TOPページ → http://www.metalgear-works.com


※画像はクラッチカバー用ステンレステーパーキャップボルトセット(750F/900F/1100RB/RC用)です

テーパーキャップボルトセット
【CB750F/900F/1100F/1100R】

エンジン周りのカバー装着に使用するボルトをテーパーキャップボルトにてラインナップ。
セットは各カバーごとに用意しましたので、必要な部分だけ購入可能です。
材質はチタンとステンレスの2種類を用意しました。
チタンボルトには64チタン合金を使用。
64チタン合金とは…アメリカATSM規格に沿った6AL-4Vチタニウム(通称64チタン)。Grade5とも呼ばれ、軍事目的、航空機材に用いられます。
強度は金属の中でも抜群で構造部材としては最強の金属の一つです。
装着時にはボルトネジ部に「ネジ焼付け防止剤」を塗布して下さい。

当方取り扱いのチタンボルトはMETALIZE社製チタンボルトです
METALIZE -メタライズ- はチタン・チタン合金を主体としたバイクパーツ・64チタンボルトメーカーです。
チタニウムの軽量・高剛性・高耐久性は荷重や天候などの過酷な状況にされされるバイクこそ最適だ、
という思想のもとにMETALIZEは立ち上げられました。


メーカーウェブサイトはこちら

テーパーキャップボルトセット
適応車種 対応カバー 品番 価格(税抜)
CB750F(RC04)、CB900F(SC01/SC09)
CB1100F(SC11)、CB1100R(SC05/SC08)

※ボルトの材質はステンレス製となります
ジェネレーターカバー
(750F/900F/1100F用)
※1100Rは装着不可
04-0101-050001-SU \540
(税込:\594)
クラッチカバー
(750F/900F/1100RB/RC用)
04-0101-050002-SU \1,980
(税込:\2,178)
クラッチカバー
(1100F/1100RD用)
04-0101-050005-SU \1,980
(税込:\2,178)
L.クランクケースカバー
(750F/900F/1100F/1100R用)
04-0101-050003-SU \1,450
(税込:\1,595)
L.クランクケースリヤカバー
(750F/900F/1100F/1100R用)
04-0101-050004-SU \720
(税込:\792)
CB750F(RC04)、CB900F(SC01/SC09)
CB1100F(SC11)、CB1100R(SC05/SC08)

※ボルトの材質はチタン製となります
ジェネレーターカバー
(750F/900F/1100F用)
※1100Rは装着不可
04-0101-050001-TI \7,200
(税込:\7,920)
クラッチカバー
(750F/900F/1100RB/RC用)
04-0101-050002-TI \8,860
(税込:\9,746)
クラッチカバー
(1100F/1100RD用)
04-0101-050005-TI \8,860
(税込:\9,746)
L.クランクケースカバー
(750F/900F/1100F/1100R用)
04-0101-050003-TI \6,290
(税込:\6,919)
L.クランクケースリヤカバー
(750F/900F/1100F/1100R用)
04-0101-050004-TI \5,970
(税込:\6,567)



キットには「ネジ焼付け防止剤」は付属していません。同時にお買求めのお客様は、こちらからどうぞ。

品名 品番 価格(税抜)
アンチシーズ
ネジ焼付け防止剤(28g)
40615 \1,450
(税込:\1,595)
アンチシーズ
ネジ焼付け防止剤(5g)
40623 \550
(税込:\605)


The mail order of this web site is limited to Japan. The overseas shipment has not done.
当ウェブサイトの通信販売は日本国内に限定しています。海外への出荷は行っていません。

他の画像が表示されない、ネットショッピングが出来ない場合は…
■[ツール]→[インターネットオプション]→[セキュリティ]タブより、[このゾーンのセキュリティのレベル]のスライダを既定のレベルにして下さい。
■[ツール]→[インターネットオプション]→[プライバシー]タブより、[インターネットゾーンの設定]のスライダを既定のレベルにして下さい。

商品の改良 及び デザイン・原料価格の変更などにより、形状・仕様・価格を予告なく改定する場合があります。
搭載写真の色と仕様は、現品と若干異なる場合があります。
装着は確かな技術と知識を持つ方により行って下さい。作業に自信の無い方はパーツショップあるいは整備士資格保持者に取り付けを依頼されることをおすすめします(正しい装着方法・使用目的・使用方法が守られていない場合、商品の性能は保証できません)