第275回
2019年10月6日(日)15時00分開演
会場:山王オーディアム

菊地美涼(ピアノ)


W. A. モーツァルト:ピアノ・ソナタ 第10番 KV.330 ハ長調
      第1楽章 Allegro moderato
      第2楽章 Andante cantabile
      第3楽章 Allegretto L. ヤナーチェク:「霧の中で」より 1.Andante
F. ショパン:ノクターン 第4番 Op. 15-1 ヘ長調
M. グリンカ(M. バラキレフ編曲):ひばり
M. ムソルグスキー:展覧会の絵
       プロムナード
      1. グノーム(こびと)
       プロムナード
      2. 古城
       プロムナード
      3. テュイルリィー(遊んだ後の子供のけんか)
      4. ビドロ(牛車)
       プロムナード
      5. 卵の殻をつけたひなどりのバレエ
      6. サミュエル・ゴールデンベルグとシュミーレ
       プロムナード
      7. リモージュの市場
      8. カタコンブ(ローマ時代の墓)
      9. 鶏の足の上の小屋(バーバ・ヤーガ)
      10. キエフの大門


この度「未来からくる演奏家を聴く会」にて演奏させていただくことになりました、菊地美涼です。
今回は私が留学していたオーストリア・ザルツブルクゆかりの作曲家であるモーツァルトの作品に始まり、秋のどこか寂しさを感じさせる空気にぴったりな哀愁漂う3曲の小品、そして後半にはムソルグスキーの「展覧会の絵」を演奏させていただきます。芸術の秋、音楽を存分に味わっていただける時間をお届けできたらと思います。皆様にお目にかかれるのを楽しみにしております。



菊地美涼(きくち みすず)
埼玉県出身。ヤマハマスタークラスにて学び、その後ザルツブルグ・モーツァルテウム音楽大学に入学、A.ウェーバー氏のもと研鑽を積む。
2011年にはモーツァルトプライス2011(モーツァルテウム学内コンクール)にて第1位を受賞。同大学大学院ソリスト課程に進学し、2017年秋に最優秀の成績で卒業。2012~2014年度ヤマハ音楽振興会留学奨学生。
彩の国埼玉ピアノコンクールA 部門金賞、ピティナ・ピアノコンペティション全国決勝大会D 級銅賞、エトリンゲン国際青少年ピアノコンクールA 部門(15 歳以下)第1位およびベーレンライター原典版賞(ドイツ)、ショパン国際ピアノコンクールin ASIA アジア大会 中学生部門金賞、カールチェルニー国際ピアノコンクール 第2カテゴリー(14~16 歳)第1 位(チェコ)、ヨーロッパショパンピアノコンクール最年少5 位(ドイツ)、ショパン国際ピアノコンクールin ASIA アジア大会 一般部門銀賞など、幼少の頃より数多くのコンクールで優秀な成績を収める。
Bunkamuraオーチャードホールにて「ヤマハ・ガラ・コンサート」に出演し、十束尚宏指揮、新日本フィルハーモニー交響楽団と共演。海外においても、オーベル・シュル・オワーズ国際音楽祭(フランス)、ヤマハマスタークラス・コンサート(ロンドン・ドイツ)、Stiftskirche Mattseeでのリサイタル(オーストリア)、ミラベル宮殿コンサート(オーストリア)など数多くの演奏活動を行い、2016年にはYoung Classic Europe(ドイツ)のオープニングコンサートに出演、バジル H. E. コールマン指揮、ニーダーバイエルン・フィルハーモニー交響楽団と共演した。また、プリマヴィスタ弦楽四重奏団(ポーランド)、ザルツブルガー・ゾリステン(オーストリア)と共演するなど、室内楽にも力を傾注している。 デビュー・アルバムとなる "Mozart Favorite Piano Works ピアノソナタ第13番~モーツァルト作品集" をリリース。
帰国後は国内を中心に演奏活動を行うほか、教育面でも後進の育成に尽力している。
公式アーティストページ:http://www.misuzukikuchi.com