本文へスキップ

福井の妊活サポートならお任せください。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0776-35-1109

〒918-8005 福井市みのり3-10-10
メールでのお問い合わせもお気軽に

不妊症専門の鍼灸治療を行っています

☆当院の不妊症に対する鍼灸に興味をお持ち下さりありがとうございます☆
自然妊娠希望から、体外受精のサポートまで色々な状況の患者様に対応させていただいております。

不妊症への鍼灸治療とはどういうものなのか、結果は出るのか、なるべく当ホームページでわかりやすく説明させていただこうと思います。

そして、今この時に挙児を希望されている方の、お力になれればと心から願っています。

鍼灸で妊娠しやすい体を作りましょう

現代医学は卵と受精卵、ホルモン値や免疫といった具体的な妊娠へのアプローチをすることに対して、東洋医学は母体の身体の体質を良くすることが妊娠につながると考えます。
母体を生き物を育む大地に見立て、いのち溢れる状態にしていくイメージを持っていただけるとわかりやすいかもしれません。

東洋医学の言葉を使うならば、身体を温め、気を補い、巡らし、血をきれいにし、滞りなく流れる状態。
そして、鍼灸治療を行うことで五臓六腑の気血を調和させ、強めることで妊娠する状態になります。
とくに、下の3つが妊娠につながる東洋医学ならではの臓器で、その働きは、
腎(じん)… 妊娠や生命力を司る臓器→強めると妊娠力が上がる
肝(かん)… 血液をためておく→卵を育てたり、赤ちゃんへの栄養分を増やして妊娠を継続させる
脾(ひ) … 食べ物から血を作る→肝にためる血液を作る

となります。鍼灸ではこの3つの臓器に対して、経絡とツボを使うことで強めていきます。
不妊に悩む人はどこかが弱いので、腎・肝・脾を重点的に治療していきます。

鍼の施術について

どのような鍼をするか、それが一番知りたいところだと思います。

施術の際はグローブを着用しております。また、コロナウイルス対策としてマスクとフェイスシールドを着用しております。

治療の手順として

その日の月経周期の確認をします。
併せて、体調と病院での診察の結果、今後の予定をお伺いします。(特に体外受精時)

脈を診ます。舌も見ます

仰向けから始まり、お腹→足→骨盤の横→うつ伏せになり、頭→首→背中→腰→(ふくらはぎ)

という順に鍼をしていきます。

鍼の後、腰や背中、足などにお灸をします。お腹には電子温灸器でゆっくり温めます。

状況によってはしばらく休んでいただきます。
初診時は1時間ぐらい、2回目以降は40分ぐらいかかります。

気になる症状がある場合は併せて行います。(追加料金はかかりません)

鍼は使い捨ての鍼を用います。髪の毛ぐらいの太さですのでほとんど痛みは感じません。
また、当院の手技のほとんどはツボを手でとらえた後は、ごく浅い場所で1〜5oくらい刺します。
ただ、坐骨神経痛の鍼をした患者様が自然妊娠した経験から、排卵するまでは仙骨部と臀部には深めの鍼をします。骨盤深部の緊張緩和と血流を促すことにより、子宮や卵巣の血流改善とよい卵子を育て着床しやすい状態を作り出します。
お灸はなるべく火傷しないように細心の注意を払って効果のある腰のツボに行います。熱くなったら取りますのでご安心ください。

お腹と腰はとても重要なところです。たくさんの子宮と卵巣のツボがあります。骨盤を前後左右と立体的に見ることで弱い部分と血が滞っているところ、冷えが強い部分がわかります。
頭は精神的な疲れや骨盤の反応が一部現れます。
足は肝・脾・腎のツボが流れる重要な部位です。足の冷えをとることは、子宮卵巣に行く血液を温めることになるので大切な治療部位です。
背中は五臓のツボが並んでいます。内臓の強さを高めることと、自律神経的なバランスを整えるときに必要となります。
このように意味合いを持って当院では治療を行っております。

痛そう、こわい、不衛生、というイメージが少しでも当院の治療で改善していただければと思います。

最近の科学的な研究

鍼灸の効果は少しずつですが科学的に解明されてきています。不妊鍼灸が広まりを見せる中、エビデンスに基づく指針が必要とされてきています。
その様な情勢の中で
・子宮の血流が改善する
・精神が安定して妊娠しやすくなる
・卵の質がよくなりやすい
・採卵数が伸びる傾向にある
という効果が学会等で報告されてきました。
その結果として妊娠率が上がるのではないかと言われています。
さらに、不妊症以外でも
・全身の血流が向上する→内臓機能が強まる→妊娠する強さに結び付く
・自律神経に良い影響を及ぼす→ホルモンバランスにも良い影響が起きる→妊娠する環境が整う
ということが、子宮卵巣を含めた、全身的な妊娠力の高まりになると考えられています。

通院の仕方

鍼の効果は1週間ぐらい続きます。効果が切れる前に鍼を続けて行うことで、身体を良い状態に保ちます。
ですから週に1回程度の通院が望ましいです。
そして、1〜3か月ぐらいすると体質の変化が見られます。よくあることとして、基礎体温が上昇し、お通じや睡眠が良くなることがあるのですが、血流と自律神経のバランスが改善している表れとなります。
そうして、3〜6か月後には妊娠しやすい時期が訪れます。体質がもともとあまり良くない人はもう少しかかりますが、半年から1年で多くの人が妊娠していきます。
ただ、妊活は心のコンディションが左右します。
時には治療を休みながら、ゆっくりと身体を作っていきましょう。

病院との併用について

海外の研究では体外受精の移植の際、鍼灸を行うことで妊娠率が上がるという報告があります。
当院では、タイミングはもちろん人工授精や体外受精のサポートとして鍼灸を行っております。
病院での治療の状況に合わせて、病院の治療に有害にならないような身体に負担の少ない鍼灸を提供しております。

informationお知らせ

  • 妊娠成績のページを更新しました

  • コロナウイルス対策として、ご来院の際、手の消毒とうがいをお願いしております。

 このページの先頭へ

ナビゲーション


Akebono acpuncture clinicあけぼの鍼灸院

〒918-8005
福井市みのり3-10-10
TEL 0776-35-1109
FAX 0776-35-1238

スマートフォン版