About Me

 
 

くまがいよしひろ(Yoshihiro "KUMA" Kumagai)。音楽ライター。1958年8月22日、京都市中京区に生まれる。獅子座のO型。同志社大学商学部卒業後、ローランド(株)を経て、85年に(株)立東社に入社し、ジャズライフ誌の編集部員として活躍。90年にフリーランスとなり、ジャズライフ、ADLIB、CDジャーナル、FMステーション、What's Inn、CDでーた、GiGSなどをはじめとする音楽雑誌や、CDのライナーノートなどの執筆を中心に活動中。本人が“ジャズからアイドルまで”と言っているように、どんなジャンル音楽でも幅広くこなし、その知識量の多さは業界内でも知る人ぞ知る存在である。特にフュージョン・ミュージックについて語らせると右に出る人はいないと言われている。年間100本を超えるライヴに足を運び、常に音楽の“現場”での情報収集に力を入れている。
90年代前半には新宿ピットインの“ナウズ・ザ・タイム・ワークショップ”というイベントの企画/運営も手がけ、多くの新人ジャズ・ミュージシャンをシーンに紹介した。さらにジャズのアルバムのプロデュースも手がけ、主なプロデュース作品としては『スウィート・ソウル/ピーター・アースキン』『アイ・リメンバー・ジャコ/ボブ・ミンツァー』『ホワッツ・エルス/ミッチェル・フォアマン』(いずれもBMGビクター)、『VALIS/布川俊樹』(日本クラウン)、『ナウズ・ザ・タイム・ワークショップ』(ファンハウス)などがある。
96年からは、東京・南青山MANDALAでのセッション・イヴェント“Jam For Joy”のプロデュースもはじめ、現在も年4回のライヴを行ない、総出演者は180名を越えている。
さらに2000年には日本で初めてのフュージョン・ディスク・ガイド本『FUSION』(シンコー・ミュージック刊)を監修・執筆し、話題を呼んだ。
また現在、STARdigio『熊谷美広のFUSION STAFF』のパーソナリティもつとめている。

<これまで執筆したライナーノート> (順不同)
マイルス・デイヴィス、ウェザー・リポート、ハービー・ハンコック、チック・コリア、ザ・クルセイダーズ、パット・メセニー、ジョン・スコフィールド、ブレッカー・ブラザーズ、デヴィッド・サンボーン、ラリー・カールトン、リー・リトナー、ジョージ・ベンソン、フォープレイ、ボブ・ジェームス、ジョージ・デューク、トム・スコット、アース・ウインド&ファイア、チャカ・カーン、日野皓正、渡辺香津美、大野雄二、「ルパン三世」サウンドトラック....などなど多数。

ご連絡、仕事の依頼(笑)等がございましたら、kuma@y.email.ne.jpまで。

 
熊谷美広のご紹介