箕面湯元・水春
箕面美人の湯


温泉名 箕面美人の湯
入浴施設の名称 箕面湯元 水春
住所 箕面市船場東3-13-11
公共交通機関 地下鉄千里中央駅 阪急北千里駅から送迎バスあり
詳細は問合せて下さい  
地図 by マピオン 現地周辺の地図  現地の天気も掲載されています。
電話番号 072-726-4126
泉質 ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物温泉
 (低張性・弱アルカリ性・低温泉 泉温28.1℃ pH7.9)  
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、打ち身、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進、切り傷、火傷、慢性皮膚病
飲用の可否 不可
露天の有無 あり
料金 大人700円 小人350円 幼児100円
営業時間 9:00-26:00
定休日 年中無休(臨時休業あり)
備考 リンスインシャンプー・ボディーソープあり
マッサージ、垢すり、レストラン、散髪屋あり
利用者は駐車場無料
ホームページ http://bvw.jp/ms/suisyun/

 水春は箕面市の船場東にある複合施設「ビーバーワールド」内に湧く日帰り温泉施設です。温泉の他にゲームランドや100円ショップ、飲食店なども同居しています。場所は新御堂筋から東に入った所ですが、171号線と中央環状の中間点付近ですので、大阪方面からだけでなく、伊丹や高槻からでも行き易いところです。電車だと千里中央や北千里から送迎バスがあるようです。
 それではさっそく大きな建物に入ってみましょう。1階はゲームランドや100円ショップで、温泉は2階です。100円リターン式の下足箱に靴を入れて、入浴券を購入しフロントで渡します。レストランやマッサージ、床屋が周囲にありました。脱衣所や浴室も同じ2階で、平行移動ですみます。同じく100円リターン式の脱衣箱に服を入れて、準備完了です。
 浴室はまず内湯から入ってみましょう。温度が低めの白湯と、各種ジェットの並んだ浴槽が入口の奥にあり、水風呂が続いています。その横はサウナ(テレビ付)で、30人以上が入れる大きなものです。内湯はもう一部屋あって、入浴剤入りの浴槽と洗い場があります。露天は壺湯の他、檜風呂、寝湯、スチーム式の漢方薬草サウナ(TVなし)など盛りだくさんです。
 肝心の温泉は、岩風呂タイプの浴槽に注がれています。浴槽は3つあり、高低差をつけて上から流れ落ちるようになっています。お湯は薄い白色(灰白色)をしていて、近辺では珍しい色です。臭いや味は特に無く、浴感は多少ツルっとするかなぁと言う感じです。源泉は「箕面美人の湯」と名付けられていて、3つ浴槽のうち一番上の浴槽は絶え間無くお湯が注がれていて、下に流れ落ちていました。温泉の利用方法は泉温が28.1度と低い為、加温されています。また湧出量も26リットルと少ない為、加水されています。源泉100%のお湯は、どの程度濁っていたのだろうかと考えつつ施設を出ました。



 

浴室配置図




2005年5月




情報は入浴時のものです。また、誤りがある場合もありますので、事前に各施設にご確認ください。
このページや写真、配置図への無断リンクはご遠慮ください。リンクご希望の場合はご一報ください。
ホーム及び温泉Hopperはリンクフリーです。