Lionel Hampton/Milan Jazz MV015
アルバム名 : Lionel Hampton
アルバム番号: Milan Jazz MV015
リリース国 : France
リリース年月: 1992
メディア  : VIDEO


Wendell Culley, Duke Garrette, Benny Bailey, Leo Shepherd, Walter Williams(tp) Al Grey,
Lester Bass, Jimmy Wormick, Benny Powell(tb) Johnny Board, Bobby Plater(as) John Sparro-
w, Billy Williams, Gene Morris(ts) Ben Kynard(bars) Lionel Hampton(vib.dr) Albert Ammons
(p) Wes Montgomery(g) Roy Johnson(b) Earl Walker(dr)
Including: William "Curley" Hamner(tap-dancing.dr), Sonny Parker, Lorene "Betty" Carter
(vo), Kitty Murray(comic dancer), little Lawrence and Lillian Williams (lindy-hoppers),
Joe Adams(disc jockey)
                                                                     Pablic Concert; 1949
          Air Mail Special                                       [3:20]  Milan Jazz MV015
          Curley's Dance (tap dance: Hamner, disc jockey: Adams) [1:11]             ー 
          Hamp's Gumbo (vo: Parker, Carter)                      [2:30]             ー
          Jay Bird (comic dance: Murray)                         [1:07]             ー 
          Flying Home (as: Hampton, swing dance:lindy-hoppers)   [3:10]             ー


1992年フランスのSEPAMという出版社がVHSヴィデオでリリースしたものですが、著作はアメリカの
ユニバーサル・インターナショナルで歌とダンス、それに時事風刺劇などを組み合わせた《Name 
Band Musical》という短編シリーズに、ライオネル・ハンプトン・オーケストラのレヴューをフィ
ーチャーしたものとなる。
まさに、ハンプトンの演奏スタイルそのものがショーとしてその多才ぶりを発揮していことからの
起用のようにも感じる。

年代的には1949年3月12日にフィラデルフィア・トリビューン(The Philadelphia Tribune)という
アフリカ系アメリカ人の日刊紙に紹介された、とあることから映像もほぼこの頃と察する。
場所もペンシルバニア州の、もしかしてフィラデルフィアのどこかの小さな劇場かもしれない。
おそらく、ハンプトン一行のツアーの途中に立ち寄ったものでしょう。

短編ショーということで僅か15分足らずの映像ですが、簡単に内容を紹介します。
最初の〈エア・メール・スペシャル〉のテーマ部分では若干アレンジを施した見事なアンサンブル
を示すが、トロンボーン、アルト、テナーに続きウェスの16小節のソロ、映像で確認できる最古の
ものとなる。

1949
Gibson "ES-300" P-90仕様 45-49年のモデルと思われる。べーシストはアール・ウォーカー。
次はカリー・ハマーですが、名前にちなんだ〈カリーズ・ダンス〉では見事なタップダンスを披露 する。 カリーは1945年から58年までハンプトン楽団のドラマーとして在籍するが、ディスコグラフィ的に は見かけなくて、才能あるショーマンとして53年のパリでもダンサーとして活躍していた。 演奏が終わるとドラムセットを持ち出し、カリー・ハマーとハンプトンはドラムバトルを始めた。 ハンプトンはカリーを抑えていつもの曲技打ちのパフォーマンスで拍手を誘い込んでいる。 ブルーズ曲〈ハンプス・ガンボ〉ではディスクジョッキーのジョー・アダムスが登場し曲目を紹介 した後、ソニー・パーカーのヴォーカルが始まり、途中よりベティ・カーターが加わる。 この曲はパーカーのレパートリー中、特に多く聴かれ、彼の18番と思われる。 4曲目の〈ジェイ・バード〉ではキティー・マレーのコミック・ダンスに、ハンプトンも一緒に踊 りだす愉快さ、本当に楽しそうです。 最後の〈フライング・ホーム〉ではサックスがステージに踊りだしソロを演じると、バンド席から ステージにむけアルトが投げられると、受け取ったハンプトンがその多才ぶりを披露するなか、幼 い兄弟のスイング・ダンサー、リンディホッパーズのローレンスとリリアン・ウィリアムスのスイ ング・ダンスでクライマックスを迎え、終演となる。