河口湖へ、富士山とラベンダーを訪ねて
八木崎公園
大石公園
大石公園

2001.7.2(月)〜7.4(水)にかけて、河口湖畔で開催中の「ラベンダー祭り」(2001.6.22〜2001.7.15)を見に行ってきました。会場となっている「八木崎公園」と「大石公園」のラベンダーは今が丁度見頃でした。夏の富士山は晴天でも霞んでいて冬季のような綺麗な富士山ではありませんでしたが、裾野迄見えて、紫のジュータンを敷き詰めたようなラベンダーをより一層引き立てていて、素晴らしい景色を堪能出来ました。

河口湖ハーブフェスティバルのホームページはこちら
河口湖町制45周年、第10回ハーブフェスティバル
問い合わせ:河口湖観光課:0555-72-3168又は72-1111
八木崎公園、大石公園共に入場無料、駐車場無料
レトロバスフリークーポン:河口湖の観光拠点を巡る湖畔周遊のレトロバスは\1,000で2日間自由に何度でも乗降出来大変お得です。マイカーで来られていない人にはお薦めの路線バスです。
河口湖町公式ホームページはこちら
大石公園のラベンダー[2001.7.4撮影]

河口湖にはラベンダーのビューポイントが二箇所あります。河口湖の南岸の八木崎公園と河口湖畔の北側にある大石公園です。大石公園(2Ha)からは富士山がよく見え、これに満開のラベンダーが目の前に広がり開放感のある素晴らしい場所でした。朝から大勢のカメラマンが思い思いの場所で富士山と湖面をバックにラベンダーの写真を撮っていました。大石公園にはラベンダー2万5,000株が植えられていて、6月25日〜7月初めが見頃だそうです。八木崎公園に比べて、ここはアクセスが不便なせいか人が少なく、ゆったりとした気分でラベンダーが鑑賞出来ます。私は大石公園の方が気に入りました。ベンチに座ってここの名物のブルーベリーソフトクリームを食べながらラベンダーと富士山を眺めていると都会の喧噪を忘れてしまいました。(富士急行河口湖駅からレトロバス20分、自然生活館下車、入園無料、Pは150台無料)
お薦め度:★★★★

八木崎公園のラベンダー[2001.7.2撮影]
河口湖の南岸にある八木崎公園(5Ha=5万平方M)の8万株のラベンダーは関東周辺では最大規模です。今回訪れた2001.7.2は八木崎公園の早咲きラベンダーが見頃でした。遅咲きは7月10日が見頃との事です。テントの中ではラベンダー関連のグッズが販売されています。木立の中で休息しているとラベンダーのほのかな香りを運んでくる風が心地よく感じます。シートを敷いて昼寝したら天国でしょうね。ラベンダーの他にも黄色のダイヤーズカモマイル、青紫のブルーサルビア、インパチェンス、ベゴニア、赤色のフレンチマリーゴールドなども咲き揃い色鮮やかで綺麗でした。週末は大変混雑するようです。(富士急行河口湖駅からレトロバス12分、八木崎公園下車、入園無料、Pは300台無料)
お薦め度:★★★
お薦めの宿
丘の上のリゾートホテル「メイクイーン」

河口湖畔北側大石地区にあるリゾートイン「メイクイーン」はお薦めです。高台にあり、部屋からも、風呂からも、ダイニングからも雄大な富士山と河口湖が望めました。何よりオーナーやスタッフの方がとても親切で感じが良く、また、温かいフランス料理のフルコースも大変美味しく料金もリーズナブルで大満足の宿でした。1999年4月に出来たという2つある展望岩風呂(6:00〜23:00)は平日は貸し切りも出来、家族・夫婦でゆっくり気兼ねなく入る事が出来ます。ここの温泉の温度は微温湯が好きな私にとって丁度良く、のんびりと入ることが出来て大変気に入りました。左の写真のように、岩風呂のガラス戸越しに見る富士山は絶景です。また夜には岩風呂の前庭の花々がライトアップされ風情があります。貸し切り専用の眺望の良い泡風呂や水着を持参(貸し水着もある)すればプールも利用出来ます。暖炉のあるラウンジにはたくさんのビデオが置いてあり時間の許す限り見ることが出来ます。
この岩風呂から雪を戴いた冬の富士山を見にまた行きたいと思っています。

メイクイーンのホームページはこちらをクリック
山梨県南都留郡河口湖大石2526
電話:0555-76-7522又は0120-767522
E-mail:mayqueen@mfi.or.jp
写真は部屋からの眺め[2001.7.4撮影]
お薦め度:★★★★

富士国際花園(加茂荘別園)[2001.7.4撮影]

メイクイーンのオーナーに教えて貰った、富士宮市根原にある「富士国際花園」のベゴニアは今まで見たこともないほどの花の大きさと数に驚きました。敷地100,000平方メートル、2400坪の大温室には極大輪球根ベゴニア(世界一を目指して品種改良中)を始め見たこともないような巨大なベゴニアが咲き誇っています。夏の冷房、冬の暖房、それぞれに除湿、加湿、遮光、補助光などの環境制御システムのお陰でいつ来ても見事なベゴニアが見られるそうです。それぞれの鉢には交配番号がついており、交配を繰り返して毎日レベルアップにチャレンジしているそうです。中央にある池には採種株で不要になった雄花や落下した花を浮かべてあり、水の流れに沿ってゆっくりと回っています。ベゴニアだけでなく、800品種のフクシアが世界一のレベルで一年中満開を続けているそうです。また、フクロウも27種、200羽となり更に増えているそうです。

富士国際花園のホームページはこちらをクリック
場所:道の駅朝霧高原よりすぐ。(富士宮市根原480-1
電話:0544-52-0880
入園料:\1,050
駐車場:無料(300台)
開園:8:30〜17:00 年中無休
E-mail:fuji@kamoltd.co.jp
お薦め度:★★★★

HOME


 

BACK