特集など


田村ゆかり LOVE♡LIVE 2021 *Airy-Fairy Twintail*@名古屋公演(1日目)の模様
田村ゆかり LOVE♡LIVE 2021 *Airy-Fairy Twintail*@栃木公演の模様
田村ゆかり LOVE♡LIVE 2021 *Airy-Fairy Twintail*@川口公演の模様
田村ゆかり LOVE♡LIVE 2021 *Airy-Fairy Twintail*@広島公演の模様
田村ゆかり LOVE♡LIVE 2021 *Airy-Fairy Twintail*@仙台公演の模様
田村ゆかり LOVE♡LIVE 2021 *Airy-Fairy Twintail*@新潟公演の模様
田村ゆかり LOVE♡LIVE 2021 *Airy-Fairy Twintail*@福岡公演の模様
田村ゆかり LOVE♡LIVE 2021 *Airy-Fairy Twintail*@熊本公演の模様
田村ゆかり LOVE♡LIVE 2021 *Airy-Fairy Twintail*@松本公演の模様
田村ゆかり LOVE♡LIVE 2021 *Airy-Fairy Twintail*@金沢公演の模様
田村ゆかり LOVE♡LIVE 2021 *Airy-Fairy Twintail*@静岡公演の模様


07月27日(火曜日)


モナカは一週間前に購入済み(挨拶)

てことで、土曜日にワクチン接種(2回目)に行ってきましたー。
暫く経って落ち着いたので、その経過を報告します:

  • 2〜3時間後:打った辺りが痛くなる
  • 約15時間後:発熱を確認(寝て明け方に起きたので時間は適当)
  • 翌日(日曜日):37度の熱、いちおう解熱剤を使用
  • 翌々日(月曜日):発熱が収まるも倦怠感あり(台風による気圧のせい?)
  • 3日後(火曜日):痛みはあれど他は完治

といった感じで、今日になって筋トレ(リングフィット)を再開しました。
1回目の接種での反省点を活かし「打った方の腕を動かす」「水分を十分に取る」ことを意識して行った結果、副反応は軽微だったと思います。

あとは2週間待つのみ。
これで5Gへの道が・・・(それともISDN?VPN?)

数学オリンピックで日本代表全員がメダル 開成高の神尾悠陽さんが金、日本勢2年ぶり

海外渡航者向けの「ワクチンパスポート」発行スタート 当面は書面、デジタル化も検討

ニコ動などの表現規制は現状維持、niconico代表が声明 夏野剛社長はネット番組で規制推進を示唆

五輪観戦中の「この旗、どの国だっけ」を解決? 国旗を描くと国名を表示するWebアプリ登場


07月23日(金曜日・祝日)


今日はゆかりさんのツアー@岡山公演に参加しました。

昨日に引き続き、今日も朝から晴天。やな天気です。(^^;;
変わらず熱風を避けつつ、室内を渡り歩きます。観光は食べ物に任せます。本番は夕方なので。

さておき。
変わらずネタバレを激しくしない形で、MCを中心に書いていきます。よろしくお願いします。m(_ _)m

---
日時:2021年07月23日(金曜日・祝日)18:00〜20:56
タイトル:田村ゆかり LOVE♡LIVE 2021 *Airy-Fairy Twintail*
場所:岡山市民会館
内容:ライブ

座席はフルに埋まっていました。そして古の会場だけあって席の間隔(上下・前後)が狭いっ。
会場ではもひとつ面白いことがあって、1階席より2階席の方が座席数が多くありました。
開演前のBGMは今までの公演と同じ。
ライブが始まり、1つ目のMCへ。

田村「暑い!田村ゆかりです。(^^;;」
 田村ゆかり LOVE♡LIVE 2021 *Airy-Fairy Twintail*、岡山市民会館、やってきましたー。
 (この会場には)初めてやって来ました。岡山は・・・え!?9年振り?!(※2012年10月7日、*Fall in Love*ツアー)  9年前は倉敷市民会館。岡山はそうだ、地元の人に「人入るかどうかな?」って聞いたら「僕は行きませんけど。」って言われて、「はー、そうか」って思ったりしたけど。」

田村「岡山舐めてかかってたけど、意外と都会なんだね。駅前とかビックリした。
 他の都市のこと言えないけど、広島とかより全然栄えてる。

それでも暑さが気になるゆかりさん。

田村「MAXで冷めてるんだけど、なんとかならんのかねー。
 マスク外せないよね。外したりしたら、今はいないけど屈強な人が来て「オイ!」って連れて行かれるから。
 どっかしらに苦しい人がいたら無理しないで。

田村「(岡山は)9年振りだから、久しぶりにゆかりん見る人がいるかもだけど、今はコールできないけど、手拍子が微妙に揃ってて。(^^;;
 でも好きなように、人に迷惑かけない程度に。
 私も適当にやってるけど、サビでクラップしてたら「ゆかりんフリ間違えてる」って。間違いじゃないんだって。こう(手を挙げるのが)やりにくいからこう(クラップ)してるだけ。」

田村「棒立ちでも全然構いません。座ってても、ちょっと見にくいけど。
 みんなの楽しみたいように楽しめばと思ったけど・・・ノリさん楽しみすぎだから。ただ!シールドだけは外さないで!

“シールド”って知りませんでしたが、ギターとアンプを繋ぐもののことだそうです。
心当たりでもあるんでしょうかねぇ。(^^;;
ともかく「楽しみたいように楽しめばいい」が鉄則ですね。

田村「タオルとか回せないんだよね。政府の方針で。」
ノリ「氷置くしか。」
田村「はー、アイス食べたい。ゆかりは違う!文明の利器。(※机にハンディファンがありました)
 この先のゾーン、みんな微動だにしないとこあるから、そこで空気が入れ替わったらいいかなって。」

みんなを色んな意味で気遣ってくれるゆかりさんでした。
さて、掛け声のあとのMCへ。

田村「はー、あー・・・(ハンディファンを当てる)・・・「ブーン」って言っちゃった。(^^;;」
ノリ「(ゆかりさんにファンを向けてもらい)いいですか?」
田村「よかろう。私と、ギリ(ガルーダ)会長まで行ける。」

暑さ問題、解消せずです。

田村「なんかさ、今日、お客さんのキャパとしてはフルで1,700くらいの会場なんだけど、(ステージとの距離が)近い?
 2階の方が客席が多くて、キュッてなってる感じ。
 だから・・・しゃきっとしねぇな。ちゃんとやってるんだけど、楽しくなっちゃうね。

田村「途中で(正面のPA卓にある)コマさん(人形)に気付いて。
 「もんげー」って岡山の言葉でしょ。だから持ってきて。鞄に入れたんだけど、「人形の頭出てる大人ってどう?」って思って。
 でも「あーいっしょだ。うちのお客さんといっしょだ。」“きょむりん”とか出してるわって。(^^;;」

田村「あの人形ってグッズ屋さんが写真撮ってくれて。
 それが“きょむりん”って言われて、(FCスタッフの)あややが哀しくなって。
 そしたら「写真撮ってたらだんだん表情出てきた」って。生きてるんだね。」

田村「今日テレビ見たら、この会場に稲川淳二さんがやって来るらしくて、昨日(神戸)も稲川さんがやって来るって。ゆかりの追っかけみたい。
 うちのメイクさんが、稲川淳二さんにメイクをやったことがあるらしく、人形が何もしないのに“ずるん”と動いたんだって。
 そしたら稲川さんには普通らしく、「はー、生きてますね」って。」
ノリ「稲川さんに(きょむりんを)見てもらいたいですね。」
田村「でも生きてたらどうしよう。
 きょむりんに私の魂入ってないでしょ。・・・ほら、「そうそう」って人と「・・・え?・・・」って人に別れてる。
 うちのきょむりんは、うちのおじさん達の怨念がこもってたり。やだよー、おじさんといっしょにいたくないよー。

私は「(ゆかりさんの)魂入ってない」派です。(^^;;

田村「ゆるいからさっきから(スタッフの指示で)「早く行け」「早く行け」。
 あと「座り方注意!」「座り方注意!」って。」

今日はステージと客席に数列間があったので、覗かれる恐れは少なそうでした。
まあかなりまったりして、次の曲へ。
そしてちょっと間を置いての次のMCです。

田村「暑さ大丈夫?」
ノリ「(ゆかりさんの)後ろから風吹いてていいなー。」
田村「MCが抜け出すチャンスだからね。
 大多数が声が大きくない人たちだから、「自分が行ったら後ろの人が」とか気にするけど、後ろの人もそう(同じように思ってる)だから。
 それはもう・・・倒れるか。(^^;;
 座ってるスタッフの人も、退屈、かも、しれないし。(^^;; ああ、「仕事増やすなよー」って思われる。(^^;;」

とっても気を使われています。ありがたや。

ノリ「最近エンゼルのぶっかぶりで見てますよね。」
田村「手と足が何て言うの・・・4人いるよね。
 右と左が違うの。足もあるでしょ。・・・なんなの。」

少しの間、エンゼルさんのパーカッション楽器講座の時間となりました。
どの楽器でもすごいですが、特にパーカッションは種類が豊富なだけ、わけわかりません。

田村「“ギー”って(音を)やろうとしたら、手と足が一緒になっちゃって・・・
 「ゆかりん平手打ちやろうとしてた」って違うからね。
 カホンはコロナの時に練習したの?」
エンゼル「はい。」
田村「すごいね。前回のツアーの時は「手が痛い」って言ってたのに。
 ドラムは学生の時から?」
エンゼル「中学からです。」
田村「やっぱり頭が柔軟なときに一生懸命練習すればいいけど、ゆかり練習嫌いだから。
 稲葉(浩志?)ステップを動画で撮って、(振り付けの先生の)さかなちゃんに送ったんだけど、「自分のフリは自宅で練習しないのに」って。
 ・・・では、気持ちを、落ち着かせて、私が、行きましょう。」

と次の曲へ。今までとは全く雰囲気が違うので、見事な落ち着かせっぷりです。
時は流れて本編では終盤前のMCへ。

田村「(息をすーっと吸って)咽せちゃうからさ。」
ノリ「分かる。」
田村「飲むと咽せるよ。餅食べちゃダメなやつよ。気を付けよ。
 ふざけてたら急に咽せちゃって。昨日もアンコール明けて咽せちゃって。それからすごい調子悪くて。
 (チケットの)“THANK YOU MESSAGE”も酒焼けみたいで。MCと歌うので使う声帯違うんだろうね。」

今は治ってるとのことでご安心を。

田村「いやー楽しんでます?そうでもない?」
ノリ「暑い。」
田村「ゆかりだけ扇風機持ってるー。元気ですか?」
(客席、拍手)
田村「めっちゃ見てる。見てなきゃ誰見に来てるんだって。
 でもいるの。私じゃない誰かを見てる人。メイツちゃんとかバンドメンバーとか。そういうとき、前を通ると「なんかすみません・・・」ってなる。」

田村「元気な人?」
(客席、拍手)
田村「まあ返すか。元気じゃない人?」
(シーン・・・)
田村「そんなさ、毎日元気なわけじゃないでしょ。人生楽しいばかりじゃないでしょ。
 ゆかりみたいな人は人生辛いことばーっかし。
 でもこういう時は楽しいと思いますよ。でも2、3日前は「なんで人の前に立って、しかも間違えないように・・・」って」
ノリ「難しい問題ですよね。」
田村「この前東京で、日・月でやって、今日だからいつもの(週末の)スパンじゃないわけ。
 だからライブがないと・・・ちょっとだけ楽しかった。(^^;; いやいややってるわけじゃないですよ。」

田村「ライブがない週末に久しぶりにTwitter見たら、「ノリさんが暴れすぎてシールド抜けた」って。
 うちの現場でシールド抜けたら承知しないぞって。」

和氣あず未さんのライブの出来事です。(^^;;

田村「(客席を見て)おじさん達がさ、飽きもせず・・・
 ごく稀にご新規の方が、おじさん達の中に、新しいおじさんが。(^^;;
 (自分は)ひっそりとした人生を送りたいと思ってるの。キャスト発表で(自分の名前が)トレンドに載って、「また結婚か?」でその作品は(トレンドから)終わったのに、私だけ残って。」

これは『ヒプノシスマイク』のキャスト発表のことだと思われます。

田村「Twitterのトレンドに入ったら、(ミュージシャンの)RAM RIDERさんがDM送ってくれるの。
 あの人あんまり気付かないタイプだけど、どういう人生送りたいの?って聞かれて「ひっそりとした人生を生きたいです」って言ったら、「あー、トレンドに入ったら俺みたいな人がDM送ってくるし」って。」

噛み合ってない感じがまざまざと。(^^;;
と、ステージ脇の備品置きとなっている机に、あるものがあることを気付きます。

田村「ちょっと待ってー!シーチキン置いてあるー!!!
 しかもマグロと・・・キハダマグロ?って書いてある。しかも開けられるようにしてある・・・
 ちょっと、犯人出てきて!・・・渡辺さん!?しょうがないよ。
 コロナ渦じゃなかったら間違いなく開けてますよ。」
ノリ「味がないから醤油とかいるし。」
田村「マヨネーズがないとー。(シーチキンに)気付いて良かったー。
 ・・・お腹空いたぁ・・・やるかぁ。」
ノリ「渡辺さんのせいですよ。」
田村「そうですよ、渡辺さんのせいですよ。」

わんぱく2人のお腹の虫にスイッチが入りました。
さて次の曲のためにダンサーさんが登場・・・と。

田村「ちゃらららー。ここの、立ち位置を、やっと覚えた。
 まあ次になったら忘れてるかも知れませんが。(^^;;」

地味に注目ポイントかもしれません。(^^;;
早いもので次はアンコール明けのMCです。

田村「はいアンコールどうもありがとうございます。あと2曲ですねぇ。
 ここの会場って立て直す・・・直しますよね?
 どっかの会場といっしょに作り直すって、別のところに移動するってホームページで見ました。
 またなんかオシャレな想像図があるじゃん。ガラス張りの。なんか・・・“もんげー”な。
 もしかしたら(この会場でやるのは)最後かもなって。次は・・・次はって8年来てないから。(^^;;」

ここで専門用語をゆかりさんが言ったのですが、聞き取れず。(というか分かりません)

田村「メインの舞監、いますけど、「すーぐ覚えたこと言うから」って。ドヤ顔で言ってることバレちゃった。
 この趣のある・・・きれいな会場も好きですよ。
 でも今の会場もいいなって。ただ、空調が・・・」

田村「ピン(ライト)が(左右の)両方向にあって、正面は眩しくないけど・・・」
ノリ「ゴルゴ13みたいな。」
田村「狙撃されるような。はい、そうだからいいなあって。」

田村「あと“もんげー”って使おうと思ったのに、あまりないなって。
 地元の人は言わないのかな?ゆかりも(博多弁の)“とっとーと?”って言わないもん。
 でも“もんげー”は“すごい”だっけ?福岡だと“ばり”?
 昨日、いきなり福岡のCMを歌おうとしたら、(ガルーダ)会長だけ笑ってくれて。
 あるんだよね。“もんげー”あるんだよね。」

田村「楽しいな・・・終わりたくないな・・・」
(客席、拍手)
田村「終わりたくないなー。
 3日くらい前はライブやりたくないって言ってたのに。でもコロナだし、やんなきゃなーって。
 今から帰るとなると・・・帰りづらいんだよなぁ・・・備前市の人とか。最近覚えた。備前市。
 ・・・やりますかー。終わりたくないなー。」

なんて言いつつも、重い腰を上げて最後の2曲へ。
そしてとうとう最後の挨拶です。

田村「えー今日は来てくれて本当にありがとうございました。
 えー、おっさんの髪の毛が、ビショビショだね。(^^;;
 キャパの割に近いなって。色んなおっさんがいたり、女の子もいたり。
 でもゆかりんのコスプレはちょっと止めて。ゆかりんが一番可愛いから。・・・はい。(^^;;」

田村「本当にありがとうございました。いやぁ・・・終わりますかねぇ。・・・泣いてる人がいる。
 じゃあ・・・終わるよ?こんな終わり方ある!?
 また・・・あのー、元気な姿の皆さんとお会いできることを願って・・・“元気”というのは気持ちの上で“元気”なことで。
 会いに来てくれたら嬉しいです。」

ここで客席右側の人に「ちょっと座って」とお願いするゆかりさん。
すると後ろには車椅子の人が何人か。ちゃんと見えたようです。

田村「また会いに来たいな、と思った時に来てくれたら嬉しいです。
 みなさん・・・お元気で。またね。」

去り際に投げキッスをしつつ、ゆかりさんが退場して、9年振りの岡山公演が無事に終了しました。
ここまでゆかりさんが「終わりたくない」と言ったのは、今ツアーでは珍しいと思います。それくらい楽しかったです。
ただ座席は狭かったですし、人口密度もあって暑かったですね。(個人的には動いた分も含めて暑かったです)
けどこの暑さすら楽しい思い出として昇華する要因となりそうです。

2daysは9月の横浜までお預けとなりますが、最高の2日間を過ごせました。
皆さまありがとうございました。m(_ _)m
---


07月22日(木曜日・祝日)


今日はゆかりさんのツアー@神戸公演に参加しました。

梅雨明けしてからというもの、どこもかしこもあっちぃことこの上なし。
浜風ならぬ熱風が吹いていました。風が吹いても全っ然涼しくないです。あちぃ。

さておき。
変わらずネタバレを激しくしない形で、MCを中心に書いていきます。よろしくお願いします。m(_ _)m

---
日時:2021年07月22日(木曜日・祝日)18:00〜20:56
タイトル:田村ゆかり LOVE♡LIVE 2021 *Airy-Fairy Twintail*
場所:神戸国際会館 こくさいホール
内容:ライブ

座席は2席ずつ、右か左に空席がある状態でした。
開演前のBGMは今までの公演と同じ。
ライブが始まり、1つ目のMCへ。

田村「えーこんばんは、田村ゆかりでーす。」
 田村ゆかり LOVE♡LIVE 20、21 *Airy-Fairy Twintail*、神戸国際会館、こくさい、ホール、やってきましたー。
 えと、多分、2年前(のツアー)の時も、来てるー・・・
 6月29日!やっぱり同じようなときにやってた。」
ノリ「2daysでしたね。」
田村「なんかやったわ。田村ゆかりでない記憶がサーッと。」

田村「今日何の日?体育の日?10月じゃないの?!去年はどうだったの?・・・去年も?!
 去年この時期、家にいたから記憶が無い・・・
 はー海の日なわけね。山の日はないの?ある?!8月!
 自然のやつ全部付けてもっと休みにすれば・・・鳥の日とか。(^^;;」

田村「あとちょっと・・・(客席が)近い。
 圧が・・・圧が、すごい。極力2メートル(間隔を)取ってるからね。
 ほら、あんまり近づくとゆかり・・・“ゆかり飛沫”みたいのが(最前列の)彼に飛んだら悪いから。
 「ウェルカム」じゃないんだよ。
 (最前列の彼に)ちょっと立ってみて?・・・ノー。嫌ってないから。」

田村「なんか・・・なんか疲れちゃった。リハーサルで疲れちゃった。
 ずっと舞監の「本番まで20分ですよ。フラフープやってないで。」って聞いて。
 あと腹が痛ぇ。「腹が痛ぇ」じゃないよ。お腹が痛い。」

多分ではなく確実にフラフープの打撲傷ですね。(^^;; お大事に。
時は少し飛び、掛け声のあとのコーナー。

田村「みなさん、自由。
ノリ「自由な人たちですね。」
田村「お前もな。全く怒ってない。」
ノリ「すみません。」
田村「全然反省してない。(^^;; 怒ってないけど。」

掛け声以外でも曲も色々と“遊び”が増えて、そして仲の良さが伝わってきます。(^^;;

田村「いや、ここは・・・・・・・・・神戸です。
 ちょっとさ、今日は神戸、新神戸駅で降りて、いつも言ってるけどさ、神戸要素、何も・・・
 ああ、ニューヨークで流行ってるコーヒー店・・・」
ノリ「何?」
田村「スターバックス。

田村「47都道府県の(フラペチーノ)やってて。でも8月?あんまり(期間が)ないのね。
 全部飲めないけど、この会場(の店舗)は開いてなかったけど、正面がやってて。
 神戸さ、チョコレート。
 他のとこさ、変わったことやってるのよ。
 リハーサル終わったら「ゆかりさん、ニューヨークで流行ってるやつです」ってシアトルの風を。
 え?ニューヨークとシアトルって違うの?でもニューヨークの人もシアトルの風を感じたいよ。」

前から思っていましたが、多分東海岸(ニューヨーク)と西海岸(シアトル)だと思います。(^^;;

田村「なんかさ、チョコレート味だった・・・甘々のやつ。それが唯一の神戸の思い出だから。
 みんながw 思い出を作ってくれてwww みんなも気が向いたら飲んでいいのよ。」

ちょうど今ツアーと被っているので、思い出したら飲んでみてます。まあフラペチーノです。(^^;;

田村「あれ結構わんぱくな・・・わんぱくカロリー。基本はフラペチーノだから。
 変わったやつあるのかな?福岡・・・山口とか「ふぐ」じゃないでしょ。」
ノリ「「お湯割り」とか美味しそう。」
田村「東京の飲んでないけどねー。なんだろ・・・コーヒーゼリー?!冷たくないの?!」

地方のは飲む気になりますが、東京はいつも見かけるので、目新しさがなくて逆に飲む気にならないですね。不思議。
「じゃあ・・・行きますか」といった感じで次の曲へ。
そして比較的短いスパンで次のMCへ。

曲終わりでゆかりさんが傍の机の縁をなぞります。(癖でなぞるらしい)
なぞりつつ、チューニング中のノリさんに視線を向けます。

田村「ちょっと、真面目にやってもらっていいですか?」
(ノリさん、ふざけた音を出す)
田村「やってらんねーやー。(^^;;」

言葉とは裏腹に仲の良さが伝わってきます。(^^;;

田村「何曲かやってもらってますけど、みんなには関係無い話なんですけど、この前が東京の公演だったんですけど、ここよりちょっと広くて。
 あーーー緊張したねー。
 GORO MATSUI(作詞家の松井五郎)さんとか来てるわけで。
 「あー、GOROがあそこにー」とか思ってて、「(歌詞)間違いないように」としたら、1曲目で間違えて。
   (松井)五郎さんにしてみたら私なんて45歳の小娘。裏で「GORO」って言ってることもバレて、五郎さんは偉大だな、と。」

田村「これがいいか分からないけど、分からないけど、この「(脱力した姿勢で)アハー」って感じ。
 今日だって真面目にやってるよ!「神戸でやるから行こう」って人もいるでしょ。それが普通だよ。何箇所も来る人が嫌って訳じゃないですよ。
 ・・・行こ。ボロが出る前に行こ。もう出てるんだよ。(^^;;」

言いたいことはすごく分かりますし、緊張した状態、リラックスした状態それぞれの“良さ”があると思っています。
だから回りたくなっちゃうわけですが。(^^;;
そして本編後半のMCへ。

田村「はい、中盤戦のあたり、来て・・・・・・お腹空いたぁ・・・
ノリ「分かるぅ〜。」
田村「みんなお腹空いたの?ゆかりは神戸を感じてないけど、みんなは神戸の何とか・・・・・・・・・とか、感じたのかな?」
(客席、ちらほら挙手)
田村「はぁー。羨ましい。ゆかりはお弁当とかあるから。」
ノリ「油欲しいですね。」

田村「今さっき舞台裏で(スタッフに)「お水をハンバーグと思って飲んでください」って言われて、透明な何かが通ってるのに、なんで?
 何でも“お味噌汁”を置いてる人もいるとか。“シーチキン”も。でも(ステージ上で)食べるわけないか。なんでゆかりはステージで食べると思ったんだ?
 そのまま食べるわけじゃないの。せめてマヨとか・・・
 そして(シーチキンの)油を切る方だから、その人とはわかり合えない。

田村「「から揚げ食べたら喉の痛みが治る」ってデマが。そんなわけないって。」
ノリ「それでしたら僕、喉痛めませんもん。」
田村「喉の調子が悪いとき・・・扁桃腺とか・・・声帯は“気管”だから、水が行ったら咽せるわけ。
 ・・・吸入の液を美味しいやつにすればいいんじゃない?例えば“ハンバーグの煮汁”とか。
 アロマとか結構油入ってるのあるじゃん。だからいけるんじゃない?
ノリ「加湿器に焼酎入れたらみんな酔うんじゃない?」
田村「吸入器に日本酒的な何かが入ってたら・・・気持ちよく・・・合法的に・・・やりませんよ。みんなもやらないでね。」

斜めどころかどっかいった発言です。(^^;;
ネットで調べたら、それっぽいのがいっぱい出てきました。もちろんやりません。(^^;;

「じゃあ行きますか。お腹空いたね。無駄に(ぶらぶらと)動いたから。」と言ってゆかりさんが重い腰を上げます。
“飛沫問題”がありますが、「どうしても前に行きたい」ゆかりさん、曲が始まる前に前へ後ろへとダンサーさんにたしなめられるまで遊びます。こういうのが“無駄な動き”ですね。(楽しいからもっとやってください)

さてもうアンコール明けのMCへ。

田村「アンコールどうもありがとうございます。
 アンコール・・・アンコ・・・あんこ?ああ、歓喜な響き。
 (楽屋にあった)あんパン食べた?」
ノリ「もちろん食べています。」
田村「(自分の手を見て)手汚れてる?・・・あと(腕を見て)ここ、負傷してる。
 バンドの部屋何個置いてあった?あんこのパン。リハ行く前食べたでしょ。
 ゆかりの部屋には2個あって、「これは美味しい。バンド(の部屋)ならもっとあるだろう」と思ったら、不自然に2個なくて。ははーん。」

ノリ「俺もゆかりさんの部屋に行って、意見を交わすフリしてお菓子食べに来てますよ。」
田村「有名なの?(※“あん食のトミーズ”で有名です)まーーー・・・美味しかったよね。
 トミーズって言うの?まーーー・・・美味しかったよね。(^^;; もっと食べたい。まだある?」
ノリ「メリー先輩、始まる10分前に食べてた。」
田村「いいなー!10分前に食べて影響のない人は。」

唄う人と伴奏者の格差が。(^^;;

田村「アンコール前に(スタッフが)マイクとハッピーターン持ってて、そりゃハッピーターン取るよね。
 「(ハッピーターンを取ろうとして)ダメです」「1分前でーす」って。
 いつ(ハッピーターンを)食べたの?やってる間?はーやってられないよー。冗談じゃないよー。

メインを張る悲哀ですね。(違
さてさてもう最後の挨拶です。

田村「えー、今日はみなさん来ていただいてありがとうございました。
 本当はこんな(客席が)近いから、一本釣りをしたかった・・・
 あんまり私前見ないから、あなた達の“圧”を感じていました。
 2階の方?3階の方?4階の方?あとそこの・・・はみ出したとこ。すごいディスタンスあるね。ありがとうございます。
 個々ハッキリとは見てたとは言えませんが、みなさんの“圧”を感じてました。
 もしまた機会があったら、会いに来てくれたら嬉しいなと思います。
 今日は本当にありがとうございました。」

ゆかりさんが投げキッスをしつつ、退場して本公演が終了しました。
東京とは違い、終始“ゆったり”した公演となりました。

個人的にはなんか体感時間が短いなーと思いましたが、時計を見たら本当に短かったのは驚きでした。体感なので中身はとてもぎっしり詰まっていました。
またバンドで色々と音や諸々で遊んでいて、ツアーの見方がまた変わってきたように感じた公演でした。

---


07月18日(日曜日)


生存確認的な更新。

今週末は予定が無かったので、ほぼ引きこもり。緊急事態なんて関係無いです。
金曜日に梅雨明けしてから関東は一気に“夏”到来。“梅雨”の次は“夏”なのでしょうが、毎年のことながらちょっと堪えます。

で、何をして過ごしていたかというと、聞き逃していたラジオを聞いたり、今までのレポをまとめていたり。
月曜日にイベント(ライブ)が入るだけで、かなりリズムが崩れました。日曜日でやっと軌道に乗った感じです。

で、ゆかりさんのツアーをまとめて更新しました。
前からちょくちょく更新していたのですが、これはあの公演を使って、あれはその公演を待って・・・と歯抜け状態になっていました。
まとまった時間が欲しかったので、この週末はいい時間になりました。

そしてトップページからのリンクは曲入りなんでも入り入りの完全版へアップデート。
さすがに二週間以上前になりますし、ツアーの“お約束”もポツポツと出来てきたので、更新してもいいかなと。
いちおう直リンクはTwitter等でお知らせしませんし、ネタバレ回避にはなっていると思います。多分。(指摘が入ったら考え直します←)

さて今週は週後半からバタバタとなりそうなので、楽しめるように色々と整えねば。
もうエアコン入れてもいいかな・・・

新宿の巨大猫、映像が猫に決まった理由は? 企画会社が資料公開 「ディレクターがこっそり忍ばせた案」

「ズゴック」疑似餌になる 釣り具メーカー「ジオン驚異の釣果力」

“夏川椎菜 Zepp Live Tour Pre-2nd”ライブリポート。声が出せなくてもめちゃくちゃ楽しい、夏川椎菜さんの爆発力がエグいライブ!


07月12日(月曜日)


今日はゆかりさんのツアー@東京公演(2日目)に参加しました。
平日で、しかも仕事してからライブに参加するのはいつもながら不思議な心持ちになります。
職場の鞄にペンライトを持っていったことは秘密です。(^^;;

さておき。
変わらずネタバレを激しくしない形で、MCを中心に書いていきます。よろしくお願いします。m(_ _)m

あと念のため書きますが、↓の時間は演者がステージから去り、拍手が一段落し、自分が時計を見た時間です。
なので終演時間はちょっと遅めになっています。(会場から出る時間の目安になるかなと)

---
日時:2021年07月12日(月曜日)18:30〜21:02
タイトル:田村ゆかり LOVE♡LIVE 2021 *Airy-Fairy Twintail*
場所:東京ガーデンシアター
内容:ライブ

座席はフル座席。隅から隅まで満員のお客さんです。
開演前のBGMは今までの公演と同じ。
ライブが始まり、1つ目のMCへ。

田村「えーこんばんは、田村ゆかりです。」
(拍手)
田村「ありがとうございます。
 田村ゆかり LOVE♡LIVE 2021 *Airy-Fairy Twintail*、東京ガーデンシアター、2日目、でございます。
 ありがとうございます。」

田村「あー緊張が・・・」
ノリ「来てた?」
田村「フラフープで遊んでたときから緊張してた。まさか1フレーズ目から歌詞間違えるとは。」

はい、全然気付きませんでした。m(_ _)m

田村「東京は緊張するんですよ。会場大きかったり、偉い人来てたり・・・はぁー・・・」
ノリ「やり直します?」
田村「ダメ!“緊急事態宣言”だもん。気の持ちよう的に「もういっか」という私と「取り戻さねば」という私がいて。
 “緊急事態宣言”だから(次の曲を)やりますか。正直か。(^^;;」

最初のMCからちょっと駆け足気味でした。
そして掛け声の後に。ちょっとした演出もありましたが、また改めて。

田村「今日平日なのね。勝手に祝日だと思ってた。“山の日”みたいな、フワッとした。
 体がビックリしている。起きたらワイドショーやってるし、競馬ないからiPad要らないわ、ってなって。ないと暇ね。
 いつもは忙しくて。メインレースとか。
 お家出る時「明日仕事じゃん」ってなって、リハチェックとか一応見とこうって。」

田村「みんなも働いていたり、気持ちだけは働いたりしてるでしょ。(^^;;
 明日仕事でしょ。エクストリーム出社する人とかいるでしょ。ズザー、とか。
 だから、ありがとうね。来てくれて。

今日が平日なのはビックリですが、ライブ・イベントあっての平日なので、エクストリームも何のそのです。(ぉ
それから結構間を開けて、本編では後半のMCです。

田村「はい、えーと、ちょうど半分くらい。
 ここのMCの入り、いつもどう入っていいか分からない。」
ノリ「“半分”は言わないですね。」

いつの間にか“半分”と言うようになっていましたね。

田村「フラフープブームが来てて、昨日は1本だったけど、家から持ってきて、1、2、3・・・4本!
 みんなでワイワイやってたんだけど、ゆかりが一番上手いと思ってたけど、上には上がいて。三番手。
 一番手はミホちゃん。二番手はもっちー(=ラビさん)。」

ちなみに四番手はドラムのエンゼルでした。

田村「三番手のくせにみんなの出来を審査して、さかなちゃん暫定8位なのに、8位のくせにすごい言うの。「あ〜、ここがもうちょっとね〜」「もっと○○しないと〜」って。
 今、ゆかりがやりたいのは、回しながら歩きたい。
 昨日からやっててお腹が痛いわけ。これは筋肉痛じゃなくて打撲なの。青あざ出来てるし。
 でも毎週やろうかな。家ではやらんのかい。(^^;;」

ゆかりさんのフラフープは1.8kgとか。そりゃあざもできようものです。お気を付けて。

田村「“シャボン玉おじさん”はみんなやってるけど、“フラフープおじさん”は・・・人気のない公園で、おじさんがフラフープをやってて、通報されて、そして事案。
 避けて!それだけは避けて!わざわざピンクのTシャツ着てやんないでね!あー怖い怖い。」

令和の怪談になりそうな案件ですね。(^^;;
早いもので次はもうMC明けです。

田村「はーい、アンコールありがとうございます。
 なんか、あっという間に来たね。よりによって2箇所間違えて。
 なんか楽しいなー、って。
 45歳でこれ(ノリさんに合わせてPPPHのジャンプ)はきつい。呼吸が。
 ノリさん、Bメロでこれは。でも受けて立つよ!

はい、ここで最後の2曲に入ります。
通常ならメンバーを見送ってからゆかりさんが客席に手を振る時間があるのですが、今回はその時間が取れなそうなので曲中に「客電明るくして!」とゆかりさんが言って、唄いながら客席に手を振ってくれました。
なんたる優しさ。女神か。
そして最後の挨拶へ。

田村「ごめんなさい、駆け足になっちゃった。
 今日は本当にありがとうございました。」

田村「これまでそう感じなかったわけじゃないんだけど、なんか幸せだなぁと思いました。ありがとうございます。
 本当に今日は平日にもかかわらず来てくれてありがとうございます。
 また元気に会いに来てくれたら嬉しいなと思います。
 叶うのならまた・・・懲りずに会いに来てくれたら嬉しいなと思います。ありがとうございました。」

深々と一礼し、投げキッスをしながらゆかりさんが退場し、東京2日目が無事に終わりました。
見事に時間内に終わったようです。(ゆかりさんがステージから去って、拍手が一段落し、規制退場を促すスタッフが出てきた時間を見ました)

確かに駆け足気味でしたが、曲は短縮とは言え極端に減らすことなく、手を振る時間は切らないなど、ゆかりさんの気の使いようには本当に頭が下がります。
ラス2曲の「客電明るくして!」の声には涙が出ました。おじさんだもの。

超個人的には両隣がノリの合うおじさんで、後半は彼らに釣られて跳んでみました。息辛い。
けどゆかりさんの優しさに報いるなら、これくらいの息苦しさなんて気になりませんでした。いや、自分が楽しんでいるだけですか。

ともあれ弾けられましたし、感動しましたし、想い出の強い公演になりました。
明日が仕事って、嘘でしょ・・・?
---


07月11日(日曜日)


今日はゆかりさんのツアー@東京公演(1日目)に参加しました。
自宅からのルートは慣れたところが多いし、人混みを避けたかったのでギリギリまで家にいましたが、あれよあれよと近づく黒い雲と雷の音。
これは会場に着く前にびしょ濡れコースか?と半ば諦めていましたが、出る頃には小降りになり、駅から会場までもそんなに濡れずに済みました。ありがたや。

さておき。
変わらずネタバレを激しくしない形で、MCを中心に書いていきます。よろしくお願いします。m(_ _)m

---
日時:2021年07月11日(日曜日)18:10〜21:04
タイトル:田村ゆかり LOVE♡LIVE 2021 *Airy-Fairy Twintail*
場所:東京ガーデンシアター
内容:ライブ

座席はフル座席。隅から隅まで満員のお客さんです。
開演前のBGMは今までの公演と同じ。
ライブが始まり、1つ目のMCへ。

田村「えーこんばんは、田村ゆかりです。」
 田村ゆかり LOVE♡LIVE 2021 *Airy-Fairy Twintail*、東京、ガーデン、シアター、1日目、やっとガーデンシアターにやって来ることが出来ました。  本当だったら初日。けどもはやツアーの折り返し。何だったら数日前にビックリした。」

これは明日から発令される“緊急事態宣言”のことですね。何ともタイミングが。(苦笑)

田村「新しい会場だから・・・きれいだね。」
ノリ「想い出が無い。
田村「想い出は今日次第じゃない?今日がドンヨリだったら・・・なかったことに。(^^;;」

田村「ゆかり東京公演が嫌い・・・“嫌い”と言うより“緊張感”が。ちゃんとやらないといけない。他もちゃんとやろうよ。(^^;;
 んー・・・・・・新潟で許されることが、東京じゃ許されない。
 裏で待機しているときから心臓の音が、心拍数がすご過ぎて。」

田村「もっとこぢんまりしてると思った。勝手に3,000(人)と同じくらいだと思ってた。
 フルで入るとどれくらい?・・・8,000。
 見てよ、天空みたいなとこみたいに。今はごめんね。」

“今は”の意味に何かあるな、と思いましたが・・・答え合わせは後半で。

田村「リハの時は鉄骨っぽい。近未来っぽいと思った。
 “LUNA SEA”さんの台風の後(のライブ)みたいなのを思い出した。」
ノリ「ヘリコプターでやって来たんです。」
田村「ヘリコプターで!?うちの弟は“SLAVE(スレイヴ)”(※LUNA SEAファンの名称)でしたよ。
 はー・・・このままずっと喋って終わりたい。

との思い空しく、ダンサーさんがやって来て曲へ。(^^;;
そして“掛け声”の後のMCへ。

田村「緊張がいつもの人に伝わってるらしくて、(FCスタッフの)あややに「ゆかりさん大丈夫ですか?」って。伝わってるか〜。
 最初のブロックが一番緊張して。あとは珍妙な動きをしてるだけだから。(^^;;」

ここまで見ていましたが、パフォーマンスに緊張感の影響はなかったと思います。(自分が鈍感なだけかも)
結構これからもフリは色々とあると思うのですがが。

田村「ゆかり1人組だから。でも今ツアーはノリさんが勝手に喋って。
ノリ「なんかマイク置いてあるんですよね。」
田村「前に言われたことあるんだけど、録音してる人に、MCの時の声が何dBか上がるんだって。
 (MCは)本当は息を整えなきゃいけないんだけど、ゆかりMCした後の方が疲れてる。

田村「MCもやだ、曲もやだ、やだやだやだ。“やだやだ期”なの。何歳くらいかな。3歳くらいのやつ。
 だから・・・い、いいでしょ?
 お水を飲んだら(次の曲に)行こうね。」
ノリ「・・・すごいのんびり飲んでる。」

歌はきっちり決めるところがズルい。(褒めてます)
ちょっと曲を挟んで再びMCへ。

田村「はー、あのさぁ、緊張は解けないです。
 明日も無理だ。東京は無理だ。“ゆるゆるゆかりん”が見られるのは地方だけだ。」

ステージとの距離もありますし、そんなに大きくない(といっても2,000くらいありますけど)会場だと精神的な距離が近い気がします。
それにちょっとした旅行気分も。

ここで今日のベースについて触れます。
今日はいつものメリーさんではなく、「吉岡(ニックネーム:よしお)」さん。

田村「リハーサルの時もちょくちょく来てもらって、何ならメリーさんよりよく来てる。
 よしおさんと(キーボードの)ラビさんとキャラ被ってる。」
ノリ「シュッとしてる。」
田村「ゆかり、よしおさんのことへし折れると思う。わんぱくなめんじゃねぇぞ。
 握力15(kg)くらいだったけど。」
ノリ「15!?」
田村「へし折れると思う。握力は日常生活に必要無い力だから、実戦は違う。

身振り手振りしつつ、へし折る気満々のゆかりさんです。(?)
ここであることに気付きます。

田村「あー!大変!!!次の着替えの時、超大変。
 ・・・ストッキングが伝線しちゃって。双眼鏡でめっちゃ見てる人いない?嫌なんだけど。本当に。
 (客の1人に向かって)あー!今こう(首を傾けた)でしょ!見てない?今見たでしょ?
 (カメラの)ヤスオさん!この人の前に立って!

本当にカメラがその人の前に立ちました。(何ならその人にカメラを向けていました。(^^;;)
「あー東京はやだな。次の曲行きましょ。」と言って、次の曲へ。とてもきれいな歌声でした。

時は少し飛び、本編の後半のMCへ。

田村「はい、やっと、真ん中、くらいに来たね。・・・辛い。」
ノリ「お腹空いた。」

田村「あの、フラフープ買ったんです。ここ用に。組み立て用の。重いやつと軽いやつ。
 今日来たんです。ゆかり結構出来たんです。フラフープ。
 あとこの中(バンドメンバー)で出来たのが、意外だけど・・・もっちー(※ラビさん)
 ノリさんはやってないんだよね?」
ノリ「よしおと一緒にやったけど、システムがよく分からない。
田村「今日はバンドだけリハが多いからやってたんだけど。」
ノリ「まこっちゃん(※エンゼル)できそう。」
田村「まこっちゃん頭脳派だもんな。」

よく分からない論理が展開されています。(^^;;

田村「あと本番前にやろうと思ったけど、衣装汚しちゃうから。あとフワッとしたとこで浮かしてると思われちゃう。
 もっちーも同じことやってたけど、フラフープやっても飽きるから、回しながら、歩く。
 あとゆかり、回しながら、回る、ということをやってた。
 フラフープ意外と運動になるようなならないような。みんなもわんぱくだなと思ったらやってみて。
 運動神経無いゆかりが出来るんだもん。我々、手がフリーダムだもん。」

フラフープは名古屋の2日目に話題になったとか。
ちなみにこのMCの前の曲からスクリーンがステージ中央に残り、ステージの様子を見ることが出来るようになっていました。

田村「別にみんなに恩着せがましく言うわけじゃないけど、カメラ、スクリーンを出してもらって。
 みんなに何の関係もないけど、本当にありがとうと思って。このためにスクリーンをちょっと後ろにやって、カメラもあって。
 ゆかり舞台図面見るし、急だったけど対応してくれてありがとうございました。

こちらとしてはそんな提案をしてくれるゆかりさんに大感謝です。m(_ _)m
「グダグダと喋っていたいよー!」と言って、曲に行きます。(^^;;

そして早くもアンコール明けに。

田村「はーい、アンコールどうもありがとうございます。
 早いねー。お腹空いたわー。バター入ってるやつ食べたい。カロリー取りたい。短時間で。
 もう、ねぇ、早いものでアンコールのコーナーです。もうみんなとはお別れです。(^^;;」

田村「なんかゆかり、喋りが下手なわけ。
 ゆかりは喋りが上手いと言われますが、口から何も考えずにポロポロポロっと出てるので・・・文字に起こさないで。(^^;;」

あっ・・・手遅れ。(ぉ

田村「(他のライブでは)みんなどんなこと喋ってるの?」
ノリ「でも「お腹空いた」は言わない。

根幹を揺るがされた気がします。(^^;;

田村「明日なんて緊急事態宣言ですよ。なんでしょうね。ピンポイントで。
 何の実りもないMCを終わらせますか。・・・まいっか。」

色々とありましたが、最後の挨拶へ。

田村「えー、本日は、えーっと、ライブに参加してくれてありがとうございました。
 今日に限った話じゃなくて、ライブ私1人で出来るわけじゃなくて、みんなだったり、スタッフさんだったりが作ってくれてて。
 こんな状況下なのに来てくれてありがとうございます。なんか(ツアーの)最後みたいになっちゃった。(^^;;」

田村「また、どこかで、お会い・・・また、どこかでこうして、元気で。“気持ち”ね。元気じゃなくても、会いに来てくれたら嬉しいです。
 これからもよろしくお願いします。本日はありがとうございました。」

深々と一礼し、去り際には投げキッスを投げながらゆかりさんが退場して、東京公演の初日が終了しました。

と思ったら、最後に追加公演のお知らせが!
どよめきながらも大きな声が出ないところに、皆さまの意識を感じました。

さて、ステージは大きくなりましたが、今までとやっていることはいい意味で変わらず。
“いつもの”ツアーを見ることが出来ました。
ゆかりさんは「緊張している」と口にしていましたが、唄っているときは楽しそうだったり情感がこもっていたり、素敵なステージでした。

書き起こしについては、ゆかりさんの優しいところや可愛いところ、あ、素っ頓狂なところももちろん。(^^;;
全部ひっくるめて“田村ゆかり”を1人でも多くの人に知って貰えればいいな、という思いでやっています。多分それは初めから変わりありません。
また今日の“フラフープ”みたいに、参加していないところを保管する上でも助かっています。m(_ _)m

今後は・・・まあ細々と。
目に留まって注意を受けたら、平伏して畳んで逃げます。(^^;;
中野サンプラザ、ファンクラブイベント・・・う、頭が・・・
---


07月04日(日曜日)


今日は・・・熊本に行ってきました。(^^;; 遠路はるばる。
目的はバンドリーマー感謝キャラバン 2021です。
すみぺもゆーきちも出るなら行かねば!と後ろ髪引かれつつ、一念発起して行くことにしました。

・・・前日の大雨の影響で新幹線が動くか不安だったのか、単にいつもの「枕が変わると寝られない」なのか、ほとんど眠れませんでしたが・・・

結局予定どおり新幹線で名古屋→博多→熊本へ移動し、会場へ。
座席は横に36席、縦は昼が12列、夜が9列で、更に番号が飛んでいて(例えば3列目がなく1→2→4列)、かなり不規則でした。

客層は“老若男女”、若い方だと小学生もいましたし、女性も10〜20%くらいいました。
開演前のBGMは今日出演のパスパレとハロハピの曲が交互に流れていました。

時間になり出演者が登場。
昼は上坂→小澤→前島→吉田→豊田(敬称略)の順で登場し、最後のもえしがMC。夜は豊田→吉田→上坂→前島→小澤の順で、亜李ちゃんがMCでした。

コーナーは昼夜ともほとんど同じで、以下のような感じ:

  • ご当地テーマトーク
  • 方言クイズ
  • ジェスチャーゲーム(昼)/3ヒントクイズ(夜)
  • メッセージ紹介

「ご当地テーマトーク」は昼の部こそ熊本に根付いた質問だったりしましたが、夜の部は「遠征の時の必需品は?」「今年の夏にやりたいことは?」と“ご当地”とは?という内容に。(広島も同じ傾向だったそうです)

亜李ちゃんが「相方(=ヒゲドライバー)の出身が山口で、九州には来たことがある」と言ったら、新婚な話でニヤニヤするゆーきち、の動きを見てウケるあみた、
くまモンは公務員で働き過ぎ、
九州の県が言えなかったり(“島”が付く→島根!(上坂))
シャツ系の服が多くてスチームアイロンが遠征の必需品のあみた、
等々。

「方言クイズ」は佐賀出身のゆーきちが有利かと思われましたが、地元の人も分からないくらいの方言で苦戦。
夜の部は汚名返上とばかりにかなりの正答率でした。

で、このコーナーは正解者がそのセリフを他の誰かに言われることが出来る、というのが胆だったりします。
昼の部は時間が無くて全員の出番はありませんでしたが(最後に言わされていました)、夜の部はゆーきちが当たらずに最後の問題も正答し、逃れたはずなのに同調圧力により言わされる羽目に。(^^;;

「クイズ」で会場からペンライトの色でヒントを送ることができました。
ジェスチャーでは小刻みなジェスチャーの多いあみた、何故か失敗するゆーきち(「花火」というお題に「線香花火を死んだ目で持っている」は個人的に好きです)という図式が出来上がりました。(^^;;
3ヒントクイズはほぼノーヒントで当てるもえし、回答数の多いすみぺで、すみぺの勝利。

「メッセージ紹介」は地元の方のメッセージが多く読まれていました。
質問の回答では、第一印象と変わった人は?〜紡木(あみた推薦)、相羽(ゆーきち推薦)や、
声優になって悪かったこと、良かったこと〜「堅気に戻れなくなった」(すみぺ)、楽しいからやってる、ルーチンじゃ無い、法則が無い(だから大変な面も)や、
きついときにはどうやって乗り切る〜「マルチビタミン」(すみぺ)「気合い」(あみた)
等々。

「楽屋みたい」とゆーきちが言っていましたが、あっちゃこっちゃ行く会話がとても楽しく感じられました。
ただ昼の部は70分、夜の部は80分とイベント時間がちょっと短かったのは残念なところです。

行程は大変でしたが、遠くまで脚を伸ばした甲斐は十分にありました。
ただ、もういいかな・・・(遠征ばかりできついんです(涙))