Top浮世絵文献資料館浮世絵師総覧
 
☆ ほうしゅう かみや 神屋 蓬洲浮世絵師名一覧
〔安永5年(1776) ~ 天保2年(1831)?・56歳?〕
(春川五七〈ごしち〉参照)
 ※〔目録DB〕:「日本古典籍総合目録」〔中本型読本〕:「中本型読本書目年表稿」   〔江戸読本〕:「江戸読本書目年表稿(文化期)」  ☆ 享和年間(1801~1803)    ◯『増訂武江年表』2p26(斎藤月岑著・嘉永元年脱稿・同三年刊)   (「享和年間記事」)   〝(当時の江戸の戯作者)山東京伝・曲亭馬琴・式亭三馬・六樹園飯盛・小枝繁・感和亭鬼武、十返舎一    九・振鷺亭・談洲楼焉馬・高井蘭山・山東京山・芍薬亭長根・柳亭種彦・梅暮里谷峨・神屋蓬州・南仙    笑楚満人・東里山人・東西庵南北〟  ☆ 文化四年(1807)  ◯『【画入読本】外題作者画工書肆名目集』(絵入読本改掛(アラタメガカリ)・斎藤市左衛門記)   〝『【娘一人/聟八人】教草情奥儀』前編二冊 蓬洲画作 大和田安兵衛/西村源六ト相成候    『【高水/茶話】竜孫戞玉』ト改 十二月六日出ル十二日渡ス【辰壬(ママ)六月廿四日再改出ル/同九月    十五日本出来廿日売出し〟    〈最初『教草情奥儀』の書名で改(アラタメ・検閲)に出したが許可が下りなかったので、翌年五月、書名を『竜孫戞玉』に     代えて改に出したのである〉    ☆ 文化五年(1808)    ◯『とこよもの』〔江戸狂歌・第七巻〕(尋幽亭載名編・文化五年(1808)刊)   (唐衣橘洲七回忌追善集)   〔編者〕尋幽亭載名(序文により「としな」と読む)   〔画者〕蓬洲橘実吉(神屋蓬洲)   〝野に有て虫もなくらし師のことをおもひ出せる七月のへん 蓬洲橘実吉〟    〈蓬洲は狂歌を唐衣橘洲に習い、狂歌名を橘実吉と称したようである〉    ◯「合巻年表」〔目録DB〕   ◇合巻(文化五年刊)※角署は省略    神屋蓬洲画      『敵討小万ケ紅粉』神屋蓬洲(春川五七)画・作    ◯「読本年表」   ◇読本(文化五年刊)※角書は省略    神屋蓬洲画    『復讎十三七月』神屋蓬洲画・作〔中本型読本〕    『竜孫戞玉』  神屋蓬洲画・作〔目録DB〕    〈この『竜孫戞玉』の読みは「たけのともずり」。その出版の経緯は文化四年の『【画入読本】外題作者画工書肆名目集』     記事参照〉    ☆ 文化六年(1809)    ◯「読本年表」〔中本型読本〕   ◇読本(文化六年刊)※角書は省略    神屋蓬洲画『敲氷茶話龍孫戞玉』神谷蓬洲画・作    ☆ 文化九年(1812)    ◯「読本年表」   ◇読本(文化九年刊)※角書は省略    神屋蓬洲画    『天縁奇遇』 神屋蓬洲作・画〔江戸読本〕    『復讐雙三弦』蓬洲画・作  〔中本型読本〕    ☆ 文政五年(1822)    ◯「合巻年表」〔目録DB〕   ◇合巻(文政五年刊)※角書は省略    神屋蓬洲画    『教草情奥義』神屋蓬洲画・作    〈文化五年刊の読本『竜孫戞玉』の元の書名が『教草情奥儀』であった。(文化四年の『【画入読本】外題作者画工書肆名目     集』参照)この合巻『教草情奥義』は読本『竜孫戞玉』を合巻化したものか〉    ☆ 没後資料    ◯『増補浮世絵類考』(ケンブリッジ本)(斎藤月岑編・天保十五年(1844)序)   (( )は割註・〈 〉は書入れ・〔 〕は見せ消ち)   〝神屋逢洲     俗称 亀助  江戸の人 文化中なり。御家人のよし也    画作の読本二三部あり(戯れに一絃の琴をひけり 天縁奇遇 五冊 竹取物語 中本)〟    ◯『戯作者小伝』〔燕石〕②48(岩本活東子編・安政三年成立)   〝神屋逢洲    小石川に住せり。後花洛に移住せし由。自ら画き、みづから書し、又彫刻をせしとぞ〟    〈『戯作者撰集』に同文あり〉    ◯『浮世絵師人名辞書』(桑原羊次郎著・教文館・大正十二年(1923)刊)   (国立国会図書館・近代デジタルライブラリー)   〝蓬洲 神谷氏、大阪産、京都に転住して、春川五七と名乗る、自作、自画、自彫なり、天保初年没、五    十二三歳〟    ◯『狂歌人名辞書』p205(狩野快庵編・昭和三年(1828)刊)   〝神谷逢洲、別号・春川五七、通称青木亀助、東都小石川に住する戯作者にして浮世絵に長じ、狂歌を善    くす、天保の初め京都祇園下河原に徒り、同地にて歿すと云ふ〟    ◯「日本小説作家人名辞書」(山崎麓編『日本小説書目年表』所収、昭和四年(1929)刊)   ◇「神谷蓬洲」p722   〝神屋蓬洲    通称は青木亀助、画号を春川吾七と云ひ、別号を蓬莱亭、神屋蓬洲と云ふ。初め本郷御弓町に住み、又    小石川に移る。後年京都祇園下河原に転居、天保三年歿、年五十余。俳優似顔絵を能くした。著作、挿    画、筆耕、及び彫板皆自分の手でしたといふ。「復讐十三七月」(文化五年(1808)刊)、「天縁奇遇」    (文化九年(1812)刊)等の作者〟     ◇「春川五七」p813   〝春川五七    神屋蓬洲の画名、神屋蓬洲を見よ。「当見座眼鬘」(天保三年(1832)刊)の作者〟    ◯「日本古典籍総合目録」(国文学研究資料館)   〔神屋蓬洲名の版本〕    作品数:8点(「作品数」は必ずしも「分類」や「成立年」の点数合計と一致するとは限りません)    画号他:神屋蓬洲・神谷蓬洲    分 類:読本5・合巻2・滑稽本1    成 立:文化4~5・9年(6点)        文政5年    (1点)    〈読本『天縁奇遇』は二本あって、神屋蓬洲作・画(文化九年(1812)刊)と、神屋蓬洲原作・柳亭種彦二世作・歌川芳     洲画(成立年記載なし)とがある〉