます楽しみです。
「シネマトゥデイ」リンク


【マンガ】
「流転のテルマ」第2巻発売
 (2015年2月)
 マンガボックスで連載中の『流転のテルマ』(蔵西)の第2巻が、2月9日に発売されました。
 兄を捜しにチベットの外国人入国禁止エリアを目指す徳田徳丸。1巻同様、登山ではないが、チベット・トレッキングの雰囲気はたっぷり。まだまだ序盤のストーリーの方も気になるところです。


【マンガ】
「ヤマノススメ」第8巻発売
 (2015年2月)
 『ヤマノススメ』(しろ)第8巻が、2月12日に発売されます。
 TVアニメのセカンドシーズンは終了したようですが、原作連載、アニメグッズの発売、イベントはまだまだ盛り上がっています。ヤマノススメを読んで、観て、登山を始めた人も多いよう。もはや社会現象とも言えそうです。


【マンガ】
「高尾の天狗と脱・ハイヒール」第1巻発売
 (2015年1月)
 4コママンガ誌「まんがくらぶ」で連載中の『高尾の天狗と脱・ハイヒール』(氷堂リョージ)の第1巻が1月17日に発売されました。
 “彼氏にフラれたヤケで高尾山に登り、天狗の子に懐かれたお気楽OLノリコ”という設定。出てくるのは高尾山だけですが、意外と山度が高いです。



【小説】
服部文祥氏初の小説、「新潮」に掲載
 (2015年1月)
 サバイバル登山でお馴染み服部文祥氏初の山岳小説となる作品『K2』が、「新潮」2015年2月号に掲載されています。
 早速読んでみましたが、「さすが服部文祥!」と唸ってしまうような、強烈でインパクトのある作品でした。やはり彼はサバイバル登山家です。


【マンガ】
『のぼる小寺さん』(珈琲)連載開始
 (2015年1月)
 「good!アフタヌーン」2月号で、『のぼる小寺さん』(珈琲)というボルダリンマンガの連載が始まりました。
 高校卓球部の
近藤は、体育館の隣で練習しているボルダリング部の美少女・小寺さんが気になって仕方ない。そんな若者目線で描く、“のぼっているのを見てるだけ!”という青春恋愛マンガ、っぽいです。

【マンガ】
『ハイジと山男』連載開始
 (2015年1月)
 隔週発売の少女マンガ誌「BE・LOVE」1月15日号から、『ハイジと山男』(安藤なつみ)という山岳マンガが連載開始。
 派遣OLの高原羽衣路(ハイジ)は、亡くなった祖父の山小屋にやってきた・・・。穂高岳山荘の今田恵さんの事を知って書き始めたという山小屋物語。涸沢ヒュッテへも取材した模様。期待しましょう。

過去過去のトピックス→過去News(~2014年)
過去News(~2012年)