ベルナール・ビュッフェの絵画作品を販売する自由が丘 画廊 -- 版画(リトグラフなど)の販売(通販) 絵画 買取-無料査定 委託販売のギャラリー小山

ベルナール・ビュッフェ [Bernard Buffet]

彼の黒い描線と抑制された色彩で表現された絵画は数多くの芸術家に強烈な衝撃を与え、現代のアートシーンにおいてもその存在感は揺るぎのないものとなっている。第二次世界大戦後、抽象絵画の洪水の中に若干20歳のビュッフェが鋭いデッサン力をもって《具象絵画の旗手》として画壇に登場したことはあまりにも有名である。作品はパリ国立美術館をはじめ、世界各国の美術館に収蔵されている。 親日派としても知られており、各地の神社仏閣を廻って親交を深め、相撲観戦も楽しむなど日本文化を積極的に取り入れた。
絵画販売 ギャラリー小山外国人作家ベルナール・ビュッフェビュッフェ・販売絵画リスト
作家名,作品名で検索 →

ベルナール・ビュッフェ絵画作品リスト

【自由が丘 画廊】

あなたのお部屋に素敵な絵画を一枚いかがですか?

Bernard Buffet
ベルナール・ビュッフェ『ピエロ』 ビュッフェ【ピエロ】
ベルナール・ビュッフェ『海岸にて』 ビュッフェ【海岸にて】
ベルナール・ビュッフェ『カルメン』 ビュッフェ【カルメン】
ベルナール・ビュッフェ『サントロペの栄光』 ビュッフェ【サントロペの栄光】
ベルナール・ビュッフェ『ボトルのある静物』 ビュッフェ【ボトルのある静物】
ベルナール・ビュッフェ『小さな海岸』 ビュッフェ【小さな海岸】
ベルナール・ビュッフェ『紫の花束』 ビュッフェ【紫の花束】
ベルナール・ビュッフェ『舟』 ビュッフェ【舟】
ベルナール・ビュッフェ『カクテルグラス』 ビュッフェ【カクテルグラス】
ベルナール・ビュッフェ『村への道』 ビュッフェ【村への道】
ベルナール・ビュッフェ『鳥』 ビュッフェ【鳥】
ベルナール・ビュッフェ『ふくろ』 ビュッフェ【ふくろう】
ベルナール・ビュッフェ『ピエロ2』 ビュッフェ【ピエロ2】
ベルナール・ビュッフェ『ラ・ポールのテラス』 ビュッフェ【ラ・ポールのテラス】
ベルナール・ビュッフェ『黒い帆』 ビュッフェ【黒い帆】
ベルナール・ビュッフェ『道化師』 ビュッフェ【道化師】
ベルナール・ビュッフェ『青い花瓶のばら』 ビュッフェ【青い花瓶のばら】
ベルナール・ビュッフェ『サクレクール寺院』 ビュッフェ【サクレクール寺院】
ベルナール・ビュッフェ『ラ・ボームの庭』 ビュッフェ【ラ・ボームの庭】
ベルナール・ビュッフェ『アルフォールヴィルの教会』 ビュッフェ【アルフォールヴィルの教会】
ベルナール・ビュッフェ『村のホテル』 ビュッフェ【村のホテル】
ベルナール・ビュッフェ『赤い背景の静物』 ビュッフェ【赤い背景の静物】
ベルナール・ビュッフェ『バラの花束』 ビュッフェ【バラの花束】
ベルナール・ビュッフェ『アイリスと赤い花』 ビュッフェ【アイリスと赤い花】
ベルナール・ビュッフェ『青いアイリス』 ビュッフェ【青いアイリス】
ベルナール・ビュッフェ『百合とアイリス』 ビュッフェ【百合とアイリス】
ベルナール・ビュッフェ『アイロンのある静物』 ビュッフェ【アイロンのある静物】
ベルナール・ビュッフェ『凱旋門』 ビュッフェ【凱旋門】
ベルナール・ビュッフェ『5本のバラ』 ビュッフェ【5本のバラ】
ベルナール・ビュッフェ『椿と薔薇』 ビュッフェ【椿と薔薇】
ベルナール・ビュッフェ『アルバム サンフランシスコ NO.5』 ビュッフェ【アルバム サンフランシスコ NO.5】
ベルナール・ビュッフェ アルバム パリより『凱旋門』 アルバム パリより【凱旋門】
ベルナール・ビュッフェ『青い背景のクラウン』 ビュッフェ【青い背景のクラウン】
ベルナール・ビュッフェ『バラとユリの花束』 ビュッフェ【バラとユリの花束】
ベルナール・ビュッフェ『アネモネ』 ビュッフェ【アネモネ】
【サン・ジェルマン・デュ・プレ】
【ペシェールの港】
【7月14日】
【サンマルタン運河】
【モンフォール ラモリー】
【サントロペ】
【サン・マルタン門】
【花瓶の中のバラ】
【仮装】
【顕微鏡】
版画【モンテ大通りと教会】
【港の船】
【教会】
【ヴェズレイ】
【京都・平安寺】
【海岸のテント】
【川上の橋】
【ダリオ宮殿とバルバロ】
【屋根と入り江】
【四本の赤いバラ】
【百合とヒアシンス】
【水差しの中のオレンジのチューリップ】
【チューリップの花束】
【灰皿のある静物】
【ベゴニアの鉢植え】
【オジマビル】
【4つの願いバラ】

この他にもありますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

━ ベルナール・ビュッフェの略歴 ━
●1928年 7月10日パリに生まれる。
●1943年 夜間講座に通いデッサンを学ぶ。
●1944年 パリ美術大学に入学、ナルボンヌに師事する。
●1947年 アンデバンダン展、サロン・ドートンヌに出品、初個展を開く。
●1948年 第一回クリティック賞を受賞。
●1949年 ドルゥアンニダヴィット画廊(モーリス・ガルニエ画廊)と契約を結び、毎年2月定期的に主題を決めた新作個展を開催。
●1958年 シャルバンティエ画廊で回顧展を開催。
●1963年 東京・国立近代美術館でビュッフェ展を開催。
●1969年 この年から翌年にかけて大阪、東京ほか各地で新旧作展を開催。
●1973年 沼津市郊外に世界初のビュッフェ博物館を開設。
●1981年 妻アナベルの文章とビュッフェの文字による「日本旅行」の挿絵のため24点のリトグラフを制作。
●1987年 9月に名古屋市愛知県美術館にて代表作80点を集めた展覧会を開催。
●1999年 死去。


第二次世界大戦後、抽象絵画の洪水の中に若干20歳のビュッフェが鋭いデッサン力をもって《具象絵画の旗手》として画壇に登場したことはあまりにも有名である。作品はパリ国立美術館をはじめ、世界各国の美術館に収蔵されている。



絵画販売 ギャラリー小山 外国人作家 日本人作家 絵画 買取 委託販売
東京都目黒区自由が丘1-28-8 自由が丘デパート 1F 画廊の営業時間


ビュッフェの絵画,版画(リトグラフなど)のご売却は絵画 委託販売絵画 買取-無料 査定