タイトル
ARCHITECTURE in the MIDDLE EAST
中東建築
神谷武夫

『世界のイスラーム建築』の中核をなす 中東地域(西アジア)のイスラーム建築を紹介するサイトです。 といっても 中東各地にはイスラーム以前にも古代文明があり、それらに立脚して 各地域独自のイスラーム建築を発展させていったので、「中東のイスラーム建築」ではなく「中東の建築」として、宗教を問わず それぞれの国の建築全体を扱います。 まだ シリア共和国とヨルダン・ハーシム王国のみですが、おいおい イランからエジプトへと拡大していきます。 またヨルダンには ヨルダン川西岸地域(パレスチナ国とイェルサレム)を併せました。


HOME
第1章   シリアの 建築
シリア
第2章   ヨルダンの建築(含・パレスチナ国)
ヨルダン
第3章   イランの 建築
第4章   ウズベキスタンの 建築
第5章   トルコの 建築
第6章   エジプトの 建築
HOME

「シリアの建築」と「ヨルダンの建築」は、一国の建築遺産を歴史順に展観する形でページをつくり、どちらの国もイスラーム建築の遺産が主となるにしても、古代から種々の宗教が興亡したので、『世界のイスラーム建築』ではなく、『神谷武夫とインドの建築』のサイトの中の「世界建築ギャラリー」のテリトリーに入れてきました。しかし『世界のイスラーム建築』のサイトが、その題名に比して、 地理的な収録範囲が やや手薄に感じられてきましたので、その中核となる中東諸国のイスラーム建築を もっと充実させるために、『中東の建築』というテリトリーを ここに新設し、その第1章、第2章として 「シリアの建築」と「ヨルダンの建築」のページを移すことにしました。

中東地図
中東の地図

上述の理由により、全体を「中東のイスラーム建築」というタイトルにはせず、「中東の建築」という名称のもとに、シリアやヨルダンと同じ形式で、「イランの建築」、「トルコの建築」、「エジプトの建築」の章も 作っていきます。そしてまた ウズベキスタンも(地理的には中東でなく 中央アジアに属しますが)主にペルシア(イラン)の建築家や職人を移住させて形成した建築文化なので、同形式で ここに入れようと考えています。   (2018 /12/ 01)


HOME
コルドバ
TAKEO KAMIYA 禁無断転載
メールはこちらへ kamiya@t.email.ne.jp