木彫刻・合鹿椀 漆器
能登塗・大宮工房
woodcarving & urushi japan
大 宮 静 時 omiya, seiji
ENGLISH

PROFILE
富山県井波木彫刻家・横山一夢氏に師事。能登のキリコ祭りの木彫刻制作に多数関わる。幻の古椀・合鹿椀に出逢い独自の漆塗りの木器を制作。09合鹿椀を復元。ロンドン他、国内外で個展開催。詳しくはこちらを。

EXHIBITION
しいのき迎賓館開館記念
「能登と加賀の技展」復元合鹿椀


<合鹿椀と大宮静時の世界展>
  ・ラップネットシップ/神宮前
  ・
エルガーラホール/福岡・天神
  ・合鹿椀復元展/能登・福正寺

・木工家具・小島伸吾二人展

合鹿椀

合鹿椀とは

1985年作

2010.10月開催COP10
 あいち・なごや 生物多様性交流フェアに大宮静時の復元・合鹿椀が
参加しました。
メディア
JAPANESE DESIGN(daab社/ドイツ)、本、

雑誌、新聞、TV

 
NET-EXHIBITION
・Vol.3木彫刻家・大宮静時
 漆器・木器展開催中


お知らせ
これからの展示会予定器スタジオTRY 大宮静時 木のうつわ展
2014.4.25-5.3 東京都新宿区中落合 器スタジオTRY
           在廊日4月26-27日
NEW!
2013.10.12-14 能登 プロジェクト・ティー・ハウス詳細はこちら
            能登里山の木の器
2013.4.5-14   東京・新宿 
器スタジオTRY 詳細はこちら
             4.6(土),7(日) 午後5時よりギャラリートーク
2013.5.27-6.2 福岡・天神 ギャラリー風 詳細は
こちら

過去の展示会
2012.10.15-22 石川・金沢 しいのき迎賓館
2012.10.31-11.6 京都高島屋 美術工芸サロン
・2012.11.20-26  福岡・中洲川端 鈴懸本店
2012.3.19-26 東京・原宿 ラップネットシップ
2012.2.15-21 京都高島屋 美術工芸サロン

・2011.10.2(日)食談「合鹿椀を食らうー食して感じる
  漆のぬくもり」 於:輪島漆芸美術館 12:00〜
  館長・四柳嘉祥先生と対談
2011.3.15(火)-21(月・祝)「能登 合鹿椀 大宮静時のうつわ展」能登合鹿椀展3.15-21東京展designed by VOLTAGE graphic studio合鹿椀展2012
 LAPNET SHIP・神宮前
 会場風景をUPしました
2010.7.15-20 ・函館市元町 ギャラリー村岡
お陰様で無事
終了しました。
震災直後の大変なときに、ご来場頂きました皆様に心より
御礼申し上げます。            

しいのき迎賓館開館記念 「能登と加賀の技展」
能登 合鹿椀 復元 −大宮静時作品展
      
2010.5月16日(日)-30日(日) 10:00-18:00

石川県政記念・しいのき迎賓館( 石川旧県庁跡)ギャラリー
お陰様で5,500名の皆様にご来場頂き、無事終了致しました

WORKS 木器 (ki · gi)
羽反椀−椀のカタチへ 
羽反椀   椀のカタチ
BOSS重箱 次のカタチへ
  BOSS   次のカタチ
△皿−皿のカタチへ
皿のカタチ   △皿

  
    
チェンソー高台板皿−チェンソーで
へぎ板  チェーンソーで

花器−割るへ
割る   花器

片口鉢 ノミで
酒器・片口     ノミで

eco kokoro(エコこころ)な新企画
松のぐいのみ「思い出の木(庭木・古材)からぐいのみを作りませんか。」

思い出のある愛おしい木なのだけど、何らかの理由で切ってしまった庭木や、建て替えのために壊した家の梁や柱など、直径が10cm、長さ30cm位(参考:左写真木材)あればぐいのみが作れます・・・。
ご注文作品例のページ作りました。
オンラインショップ


woodhanger- wool and wool felt
masako oe hand made bag
 布バッグ 大江政子

奥能登便り
2013年8月16日更新

木家 (ki・ya)
建築日記

お問い合わせ
MAP
masako oe logo 着物古布、イギリスやイタリア、フランスの布、ウールや綿、麻、絹、草木染め毛糸からのフェルトといろいろな布で作るホーム&ハンドメイドのオリジナルバッグ達 無農薬有機野菜作りに雑木林や山野草、キノコと自然豊かな能登半島の山中に住む私の田舎暮らし 土壁や漆喰塗り、薪風呂に薪ストーブと床暖房。伐採、整地、基礎、設計、建築と全てがセルフビルドの家造り体験記 奥能登・柳田村黒川天領庄屋・中谷家、黒川温泉から約1km。車で能登空港より15分、金沢より2時間、輪島、珠洲より30分

©2006 Seiji Ohmiya All rights reserved







2008.10.07