2008年10月 下郷・観音沼森林公園の紅葉、会津西街道・甲子道路

絶景!観音沼森林公園の紅葉!  (Part 2)

2008.10.28(火)〜2008.10.29(水)
日塩もみじライン、湯西川温泉の紅葉を堪能した後、会津田島から下郷町にやってきた。途中、会津西街道は今年も見事な紅葉を楽しむことが出来た。旅の最大のハイライト、観音沼森林公園の紅葉は期待通り、かって見た紅葉の中でも最も素晴らしいと思える紅葉だった。その後、甲子道路から那須に入り、那須高原の紅葉を楽しんだ後、宿泊地のフロラシオン那須に着いた。尚、今回の旅の前半部分、那須・塩原・湯西川の紅葉(Part 1)はこちらを参照下さい。
観音沼森林公園のお薦め度:★★★
★★

会津西街道の紅葉
上三依塩原温泉口駅前の銀杏並木。
上三依塩原温泉口駅は栃木県日光市上三依字田代山にある野岩鉄道会津鬼怒川線の駅で、1998年、関東の駅百選に選定されている。会津西街道を走っていてあまりに綺麗な銀杏が見えてきたので思わず車を停めて撮影した。この付近に来ると天気も回復して晴れてきたので明るく見える。2008.10.28 10:16撮影
会津西街道はそれほど交通量が多くないのでとても走りやすい。川治−上三依間は道幅も狭いところがあるが、上三依より北は道幅も広くなる。山が間近に迫っているので車で走りながら両側の紅葉を楽しむことが出来る贅沢な道路である。この時期、会津西街道は全線に亘って紅葉の見頃であり、会津田島まで紅葉三昧が出来る。比較的赤色が多いのが特徴。私の好きな道路の一つである。
会津西街道:栃木県日光市今市から福島県会津若松市までの全長130kmに及ぶ道路。
会津西街道の道の駅田島の前にそびえる山々は丁度紅葉の見頃でとても美しかった。休憩してベンチで熱いコーヒーを飲みながら眼前の錦絵のような赤、黄、緑、茶等、色とりどりの紅葉を眺めた。気温10度。撮影:2008.10.28 10:40AM
道の駅田島:福島県南会津郡田島町大字糸沢字男鹿沼原地内、TEL:0241-66-3333
ため息が出るほど美しい観音沼森林公園の紅葉
昭和60年にふくしま緑の百景に選定された景勝地で、東側にある1640mの観音山の麓にある神秘的なムードが漂う沼で、紅葉の時期は特に素晴らしく年々知名度が上がっていると言われる。前から知人に、“観音沼の紅葉ほど綺麗な紅葉を見たことがない、一度行ってみては?”と勧められていたのだが、これまでチャンスがなかった。今年はなんとしても行かねばと思い立ったのだが、知人の言う通り素晴らしいところだった。
下郷町養鱒公園から観音沼に行く道路は交通量も少なく一本道でしかも直線道路で、左右にはすすきや赤そばの刈り取った畑が続き、とてものどかで、上るにつれて徐々に道幅が狭くなり、写真のようになるが、それでも通行には何ら支障はなく木立の間を抜けると目的地の観音沼に到着する。(撮影:2008.10.28 12:10pm撮影)
沼を一周できる散策道が出来ており、変化に富んだ景色を楽しめる。観音沼はそれほど大きな沼ではないので、是非一周したい。UP & DOWNもきつくなく誰でも比較的容易に歩ける。
行くところ、行くところ紅葉の見事さには驚かされる。同じ景色は二つとなく、いろいろな景色に変化して行く。
沼の周遊道路。紅葉の林の中を歩く。“熊出没注意”の看板があるのでびっくりしたが、幸い何も起こらなかった。あまり道路から離れて林の中に立ち入らないが良いだろう。心配な向きは鈴でも持ってきたが良いかもしれない。気温9度で身が引き締まった。
池の周回道路を歩いていると、場所を変わるたびに新しい絶景が現れて、そこらここらで写真を撮るのでちっとも進まない。どこもが素晴らしい被写体になる。
観音沼を一周するメインの散策道だけでなく、かたらいの径、はなやぎの径、くつろぎの径、ぬくもりの径、しあわせの径、あこがれの径、やすらぎの径、ほほえみの径など9コースが用意されているが、この径は見晴台に通じるもの。四季折々の花木が植林されているというから、別の機会にこれらの径を散策していみるのも楽しいだろう。
同じような景色でいてよく見ると、色が変化して微妙に違う。
嶽観音堂の入り口の黄葉が美しかった
風がないので沼の水面に紅葉が映っているのもなかなか風情がある。その後風が出てきたら全く見えなくなった。2008.10.28 13:45撮影
沼にはいくつかの島があるが、人は渡れない。
この位置で三脚に大型の本格的カメラ(一眼レフのデジカメとフィルムカメラ)を立てたカメラマンが長い間陣取ってこの方向に写真を撮っていた。撮影し終わって次の場所に移ったのを見計らって、私も同じ位置に小型のデジカメで撮影した。なるほど景色の良い場所だ。
どこで写真をとっても良い写真が撮れるほど無数に撮影ポイントがある。
今が紅葉のピークと思われる。丁度良い時期に来られて良かった。
観音沼からの帰路。こんな美しい紅葉があるのに、平日はあまり混雑していない。今は店もなく、訪れる人もまだそれほど多くないようだが、これだけの景勝地だから、その内人で溢れて観光地化されるだろう。(撮影:2008.10.28 14:22)
甲子道路・甲子トンネル
甲子道路(国道289号)は途中紅葉が美しいところがたくさんあり車を止めてゆっくり見たいが、残念ながら途中には駐車場がないので、運転しながらちらっと見で通り過ぎてしまうことになる。車を止めても良いところが一カ所だけあるがそこは紅葉が格別綺麗な場所ではない。国土交通省の人は紅葉のことなど考慮していないのだろうか。国道289号は新潟県新潟市〜福島県の南会津地域、県南地域〜いわき市に至る道路。甲子(かし)道路は、トンネルが2008.9.21に開通して、南会津郡下郷町から西白河郡西郷町迄23.3kmがつながった。甲子トンネルは4345mある。

標高1004m、全長4345mの甲子トンネル。これまで福島県下郷町〜西郷村の間は狭く険しい甲子峠があり交通不能区間となっていたが、この開通で、福島県南部地方と南会津が直結し便利になった。

甲子トンネルの前後は紅葉の名所でもある。この橋の手前に駐車場がある。

この旅の前半部分・湯西川の紅葉・那須・塩原の紅葉(Part 1)はこちらを参照

観音沼森林公園のデータ
お薦め度
★★★★★
どんなところ

福島県下郷町にある森林公園で紅葉の名所。遊歩道全9コースで3.2km。面積は30.29ha。

住所
〒969-5335  福島県南会津郡下郷町南倉沢
開園時間
9:00〜16:30
入園料
無料
電話
0241-67-3674
下郷町企画観光課:(0241)69-1144
駐車場
公式には50台程度と少ないので一部路駐が見受けられる。訪問者が増えているので、早急に拡充しないと週末は混雑するだろう。
アクセス

会津線養鱒公園駅から車10分

食事
売店はない
ホームページ
天気予報
Yahoo!ピンポイント天気予報はこちら
地図

 

趣味のアルバムTOPへ > 小さな旅 > Top of Page


BACK