雨でもサンシャイン!!漢なら登頂すれ!!
 登りモノ第二弾っ!!またまたトウキョウにある建物っス!!
その名は『サーンシャイーン』!!今度はビルだぜビル!!
それでは、登頂スタートォ〜!!
相変わらずページは重いです。

 ・・・それは、先日放送された『トゥナイト2』(テレビ朝日系列)での事だった。
その日は特集で、"水族館に謎の生物出現!!"というのをやっていた。よくよく見てみたらドリームキャストで今度発売される『シーマン』という音声認識ゲームソフトの特集だった。
 へぇ〜、水族館にシーマンかぁ・・・。セガも考えてるなぁ〜。場所はサンシャイン国際水族館ねぇ・・・。
サンシャイン国際水族館・・・。地上10階・・・。池袋サンシャインビル・・・。60階・・・。
キュピーン☆
・・・登るか?

 ってな訳でいきなりこの無謀な企画はスタートしたっス。

 早速サンシャインビルの場所を調べ、いざ横須賀中央にGO!!


 京急線から山手線に乗換え池袋駅到着。『サンシャインシティー通り』とかいうあからさまな場所を目指して駅から出ると・・・。


あれだ、アレが『サンシャイン』だ!!

 回りを見てもでかいビルはこれしか見当たらない。多分このビルだろう。早速オイラのサンヨー製デジカメ『儀助(ぎすけ)』(本日命名)で撮影。
所々にじんでるのは雨のせいっス。決して霊とか怨霊とかの類ではないのでご安心を。しかし、でかい。このビルを本当に60階登れるのだろうか・・・?不安を抱きつつも早速中に入る。

 中に入ると普通のオフィスビルのようだった。回りを見た限り階段は見付からない。こんな時は聞くのが一番っス!・・・ってな事でエレベーター付近に立っていた警備員のオッチャンに階段の場所を聞く。

ツヴァイ「あの、スイマセン。」
警備員「はい?」
ツヴァイ「階段ってどこにあります?」
警備員「え?階段ならあそこにもそこにもありますけど?」
ツヴァイ「いや、そうじゃなくて60階まで行ける階段を探してるんですけど。」
警備員「は?展望台ならエレベーターで行けますが?」
ツヴァイ「いや、階段で行きたいんです。」
警備員「・・・(呆れ顔)。でも、屋上には行けませんよ?」
ツヴァイ「(何ぃ!?)・・・いや、登れれば良いんです!!」
警備員「・・・(苦笑)。はぁ、階段だったらここですね。」

 と、警備員のオッチャンはとあるドアを案内してくれた。多分オッチャンはオイラの事を変なヤツだと思ったかもしれない。いや、思ったであろう。しかしオイラは全然気にしないっス。なぜならKOI2さんに鍛えられたから(^^;

 ドアを開け、早速登頂スタート!!・・・ここでオイラにはもう一つの目標があった。それは、10階にあるサンシャイン国際水族館に居るはずの『シーマン』に会うことである。ってな訳でまず10階を目指す。

 10階到着。早速ドアを開け水族館にGO!!・・・しかし、オフィスしかなく全然水族館が見付からない。ウロウロと探し回っていると、エレベーター付近に立て看板があった。

ここには水族館はありません。水族館は隣のビルです。

 ・・・何ぃ!?サンシャインって二つビルがあったのかぁ!!
知らなかったっス。ジェネレーションギャップを感じた(意味不明)。うーん、田舎もん丸だしっス。
 しょうがないので水族館は後回しにしてとりあえず頂上を目指す。19階あたりで清掃をしていたオッサンにみつかる。怒られる!!と思ったが何も言われなかった。

 30階到着。やっと半分。だが、まだ疲れはない。おおっ、オイラって意外に体力あるじゃ〜ん。よっしゃ、ずんずん行ってみよう!!

 40階到着。ま、まだまだ大丈夫!!と、心では思ってても体は正直で足がフラフラしてきて、汗をかきはじめる。ここら辺りから上着を一枚脱ぐ。足の感覚がなくなってきて、一段を踏み外しそうになる。でも、何も考えずにただもくもくと登る。はぁはぁ言いながら登ってると、40〜50階の辺り(どこか忘れた)でスーツ姿のお兄ちゃんに会う。怒られる&笑われる!!・・・と、思ったが何も言われなかったっス。

 ついに60階到着!!おおっ、オイラはやり遂げたぜぇ!!早速記念に一枚撮ろう!!パチリ。・・・上のは綺麗に撮れてますが、体力的には下の写真の様な感じでした。

 早速60階を探索してみようとドアを開けてみるが、何か思いっきりオフィスな感じだったので探索を止める。しょうがないのでそのまま降りる事にした。ここまで登ってくるのにかなり体力を消耗したので、エレベーターを使おうかなぁ?と思った。登りより下りの方が筋力を使うってどっかの漫画に書いてあったし。でもふと、KOI2さんに言われたとある言葉を思い出した。

私が技の一号でToshiさんが力の二号なら、ツヴァイさんはV3ですね。

 そーだった。V3がこんな弱音を吐いてはいけない。こうなったら階段で降りてやるぜ!!そして意気揚揚と階段を降りる。
・・・でも、疲れたので途中で立ち止まり休憩をとっていると、急にももがブルブルと震え出す。ヤバイ、肉離れか!?と思ったがすぐにおさまった。ふとドアを見ると49階。とても嫌な予感がした
 そんなこんなでついに1階到着。到着した時の体力はこんな感じでした。

 フラフラになりつつも隣のビルにある『サンシャイン国際水族館』を目指す。そして、10階にある券売り場に到着する。しかし、長蛇の列ができていた。何でこんなに混んでるの!?・・・はは〜ん、こいつらもシーマン狙いだな?思ったが、どうやらそうではないみたいで、休日だからであった。でも、相変わらず居るのがバカップル。・・・足をブルブル震えさせながらその後ろに並んでる自分が情けなくなってくるが、それでもめげずにチケット購入。大人一人1600円。ぶはぁ!!高けぇ!!昼飯カップメン漢のオイラにはかなり痛い出費。くっそぉ、こうなったら色々見てやる。早速館内へGO!!

 館内にはラッコ、ゴマアザラシ、マンボウなどがいたっス。でも、水族館なのに何故か蛇がいる。色々回ったが、シーマンの姿が見当たらない。あれ?もう展示終わったのかなぁ〜?うーん、しょうがない。最後にクリオネ館って所に行って終わりにしよう。
早速クリオネ館に行く。するとそこには・・・、

いたぁ!!シーマンだぁ〜!!!!
 何故クリオネ館に?と疑問に思ったがそんな事は気にしない。ここで第二の目標を実行する事にする。先人がやった事(ここ12月16日参照っス)だが、オイラもそれを実行しなければならない!実行しなければならない!!それが漢だ!!
 回りに家族連れやカップルがいる中マイクに向かって話しかける。

ツヴァイ「シーマン。」
シーマン「え?よく聞こえない。」
ツヴァイ「シーマン!!」
シーマン「うわ、ビックリした!!」
ツヴァイ「・・・死ね!!」
 するとシーマンは、
「何ぃ?」
 ・・・リアクション、さぶぅ〜!!オイラ的には、『お前が死ね!!』ぐらい言って欲しかったのに、かなり期待外れ。セガ、発売までにはもっとリアクションを覚えさせるように。マジで!!

 他にも、「そこの草を食え!!」とか「後ろに泳いでる魚を食え!!」とか言ってみたが大したリアクションはなかったっス。
これを言っていた時、業界人らしき人物が8ミリビデオでオイラの事を撮影してた様な気がするが、まあ気にしないっス。

総評:
・階段で60階を登るのはかなりキツイので、タオルと水は必須です。
・階段は結構距離があるので、ブーツなどで行かず履き慣れた靴で行きましょう。
・水族館には一人で入らないほうが良いです。かなり寂しい思いをします。
・シーマンはゲームソフト上の架空の生物です。実在はしていませんのでご了承ください。
 (と、入場券売り場に張り紙がしてあったっス。)